日銀の利益の大部分は通貨発行益だって聞きましたが、それってのは発行したお金で国債を買い、その国債の利子によって利益が上がるのでその利益のことをいっているのでしょうか?
それとも、ただお金を印刷する度に何らかの利益が上がるんでしょうか?
あと、お金を刷るためのコストは、どうやって調達するんでしょうか、そのお金も自分で作るのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>日銀の利益の大部分は通貨発行益だって聞きましたが、それってのは発行したお金で国債を買い、その国債の利子によって利益が上がるのでその利益のことをいっているのでしょうか?



その通りだと私も思います。日銀の資産のすべてが国債なわけではありませんが、経常収益はほとんど国債がらみ(売却&償還益も含む)ですから、そのようにまとめてよいと思います。(日銀の業務概況書からの引用「日本銀行の利益は、その大部分が銀行券の独占的発行権に基づくものであることから…」)

具体的には、
日銀のHPにある平成13年度決算報告によれば、
銀行券製造費629億円
日銀券の発行残高58兆6745億円(12年3月末比1兆5542億円の増)
発行残高の増加は、実際には新規発行とボロボロになったりして使えなくなった紙幣の回収との差額ですから、発行コストそのものではありませんが、結果としては紙幣発行量の増加1万円当りのコストは、405円(=629÷15,542×10,000)だった事になります。発行平均残高を便宜的に12年3月末残+13年3月末残÷2=57兆8974億円とすると、発行残全体に対しては、629÷578,974=0.11%のコストと考える事もできます。

日銀の総資産は、115兆0952億円(12年3月末比8兆8943億円の増加)なので、総資産平均は(上と同様の計算で)110兆6481億円となります。これに対する経常収益は2兆4106億円なので、資産の「平均利回り」は2.2%です。金に色は無いので、日銀券という負債に対する利回りも同じと考えると、発行差益は、利回りでは2.1%(=2.2-0.1)、金額にして、約1兆2千億円(=日銀券平均残高×2.1%)と考えられると思います。(但し、総資産には、国債借入レポがらみで、資産・負債の両側にのっている国債がありますから、本当はその分減らすべきでしょうが手抜きをさせて頂きました。)

市場金利が非常に低いので、通貨増発コスト>増加させた事で増える経常収益となっていて、通貨を増やせば増やすほど損する構造ではあるが、既に発行してしまってコストがかからない部分の利益で、全体としては利益を維持している、というところでしょうか。

>お金を刷るためのコストは、どうやって調達するんでしょうか、そのお金も自分で作るのかな?

「お金を自分で作る」というのが、「印刷する」という意味ではなく、「発行益である利鞘の一部から払っている」という意味であれば、これもその通りだろうと思います。(上の計算もその前提です)理由は、
1. 日銀の決算書の経常収益に、発行コストを誰かから受け取ったような項目が見つからない。(受け取ったのと払ったものの差額が、銀行券製造費となっている可能性もゼロではないが、それならそのように注記されていてよさそう)
2. 日銀が発行コストを転嫁するとすれば、当座預金を紙幣の形で引き下ろす民間金融機関しかいないだろうが、金融機関も紙幣を引き下ろす預金者との間に立っているだけなので、そこに払わせるのもちょっとムチャに思えるので…。

日銀のHPは、決算だけでなく、結構いろんな情報が載っているので、一度ご覧になる事をお薦めします。

尚、「自信:あり」にしたのは、それなりに真面目に日銀の決算を見た、という事であって、もっとよく御存知の方がいれば、是非訂正お願いします。

参考URL:http://www.boj.or.jp/about/kaikei/act00.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日銀の総資産に対する運用利回りが2、2%ってのは、なるほどなとべんきょうになりました。また、純粋にお札を作るのに405円(古くなった緒札の回収を考えなければその分やすくなるんでしょうけど)ってのはびっくりしました。もっとやすいと思ってましたので。

あと、お金を作るためのコストは
>日銀の決算書の経常収益に、発行コストを誰かから受け取ったような項目が見つからない
ということは、自分で用意してるってことですね。
日銀のページは見たりするんですが専門用語がでてきて理解できなくなるので難しいページはあまり読めません。どうも

お礼日時:2002/02/22 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日のレート、ドル、ユーロ 主用通貨

をわかりやすくリストにしたサイト(銀行?)
はないでしょうか?

よろしくどうぞ

Aベストアンサー

下記サイトはいかがでしょうか?

但し、実際の銀行の両替レートではないので、実際両替をする際には
各銀行のホームページ等でチェックしてみてください。

参考URL:http://markets.nikkei.co.jp/kawase/crossrate.cfm

Q日銀の過去10年の通貨発行量の検索ワード

日銀に関して調査中なのですが、
用語が難しく日銀のHPの統計資料を活用しきれません。
タイトルの件に関してですが、どういうキーワードで検索すればよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

通貨発行量にはいろいろな種類がありますが、もっとも重要視されているのはM2+CDという指標です。

用語がむずかしくて手がつかない、といった場合には基礎的な知識が不足しているということでしょう。『経済指標のみかた・使い方』(日本銀行)という本にいろいろな通貨発行量などの定義やみかたなどが整理されています。

Qレアルドル、元円、ドル円など通貨対通貨とは何ですか

レアルドル、元円、ドル円ってなんですか? 今外貨経理実務をしていますがよくわかりません。ブラジルの通貨はブラジルレアル、中国の通貨は元ですが、なんで、通貨の後ろに通貨の名前がついているのでしょうか?

レアルドル、元円、ドル円ってなんですか? 今外貨経理実務をしていますがよくわかりません。ブラジルの通貨はブラジルレアル、中国の通貨は元ですが、なんで、通貨の後ろに通貨の名前がついているのでしょうか?

例えば数値はありえませんが、1レアル=1ドル、1元=1円、1ドル=1円というようなことでしょうか?
例えば、レアルドルを円換算してくれと言われた場合、どうやって計算するのでしょうか?
それと何を意味するのでしょうか?
バカな自分でも理解できるようにご教授お願い致します。

Aベストアンサー

相対関係を表すのです。

例えばドル円は、「ドル:円」の関係、つまり、「1ドルを何円で買えるか」、ということです。今だと103円。つまり103円払えば、1ドルを購入することができます。

逆にいえば円ドルだと、「1円を何ドルで買えるか」なので、概ね0.97ですね。

「レアルドルを円換算」は「レアルをドルに換算を円換算」という意味になってしまうので、不自然な用法です。(厳密に言えば「レアル円」ですが。)

ご回答になれば幸いです。

Q不況であれば日銀がお金を発行すれば良いのでは?

全くの素人です。
わかりやすく教えてください。
日本は(県や市町村も含めて)とても大きな借金があると聞きます。
累積赤字○兆円とか聞く度に思うのですが、それならば日銀がお金を印刷する量を増やせば良いのでは?
と思います。
そうすれば給料も増え、供給が増えれば需要も増える。
内需も拡大すると思うのですが・・しないということは、きっとする事によって、大きな新たな問題が起きるのでしょうね。
何故しないのですか?
日銀は毎年、新札を発行していますよね?
その量の基準はどうやって決められるのですか?
併せて教えてもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お金は、そのもの自体に価値のあるものではなく、物と交換するための「引換券」のようなもの、と考えてみてください。

今ここに、りんごが10個あります。
コインも10枚です。
1人1枚のコインをもらいました。

当然、りんご1個がコイン1枚と交換ですよね。
りんごが1人につき1個行き渡ります。

でも、コインを20個に増やしてみましょうか。
コイン1個と交換すると、10人の人がりんごをもらえなくなります。
平等に、りんごを分けたいと思ったら、1人半分ずつです。
つまり、コイン1枚に対してりんご半分。

コインの価値がりんご1個からりんご半分に落ちることになります。

そういうわけで、お金の枚数だけ増やしても、持ってる資源や資産など、お金と交換できるものが増えなければ何の価値もありませんし、お金の価値を下げるだけになってしまいます。

Q通貨の交換性回復って?

通貨の交換性回復について調べていますが、いまひとつよくわかりません。通貨を交換することで、経済が回復するということでしょうか?お詳しい方がおられれば、教えて頂きたいです。
そして、「戦後のイギリスにおいて、スターリングの時期尚早な交換性回復によって、国際収支が危機に直面した」ということを理解したいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.igss.ynu.ac.jp/library/collection/thesis/2000/27.htm

背景には、武器貸与法で貸した金を早く返せ! BY USAがあります。
自由気ままに、イギリスで紙幣を刷ってそのイギリスの通貨で返還されたのではアメリカとしてはたまりません。ちゃんと ドルに交換できるスターリング(イギリス紙幣)で返せと。

交換性回復と 経済の回復とは直接関係ありません。

戦後のイギリスに限れば、上記のような英米間の戦後経済のイニシアティブをどっちが握るかのさや当てがあります。一般には、第二次世界大戦の終末が見えて、米ソ間のさや当てが厳しくなったとありますが、英米間のさやあても相当にあったようです。

Q政府紙幣の発行と日銀の国債引受

 政府紙幣の発行と日銀の国債引受との違いは何でしょうか。どちらもお金を発行して市場に流通させるという点は共通していると思いますが。
 お願いいたします。

Aベストアンサー

流通面では同じです。
政府紙幣の発行の場合は基本的に裏づけがありません。基本的に返済などの義務もないので国の借金にならずに国が自由にお金を使えます。
日銀の国債引受の場合は、いずれ国がお金を返すという意味で違います。
どちらにしても、法改正なりが必要で国会の同意がなければ何もできません。

日本では、日本銀行創立以前に西南戦争の戦費調達で政府紙幣を大量発行してインフレが起こったことがあります。

常識的には、通貨を管理する中央銀行があるのなら国債引受するのが筋ではないかと。(政府紙幣を発行すると、中央銀行と政府のどちらが通貨を管理するのか混乱する)

Q再セットアップのFDのバックアップ方法

FDを購入し、再セットアップ時に必要なFDのコピーをしようとしたのですが、方法がわかりませんでした。

起動用のFDをPCに入れて、送信FDにしてしまい、途中でエラーに気づいて、キャンセルにしてしまいました。

このもとのFDのデーターは大丈夫でしょうか?

次にFDの中身を全て選択し、デスクトップに送信にしたら、FDのフォルダの中身が全てデスクトップ上に出てしまったため、それを全て削除しました。

次にフォルダをつくりそこに送信したところ、時間が100000分くらいと0がいくつあったかわかりませんが、とても時間がかかることがわかりました。

できれば、再セットアップに必要なFDをそのまま、他のFDにコピーをとりたいのですが、いい方法はないのでしょうか?

コピーのとり方がわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

>これだとバックアップの意味がないのでしょうか?

データディスクのバックアップなら問題ありません。
起動ディスクのコピー方法としては、×です。

>まず、ディスクコピーの画面を開き、起動用のFDを入れると、次にフォーマット用のFDを入れてくださいと画面が表示されたら入れればできるのですよね?

そうです。

>確認方法などもわかれば教えてもらいたいです。

操作の確認は現在、手元のFDドライブが使えないので、今は細かな手順の解説は出来ません。
フォーマット済みの空FDを練習用に入れて、ご自分で試して頂けると解ると思います。
読み込み用、書き込み用兼用で使って見て下さい。

DOS窓でなくても、エクスプローラーのFDドライブアイコンを右クリックして、「ディスクのコピー」でも同じ事が行えます。

できあがったFDで起動できるかどうか、ご自身で確認して見て下さいね。

Q通貨の発行

通貨を大量発行し、流通量を増やすことでインフレに誘導し、
円安にすれば、経済がよくなるという主張があります。

しかし、そうすると国債の金利が上昇してしまい、以降の
国債の発行が難しくなり、結果、国家財政を破綻させてしまうように
思うのですが、どう思いますか?

Aベストアンサー

>通貨流通量の増加>>円安>>国債の下落>>国債の利率の上昇
>という図式を考えました。そんなに間違ってないと思うけど。。

この国の国債市場では、為替相場の変動はその利率に全く影響を与えません。
国内ですべて国債の利率をコントロールできるのがこの国の国債の特徴です。

>今の日本の財政状況で、景気が良くなったから国債を発行する
>必要がないなんてあるのでしょうか。
というよりも、国債の利回りが上昇することがあるとすれば、日本の景気がよくなり、国債
そのものに価値がなくなったときが想定される、ということです。

矛盾するようですけどね。今の経済状況が続く限り、日本の国債の利回りが上昇する事態を
想定することは難しい、ということです。

>>>「国債が発行されない市場」で上昇する国債の利率を
>やみくもに心配なされているように感じます。
>ちと意味が不明です。国債を発行する前提ですよ。

日本の国債って、結局

・100%円建て
・95%を日本人が保有
・国内に円紙幣を発行する機関を有している

という3つの理由で、事実上破たんさせることは不可能です。利回りをコントロールするこ
ともそう難しくはありません。

たとえば民間企業が積極的に借り入れを行うような状況が生まれ、銀行も民間企業を安全な
投資先であると思えるような状況が生まれれば、つまり景気が回復すれば、国債よりも企業
のほうがよりメリットのある投資先とみなさられるでしょうが、国債よりもそちらのほうへ
資金は流れるでしょう。

ですが、国債が発行される本来の目的は、民間企業から借り入れが起こらず、銀行にその資
金の投資先が見当たらないことがそもそもの原因です。

もし、民間企業が積極的に借り入れを起こすようになり、国債を発行することにその意味合
いが生まれるのだとすれは、それは本来この国が目指すべき方向。国債の利率が上昇する確
率が生まれるとすれば、そんな時代だということです。

好景気下で国債の利回りが上昇することを恐れるのはあまり意味がないように思います。

>通貨流通量の増加>>円安>>国債の下落>>国債の利率の上昇
>という図式を考えました。そんなに間違ってないと思うけど。。

この国の国債市場では、為替相場の変動はその利率に全く影響を与えません。
国内ですべて国債の利率をコントロールできるのがこの国の国債の特徴です。

>今の日本の財政状況で、景気が良くなったから国債を発行する
>必要がないなんてあるのでしょうか。
というよりも、国債の利回りが上昇することがあるとすれば、日本の景気がよくなり、国債
そのものに価値がなくなったときが...続きを読む

Q韓国ウォンの急落を受けた通貨スワップについて

韓国ウォンの急落をうけて日本と韓国の間で通貨スワップを5倍にしました。でもその必要性がわかりません。どういうことでしょうか?

・98年以降韓国は国際収支は黒字です。
・サムソンを筆頭として貿易で黒字を稼ぎまくっているイメージがあります。
・そもそも韓国はウォン売り介入をして通貨安誘導していると聞いています。

そもそもウォン急落で困るなら韓国自身が通貨安誘導をやめればいいだけのこと。何のために日本が通貨スワップを拡大しなければならないのかわかりません。

Aベストアンサー

輸出依存度が飛びぬけて高い韓国が日常的にウォン売り介入を繰り返し自国通貨安政策をとっていたのは事実です。
おかげで三星やLG、現代、ボスコといったメーカーは通貨安の恩恵を受けて経常黒字が続いていました。
しかし、ここにきて欧州の通貨危機を発端とした世界景気の減速傾向が顕著になってきており、投資市場も安全資産や投資市場から一時撤退する動きが顕著になってきました。
隣国は通貨安政策で一部企業は潤っていますが、反面国内景気は物価高にあえいでいます。

ここにきて隣国に投資していた投資マネーを引き上げる動きがみられています。また薄利多売を売り物にしてきた家電なども景気の減速と飽和で売り上げの減少、在庫過多、そして自国通貨安による製造部材の材料高などが経営を圧迫し始めています。

投資マネーが引き上げかけると予想以上のウォン安が加速することになりました。あわてて自国通貨を買い戻す動きを繰り返すのですが簡単にトレンドが変わるわけもなく、隣国の経済危機が顕在化しているのが現状です。

隣国の外貨準備高は高々300億ドル程度しかありませんのでドル売り介入をするとあっという間にドルが枯渇してしまいます。(日本は1.1兆ドル以上あります)
そこで登場するのが通貨スワップ協定です。

信用度の低いウォンは直接ドルと交換して決済できない通貨なので決済可能な日本の円を調達しドルと交換して決済にあてます。

今回のスワップの額を増やしたわけですが、かなり問題があります。麻生政権下で結ばれたスワップ協定はIMFが連帯保証人になっています。今回は日本が独断で行っており、かつてIMFからこっぴどく怒ら得た経験を無視した行為です。

また隣国はリーマンショック時に借り入れた中国への返済(約10兆円)が近々に迫っています。その返済金も足りません。今回のスワップ協定の増額はこの返済資金を融通するための協定ではないかと言われています。
日本は借金の返済に関してかなり温厚な態度でいますが中国や欧州は返済に猶予は与えない態度をとっていますので返済金をかき集める必要があり、今回は日本の財布が狙われている現状です。
アジアに偏向している現与党ならではの政策と言えるでしょうね。

輸出依存度が飛びぬけて高い韓国が日常的にウォン売り介入を繰り返し自国通貨安政策をとっていたのは事実です。
おかげで三星やLG、現代、ボスコといったメーカーは通貨安の恩恵を受けて経常黒字が続いていました。
しかし、ここにきて欧州の通貨危機を発端とした世界景気の減速傾向が顕著になってきており、投資市場も安全資産や投資市場から一時撤退する動きが顕著になってきました。
隣国は通貨安政策で一部企業は潤っていますが、反面国内景気は物価高にあえいでいます。

ここにきて隣国に投資していた投資...続きを読む

Q政府発行予定の国債の7割を日銀が買っていますか

日銀は毎月7兆円の国債を買っています。これが政府発行予定の国債の7割だと言われていますが、その意味が分かりません。毎月7兆円であれば年間84兆円になります。

政府の新規国債の発行は44兆円、借換債まで含めれば160兆円くらいでしょう。
160×0.7=112兆円ですから全然計算が合いません。どうなっているのでしょう。

Aベストアンサー

>日銀保有の国債が償還を迎えたときは、日銀国債引き受けを行うことができます。

日銀が国債を塩漬けにするために政府が発行する借換債、「日銀乗換」のことでしょうか。
http://www.mof.go.jp/jgbs/issuance_plan/fy2013/gaiyou13.pdf

資料中にもございますように、日銀乗換は平成25年度で11兆。24年度で16兆です。

また、確かに政府が為替介入を行うときに、日銀は政府から直接短期国債を購入して資金調達をしていますから、これも確かに日銀による「直接買い受け」にはなるでしょう。

ですが、それでも発行額全体から見れば微々たるものです。

先にお示しした日銀の資金循環表にも掲載していますとおり、日銀が保有する短期証券は総額で40兆円程度。とてもあなたの言っている理屈に合うものではございません。

あくまで日銀が購入している7兆円の国債は、日銀が「買いオペ」という方法を使って市場から購入しているものであり、政府から直接買い取っているものではありません。

何度も言いますが、日銀が政府から直接国債を購入することは、例外を除き財政法により禁止されています。

>日銀保有の国債が償還を迎えたときは、日銀国債引き受けを行うことができます。

日銀が国債を塩漬けにするために政府が発行する借換債、「日銀乗換」のことでしょうか。
http://www.mof.go.jp/jgbs/issuance_plan/fy2013/gaiyou13.pdf

資料中にもございますように、日銀乗換は平成25年度で11兆。24年度で16兆です。

また、確かに政府が為替介入を行うときに、日銀は政府から直接短期国債を購入して資金調達をしていますから、これも確かに日銀による「直接買い受け」にはなるでしょう。

ですが、そ...続きを読む


人気Q&Aランキング