日銀の利益の大部分は通貨発行益だって聞きましたが、それってのは発行したお金で国債を買い、その国債の利子によって利益が上がるのでその利益のことをいっているのでしょうか?
それとも、ただお金を印刷する度に何らかの利益が上がるんでしょうか?
あと、お金を刷るためのコストは、どうやって調達するんでしょうか、そのお金も自分で作るのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>日銀の利益の大部分は通貨発行益だって聞きましたが、それってのは発行したお金で国債を買い、その国債の利子によって利益が上がるのでその利益のことをいっているのでしょうか?



その通りだと私も思います。日銀の資産のすべてが国債なわけではありませんが、経常収益はほとんど国債がらみ(売却&償還益も含む)ですから、そのようにまとめてよいと思います。(日銀の業務概況書からの引用「日本銀行の利益は、その大部分が銀行券の独占的発行権に基づくものであることから…」)

具体的には、
日銀のHPにある平成13年度決算報告によれば、
銀行券製造費629億円
日銀券の発行残高58兆6745億円(12年3月末比1兆5542億円の増)
発行残高の増加は、実際には新規発行とボロボロになったりして使えなくなった紙幣の回収との差額ですから、発行コストそのものではありませんが、結果としては紙幣発行量の増加1万円当りのコストは、405円(=629÷15,542×10,000)だった事になります。発行平均残高を便宜的に12年3月末残+13年3月末残÷2=57兆8974億円とすると、発行残全体に対しては、629÷578,974=0.11%のコストと考える事もできます。

日銀の総資産は、115兆0952億円(12年3月末比8兆8943億円の増加)なので、総資産平均は(上と同様の計算で)110兆6481億円となります。これに対する経常収益は2兆4106億円なので、資産の「平均利回り」は2.2%です。金に色は無いので、日銀券という負債に対する利回りも同じと考えると、発行差益は、利回りでは2.1%(=2.2-0.1)、金額にして、約1兆2千億円(=日銀券平均残高×2.1%)と考えられると思います。(但し、総資産には、国債借入レポがらみで、資産・負債の両側にのっている国債がありますから、本当はその分減らすべきでしょうが手抜きをさせて頂きました。)

市場金利が非常に低いので、通貨増発コスト>増加させた事で増える経常収益となっていて、通貨を増やせば増やすほど損する構造ではあるが、既に発行してしまってコストがかからない部分の利益で、全体としては利益を維持している、というところでしょうか。

>お金を刷るためのコストは、どうやって調達するんでしょうか、そのお金も自分で作るのかな?

「お金を自分で作る」というのが、「印刷する」という意味ではなく、「発行益である利鞘の一部から払っている」という意味であれば、これもその通りだろうと思います。(上の計算もその前提です)理由は、
1. 日銀の決算書の経常収益に、発行コストを誰かから受け取ったような項目が見つからない。(受け取ったのと払ったものの差額が、銀行券製造費となっている可能性もゼロではないが、それならそのように注記されていてよさそう)
2. 日銀が発行コストを転嫁するとすれば、当座預金を紙幣の形で引き下ろす民間金融機関しかいないだろうが、金融機関も紙幣を引き下ろす預金者との間に立っているだけなので、そこに払わせるのもちょっとムチャに思えるので…。

日銀のHPは、決算だけでなく、結構いろんな情報が載っているので、一度ご覧になる事をお薦めします。

尚、「自信:あり」にしたのは、それなりに真面目に日銀の決算を見た、という事であって、もっとよく御存知の方がいれば、是非訂正お願いします。

参考URL:http://www.boj.or.jp/about/kaikei/act00.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日銀の総資産に対する運用利回りが2、2%ってのは、なるほどなとべんきょうになりました。また、純粋にお札を作るのに405円(古くなった緒札の回収を考えなければその分やすくなるんでしょうけど)ってのはびっくりしました。もっとやすいと思ってましたので。

あと、お金を作るためのコストは
>日銀の決算書の経常収益に、発行コストを誰かから受け取ったような項目が見つからない
ということは、自分で用意してるってことですね。
日銀のページは見たりするんですが専門用語がでてきて理解できなくなるので難しいページはあまり読めません。どうも

お礼日時:2002/02/22 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日のレート、ドル、ユーロ 主用通貨

をわかりやすくリストにしたサイト(銀行?)
はないでしょうか?

よろしくどうぞ

Aベストアンサー

下記サイトはいかがでしょうか?

但し、実際の銀行の両替レートではないので、実際両替をする際には
各銀行のホームページ等でチェックしてみてください。

参考URL:http://markets.nikkei.co.jp/kawase/crossrate.cfm

Q紙幣を刷るのにはその量分だけ国債を刷らないと発行出来ないんですか?国債を刷らずに紙幣を刷ることっ

紙幣を刷るのにはその量分だけ国債を刷らないと発行出来ないんですか?

国債を刷らずに紙幣を刷ることって出来るのですか?

Aベストアンサー

もちろん国債とは関係なく紙幣印刷は行われます。 市中で出回って傷ついたり古くなった紙幣の置き換えです。

Q為替レートを動かせる金額は通貨ペアによって違うのか

ドル/円やユーロ/ドルは他の通貨ペアと比較して非常に取引量が多く、100万ドル売買して1pip動かすのがやっとだと聞きました。

ではポンド/円や豪ドル/円などの比較的取引量の少ない通貨ペアに関しては、メジャー通貨と比べて少ない金額でレートを動かせるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

それはそうです。プールで波を起こすより風呂場で波を起こすほうが簡単です。
あと、他の方と同じで、100万ドルでは1pips動かないと思います。日本政府が1兆円超えの介入して数円(数百pips)だったのではないでしょうか。

Q日銀がお金を刷り過ぎると経済のどこが おかしくなるのですか。 どんどん刷ればいいのにと考えてしまうの

日銀がお金を刷り過ぎると経済のどこが
おかしくなるのですか。

どんどん刷ればいいのにと考えてしまうのですが・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>なぜお金が10倍になると物価も10倍になるのですか?
暇じゃ無いけど、回答したら寝る。

本当はもっと物価は上がる。
お金は10倍になるけど、物は簡単には10倍にはならない。

農産物は天候や肥料・農作者の人数に依存するから、一気に10倍にはならない。

工業製品も、工場の設備・技術・作業員は一気に10倍にはならない。

そういう中、物は前と余り変わらない状態で、買う為のお金は10倍持ってる。

全員が10倍持ってる。

我さきにとお金払って、他人を蹴落として買うでしょう?

震災の時、スーパーから物が無くなった。
お金沢山だしても買いたい人が一杯いる。

10倍もってたら、一斉にそう言う行動に出る。

需要と供給のバランスで物の値段が上がる。
レア物オークションを見れば、解るだろ!

Q主要通貨の対ドル為替レートがのってるサイトはないですか?

今ある統計をドルに直したいと思って主要通貨の対ドル為替レートがのってるサイトを探しているのですが、何か良いサイトはありませんか?探したい対ドルレートはカナダドル・イギリスポンド・ユーロ・ロシアルーブルの4つです。英語のサイトでもかまわないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろな国の通貨が載っており、重宝しています。

参考URL:http://finance.yahoo.com/m3?u

Q政府紙幣の発行と日銀の国債引受

 政府紙幣の発行と日銀の国債引受との違いは何でしょうか。どちらもお金を発行して市場に流通させるという点は共通していると思いますが。
 お願いいたします。

Aベストアンサー

流通面では同じです。
政府紙幣の発行の場合は基本的に裏づけがありません。基本的に返済などの義務もないので国の借金にならずに国が自由にお金を使えます。
日銀の国債引受の場合は、いずれ国がお金を返すという意味で違います。
どちらにしても、法改正なりが必要で国会の同意がなければ何もできません。

日本では、日本銀行創立以前に西南戦争の戦費調達で政府紙幣を大量発行してインフレが起こったことがあります。

常識的には、通貨を管理する中央銀行があるのなら国債引受するのが筋ではないかと。(政府紙幣を発行すると、中央銀行と政府のどちらが通貨を管理するのか混乱する)

Q海外の店を使ってネットでカード決済をした場合の通貨レート

海外の店を使ってネットでカード決済をした場合、通貨レートってどうなってるんでしょうか。たとえばページ上では通常、××ドルとか○○ユーロとかしか書いていないですよね。ちなみに私は、これまではネットでのカード使用そのものが不安で、たとえば洋書などを取り寄せるときも、割高ですが日本の書店を介してやっています。

Aベストアンサー

海外在住者♂です。
海外でカード決済した場合は、(カード会社によって多少異なりますが)、使用日の営業日2-3日後の為替を使用するケースが殆どです。
使用した時に支払い金額(円貨)が判らないと言う気持ちも判りますが、別に損する事だけではないですから・・・。また銀行&カード会社も小さな小さな利益で、会社としてもイメージを損なう事はしませんよ。ちゃんと規定に則って処理してますから安心してください。

むしろ日本の書店等を介した方が、彼らの手数料が含まれますので、割高になると思いますよ。

Q政府は国債を発行し続けていますが、いつか国債が発行できなくなる(誰も買えなくなる)事態は来るでしょうか?

恐れ入ります。

政府は国債を発行し続けています。
これは、個人向け国債で直接日本国民のお金と交換する以外にも、
銀行・生保に流れることで日本国民の預貯金と結果的に交換している状況だと思います。

満期になる国債(市場から消える国債)と、新規国債の割合を考えると、徐々に市場に出回る国債が増える(日本円を政府が吸い上げ、国債が市場に残る)状態に見えます。

日本国内だけで経済が閉じていると(かつ日本銀行が日本銀行券を払い出さないと)遠からず市場には国債しか存在しなくなると思います。

・私の、上記の認識は正しいですか?
・今日本が破綻しないのは、端的に言うと輸出で稼いでいるからですか?
・日本銀行券の払い出し量が増やされており、インフレが進んでいますか?
・破綻しない、具体的なステップがほかにあるのでしょうか?


破綻する・破綻しない・ハイパーインフレになるなどは良く聞きますが、具体的な国債と日本銀行券の流れが見えません。

どなたか、説明(もしくは、参考図書・参考URLへのリンク)をしていただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。

恐れ入ります。

政府は国債を発行し続けています。
これは、個人向け国債で直接日本国民のお金と交換する以外にも、
銀行・生保に流れることで日本国民の預貯金と結果的に交換している状況だと思います。

満期になる国債(市場から消える国債)と、新規国債の割合を考えると、徐々に市場に出回る国債が増える(日本円を政府が吸い上げ、国債が市場に残る)状態に見えます。

日本国内だけで経済が閉じていると(かつ日本銀行が日本銀行券を払い出さないと)遠からず市場には国債しか存在しなくなると思...続きを読む

Aベストアンサー

>値動きが問題なのではなく、資産の増減が、問題なのではないのですか?

この指摘は少し意味がわかりません。

>私の認識

国債というものが「あらかじめ存在するお金」を金庫から引っ張り出す手段に過ぎない
ということを先ず理解してください。金を調達するにしても
そのお金はあらかじめ存在するお金なのですから増えようがありません。
「金庫から出されること」を「流通量が増える」と仰っているのであれば
ご心配なさらず。国が頑張って国債発行してカネを金庫から引きずり出しても
それが経済活性化に繋がらず金庫に戻ってしまうような状況が続いていたから
ずっといたちごっこで国債の発行が続いていたんです。国債発行のせいで
インフレが起こる、つまりカネが一箇所に滞留せずいい具合に
回ってる状況であると考えられますから、税収も増え、そもそも
国債を発行する必要がなくなります。刑期に関係なく存在する利払い費は
ダイレクトに金庫に戻りますから影響しません。

>株を買ったお金は、株を売った人のところに行くのだと・・・

国債も同じで、自由市場で取引されていますが、私が言いたいのはそういうことではない。
株がどれだけ売買されても、それはあらかじめ存在するお金の持ち主が
コロコロ変わるというだけで、存在する金の量は変わりません。
にもかかわらず、株価は変動、つまり現金の量にかかわらず
勝手に増えたり減ったりします。要するに、実体の無い資産の増減が起こるわけです。
このような現金の担保のない資産の増加がインフレをもたらすのならば
株価上昇によりインフレが起こる、若しくは起こらない代わりに
現金が上昇分減少せねばならない。しかし、もちろんそのようなことはありません。

>国債を発行するのと、「預貯金時だけ使える貨幣」を刷る事の違いがわからないのです。

国債は「預貯金時だけ使える紙幣」ではありません。
何度も言いますが、国債をいくら発行しても現金流通量は増えません。
仮に預金者が大挙してA銀行に全額引き出しに来たとしましょう。
そのとき、A銀行は全額引き出しに応じることが出来るでしょうか?
出来ないでしょう。何故なら預かってる額1億円でもすぐに応じれる
「現金資産」は1億円も無いからです。

>値動きが問題なのではなく、資産の増減が、問題なのではないのですか?

この指摘は少し意味がわかりません。

>私の認識

国債というものが「あらかじめ存在するお金」を金庫から引っ張り出す手段に過ぎない
ということを先ず理解してください。金を調達するにしても
そのお金はあらかじめ存在するお金なのですから増えようがありません。
「金庫から出されること」を「流通量が増える」と仰っているのであれば
ご心配なさらず。国が頑張って国債発行してカネを金庫から引きずり出しても
それが経...続きを読む

Qどれがユーロ切換え通貨なのでしょう?

海外旅行に行って持って帰ってきたヨーロッパの紙幣がいくつかあります。ユーロに切り替えた通貨は二月末までに両替しないともう両替できなくなると聞いているのですが、ヨーロッパの通貨のどれがユーロ切換え通貨なのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ユーロ切り替え対象の通貨は参考URLをご覧下さい。各国通貨の交換期限も紹介されています。(国によって少しずつ違います)

流通期限は2002年2月まででも、交換期限はもう少し先にしているところが多いようです。市中の銀行の期限がやや早く、それを過ぎたら各国の中央銀行に持込むことになります。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8033/kiken.htm

http://jpn.cec.eu.int/japanese/general-info/5-5-6-1.htm

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/8033/kiken.htm

Q国債、お金の発行について

 日本の国債が何百兆円というのをよく耳にします。このことでよく分からないので教えてください。
 日本のお金を発行するのは日銀ですよね。国の借金が多いのなら、単純にお金を作ればいいじゃないかと考えてしまうのですが、なぜダメなのでしょうか?
 実はこの質問はうちの子どもに聞かれ、回答に困ってしまいました。分かりやすく教えていただけたら助かります。

Aベストアンサー

この質問はいくつもの社会常識を知らないと答えられないので、それぞれ分けて説明実演してあげると良いと思います。
○、物の価格はどうやって決まるか?
続いて、物の価格は市場などで競りで決まる事を教えて上げましょう。「このトマト100個、一番高く買ってくれる人」とそうやって買い付けた物をスーパーや八百屋などがばらして3個でいくらと売っていたり、そうやって仕入れた物を組み立ててテレビやゲーム機器が販売されているのだよと教えて上げましょう。

○、国債とは何か?
まず、国債を発行するという事は、国が国民からお金を借りるという事で、国債は何年後かに借りたお金を利子を付けて返しますよという契約書みたいなものだと教えて上げましょう。
○、国は借りたお金で何をするか?
次に国はその借りたお金で、みんな(国民)が生活しやすいように、仕事がしやすいようにと、いろんな事業をやっているのだと教えて上げましょう。できるだけ生活に密着した事で、道路が穴だらけだと車は走れないのだとか、水道がさびてたら水は飲めないし体も洗えないとか、電話線は全国につながっているとか、学校の体育館やボール、机など、これまでに国が行ってきた事などでもかまわないので、できるだけ分かりやすく公共的なものを国が作ったり補修したりしている事を教えてあげましょう。

○、最後に 単純にお金を作ってはなぜいけないのか?
国民から借りたお金で建設屋さんに体育館を作ってもらい、借りたお金の返済には新しくお金を作って返す、こんな事があちらこちらで行われていたら、お金だけが急に増える事になります。お金が増えても物の数は変わらないので、物の価格が急激に上がり始めます(物の価格はどうやって決まるか?を思い出してください)。急激に物の値段が上がるとき、それが即座に給与などに繁栄されるわけではないので、給与よりも先に物価が急激に上がっていき、生活弱者層などから順に物を変えない人が出てきます。業者は高く仕入れたら、それに見合った価格で売らなくては収入が得られませんので更に物価は上がって行きます。そうすると物が売れなくなります。
高くて一部人しか物が買えない。物が売れない。給料が支払えない。失業者が増える。物が売れない。という悪循環に入り、景気は悪くなり、困る人が社会にあふれる。という事になってしまいます。

この質問はいくつもの社会常識を知らないと答えられないので、それぞれ分けて説明実演してあげると良いと思います。
○、物の価格はどうやって決まるか?
続いて、物の価格は市場などで競りで決まる事を教えて上げましょう。「このトマト100個、一番高く買ってくれる人」とそうやって買い付けた物をスーパーや八百屋などがばらして3個でいくらと売っていたり、そうやって仕入れた物を組み立ててテレビやゲーム機器が販売されているのだよと教えて上げましょう。

○、国債とは何か?
まず、国債を発行するとい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報