「預金消失」という本のタイトルを英訳するならどんな表現がふさわしいでしょうか?詳しい方お願いします。あと、「ペイオフ動乱を生き抜く術」というのは「the art of surviving the pay-off confusion」で大丈夫でしょうか?直していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そうですね。

インパクトが欲しいですから、
「預金喪失」
"Deposit vanished!"
disappearedよりも不意に喪失してしまったという感じが出ます。

「ペイオフ動乱を生き抜く術」
"Way to survive the pay-off"
で十分かと。"ペイオフ動乱"という表現をうまく英語にするのは結構骨なので、簡単に上でも十分かと思います。
("the" pay-off で強く印象づけてはいますから。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなってすみません。皆さん回答をありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/03/19 23:43

「ペイオフ動乱を生き抜く術」


は、
The way to survive the pay-off disturbances
がいいと思います。
    • good
    • 0

「預金消失」はDeposit disappearance


「ペイオフ動乱を生き抜く術」はThe way which survives payoff disturbance
でいいのでは?

って、私が訳したのではなく、下記URLで。。
これかなり便利なので、お試しあれ!

参考URL:http://www.excite.co.jp/world/text/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qpay backとpay off

ある文法問題です。
if you lend someone money, you expect him to pay you ().
これで括弧にくるものはbackで間違いないでしょうか?
しかし、辞書にはpay offも使われると書いていたこともあり、
何故backだけが正解かが分かりません。

ちなみに、offとbackは共に選択肢に載っていました。

Aベストアンサー

pay back (借りた金)を返す

pay off (借金)を完済する

どちらもよく似た意味ですね。人から少し金を借りて、その金を返す場合は、pay back を使います。例文ではどれくらいの金を借りたか分からないので、pay off でも間違いにはならないと思います。問題としては不適切ですね。money の前に、some とか a lot of などがつかないのも少し不自然です。

Qthe chopping off of handsの意味/ off upの有無

英語やり直し組です

He also explained why the chopping off of hands was turned into the signature atrocity of the 10-year Sierra Leone civil war that ended in 2003 — "to create such a fear of the RUF that the areas would be cleared for them to do whatever they wanted, including diamond mining and foraging for supplies."

(1)chopping off of handsの意味がわかりません。。。
市民戦争の残虐行為のサインへと変えられたもの…つまり残虐行為のサイン(前触れ)のようなものなのかもしれませんが…わからないです。。。

(2)chopping offを調べていて思い出したのですがchop offのoffやdig upのupなどはなくてもいいような気がします。これらの有無による意味の変化はあるのでしょうか?なんとなくあった方がリアル?なような気もしますがなくても大丈夫でしょうか?

お願いします。。

英語やり直し組です

He also explained why the chopping off of hands was turned into the signature atrocity of the 10-year Sierra Leone civil war that ended in 2003 — "to create such a fear of the RUF that the areas would be cleared for them to do whatever they wanted, including diamond mining and foraging for supplies."

(1)chopping off of handsの意味がわかりません。。。
市民戦争の残虐行為のサインへと変えられたもの…つまり残虐行為のサイン(前触れ)のようなものなのかもし...続きを読む

Aベストアンサー

chop off で「切り落とす、切断する」という意味ですので、chopping off of hands で「手を切断すること」(つまり手首から先を切り落とすこと)だと思います(ひぇ~)。

chop off のoff によって、ただchop「たたき切る」だけでなく、切り離すという状況まで示すことになりますので、この場合もあった方がいいでしょう。
また、dig up ですが、digだけだと「掘る」ですが、upをつけることによって「掘り出す、発掘する」というふうに掘られた物が土の上などに表れることまではっきり示すことが出来ると思いますので、意味によってはあった方がいいのではないでしょうか。

Qファウスト第一部:何故この時制&文構造?Left(過去) the house, up the chimney, off she goes(現)!

こんにちは、いつもお世話になります。

David Constantine訳の現代英語訳 ゲーテ著、「ファウスト」を現在読み進めています。

その中でタイトル文の様に、過去時制と現在時制が混じったように見える文に出会いました。 一体どういう事なんでしょうか?

背景:ファウストとメフィストは、魔女に会いに行く。メフィストが魔女が在宅かと聞くと、門番から留守だと知らされる。 その時の門番のセリフ、

~~~~上記の本より引用~~~~
Gone carousing,
Left the house,
Up the chimney, off she goes!
~~~~~~~~~~~~~~~~

ご覧の通り、分詞構文には見えないのに接続詞が有りません。のみならず、off she goesと、現在時制の動詞まで入っています。どうしてこうなるのでしょうか?(off she goes!→方角を強調する為か、副詞を倒置で前に持ってきている。元の文はshe goes off.しかし、 何故現在時制???なのでしょうか)

意味は簡単に分かります「大酒盛りに行きました。煙突から上がって、家を離れ、お出かけになりました。」

僕だったら、

分詞構文の場合:Going off, up the chimney, leaving the house, she has gone carousing.

もしくは:She has gone carousing. Off she went up the chimney, and left the house.

等のような分詞構文or接続詞を使う、さらには時制もこうしないといけない気がします。

意味は分かっても、構造と時制がサッパリ分かりません、教えてくださいませんか、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

David Constantine訳の現代英語訳 ゲーテ著、「ファウスト」を現在読み進めています。

その中でタイトル文の様に、過去時制と現在時制が混じったように見える文に出会いました。 一体どういう事なんでしょうか?

背景:ファウストとメフィストは、魔女に会いに行く。メフィストが魔女が在宅かと聞くと、門番から留守だと知らされる。 その時の門番のセリフ、

~~~~上記の本より引用~~~~
Gone carousing,
Left the house,
Up the chimney, off she ...続きを読む

Aベストアンサー

セリフなので、きちんとした文の形をなしていないのではないでしょうか。

(She has) gone carousing, (she has) left the house.
Up the chimney, off she goes.

「(魔女は)酒盛りに行った、出かけたんだ、(魔女は)(いつも)煙突から出て行くのさ」

最後が現在形なのは、今回に限ったことではない習慣だからでしょう。

Qon the third day of the monthの日本語訳はなんですか?

on the third day of the monthの日本語訳は?

Aベストアンサー

こんにちは。

私は、お仕事をしていた関係で、そういう言い回しは、すごく気になります。例えば、支払日などに使われることがありますからね。
切り出されたフレーズでは、意味が取れないと思います。
お仕事でしたら、100%相手側に、この意味の確認を取っていると思います。

>on the third day of the month

私の場合は、「毎月3日」というようには受け取れません。
[月]の説明がなくてはなりません。
あくまでも、このままでは、[「その月」の3日]です。

>X月3日(ただし,Xは1から12とする)
>こういうことですよね?

そういうことなのでしょうか?単独では読めないです。

今、調べてみたら、"on the third day of the month" というフレーズが見つかりましたが、それは、聖書の中でした。しかし、その後に月を表す単語があります。

This temple was completed on the third day of the month Adar; it was the sixth year of the reign of King Darius.

訳:この宮はダリヨス王の治世の六年アダルの月の三日に完成した。(エズラ 6:15)
注:太陰太陽暦の[アダル]の月-太陽暦で言う2~3月頃のこととされています。

他に、
The initial premium payment is due on the third day of the month after the month of billing.
訳:最初の保険料の支払い期日は、請求月後のその(次の)月の3日目

このように、the month の説明があって初めて分かります。

こんにちは。

私は、お仕事をしていた関係で、そういう言い回しは、すごく気になります。例えば、支払日などに使われることがありますからね。
切り出されたフレーズでは、意味が取れないと思います。
お仕事でしたら、100%相手側に、この意味の確認を取っていると思います。

>on the third day of the month

私の場合は、「毎月3日」というようには受け取れません。
[月]の説明がなくてはなりません。
あくまでも、このままでは、[「その月」の3日]です。

>X月3日(ただし,Xは1から12とする)
>こういうことで...続きを読む

Qthe best friendとthe best of friendsって違うのですか?

ある場面で
we are going to be the best of friends.
とあったのですが、
we are going to be the best friend.
とでは意味は違いますか?あるいはこの言い方は間違いですか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1&4の者ですがお礼・補足を拝見しました。では、少し本題から離れますが、「the best friends」について、じっくり解説しましょうか。

まず、申しましたように「the best friends」という表現は、基本的に使わないものだと思ったほうがいいです。念のために今、英文検索サイトで実際に例文があるかないかを調べてみましたが、「we are going to be the best friends」の用法で「the best friends」が使われている例を見つけることはできませんでした。

では、「the best friends」という表現は、いかなる場合にも成り立たないのか。私なりに考えてみました。結果、以下のような場合ならあり得ると思ったのです。

Aさん「顔も頭も良い人が二人集まって親友同士になるなんてあり得ないよね。たいてい、いがみ合っちゃうじゃない」
Bさん「そんなことないわ。We are going to be the best friends.=私たちが、その(顔も頭の良い)親友同士になりましょうよ。」

という具合。このように極めて特定な「その親友同士」を指す場合に、使えないことはない表現だとは思いました。しかし、これだって不自然なのです。なぜなら、こういう場合、たいていは「そんなことないわ。We can be best friends and still look good and be smart.」とかなんとか、違った表現を、人間は使うものだと思うんですよね。

まあ、そんなわけなんで、「we are going to be the best friends」という表現は、基本的にあり得ないと思っておいて、忘れてくださいな。私が#1欄で「あり得る」なんて書いてしまったので、紛らわしかったのだと思います。

で、ここで一応、さらっと本題に戻っておきますと、「we are going to be the best of friends.」に、なぜ「the」が含まれるかというと「the」が「best」に掛かっているからなわけです。さらに整理します。

(1)「We are going to be the best of friends.」
意味は「私たちは、数ある友人の中でも、一番親しくなろう」で、よく使う言い回し。

(2)「We are going to be best friends.」
意味は「私たちは、親友同士になろう」で、よく使う言い回し。また、結局は「数ある友人の中でも、一番親しい友人」を「親友」と言うわけなのだが、「数ある友人の中でも、一番親しく」と言ったほうが「うんと親しくなりたい」という思いの強さが伝わる。

(3)「We are going to be the best friends.」
基本的には、あり得ない表現。

なんとなく、おわかりいただけましたでしょうか。尚、#3さんも「the best friends」という表現は、基本的にはあり得ないとお書きになっています。

#1&4の者ですがお礼・補足を拝見しました。では、少し本題から離れますが、「the best friends」について、じっくり解説しましょうか。

まず、申しましたように「the best friends」という表現は、基本的に使わないものだと思ったほうがいいです。念のために今、英文検索サイトで実際に例文があるかないかを調べてみましたが、「we are going to be the best friends」の用法で「the best friends」が使われている例を見つけることはできませんでした。

では、「the best friends」という表現は、いかな...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報