いままで普通の会計処理をしていたのですが、事業の拡大にともない、今までの製品の売れ行き(A)部門と、新しい製品の売れ行き(B)と分けたいのですが、こういった場合は全部の水道光熱費、電気料、電話料とかもわけるのですか?仕入、売上は分かるとしても細かい経費を分けるのは無理な気がしますが・・・。あと相手の会社にどのような資料を集めてもらえばよろしいのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

経費の案分ですね。


基本的に部門別にわけるべきだと私は思います。
以下の回答は、ご質問を読む限りきっちりとメータ等で使用量が把握できないと言う前提で、経費の案分の仕方を記載します。ちなみに私の会社でも部門別に把握できませんので同様の方法を採っています。

水道光熱費(上記では電気料以外と判断します)と電話料は、基本的に人数による案分を行っています。それは、水道代やガス代はその部門にいる人分かかるという前提においてです。また、電話も水道代やガス代と同じ考え方によっています。人数は月末人員でよろしいかと思います。
次に、電気料ですが、その部門の専有面積、蛍光灯数および空調数、各電気使用装置の標準出力等で案分されたらよいと思います。例えば空調や照明であれば実質専有面積分電力量がかかっているという前提においての案分であればある程度合理的であると思われますし、数が少ないのであれば、各電気使用装置の標準電力使用量を拾い上げて案分するのも一手だと思います。ちなみに私の会社では、ある程度電力使用量が把握できるようにメータが設置されていますのでその電力使用量を基に各部門に配賦を行っています。もちろん上記以外にも合理的な案分方法があればそれを採用すればいい事だと思います。この辺は部門毎に使用量がある程度推定できるものがないかよく観察されて、合理的な方法を採られればよいかと思います。

尚、上記にはあがっていませんが、消耗品や修繕費、雑費等で業者納入があるようなものは、発注時に費用負担部門を注文書などに書いてもらい、業者さんが納める際に注文ナンバー等でその納品物がどの部門かを把握できるようにすればその費用発生部門を把握することは割と簡単だと思います。
また、人件費は部門別に費用集計すればそう難しいことではないでしょう。

もし、今まで部門別の費用把握をされていないのであれば結構面倒に思える作業ですが、配賦(直課できない費用の案分、例えば上記のような水道光熱費や通信費、減価償却費等)であれば、年に1度配賦基準を決め、大きな変動がなければ1年間その配賦基準を通せばよいと思いますし、直課できるような費用(ここでは消耗、修繕費を想定しています)であれば、費用負担コードを定めて納品書や請求書等にはその費用負担コードを書いてもらうように業者さんに協力を求めれば後は集計作業だけです。
もちろん、いったん決めた配賦基準が現実と乖離していないか注意が必要ですし、期の途中でも大きな変動があればそれに併せて修正する作業は必要でしょうね。

ちょっと抽象的ではありますが、こんなもんでしょうか??
ご参考になればと思います。
    • good
    • 0

私も、現在社内の原価計算プロジェクトに身を置くものです。


共通費の按分ですが、とりあえず分けるということも必要ですが、
敢えて分けないという選択肢もあります。

直接的に発生している原価を把握するのが部門管理であり、
会社にはどちらにも配賦できない経費というのは必ずあります。
共通部門を一つ設けて、各々の部門の経費に分けられないものを
溜め込んで行き、共通部門の取引内容を分析し、社内ルールを作っていく・・・、
そうして、共通部門の発生額が本当に限られたものに絞り込まれていく、
というのが理想なのではないでしょうか。

あまり参考にならないかも・・・すみません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q港湾施設使用料(県から請求)は課税仕入?非課税仕入?

お世話になります。何度もすみませんがまた教えてください。
会社の決算で今までの帳簿等をチェックしていて疑問に思いましたので質問いたします。
建設業にて港湾工事などに伴い、残土、資材置きや、ブロック製作のために港湾施設用地、野積場を借りることがあり、科目としては地代家賃の費用であげているのですが、その課税区分でわからなくなっております。というのも私は現在親子会社の両方の経理を掛け持ちでやっているような状態なのですが、片方では前任者はこれらの地代家賃(費用)はすべて非課税処理していたようなのですが、もう片方では、この「県」や「町」から借りる形の港湾施設用地・野積場に関する地代家賃は課税処理として他の地代とは区別しているのです。最初はそれぞれの前任者にならって同じようにしたのですが、どちらが正しいのかわからず、悩んでおります。片方があえてそうしていたのには何か理由があるのでしょうか(地代家賃の税区分は思っている以上に複雑なんでしょうか)?それともどちらかが単なる間違いでずっと来ているのか、、、。
何度もすみませんが教えてください。よろしくお願いいたします。

お世話になります。何度もすみませんがまた教えてください。
会社の決算で今までの帳簿等をチェックしていて疑問に思いましたので質問いたします。
建設業にて港湾工事などに伴い、残土、資材置きや、ブロック製作のために港湾施設用地、野積場を借りることがあり、科目としては地代家賃の費用であげているのですが、その課税区分でわからなくなっております。というのも私は現在親子会社の両方の経理を掛け持ちでやっているような状態なのですが、片方では前任者はこれらの地代家賃(費用)はすべて非課税処理...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、消費税法別表第一第一号に、
「土地の譲渡及び貸付け(一時的に使用させる場合その他の政令で定める場合を除く。)」は非課税、とあります。

そして消費税法施行令第八条には、
ただし、「土地の貸付期間が一ヶ月に満たない場合及び駐車場その他の施設の利用に伴つて土地が使用される場合」は課税とする、とあります。

これらの法令は、民間事業者の事業はむろんのこと、地方公共団体の事業にも適用されます。ですので、「県」や「町」から借りる港湾施設用地及び野積場に係る地代家賃が課税か非課税かは、これらの法令に拠って判断することになります。しかし、これらの法令を読んでも課税、非課税のボーダーラインが不鮮明ですので、独自の判断を避けて、その都度、所轄税務署に照会する方が無難です。

Q仕入商品の部門振り替えについて

お世話になります。

新しくB部門が増えました。

A部門とB部門があり、A部門が仕入した商品をB部門に振り返る場合の仕訳はどのようになるのでしょうか。

A部門・B部門それぞれ個別に損益を管理します。

こんな感じかと思ったのですが
A部門:
1000 仕入/買掛金 1000
100 本支店/仕入 100
B部門:
100 仕入/本支店 100

翌月、繰越商品となった場合は、どうなりますでしょうか。

Aベストアンサー

部門別会計は管理会計の一種になりますので、決算仕訳ですべて帳消しにし決算書に残さないようにする限り、御社で自由におこなうことが出来ます。

そのため、本支店会計に倣うのであれば、繰越商品についても本支店会計と同様にして構いませんし、そうでなく御社独自の方法を考案してそれをおこなっても構わないといえます。

Q部門別の「仕入」についての仕訳の仕方

部門が「A業務」 「B業務」とあります。

「A業務」販売用の、1個10円の備品を10個仕入れた場合の仕訳は
【仕入(部=A業務):100/現金:100>としています。

販売後は【現金:100/売上(部=A業務):100】とします。

全て売れた場合はこれで良いと思いますが、全てをA業務で売らず、残りをB業務で販売した場合の仕訳がわかりません。

<例>
【仕入(部=A業務):100/現金:100】 → 【現金:80/売上(部=A業務):80】

残りの20をB業務に売り上げた場合、

【現金:20/売上(部=B業務):20】と単純に仕訳していいのでしょうか?
A業務部門で仕入れているため、B業務部門で売り上げるには、一旦、仕入をB業務部門に仕訳し直さないといけないのでしょうか?

そのような場合、どのような仕訳になるのかわかりません。
そもそも、仕入時には部門を設定する必要すらないのか、分からない状態です。

Aベストアンサー

 >一旦、仕入をB業務部門に仕訳し直さないといけないのでしょうか?

  部門毎に損益を出すためには、Aで仕入れた商品をBの売上原価に振替える

  必要があります。

  従って、全社での損益は変わりませんが、下記の仕訳が必要となります。


  仕入(B業務) / 仕入(A業務)
 
  適用には「部門振替」等と記載すれば宜しいでしょう。


  また、本支店会計として行うのであれば、

  仕入(B業務) / 本支店a/c
  本支店a/c  / 売上(A業務)

Q売上に「部門」がある場合の「仕入」の仕訳かた

CDの100枚入りスピンドル(2,000円)を1ケ買ったとします。1枚50円で販売します。
売上る際は、各部門ごとに分けて処理をしています(「あ」部門、「い」部門、「う」部門…)

今まで、市販の本を仕入れる場合は、仕入れても「あ」部門でしか使わないので
●仕入「部門・あ」:800 現金:800 → 現金:1000 売上「部門・あ」:1000

CDの場合、売り目的なので「仕入」で仕訳をするのだと考えています。
ただ、100枚全部「あ」部門で使うとは限らない。「い」部門、「う」部門かもしれない。

仕入の段階で、部門ごとに分けてみようかと思いましたが、そもそも、仕入の段階では、どの部門でどれだけの枚数が売れるか、わからないのです。

仕入の段階ではどうやって処理したら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

> 仕入の段階で、部門ごとに分けてみようかと思いましたが、
> そもそも、仕入の段階では、どの部門でどれだけの枚数が売れるか、
> わからないのです。
その通りです。
故に、商品を仕入れた時点では販売部門での仕訳計上はできません。

> 今まで、市販の本を仕入れる場合は、仕入れても「あ」部門でしか使わないので
> ●仕入「部門・あ」:800 現金:800 → 現金:1000 売上「部門・あ」:1000
この場合に於いても、同一会計期間中(又は同一月内)に売上が発生していない時には間違いとなります。
[正しい仕訳の 一例 ]
・平成x1年11月1日
 『あ』部門で販売するために現金で市販の本を1冊購入した。単価は800円
  仕入[部門:あ]800 / 現金 800
・平成x1年12月31日(決算)
 棚卸をしたら本(@800)が1冊残っていた。
  商品 800 / 仕入[部門:あ]800
・平成x2年3月3日
 『あ』部門で市販の本を1冊現金売りした。売価は1000円
  現金1000 / 売上[部門:あ]1000
  仕入[部門:あ]800 / 商品 800


> 仕入の段階ではどうやって処理したら良いのでしょうか?
本来、仕入の段階では無理です
一般的には、
 ・在庫管理用のシステム(帳簿でも良いし、エクセルでも良い)を使い、
  期間ごとの部門別売上原価を作表し、その数値を振替える。
斯様な方法が採られていると考えます。

> 仕入の段階で、部門ごとに分けてみようかと思いましたが、
> そもそも、仕入の段階では、どの部門でどれだけの枚数が売れるか、
> わからないのです。
その通りです。
故に、商品を仕入れた時点では販売部門での仕訳計上はできません。

> 今まで、市販の本を仕入れる場合は、仕入れても「あ」部門でしか使わないので
> ●仕入「部門・あ」:800 現金:800 → 現金:1000 売上「部門・あ」:1000
この場合に於いても、同一会計期間中(又は同一月内)に売上が発生していない時には間違いとなります。
[正しい...続きを読む

Q事務をしてます。仕入・経費の分け方がわかりません。

会社で売上・仕入管理ソフトを使用して伝票を起票したり仕入入力をしています。
仕入伝票が入ってくるのですが、仕入なのか、経費なのかわからないものがあります。

伝票の内容を記載します。

・伝票1 タオル
・伝票2 タオルに名前を入れるプリント版代
・伝票3 タオルの刺繍代
・伝票4 タオルを包装する包装紙代
・伝票5 タオルを外注に出して包装してもらった代金
・伝票6 タオルにかける熨斗代 
・伝票7 タオルを宣伝する広告代

上記は仕入でしょうか?経費なのでしょうか?
それとも会社が勝手に決めるものですか?
上司もわからないみたいで経理の人に聞いても毎回適当です。

Aベストアンサー

タオルが会社の商売にどう関わっているのかが分かんねぇと判断できねぇんだが、まっさらなタオルを外部から買ってきて加工して客に売る商売なのかい?

そうだってことなら、1~6は売上原価だ。そのうち1が仕入で、ほかは売上原価の中の仕入以外の科目に計上するのが一般的だ。7は販売費で、販売費及び一般管理費の中の科目に計上するのが一般的だ。

他の回答と似るが、経理にいちど決めてもらって、それを続けるのがいいぜ。毎回適当なら、教えてもらったときに今後同じものが出てきたら同じようにすればいいかどうか、ついでに聞いて「そうだ」と言わせちまいなよ。

それと、その回答の中にある「どこまでを仕入れにいれるかは、独自のルールで決めてもいいわけですが」てぇのは間違いで、会計基準に沿って決めなきゃならねぇ。ある程度柔軟に対応できる規定が会計基準に置かれてるが、それは独自ルールを認めたものではねぇからな。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報