「W/F」などとも記されるワウフラッターの事ですが、これは回転のムラを見るためのものということは聞いているのですが、具体的にはどんな現象を見ていて、どのような表記の仕方にて良し悪しを判断しているのでしょうか?

 分かる方、教えてください!!

A 回答 (5件)

NO2のtamatokuroさんが書いている


>でもたまにけっこうこの誤差が大きいのがあって、半音違うほどの誤差が生じているものもありました。

これはワウフラッターのことではないと思います。
半音違うのは速度自体がずれている?物です。
カセットの速度は4.75cm/sで規定されていましたが、安いラジカセは速度がいいかげんだったので、早めのラジカセで録音した物を早めのラジカセで再生すると音がシフトしていたのです。
各オーディオメーカーが出していたカセットデッキでもかなり速度にばらつきがありました。

どうも4.75cm/sの規定に誤差が認められていたようです。(未確認です)


ワウフラ(略称)について
ワウ=長い周波の速度偏差です通常1秒以上の変化を言います。大きなものは聞いているとふわふわした変化に聞こえます

フラッター=比較的早い周期の速度変化 1秒間に数回以上の速度変化 ひどい(壊れかかった)ものはビブラートがかかったようになります

ワウは駆動ベルトの伸び、電源回路の変化などで発生し、
フラッターはモーターのゴギング(ブラシが極を渡る時に発生)やテープレコーダーの細いキャップスタンの偏芯等で発生します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Pesukoさん、ご回答ありがとうございました。原因など詳しく頂いて助かります。今までPCの故障などで回答が見れなく、このため御礼が遅くなってしまいました。申し訳ありません。今後も宜しくお願いします。

お礼日時:2002/04/29 18:41

たとえばカセットテープなどでチューナなどについている発信音(音叉でも可)を録音してみて下さい。


よく聞くと音がふらふらしているのがわかると思います。
これがワウフラッタと呼ばれる歪みです。

この再生音の音程自体が変わってくるのは皆さんがおっしゃるとおりワウフラではなく、カセットテープでは
JISで±3%まで速度の許容範囲が認められています
ので、その範囲内であれば「正常」です。
テーブ自体の長さも、+3%(以上)なければならな
かったと記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kaznhiさん、ご回答ありがとうございました。今までPCの故障などで回答が見れなく、このため御礼が遅くなってしまいました。申し訳ありません。今後も宜しくお願いします。

お礼日時:2002/04/29 18:45

Pesukoさんが補足していらっしゃるとおり、No2さんの仰っているのはワウフラではなく、単なる速度誤差です。


カセットでは、テープを巻き取る「キャプスタン」と言う部分の劣化や摩耗により、本来の巻き取り速度が発揮できず、音程が狂ったような状態になることがありますが、これはワウフラとは言いません。
また、レコードプレーヤでも、ダイレクトドライブ式ではなくて、ラバーベルト式のものはラバーが伸びてたわんで、回転が遅くなったように聞こえることがありますが、これもワウフラではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

coco1さん、2度目の回答、ありがとうございます。今後も補足などに関しても宜しくお願いします。

お礼日時:2002/04/29 18:42

普通、アナログのカセットを再生する装置、カセットデッキにはワウフラッターってのがあって、プラスマイナス何パーセント(0.00~%とかそんなもん)かで、テープが回るスピードに誤差が生じるわけですが、ほとんど聴感上は問題ない程度の誤差なんですね。

でもたまにけっこうこの誤差が大きいのがあって、半音違うほどの誤差が生じているものもありました。

以下のHPから
ワウフラッターの恐怖

参考URL:http://fweb.midi.co.jp/~elektro-v/html/essay/ess …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tamatokuroさん、ご回答ありがとうございました。参考URLまでつけていただいて嬉しい限りです。今までPCの故障などで回答が見れなく、このため御礼が遅くなってしまいました。申し訳ありません。今後も宜しくお願いします。

お礼日時:2002/04/29 18:40

こんばんわ。


アナログレコードのリバイバルで、現在でもワウ・フラッターという言葉が生きているのでしょうか?

従来は、レコードプレーヤやカセットテープデッキなどの回転系における回転ムラを意味していたのはご存じのとおりです。たしか比較的大きなうねりをワウ、小さなヒュルヒュルといったものをフラッターと言っていたはずです。ちょうど、車の中に放置して、伸びてしまったカセットを再生したような感じですね。

具体的には、モーターのある部分に光学エンコーダなどの部品を組合せ、1回転ごとに光の点滅をカウントし、その数のばらつきで回転ムラを検出する、といった手順で測定します。

しかし、これは、毎分当たり33回転などといった低速回転のプレーヤーならではの現象で、現在のCDのような高速の回転系では例外なく「測定不能」「測定限界以下」となっていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

coco1さん、ご回答ありがとうございました。今までPCの故障などで回答が見れなく、このため御礼が遅くなってしまいました。申し訳ありません。今後も宜しくお願いします。

お礼日時:2002/04/29 18:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ワウフラッター」って具体的に何?

 「W/F」などとも記されるワウフラッターの事ですが、これは回転のムラを見るためのものということは聞いているのですが、具体的にはどんな現象を見ていて、どのような表記の仕方にて良し悪しを判断しているのでしょうか?

 分かる方、教えてください!!

Aベストアンサー

NO2のtamatokuroさんが書いている
>でもたまにけっこうこの誤差が大きいのがあって、半音違うほどの誤差が生じているものもありました。

これはワウフラッターのことではないと思います。
半音違うのは速度自体がずれている?物です。
カセットの速度は4.75cm/sで規定されていましたが、安いラジカセは速度がいいかげんだったので、早めのラジカセで録音した物を早めのラジカセで再生すると音がシフトしていたのです。
各オーディオメーカーが出していたカセットデッキでもかなり速度にばらつきがありました。

どうも4.75cm/sの規定に誤差が認められていたようです。(未確認です)


ワウフラ(略称)について
ワウ=長い周波の速度偏差です通常1秒以上の変化を言います。大きなものは聞いているとふわふわした変化に聞こえます

フラッター=比較的早い周期の速度変化 1秒間に数回以上の速度変化 ひどい(壊れかかった)ものはビブラートがかかったようになります

ワウは駆動ベルトの伸び、電源回路の変化などで発生し、
フラッターはモーターのゴギング(ブラシが極を渡る時に発生)やテープレコーダーの細いキャップスタンの偏芯等で発生します。

NO2のtamatokuroさんが書いている
>でもたまにけっこうこの誤差が大きいのがあって、半音違うほどの誤差が生じているものもありました。

これはワウフラッターのことではないと思います。
半音違うのは速度自体がずれている?物です。
カセットの速度は4.75cm/sで規定されていましたが、安いラジカセは速度がいいかげんだったので、早めのラジカセで録音した物を早めのラジカセで再生すると音がシフトしていたのです。
各オーディオメーカーが出していたカセットデッキでもかなり速度にばらつ...続きを読む

QAQUOSで音楽DVDを見ると音にムラが出るんです。

AQUOSで音楽DVDを見ると音にムラが出るんです。

6月に、AQUOSのLC-40LX1と、SHARPのレコーダーBD-HDW53を購入しました。
全ての音楽が、と言うわけではないのですが、音楽のDVDV(プロモーションビデオ、ミュージッククリップ)を再生すると、音が篭ったりクリアになったり激しくムラが出るんです。

故障かなと思い、量販店に頼み、SHARPの技術者の方に自宅へ来てもらいました。
しかし、SHARPの方には「DVDから発する音の信号が元々そうなっていて、
(AQUOSの音質が良いので)それがそのままスピーカーから出てくる」と
言うような結果で、結局故障じゃないと言われました。

納得はしなかったのですが、どうしようもないと言われそのまま何もできませんでした。
でも、おかしいと思うのです。
例えば、本当にDVDに問題があるならば今の時代にそんな質の悪いものが作られているのか?
機械に問題があるならば、音質の良さが仇となり逆に不愉快な聞こえ方をして問題ないのか?
でもインターネットで同じような事で悩んでる方がいるか探しても居ませんでした・・・

ちなみに、TV放送で流れているビデオクリップも同じムラがでるので、購入したDVD単品が
悪いわけでは無いようです。
ただし、歌番組で歌われてる音楽は大丈夫でした。
ビデオクリップだけが音ムラになります。

原因がわからないので、返品も交換も修理もできず本当に困っています。
専門知識をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非お力を貸していただけませんでしょうか。

どうか宜しくお願いいたします。

AQUOSで音楽DVDを見ると音にムラが出るんです。

6月に、AQUOSのLC-40LX1と、SHARPのレコーダーBD-HDW53を購入しました。
全ての音楽が、と言うわけではないのですが、音楽のDVDV(プロモーションビデオ、ミュージッククリップ)を再生すると、音が篭ったりクリアになったり激しくムラが出るんです。

故障かなと思い、量販店に頼み、SHARPの技術者の方に自宅へ来てもらいました。
しかし、SHARPの方には「DVDから発する音の信号が元々そうなっていて、
(AQUOSの音質が良いので)それがそのままスピーカーから出...続きを読む

Aベストアンサー

う~む、悪名高きAQOUSレコーダなら無きにしもあらずですが・・・

>TV放送で流れているビデオクリップも同じムラがでる

TV側の問題でしょうかね?
となるとSHARPのサービスマン曰く
>「DVDから発する音の信号が元々そうなっていて、それがそのままスピーカーから出てくる」
これは全く嘘ということになりますね(まぁ頭から信じられない話ですけどね。笑)
メーカーよりも販売店に事情を話し、交換を要求すれば良いと思いますよ。
(メーカーは、なかなか非を認めません)

ちなみにサービスマンは、製品全般を広く浅く把握しなければいけないので技術屋というレベルには達していません。
得てして、相手次第でその場しのぎの適当な事を言うのが常です。
家電屋の店員しかりですね。

Q電気回路 テスタによる測定

テスタの抵抗測定モードとダイオード測定モードを用いてダイオードの電圧を計測したんですが、抵抗測定モードで測ったときとダイオード測定モードで測ったときに電圧の違いが生じました。
が、この値がなぜ違うのかが分かりません。

詳しい実験の内容はこうです。

1.抵抗測定モードでダイオードの抵抗を測定
2.ダイオードの向きを変えて測定
3.ダイオード測定モードでダイオードを測定

結果
1.0.780M1Ω
2.測定不能
3.0.531V


です。
理由が知りたいので教えてください!

Aベストアンサー

テスターの機能は抵抗測定と ダイオード測定とでは 目的もその単位も違います。
1.抵抗測定モードでダイオードの抵抗を測定 → 抵抗値を計る
2.ダイオードの向きを変えて測定 → 抵抗値を計る
3.ダイオード測定モードでダイオードを測定 → ある電圧をかけたとき ダイオードに現れる電圧を測ります。

結果
1.0.780M1Ω → ダイオードの順方向の抵抗値
2.測定不能 → ダイオードの逆方向の抵抗値。 ダイオードには整流作用があるので当然∞無限大
3.0.531V 現れた電圧

ですね。

Q電子レンジのターンテーブルの回転数はなぜ5回転?

学校の課題で電子レンジについて調べることになりました。
そこで何台か電子レンジを見たのですが、みんなターンテーブルの回転数が毎分5回転なんです。(西日本では毎分6回転のようです)
これについて図書館やネットでもいろいろ調べてみたのですが、それらしい答えは得られませんでした。
なぜそろって毎分5回転なのか、わかる方がいらっしゃったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子レンジのターンテーブルは、シンクロナスモーターを使っており、電源周波数によって決まった回転速度で回転します。
このモーターは常に一定速度で回転しますが、電源周波数に同期しているため、それ以外の速度で回転することが出来ません。負荷がかかると速度が低下するのではなく、停止してしまいます。

通常、電子レンジのシンクロナスモーターは減速ギヤと一体構造になっています。
東日本の電源周波数は50Hzなので、1秒間に50回の電源周期があります。1分5回転ということは、600回の電源周期で1回転するようなギヤ比になっているということです。
60Hzの西日本では、1分間に60Hz×60秒=3600周期あるので、同じモーターを使うと、1分間に、3600÷600=6回転する計算になります。

Q測定者の精度管理について

滴定測定の精度管理について質問させていただきます。

測定者の測定精度を管理したいと思うのですが、方法がよくわかりません。
測定結果に統一性をもたせるのを目的とした場合、真値のわかっている
試料液を測定し、測定者全員の測定値と比較をすればいいのだと思いますが、
真値のわかる試料液を準備できません。(計算で理論値であれば出すことは
できますが、それが真値といえるのかがよくわかりません)

適当な試料液を測定者全員で測定し、測定値をあわせるのは難しいので
しょうか?
この場合、基準の決め方がわかりません。
全員で何度も繰り返し測定して真値に近づけるとすると、測定者の精度管理には
なりませんよね?

ご意見のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問がはっきりしませんが
  ・精度管理→測定値のバラツキの問題です。
  ・正確度管理(かたより)→基準値との差の問題です。 
  精度管理および正確度の方法(基準値がない場合)
 
 ・未知試料を熟練者に多数回分析させて、平均値及びバラツキ(σ)を求めます。
 ・測定者(未熟練者)に同一試料で熟練者と同一回数分析させ平均値及びσ
  を求めます。
  (1).精度検定(測定精度の差をみる)→統計のF検定で判断する。
  (2).かたより検定(両者の測定値の差をみる)→統計のt検定で判断する。
     以上参考にしてください。

Qwordでの繰り返し記号表記(「く」の字型を、横書き表記する場合)

wordで文書を作成しています。
2文字以上の繰り返し記号(「く」の字型のもの)を、横書きで表記しなければならないのですが、どのような記号を使用するのが適切でしょうか?

一案としては、斜線を2つ用いて「/\」のように表記するというものがあるようですが、他に何かより良い方法があればご教授下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

[くの字点]は縦書き専用ですから、横書きには使用しません。

質問にあるように山型にすると[くの字点]とは別物になるのでは?
谷型になるのならある程度理解はできますが。
添付画像では[くの字点]を半角の@をつけたフォント(@MS 明朝など)で
無理に横書きの中に埋め込みましたが...

「々」を使って2文字に対応してはいかが。


「重ね々々」

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/踊り字

Q測定値の取り扱いについて

濃度測定で定量値を確認したら異常値であるか分からない場合、
再測定をすると思います。
その再測定値が初回測定値に近い場合、初回測定値を採用しようと考えています。
(たぶん、両方の値の平均値って方もいるかもしれませんが)

問題は、再測定値が初回測定値と離れている時です。
一応ここでは、初回測定値に対して±10%のズレで再々測定を行うとします。

この場合、再々測定を実施しようと考えているのですが、
3っつの値のうちどれを採用するかということです。

初回測定値?再測定値?再々測定値?
どれが正しいってのはないと思いますが・・・

Aベストアンサー

>再測定値が初回測定値と離れている時です。

この場合は、分析法が正しくないと考えられます。

真度が正しく得られているのか、室内再現制度は適合しているのか、
それらを検証する必要があります。

もともとそれらが正しく得られる方法を分析法として、採用するのですが。

分析値を棄却するかどうかの検定法は、Q-テストという方法があります。

Q20kg程度の重量物をほぼ定速で数日間回転させ続けるための回転ステージ

20kg程度の重量物をほぼ定速で数日間回転させ続けるための回転ステージを探しています。
回転方向は水平でなく垂直(風車や水車と同じ向き)です。

光学機器等のカタログにある電動のロータリーステージは高くて手が出ません。
アンテナローテーター(1~2万円程度)などを改造することもも考えましたが、
これは回転数無制限で長時間回し続けることができるのでしょうか?

どなたかコストパフォーマンスの良い、頑丈だけどあまり精度は必要の無い
ローテーターをご存知でないですか?

Aベストアンサー

No.1,2 です。

> どうぞよろしくお願いいたします。

と言われても、対象物が固体なのか液体なのか粉体なの容器入りなのか、
何か出てくるかと思ったけど出てこないし、
> たとえきれいにしておいても、許してもらえそうにありません
という文からすると直接放り込めるものか?とは思えますが明確でないし
回転速度はどの程度なのか、価格はどの程度ならいいのか、
少しでも絞らないと提案すらしようがありません。
ダメもとで片っ端から「これはどう?」と提案すれば質問者さんはよくても
そんな時間的余裕・精神的余裕のある人ばかりじゃないと思いますよ。

Q漏れ電流、絶縁測定の方法について

※ クランプメ-タ-を使用して測定することは知っていますが、正しい測定方法がわかりません。
※ 絶縁を測定したい機器が天井裏にあり、機器そのものでの測定が困難な場合、分電盤内のどの箇所で測定すれば正しい測定ができるかアドバイスをお願いいたします。尚、測定したい機器は空調排風機、ピ-マックです。

Aベストアンサー

は負荷電流を測定するのに使います。
絶縁を測定するのであればメガテスターになります。
漏電でもしているのでしょうか。
クランプメ-タ-は負荷の配線をクランプして負荷電流を測定します。例えば3相モーターのU・V・Wの各々の負荷電流を測定出来ます。
漏電の場合はメガテスターで測定します。測定するものが測定できないようですね。この空調排風機、ピ-マックが接続されている他の機器の配線を全てはずして(ピ-マックがどれとも接続されていない)アースの線とそのはずした各々の線との漏電を確認します。この時に漏電(2MΩ以上あれば問題なし。)が確認できればピ-マック自体かまたは配線されている線が漏電していると思います。漏電が確認出来なければ問題がないと思います。

Qホームページを見ているときに、カーソルが点滅する現象

現在、Mozilla Firefoxを使用してネットなどを見ています。
その際、入力時でも無いにも関わらずカーソルが点滅して大変目障りな状況です。
以前はドラックしてもネット上での文章にはカーソルが点滅しませんでしたが、今は何処でも左クリックをすれば点滅してしまいます。
これを解消するにはどうすれば宜しいでしょうか?

Aベストアンサー

もしかして、キャレットブラウズモードになっているということですか?
F7キーを押してみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報