最新閲覧日:

よく自動車保険で、対人対物「無制限」をすすめるようですね。
「無制限」にするメリットは何ですか?
最近では1億、2億での損害賠償が現実になっているというそうですけど。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (6件)

対人保険が無制限というのは、いまや常識ですからおいといて、対物保険の保険金は、ちょっと注意が必要です。


一昔前は、対物1,000万円という人も多くいましたが、今なら無制限が必要でしょう。なぜなら対物保険金は、「1事故あたりの支払い上限金額」になっているからです。つまり、500万円の車にぶつかって、その反動で600万円の車にぶつかると、損害金額1100万円になり、1000万円を越えてしまいます。このばあい、100万円は自腹、ということになります。充分ご注意を。
また、#5の方が書かれているように、相手はどんなモノかわからない、というもの怖いところです。例えば、毛皮を搬送中のトラックに突っ込んだ場合、中身の毛皮まで弁償しなければならないですから、とんでもない金額になります。最近の信号機も、大変高価なものになってきていると聞きます。
対物保険金額を無制限にしても、万一のことを考えると、易いものだと思いますよ。
私なら、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
人の損害も、物の損害も、値段というものは予測しようがないんですね。

お礼日時:2002/03/19 01:11

無制限にしても、対人の場合は保険料があまり変わらなかったと思います。

相手を選んで交通事故をおこすことは、できないですから。

対物の無制限を進める場合は、対物の支払対象が「車」だけではないことを力説しています。例えば、事故をおこして家屋に車が飛び込んだ。列車と事故をおこして復旧作業に手間がかかった。外車の運搬車両と事故をおこした。もし万一をいいます。そして、保険会社は、契約で約定した金額しか支払ってくれないことを説明すると どうしても無制限の契約に変わっていきます。しかし、変更されるのは割引が多くなり、変更しても前年の保険料より安くなることが前提ですけど。
    • good
    • 0

もし加害者になった時、1億2億の請求が来ないとも言い切れないので無制限に入ってます。



対物事故の場合も、もしフェラーリにぶつけちゃったなんて事になったら

とてもじゃないけど払いきれません。

それでも対人1億、対物1000万なんて保険に入ってる人もいますが無制限に入っててデメリットはありません。

なにかあった時の保険なので迷わず無制限をお勧めしますね
    • good
    • 0

保険会社としても、あまり細かく(1億5000万、2億3000万・・・)保険料を算出すると、たいへんだ、という事情もあるでしょうし、ユーザーが選ぶときに迷う、ということもあるでしょう。

    • good
    • 0

 無制限にするメリットは補償額ですが、無制限を選択する際の動機として、例えば対人何億というのと無制限、対物何千万円と対物無制限というのでは、あまり保険料が変わらないことが動機のひとつになっていていると思います。


 交通死亡事故の賠償額は、従来から1億円前後のケースが多いようで、そのような単位で動くとなれば、加害者となった場合一生を左右するような金額になってしまうことから、当方保険代理店兼業ですが、対人については、入るからにはと無制限としていないクライアントはこれまで一人もおらず 対物の場合でも、これまでは300万円ぐらいから多くて1,000万円という入り方が多かったものの、例えば新しめのベンツSクラスやフェラーリあたりを全損させたりすれば1,000万円超えますし、家屋や店に飛び込んだり、実例があるらしいのですが水面に車が落ちてクルーザーに飛び込んだりした場合、数千万という事例もあるようで、クライアントの半数以上が無制限に切り替えつつあります。
    • good
    • 0

交通事故というものが、いくら運転に自信があっても、起こるときには起こるものなのかもしれません。

その相手が選べないからこそ、保険としては、最高のリスクまで保障してもらっていた方が安心できます。あとは、様々な保険会社がありますから、ライフスタイルに合わせて選べば、かつての保険に比べると割安になるかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ