読書を一番の趣味にしており、Webサイトも開いているものです。ずっと気になっていたのですが「赤頭巾ちゃん気をつけて」を書いた庄司薫さんは現在本を書かれているのでしょうか?ご存知の方教えてください。

A 回答 (3件)

こんにちは


検索してみて知ったのですが、ごくたまに文章を
書かれているようですね。
中村紘子さんの話やご本ににポロリと庄司さんのお話のでていることがあって「やった!」などと思うことがありますけれども。
きっと普通に?お仕事をやっておられて、そちらの方は傍らなのだろうと考えています。

ご存知でしょうが、ご参考に。↓

参考URL:http://www.geocities.jp/bakukai2004/kanennpu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「参考URL」を見て私と同じようなことを考えている人がいるんだという事がわかり、うれしくなりました。これからは中村紘子さんの情報にも気をつけていきたいと思います。

お礼日時:2006/06/23 20:50

小説家としては「ぼくの大好きな青髭」が今のところ最後の様です。


奥さんのエッセーの代筆をしている等の話はある様ですが、謎ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。当時の作品はみんな読んでいるのですが、その後どのような考えかたの変化があるのか(ないのか)最近の、エッセイでもいいから読んでみたいのです。

お礼日時:2006/06/19 20:18

小説家としては1978年の『ぼくの大好きな青髭』が最後の発表作品のようです。


ピアニストの中村紘子さんと1974年9月に結婚して、一説では彼女のエッセイの代筆をしているという説もあるようですが、実際どうかわかりませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。中村紘子さんはテレビなどに出てもお話されないので余計知りたくなるのです。

お礼日時:2006/06/19 20:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読書好き又は読書好きなお子さんをお持ちの方に

(1)幼稚園の年中~年長さんでどんな本を読んでましたか?

(2)我が子は感動して泣いてる時がありますが、これは理解がついていってると思って大丈夫なんでしょうか?

余談ですが読み聞かせはずっと続けてます。

Aベストアンサー

ファーブル昆虫記とか、ガリバー旅行記とかの子ども用を読んだりしていたような記憶がうっすらとあります。
でも、子ども用とはいえ、小学生くらいが対象の、挿絵が多少あるものだったので、意味をわかっていたかは微妙ですね。
兄がいたので、張り合って文字を追っていただけかもしれません。

年中~ということは4歳以上ですよね。物事を考えて、自己主張できる年です。内容は理解しているでしょう。

読書が嫌い、本を読めない人は、文章だけを読んでも情景が想像できないからというのが多いみたいです。
読書に馴染みを持たせるために、読み聞かせるだけじゃなくて、どう思う?とか、どんな気持ちだったんだろうね?とか、子どもの想像力を引きだすような方法にしてみるといいかもしれません。

Q栗本薫さんのSF作品でおすすめは?

栗本薫さん著作のSF作品で「グインサーガ」シリーズのような超長編ではなく、上中下ぐらいで完結している面白い作品があれば3作品ぐらい推薦していただけないでしょうか?

ミステリー系の作品はわりと読んでいるのですが、SFはまだ読んだことがありません。かといって、あまりにも長いとちょっと疲れるので、1冊から3冊ぐらいまでの長さのSFを読んでみようと思いましたので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的には、「 レダ 」 が好きです。
昔から栗本女史の作品はジャンルを問わず大概読んでいますが、この作品は
グインよりも最も好きかもしれません。
ボー・ミーツ・ガール系のSF作品です。かなり昔の作品なので、現在の作品に
比べて文章が若い感じがします。
元々の四六版ハードカバーは既に絶版ですが、異常な程ぶ熱い本でした。
文庫版では上中下の三巻に分けられています。
版元は早川書房です。

Qこんな内容の児童書のタイトルご存知ないですか?

初めて利用させてもらっています。
児童書のタイトルを知りたくて・・・。
内容は、ある女の子(だったと思う)が自分の家から、自分の家の電話番号に電話をしてみると、話し中になるはずなのに、なぜか女の子が電話に出てきていろいろと話をするという内容です。
もう一人の自分にであったような感覚になるという内容だったと思うのですが・・・。今から18年ほど前に小学校の図書室で借りて、夢中で読んだ児童書だったのですが・・。読書嫌いの私が、夢中で読んだ初めての本だったので、どうしても知りたくて・・・どなたか、お心当たりのある方、教えて下さい。

Aベストアンサー

以前に同じ質問を見た気がして探してみました。

 ◎QNo.5146302 30年近く前の児童文学
  http://bekkoame.okwave.jp/qa5146302.html

#1さんがお書きの「わたしがふたりいた話」(手島悠介)のようです。

参考URL:http://bekkoame.okwave.jp/qa5146302.html

Qこの物語の題名を教えてください(小人、姿を消せる頭巾)

昭和56~59(1981~1984)年頃、小学校の図書館で借りて読んだものです。
“少年少女世界の文学集”のようなものに収録されていました(出版社は覚えていません。一冊に一作品ずつでなく、何作品ずつか収録されていました。
背表紙の巾が4~5cmくらいあり、表紙の大きさはA4くらいだったと思います)。

題名は「○○と△△」。
○○と△△は外国人のファーストネームで、恋人同士の女性と男性だったと思います。

あらすじは、題名の恋人同士がいましたが、女性のほうがさらわれてしまいます。
館かお城の、自分にあてがわれた部屋にいると、
主の小人が、召使たちに抱えられてやってきます。
(小人といっても、大人の背丈の半分くらいはある感じです。悪人っぽい描きかたでした。)
娘は、好奇心から、思わず小人が頭にかぶっていたものを持ち上げ、
頭をこつんと叩いてしまいます(長いあごひげをひっぱるのだったかもしれません)。
そして自分でもびっくりして、大声をあげます。
すると、小人や召使い達は驚いて、あたふたと部屋から出て行きます。
あとに残った落ちている頭巾(頭巾だったかと思います)は、実はかぶると姿を消すことのできる頭巾でした。
娘はそれをかぶって姿を消します。
話の筋は、ここまでしか覚えていません。
ただ、「館の庭(か近くの森)に、涙で濡れたハンカチが落ちているので、娘が近くにいることが分かりました」というような記述があったのを覚えています。

小人や姿が見えなくなる頭巾といっても、わくわくするようなお話ではなく、
不運な娘が嘆くお話、でも何となく耽美的なムードであるのを、子どもながらに感じていました。

挿絵は白黒で、銅版画ほどではありませんが、細い線で描かれていた記憶があります。

その文学集には、確か「君よ知るや南の国」「即興詩人」「アルプスの少女」「失われた世界」は収録されていたという記憶がありますので、
それらが入っているという点で
小学館の「少年少女世界の名作文学」ではないかと思い、
その中でそれらしい題名「ポールとビルジニイ」を
近くの図書館で借りてみましたが、全く別のお話でした。

借りてみると、小学館のものは、
本の大きさ(縦22cm)も記憶と近いですし、
各ページの行が上下二段に分かれていること、
挿し絵の感じも、何となく覚えがありますので、
昔借りていたシリーズは、小学館のものだったのかもしれません。

この小学館「少年少女世界の名作文学」の、
各巻に何が収録されているかの一覧を見ると、
「何々 何々・ほか」という巻もありますので、
ひょっとすると、その「ほか」の中に入っているのかもしれません。

ただ、今回お尋ねするお話が、
“少年少女世界の名作文学”のようなものに収録されていたということや、
「○○と△△」という題名だということは、
記憶違いなのかもしれません。

どなたか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、
是非お教えください。
よろしくお願いいたします。

昭和56~59(1981~1984)年頃、小学校の図書館で借りて読んだものです。
“少年少女世界の文学集”のようなものに収録されていました(出版社は覚えていません。一冊に一作品ずつでなく、何作品ずつか収録されていました。
背表紙の巾が4~5cmくらいあり、表紙の大きさはA4くらいだったと思います)。

題名は「○○と△△」。
○○と△△は外国人のファーストネームで、恋人同士の女性と男性だったと思います。

あらすじは、題名の恋人同士がいましたが、女性のほうがさらわれてしまいます。
館かお城の、自分に...続きを読む

Aベストアンサー

プーシキン作「ルスランとリュドミーラ」ではないでしょうか。
(「ルスランとリュドミラ」という表記の場合もあります。)

国際子ども図書館のウェブサイト
http://www.kodomo.go.jp/resource/search/toc.html
で調べてみたところ、
小学館の「少年少女世界の名作文学」だとすると、
第33巻(ソビエト編1)に入っているようです。

Q森薫『エマ』とシャーロット=ブロンテ『エマ』って何か接点があるの?

いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。

シャーロット=ブロンテの『ジェイン=エア』を読み、他の作品や同じような背景の作品を読みたい気分になりました。
そこで、先日書店で見かけた森薫さんの『エマ』を思い出したのですが、
シャーロット=ブロンテも『エマ』という作品を書いていて、森薫さんの『エマ』も似た様な背景みたいなのですが、(19世のヨーロッパ、召使・家庭教師と貴族との恋愛など)
これは何か関係があるのでしょうか?
森薫さんの『エマ』の作家紹介欄に「19世紀のヨーロッパが好き」みたいなことが書いてあったから、たまたま似たような時代、背景なのかもしれませんが。。
とても気になるので、読んでみようかな、とも思ってます。

本を読んだことのある方、ふたつの本の関係などは分からなくても、感想など教えてください。

Aベストアンサー

英文学古典の「エマ」は、ジェーン・オースティンの作品ではないでしょうか?ジェーン・オースティンは、ほかに「高慢と偏見」「センスアンドセンシビリティ(分別と多感)」などの代表作を書いています。
私は、主に映画で触れたジェーン・オースティンの世界が好きだったので、森薫さんの「エマ」もてっきりそれが原作だと思い、読みました。
が、まったく別物でした!
ジェーン・オースティンのエマは貴族の娘で、マンガのエマは貧しい出の娘でメイドをやっています。
森薫さん、この連載を始めてから、イギリスに初めて行ったそうですが、(最初のころの絵は、写真からの知識のみで描いていたそうです)そうとは思えないほど、19世紀のイギリスの雰囲気がよく出ていて、よかったです。ついさきごろ、最終巻の7巻が出て、「エマ」も完結しました。脇の登場人物もなかなか味があって、最近のマンガのなかでは、読み応えがあるものでした。手元に置いて、また読み返したい作品です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報