現在は不況だ、不況だといわれますが、GDPはあのバブルのときを上回っています。いったいこれはどういうことなのでしょうか?GDPが景気の尺度としてだめなのでしょうか?バブルのときもほんとは物価が高いだけでみな幸せではなかったのでしょうか?アメリカにほんとの富をすいとられているからでしょうか? なぜなのでしょうか? こんないい加減な指標のGDPが 1%かそこらあがったり下がったりするだけで一喜一憂するのはどんな意味があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

景気・不景気をどのように判断するかの基準は、人により様々です。


GDPという尺度もそのうちの一つに過ぎません。商売を行っている人は売上が伸びない或いは儲けが減っているという尺度でしょうし、サラリーマンは年収が増えていない或いは減っているという尺度である場合も多いと思います。

>こんないい加減な指標のGDPが 1%かそこらあがったり下がったりするだけで一喜一憂するのはどんな意味があるのでしょうか?

http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt34/20010816diii014 …
上記はニュース記事ですが、政府は年度毎のGDP成長率(以下GDP)の目標或いは見通しを年初や機会があることに発表しています。政府が毎年目標設定している以上、マスコミ報道としては目標を上回ったか下回ったということを基準として政府が責務を果たしているかどうかの判断を論ずる傾向にあると思います(政府の通信簿的な役割)。このため、景気の尺度としてGDPが最もポピュラーなものとして定着したと考えています。

同じ政府内でも景気尺度として以下のようなものもあります。
http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt34/20010816diii014 …
この景気動向指数が3ヶ月連続で50%を上回れば好景気、逆に3ヶ月連続で50%を下回れば不景気という認識基準があります。

何故このような尺度も設けられているかは、GDPのデメリットを補完するためだと思います。2001年10月~12月のGDPの速報値の発表は2002年3月上旬であるように約3ヶ月遅れでの現状認識を行う形となっています。景気減速しているとして3ヶ月も有効な政策が打ち出されないことは問題になると考えています。

完全失業率も重要な景気指標に間違いありませんが、景気動向指数の項目の中では遅行指数に属します。GDP同様にこちらを基準に政府の政策を判断することは後手を踏む可能性がありますので、完全失業率或いは有効求人倍率が悪化しないようにより先行する指標を注視していると思います。どちらかと言えば、好景気・不景気の最終確認として存在している指標と認識しています。

ご質問の主旨から外れますが、GDPがゼロで低失業率を実現するためにはより社会主義的な政策が選択される必要があると思います。
    • good
    • 0

景気の良し悪しは、GDPなどの絶対レベルではなくて、(例えば一年前に)比べて増えているか、減っているかが問題です。

実際、GDPが今から10年前のレベルにいきなり落ち込んだら、失業者の数は、今の程度じゃ到底すまないでしょう。それは設備投資等々、現実の社会が「バブル以降も僅かに伸びてきた需要に合わせて」できているからです。

GDPの増減で見るのは、それが一番総合的でかつわかりやすい、と思っているからだけで、例えば「GDPの成長率がゼロ%でも、失業率は1%」ってな状況がもしありうるんなら、別にGDPを気にしないんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはりそうですか。景気を直感的に現すのに一番よい指標は、失業率ということなのですね。

お礼日時:2002/02/24 14:37

経済のことについて興味がおありでしたら下記URLをご覧になって下さい。



参考URL:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/umemura/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

資料をありがとうございます。しかし、できれば私の疑問に一言だけでよいですから、shimittoさまの個人的なお答えをいただきたいのですが。

お礼日時:2002/02/24 14:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバブル再来について

バブル時代はもう二度と再来する事が無いのでしょうか?
難しくて仕組みをよく理解できていませんが、
100~200年経てば再び、というような規則性を持った物でも無い
のでしょうか?現在の日本の状況を見ますと、前回のバブルのような、
一般庶民や貧困層までお金が回るようなバブルはもう二度と来ないと考えておりますが、その場合、それはバブルでは無いのでしょうか?
また、バブル時代に、これはバブルだと、皆さん気付いていてバブル時代を
お過ごしになられたのでしょうか?現代だと信じがたい時代がバブル時代なのですが、とても不思議に思っていて、いくら説明を探して読んでも謎です。バブル時代に詳しい方ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

バブルと言うのは、ひらたく言えば、ある特定の商品に実体を伴わない異常な価値が付与されることだと思います。

そう言う意味ではしょっちゅう世界のどこかで発生しているものなのですが、日本で「バブル時代」が特別な意味をもつのは、あれが「土地バブル」だったからだと思います。つまり「1坪=○○円」の換算レートが異常に高くなって、円高(これもバブルだったかと思いますが)とも相まって東京の地価の合計が米国全土の地価合計を上回ると言う阿呆な事態が発生しました。

それだけならまだ一部の土地持ちだけの浮かれ騒ぎで終わっていた筈なのですが、日本の金融業が実質的に土地本位制であったため、いくら金を貸しても担保価値がどんどん上がるので貸しすぎにならないと言う訳のわからん話になって、洪水のように金が街中に溢れました。

でも、バブルが終焉すると土地の価値はもとの鞘に収まり、あると思っていた担保が消滅してしまって、最後は借金だけが残ってしまったわけです。

確かに前回バブル時は一般庶民や貧困層までお金が回ったかもしれませんが、バブルが実体を伴わない価値である以上、バブルとバブルの崩壊は裏表の存在であり切り離すことは絶対にできません。ですから、バブルをもう一度味わいたい人はバブルの崩壊ももう一度味わうことを覚悟する必要があります。

なお、個人レベルでバブルを再発させるのは簡単ですよ。サラ金で借金しまくって、そのお金で遊びほうけたら良いだけの話です。もちろんバブルの崩壊もきちんとついてきます。そんな馬鹿なことを誰がするもんか・・と思いたいところですが、1990年頃はこれを日本国全体でやってしまったわけです。

バブルと言うのは、ひらたく言えば、ある特定の商品に実体を伴わない異常な価値が付与されることだと思います。

そう言う意味ではしょっちゅう世界のどこかで発生しているものなのですが、日本で「バブル時代」が特別な意味をもつのは、あれが「土地バブル」だったからだと思います。つまり「1坪=○○円」の換算レートが異常に高くなって、円高(これもバブルだったかと思いますが)とも相まって東京の地価の合計が米国全土の地価合計を上回ると言う阿呆な事態が発生しました。

それだけならまだ一部の土地...続きを読む

Q【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。 バブル時代はバブルの恩恵を受け

【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。


バブル時代はバブルの恩恵を受けなかったバブルって何だったんだろう無縁だったなあって言う人もいたわけですよね?

ITバブル時代にITバブルの恩恵を一切受けずにというか気づかなかったという人もいますよね。

どのくらいの割合の人が恩恵を受けたのでしょう?

Aベストアンサー

売上が毎月前年度130%越えを達成し、毎月報奨金と言う名の臨時ボーナスが社員全員に10万づつ配られてました。お給料もボーナスもよかった。結果経済が回るので更に消費が進んで毎日楽しかった時代!
ジュリアナ世代です。扇子振ってました。

Q【日経平均とITバブル越えニュース】日経平均がITバブルのときより高くなったというニュースを見たんで

【日経平均とITバブル越えニュース】日経平均がITバブルのときより高くなったというニュースを見たんですが、時価総額がITバブル時より高くなったということですか?

ITバブル時より上場が緩和されて、しょぼい会社でもバンバン上場しているからITバブル時より上場企業数が多くなったので当たり前に日経平均がITバブル越えしたのではないのでしょうか?

ITバブル時の上場数と現在の上場数の数の違いと今日のITバブル越えニュースに関連性はないのか教えてください。

Aベストアンサー

>ITバブル時より上場企業数が多くなったので当たり前に日経平均がITバブル越えしたのではないのでしょうか?
日経平均は255社の株価を基準に算定されますから、上場企業数の総数とは関係ありません。
上場会社数が多くなって増える可能性があるのは時価総額です。

QGDP-2.1%で 不況なのでしょうか

不況と言われ マイナスなニュースのみが流れています。
実際に 株価が極端に下がり、輸出関連が打撃を受け、消費が減り、雇用が不安定になり、倒産件数が増えているような感があります。
ただ 11月17日発表の内閣府発表の名目GDPは年換算で過去最低な数値の前年比-2.1%となっています。
内容を見ると 確かに民間設備投資は-4.3ですがそれ以外は プラスで中でも民間住宅は23.9% 公共需要2.8%など 伸びている部門があります。
国内総生産=雇用者報酬+(営業余剰・混合所得)+固定資本減耗+(生産・輸入品に課される税-補助金)とのことですが すべてが悪化しているとは考えられないのではないでしょう。
この経済状態でかなりの部分はマイナスですが、プラスの部分もそこそこあるという状態なのでしょうか。
一般には知られていないがかなりの部分でプラスになり 格差が増えているのでしょうか。
収入が100万が97.9万に減っても 何とかなるレベルではない考えてしまいます。
マスコミの流している大不況と名目GDPの-2.1%のギョップのメカニズムをお教えください。

不況と言われ マイナスなニュースのみが流れています。
実際に 株価が極端に下がり、輸出関連が打撃を受け、消費が減り、雇用が不安定になり、倒産件数が増えているような感があります。
ただ 11月17日発表の内閣府発表の名目GDPは年換算で過去最低な数値の前年比-2.1%となっています。
内容を見ると 確かに民間設備投資は-4.3ですがそれ以外は プラスで中でも民間住宅は23.9% 公共需要2.8%など 伸びている部門があります。
国内総生産=雇用者報酬+(営業余剰・混合所得)+固定資本減耗+(生産・輸入...続きを読む

Aベストアンサー

GDPと景況感を混同しているようですね。
単純化すると、
GDPは日本経済の儲け。景況感は儲けやすいかどうか。

高度経済成長期ならば、2パーセントぐらいのマイナス
はなんとかなる水準ですが、日本経済の潜在成長率は
せいぜいが2パーセントです。

ということは、1年分の儲けの増加分を失ったことになる。

また、これから格差は様々な場面で現れて来るでしょう。
今は、GDPの成長が止まった段階で、これから、成長が
さらにマイナス方向へと向かう。

なぜならば、個人も企業も、誰もお金を使わなくなった。
だから、政府の財政出動が必要なります。GDPがマイナスに
なった分を、政府が穴埋めしないと、日本経済が収縮して
しまいます。

長くなったので、これぐらいに。

Qバブル期に、「バブル」って言ってた?

わが国のいわゆる「バブル期」に、世の中では「今は『バブル』だ」と言っていましたか?

「バブル」という言葉は、バブル崩壊頃か崩壊後から言われ出したのか、それともバブル真っ只中から使われていたのか

を知りたいのです。

Aベストアンサー

『バブル(経済)』は1990年の『流行語』です。バブルがはじけた後です。はじけたからバブル(泡)なのです。

『読売新聞:この十年●90年流行語《バブル経済》』
http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/konojune/90/90r4x.htm

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/konojune/90/90r4x.htm

QGDP伸びているのに不況!?

バブル期より20%、100兆円もGDPが伸びたのに何故不況なのでしょうか?当時と比べて人口も減少傾向にあるのに分かりません。ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

第一に、バブル崩壊後に公共事業の拡大で景気を下支えしたため、
大概の時期はマイナス成長自体は回避したものの、
GDP対比で大きい財政赤字が長期間生じてしまった点。
財政赤字を短期間で解決しようとした橋本内閣の財政構造改革は
深刻な景気後退の一因となって大失敗に終わり、
その後も大きい財政赤字が続くことになりました。
短期間のマイナス成長ではなく、長期間の低成長に問題があります。

第二に金利を少しずつ引き下げて経済の活性化をはかったものの、
名目金利が限界の0%近くに張り付いて、これ以上の景気対策措置が
取りづらくなり、低金利下でデフレに悩まされた点にも注意します。

日本の生活水準が貧しくなったというのは誤りであり
80年代後半のバブル景気の頃よりも豊かになってはいます。
海外の1人当たりGDP(名目為替レート)と比較して
日本が衰退したという議論も、物価水準を無視しており、
実質的な生活水準を表してはいません。

しかし、80年代よりも遥かに低い成長率に甘んじることになりました。
先進国のクラブであるOECDの平均的な成長率と比べても、
非常に低い成長率になってしまいました。
投資によって生産能力は上がってはいるものの、
設備がうまく利用されていない状態が続きました。
潜在的なGDPと実際のGDPの差を推定している
GDPギャップは90年代後半から厳しい状況にありました。
総需要が回復していさえすれば、もっと高い成長率になり、
もっと豊かになれたわけです。

1998年の日本版金融危機や2000年末~02年の
景気後退期には、失業率も増大して苦しい状況にありました。
2003年から状況は改善に転じますが、
実質実効為替レートの低下、アメリカの経常赤字や
中国や東アジアの需要といった海外要因に依存しており、
日本のGDPのうちごく一部にしか過ぎない
外需主導の成長は特殊な状況だった点にも注意します。

・推定GDPギャップと失業率(IMF)
1991年 推定GDPギャップ+2.7% 失業率2.1%
1992年 推定GDPギャップ+1.0% 失業率2.2%
1993年 推定GDPギャップ-0.8% 失業率2.5%
1994年 推定GDPギャップ-1.1% 失業率2.9%
1995年 推定GDPギャップ-0.6% 失業率3.2%
1996年 推定GDPギャップ+1.1% 失業率3.4%
1997年 推定GDPギャップ+1.2% 失業率3.4%
1998年 推定GDPギャップ-1.7% 失業率4.1%
1999年 推定GDPギャップ-2.4% 失業率4.7%
2000年 推定GDPギャップ-0.5% 失業率4.7%
2001年 推定GDPギャップ-1.4% 失業率5.0%
2002年 推定GDPギャップ-2.3% 失業率5.4%
2003年 推定GDPギャップ-2.3% 失業率5.3%
2004年 推定GDPギャップ-1.2% 失業率4.7%
2005年 推定GDPギャップ-1.0% 失業率4.4%
2006年 推定GDPギャップ-0.5% 失業率4.1%
(GDPギャップの推定は難しく他にも色々な数値がある)

・実質GDP成長率(OECD)
1993年 日本+0.2% OECD+1.5%
1994年 日本+1.1% OECD+3.3%
1995年 日本+2.0% OECD+2.5%
1996年 日本+2.7% OECD+3.0%
1997年 日本+1.6% OECD+3.6%
1998年 日本-2.0% OECD+2.6%
1999年 日本-0.1% OECD+3.3%
2000年 日本+2.9% OECD+4.0%
2001年 日本+0.2% OECD+1.1%
2002年 日本+0.3% OECD+1.6%
2003年 日本+1.4% OECD+1.9%
2004年 日本+2.7% OECD+3.2%
2005年 日本+1.9% OECD+2.6%
2006年 日本+2.2% OECD+3.2%

第一に、バブル崩壊後に公共事業の拡大で景気を下支えしたため、
大概の時期はマイナス成長自体は回避したものの、
GDP対比で大きい財政赤字が長期間生じてしまった点。
財政赤字を短期間で解決しようとした橋本内閣の財政構造改革は
深刻な景気後退の一因となって大失敗に終わり、
その後も大きい財政赤字が続くことになりました。
短期間のマイナス成長ではなく、長期間の低成長に問題があります。

第二に金利を少しずつ引き下げて経済の活性化をはかったものの、
名目金利が限界の0%近くに張り付いて...続きを読む

Qバブル経済における湾岸戦争の存在

湾岸戦争の始まり、日本ではバブル経済が起こっていました

しかし、原油高騰がおこり、直後、バブル経済が崩壊。
多額の資金援助もおこなったようですが、これらはバブル崩壊にかかわってくるのでしょうか?


原油の高騰は、~だから、バブル崩壊に関わる
資金援助は、~だから、バブル崩壊に関わる

など、理由をつけて回答してくれるとうれしいです
お願いします

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa142136.html
http://www.haitou-check.com/t-h/007.html

上のサイトにある情報を使えば簡単にできます。
ご覧ください。

Qバブル景気→平成不況

平成初めのバブル景気と呼ばれた好景気から、平成不況と呼ばれる不景気になるまでの推移が分かる表または折れ線グラフがあるようなサイトのURLを教えてください。また、景気の推移を調べる指標は、「経済成長率」や「景気動向指数」でいいんでしょうか。他にどんな指標があるのでしょうか。

Aベストアンサー

バブルから平成不況までということですので、数年間にわたる景気の曲線ですよね。私は「経済成長率」をお勧めします。内閣府のホームページにある実質GDPの前年比がそれに当たります。年度ごとや四半期ごとの括りがありますが、初心者には年度ごとの方が分かりやすいでしょう。

景気動向指数も内閣府が発表しています。毎月発表しているので、これを全部数年にわたってプロットするとかなりぎざぎざします。それに景気動向指数のDIは景気の変化方向を見るもので、高ければ高いほど景気が良いと言う物ではないので、あまりお勧めしません。

他には「大口電力カーブ」と言うものがあります。これは景気を見るのに非常に優れた指標ですが、2000年の電力小売の自由化に伴い、全国値が発表されなくなりました。それ以前のデータでしたら、電気事業者連合会あたりに問い合わせてみれば良いでしょう。

参考URL:http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html

Qバブルは良い時代だった?

バブル期に20代以上だった方に質問させてください。

バブル時代を舞台にした映画も作られたみたいですが、バブルというのは今から考えても良い時代だったと思いますか?
はじけないバブルはないとしても、もう一度あんな時代がやってきて欲しいと思いますか?

Aベストアンサー

今日会社を辞めても翌日からでも就職できた。そんな時代でしたね。
一方で土地の高騰などは狂気沙汰でした。
バブルでいい思いを出来た人とそうでない人がいます。
私はそうでない方でした。
毎シーズン海外旅行に行く友人を傍目に、生活は楽ではなかったです。
まあみんなが景気悪いより良かったかもですね。
犯罪は今より少なかったと思います。もちろん自殺もね。
しかし、一言で言って、日本中が狂ってました。
濡れ手に泡、…まさにバブルな時代でした。
終わった時はホッとしましたよ。
だって私の生活は何も変わりませんでしたもの。
いい思いしなかったぶん、落ちもしなかったです。
景気が悪すぎるのは困るけど、二度とあんな狂気の時代は来るべきではありません。
バブルで失った日本人の価値観の崩壊、常識の崩壊、これがいまだに解決されない負の遺産です。

Q日本のバブル前、バブル期、バブル崩壊後、ドイツ、中国経済、現在の世界の経済について教えて下さい

いくつか質問があるのですが

質問1
バブル前の日本とバブル期の日本の違いを教えてほしいです。例えばGDPとかの順位が何位から何位になったとか
自分で調べてみると日本は戦争に負けて叩き潰されて、それから復活したって言われていたようですが叩き潰された状態がどんな状態かわかりません。

質問2
日本は先進国と言われていますがそれはバブル前から言われていたんですか?バブルのお陰で先進国の仲間入りを果たしたんですか?バブル前の先進国はどんな国でしたか?ドイツも先進国とは言えない感じでしたか?

質問2
バブル期はGDPとか1位になったんですか?それとも1位の国に迫っていずれ抜くだろうと言われて抜く前にバブルはじけたんですか?バブル期の世界のGDPの順位ベスト5くらい教えて下さい。GDPと一人当たりのGDPを知りたいです。

質問3
一人当たりのGDPが世界3位と言われていた時期はいつですか?バブル期ですか?1位や2位はどこですか?現在は1位ルクセンブルク、2位ノルウェーらしいですが

質問4
ドイツも戦争に敗れ酷い感じになったんですか?戦争に敗れた当初は日本、ドイツどちらが酷い状態でしたか?そしてどっちが早く復活したんですか?ドイツにも日本のバブルのように復活のきっかけはあったんですか?

質問5
ドイツのGDPは日本に続く3位ですが戦争前は何位ですか?そしてどのように3位まで上がってきたんですか?

質問6
中国の経済がバブルなんて言われていましたが日本のバブルが4年くらい続いたのに対し、中国はどれくらい続いていますか?
中国の経済は日本ほど大きいバブルではなく、日本ほど酷い崩壊もしていない感じですか?それとも中国経済は未だに絶好調ですか?

質問7
アメリカが大変なことになっていますがそれを受けて中国はどうですか?強い影響を受けて失速ですか?それとも以前成長中ですか?、

質問8
インド、ロシア、ブラジルなどの絶好調と言われていた国達は現在どんな感じですか?

質問9
世界恐慌が始まると言われていますが経済が良い状態の国はありますか?

質問10
これから戦争もしくは戦争に代わる国同士の争いは起きますか?

質問11
元厚生省事務次官が殺されましたがこれは現在の世界経済と関係がありますか?

以上です
出来れば経済音痴にもわかるように教えてほしいです

いくつか質問があるのですが

質問1
バブル前の日本とバブル期の日本の違いを教えてほしいです。例えばGDPとかの順位が何位から何位になったとか
自分で調べてみると日本は戦争に負けて叩き潰されて、それから復活したって言われていたようですが叩き潰された状態がどんな状態かわかりません。

質問2
日本は先進国と言われていますがそれはバブル前から言われていたんですか?バブルのお陰で先進国の仲間入りを果たしたんですか?バブル前の先進国はどんな国でしたか?ドイツも先進国とは言えない感じで...続きを読む

Aベストアンサー

質問1への回答
WW2でありとあらゆるインフラが破壊され、軍に物資を徴用されたため国民が生活必需品にも事欠く有様を「叩き潰された」と表現しています。
ありとあらゆる物資が欠乏していたため(また代用品も粗悪であり、それらを製造する工場の設備自体が劣化していたのです)当時は極貧国といえたと思います。
それが朝鮮戦争でより戦場に近い日本を当時占領軍の中枢にいたアメリカ軍が工場代わりに使ったためいわゆる「朝鮮特需」が沸き起こりました。
このとき、老朽化していた設備などが一新され、また原料などが豊富に入ってきたことにより急速に発展していきました。
その後「神武景気」「いざなぎ景気」といった長期間の好景気が続いたことにより70年代にはGDPは資本主義国家で第二位になるまでに成長しました。

質問2への回答
日本もドイツもバブル以前から先進国の仲間としてカウントされています。
ただドイツは複雑で、西ドイツと東ドイツに分割統治されていたため当初「先進国」として考えられていたのは西ドイツです。しかし、西ドイツが東ドイツを吸収したため現在ドイツは先進国に分類されるでしょう。
Wirtschaftswunder(経済の奇跡)といって、日本と同じような経緯の元西ドイツは復興しました。
主要先進国はロシアを除いたG8加盟国ですが、広義の先進国はOECD加盟国とされています。

もう少しご自身で調べるとよろしいかと思います。
年代別GDP・一人当たりGDP等は検索すれば上位にあるサイトに必ず記載されています。
また、何が訊きたいのかをもう少し明確にしたほうがより有用な回答をもらえると思いますよ。

質問1への回答
WW2でありとあらゆるインフラが破壊され、軍に物資を徴用されたため国民が生活必需品にも事欠く有様を「叩き潰された」と表現しています。
ありとあらゆる物資が欠乏していたため(また代用品も粗悪であり、それらを製造する工場の設備自体が劣化していたのです)当時は極貧国といえたと思います。
それが朝鮮戦争でより戦場に近い日本を当時占領軍の中枢にいたアメリカ軍が工場代わりに使ったためいわゆる「朝鮮特需」が沸き起こりました。
このとき、老朽化していた設備などが一新され、...続きを読む


人気Q&Aランキング