日本で一番最初にブラックバスが放流された湖はどこですか?
教えてください!

A 回答 (6件)

芦ノ湖と聞いていますが、それと前後して同じ神奈川県内の震生湖と言う湖にも放されたそうです。

    • good
    • 0

芦ノ湖です。

在日米軍が遊ぶ目的に放流したとか聞いたことがありますが・・・
    • good
    • 0

もちろん芦ノ湖です。


当時から繁殖力が強いことが確認されていた為、
河川から流出しない湖を選んだ結果、芦ノ湖に決定
したらしいです。
    • good
    • 0

皆さんの言うとおり芦ノ湖です。


理由としては食用のためです。

ちなみに芦ノ湖ではワームの使用が禁止されています。
ニジマスがワームを食べてしまい、売り物にならなくなるからだそうです。
    • good
    • 0

芦ノ湖って聞いた事がありますよ。

    • good
    • 0

芦ノ湖


1925年に赤星鉄馬氏が放流しました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックバスの密放流

釣りにはとんとシロウトな私ですが、ブラックバスの害についてはメディアを通してある程度知るところとなりました。
そこで疑問なのですが、これだけ環境を破壊し、釣り人の肩身をも狭くしているブラックバス密放流が、なぜ依然として行われているのでしょうか?
また、世間の批判が噴出する以前でも、ブラックバスが次々と放流されていった理由は何なのでしょう?
ブラックバスの放流を擁護する意見もあると聞きましたが、その人たちの論の根拠とはなんですか。
教えてください。

Aベストアンサー

ブラックバス(大口バス)の密放流について過去と現在ではいささか事情が異なる点もあります。
過去の段階では、ブラックバスの生態がそれ程解明されておらず、日本の自然環境に与える影響を考慮せず、放流した経緯が殆どです。
一般には、フィッシャーマンたちが、よりアグレッシブな対象魚としてブラックバスを選んだ点があります。
急速に普及した、ルアーやフライフィッシングの対象魚としては日本元来の魚はいささか役不足であり、スポーツフィッシングの世界が確立していく過程でご指摘のブラックバスやブルーギルが様々な形で放流されていった様です。
しかしながら、現在ではその生態もある程度解明されているにも拘らず、放流は後を絶ちません。
これは無責任な放流と言っても良いと思います。
ブラックバスに代表される大陸産の淡水魚はその悪食が問題となっており、目の前を通過する移動物体を食欲からではなく本能で攻撃若しくは捕食する週間を持っています。
これらの淡水魚が本来生息しない環境化に放たれるわけですから、在来種は当然巻き込まれるはずのない食物連鎖に対応できず激減していきました。
鮎、鮠、公魚、鮒、在来種の稚魚が殆ど外来種の悪食によって生存環境を脅かされています。
理由は簡単です。
フィッシャーマンにとってブラックバスは魅力的なファイトを楽しませてくれる絶好の対象魚といえる点に尽きるでしょう。
1985年を境に85年以前に放流された時点では、今の様な生態が確認(在来魚に与える影響)されていませんでしたのでやむなしの感がありますが、85年以降に生息が確認された地点に関しては、明らかに確信犯による放流と言えるでしょう。
ただ、一度放流され生息が確認された湖沼に関しては、魚の権利(あるかは別儀)は問わないとして、フィッシャーマン達がレジャーとして楽しむ事が出来る環境がある事も事実と言えるかと思います。
そこで、漁業を営む方にとっては切実な問題ですが、密放流は暫くは続くのではないかと思います。
ブラックバスを擁護する意見の方たちは、生態が確認されていく過程で減少しており、現在表立って異議を唱える方は少ないと考えられます。
ブラックバスやブルーギル等の外来魚は繁殖能力や適合力が日本在来種に比べ極めて優れている事、更に攻撃性が高い事、総てが確認されている事実となってからは
密放流は多少ですが減少してきてはいるようです。
既に大抵のエリアに行き渡った感も否定できない事実ですが…
意外な事実として、子供達による密放流が原因となっている事実もあります。
身近な場所で釣りをしたい、PR不足環境に与える影響等の知識に乏しい、等による事が原因と言われています。
回答にはならないかもしれませんが、既に外来種ではなくなっている感もあるブラックバスです。
今後は生態環境を注意深く見守っていく事が必要な魚ではあります。
では。

ブラックバス(大口バス)の密放流について過去と現在ではいささか事情が異なる点もあります。
過去の段階では、ブラックバスの生態がそれ程解明されておらず、日本の自然環境に与える影響を考慮せず、放流した経緯が殆どです。
一般には、フィッシャーマンたちが、よりアグレッシブな対象魚としてブラックバスを選んだ点があります。
急速に普及した、ルアーやフライフィッシングの対象魚としては日本元来の魚はいささか役不足であり、スポーツフィッシングの世界が確立していく過程でご指摘のブラックバスや...続きを読む

Qブラックバス釣りについて、滋賀県が放流?

NO.#34512の、nebula2113さんの「ブラックバス釣りについて」の質問について、回答が締め切られているようなので新規で教えてください。

滋賀県がブラックバスを放流したとの、回答がありましたが、本当なのでしょうか?
また、本当だったとして、「とある目的」とは、なんだったのでしょうか。
現在、滋賀県が行っているバス駆除に使っている税金はなんなのだろう、と言う問題になりそうですが。

ちなみに私の基本的なスタンスは、バス釣りはしてもいいが、再放流(キャッチアンドリリース含む)は禁止と、いうところです。

Aベストアンサー

以前#34512を拝見して、滋賀県が放流したとあるのをみて、これは何かの誤報だと思いました。ご存じだとは思いますが、都道府県は内水面の漁業調整規則によって各漁業協同組合を監督指導する立場と聞いています。よって放流に直接関与することは無いと思われます。
 ただし、都道府県によって状況は異なりますが、例えば内水面の試験養殖場などを持って、魚類の改良育種などを行っている施設があった場合、そこから逃げ出して繁殖することはあり得ることだと思います。そこで、琵琶湖にそのような施設があって、そこでブラックバスを育種したことがあったのかどうかを調べるべきだと思います。
 以下はあくまで推測ですが、県によって琵琶湖にバスが増えたのなら、当然行うべきバリア設備を怠った『過失責任』を問えると思うのですが、実際はやはり何らかの意図を持った人々によって組織的に行われたと見るべきでしょう。それが誰なのかは、『津々浦々バスが蔓延する』ことで利益を得るのは誰なのかを考え見れば一目瞭然です。
釣具店にはルアーやワーム、バスロッドが所狭しと並んでいるではありませんか。それを造っているのは、何という会社なのでしょうか。
 ゴミは片づければそれできれいになるのですが、あのゴミは、他の生物を食い尽くしながら増殖していくのです。
何とかしたいものだと思いませんか?

以前#34512を拝見して、滋賀県が放流したとあるのをみて、これは何かの誤報だと思いました。ご存じだとは思いますが、都道府県は内水面の漁業調整規則によって各漁業協同組合を監督指導する立場と聞いています。よって放流に直接関与することは無いと思われます。
 ただし、都道府県によって状況は異なりますが、例えば内水面の試験養殖場などを持って、魚類の改良育種などを行っている施設があった場合、そこから逃げ出して繁殖することはあり得ることだと思います。そこで、琵琶湖にそのような施設があ...続きを読む

Q御所湖のブラックバスについて

5月に盛岡の方へ旅行に行きます。いろいろ観光地を調べていたところ、御所湖にてブラックバス釣りができる事が分かりました。
そこで御所湖の釣りについていろいろアドバイス、マナーなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
御所湖にはブラックバス結構いますし人は少ないしで通常の釣り方で充分でしたよ。
ポイントなどもネットで湖の地図等で確認できるワンドなど何箇所かあります。

ただ、4/26 20:00現在、ほぼ満水の91%まで水が貯まっており通常のポイントは水の中になっています(現地に行くとわかりますが絶望的に満水です)。GW中はあまり下がらないのではないでしょうか?
地元の方が釣り(ルアーなどでバス、アメマスを狙う)の際に目安にしている貯水率はだいたい30~40%で、やはり数が釣れるのもその位の貯水率です。釣行のときは下のURLで確認してみてください。

なお、岩手県はブラックバスはリリース禁止の法令が施行されています。だからバサーも少ないです。
ご存知でしたらごめんなさい。

では良い釣りを…。

参考URL:http://www2.thr.mlit.go.jp/kitakato/02real/gsh_01.html

Q日本人による一番最初のバスフィッシング専門書は?

日本で出版された一番最初のバスフィッシング専門書
であれば、おそらく

「バス・フィッシングのすべて」 グリッツ・グレーシャム著 
 昭和52年4月15日 (株)ティムコ発行

ではないかと思いますが(違っていたらご指摘ください)、
この本のような翻訳書ではなく
あくまで日本人によって書かれて出版された
一番最初のバスフィッシング専門書となると
どの本が挙げられるでしょうか?

お尋ねしたいのは「書名」「著者名」
ならびに「発行年月日」「出版社名(発行所名)」です。

なお、赤星鉄馬氏の書かれた
「ブラックバッス」のような遺稿(当時未発表)ではなく、
実際に書店あるいは釣具店等で
一般向けに販売されていた書籍の情報を求めています。

Aベストアンサー

多分こうなんじゃねえかなぁ。。。って回答しかできねえっすよ。

第1次バスブームのあの頃はダイワ精工がバスフィッシングを広げようとしてたから、ダイワと仲の良かった西山徹(テツ西山)の本だったんじゃねえかなぁ。。。その後王様・村田基が間違いだらけのナントカっつー本を出したりしたみたいっすけど。


でもね、実はあの頃はそんな専門書なんかごく一部の人しか読んでなかったっすよ。


あの頃一番読まれていた釣りのバイブルは矢口高雄の『釣りキチ三平』っすよ。みんな三平君と魚紳さんに憧れて正治のまんまだったんっすよ。

みんな『釣りキチ三平』を専門書として愛読してたから、意外と誰もあの当時の専門書って記憶に残ってないんだよね。

Q天然魚と放流魚

天然魚と放流魚の見分け方を教えて下さい。

対象はイワナやヤマメです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

放流魚は、放流する時に「油鰭」を切る所が多いので、切ってあれば放流の可能性が高いと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報