コンタクトレンズの装着と角膜内皮細胞の減少について、
経験者ではなく、専門家の方にお伺いしたいのですが・・。
コンタクトレンズは、特にソフトの場合、角膜内皮細胞の減少と、それによる将来的な白内障手術の困難化があると聞きましたが、どのくらいのリスクがあるんでしょうか。
また、次のような対策について評価してください。

1.通常はハードやメガネで、必要なとき時々、ソフトにする。
2.ソフトであっても、使い捨て、又は酸素透過性の大きいものを使用する。
3.ソフトで夜間は必ず外す。

お手数をおかけしますが、ご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

眼科医です。


体調不良の為にしばらく見ておらず、お返事が遅れました事をお詫びします。

角膜内皮細胞とは、胎生期に作られた後は、もう増殖しないと言われてます。
酸素透過性の悪い(使い捨てでない・従来型の)古くなったソフトコンタクトレンズを長期間使用すると、酸素不足の為にこの大切な内皮細胞数が減少してまいます。

具体的には白内障手術設備のあるような眼科では、スペキュラーマイクロスコープという機械で内皮細胞の形や数を測定しています。
正常の若い人では、3000個以上あるはずですがコンタクトレンズの誤使用を始め、角膜の病気でその数は減りますし、加齢に伴っても減るものです。
例えば内皮細胞数が500以下では既に角膜の透明性は失われていて、白く濁っているはずですので、白内障の手術だけしても視力は出ませんので、角膜移植をセットで考えます。

そこまで行かないものの、内細胞数が1000前後の場合は、白内障術後に急激に角膜の混濁が進むことも予想されます。
患者さんが90歳前後のご高齢の場合はしょうがないとしても、まだ若い方の場合は、この点をご理解いただけない場合は手術をすんなりとお受けできないこともあり得ます。

ベストの方法は、酸素透過性の素晴らしく高いハードレンズの終日装用です。
メニコンZが現在世界トップクラスです。
連続装用も可能ですが、あえて寝る時は外します。
これに、スポーツをする時だけ使い捨ての一日タイプを時々併用する。
これが内皮細胞を温存する為の現時点ではベストかな・・・と思います。

ソフトコンタクトレンズは酸素透過性だけでは評価できません。
その人の涙に溶けている酸素を吸収するので涙の量とかが影響するわけです。
毎日使い捨てのタイプを12時間以内で使用するのも良い方法方法ですが、経済的にオーバーするでしょう。
レンズ代が年間で9万~6万円くらい毎年掛かりますので。
そのくらいお金を掛けても良いのなら、内皮細胞が元気なうちにレーシック手術をお勧めします。
両眼で30~40万円くらいが最近の相場になってきています。
もちろん健康保険は効きませんが・・・。

レーシックと将来の白内障手術は、両立するだろうと言われてます。
今欧米ではそろそろその世代の問題になってきていますので・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答を頂きありがとうございました。

実は、私の知りあいの人が心配していましたので。早速知らせます。
私はメガネで矯正していますが、0.02程度です。
息子(医学生)が20代で二人おりますが、ワンデイのコンタクトを使っているようです。こいつらに聞いても、まだ、あてにならなくて。(笑い)
先生にはここで御礼を申し上げることしかできませんが、どうもありがとうございました。
今後ともに、この領域で困って質問される方々に教示して差し上げてください。
(from.6697)

お礼日時:2002/02/25 10:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーシックと老眼、そしてコンタクトによる角膜内皮細胞の減少

44歳です。レーシックを受けようと思いましたが、老眼になりやすくなると言われ、迷っています。コンタクトはすでに25年以上しており、調べていませんが角膜内皮細胞の減少が予想されます。仕事をしており、若い職場なのであまり老眼と言いたくありません。なので、レーシックを受けて老眼になるのなら、今後遠近両用のコンタクトとも思いますが、角膜内皮細胞の減少で白内障の手術で失明もしたくありません。我儘なことはわかっており、何かを諦めなくてはいけないのでしょうが、、、どちらがよいでしょうか?

1.長期間のコンタクトが無理なのであれば、思い切って今レーシックをやり仕事で必要な時だけ老眼鏡をかける
2.とりあえずソフトコンタクト、プラス遠近両用コンタクトを使えるところまでつかい、その後レーシック

また、レーシックは年齢が高くなるとできなくなるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、レーシックで老眼になるというわけではなく、近視の人は近くのものは見えて遠くのものが見えづらいわけですから、近視の人は老眼になってもそれを感じにくいのですが、レーシック手術を受けて正視になると、近視の時に比べて老眼を感じやすくなるということで、老眼は老化現象なので、レーシックをしてもしなくても誰でもいずれなります。

また、長期間コンタクトレンズの生活をしていると、角膜内皮細胞は減少します。

角膜内皮細胞が減少したから白内障の手術で失明するわけではなく、角膜内皮細胞が減少すると眼の手術(白内障の手術も)そのものができなくなるのです。

角膜内皮細胞が減少することで眼の手術全般ができなくなるわけですから、その場合は同じようにレーシックの手術もできなくなります(不適合)。

また、レーシックを受けられる年齢は20歳から60歳くらいまでとされています。

角膜内皮細胞が1ミリ四方あたり1000個以下になると角膜混濁が起きてくるということなので、今そのような症状がない場合はそれほど心配することはないと思いますが、今44歳ですから、あと16年コンタクトを使い続けていたことでレーシック手術ができなくなるという可能性は考えておいた方がいいかもしれないです。

レーシック適合検査の中で角膜内皮細胞の数も調べてもらえますので、まずは角膜内皮細胞の数が減っていないかどうか検査を受けて確認してみるといいかもしれないですね。

その上で、今レーシック手術する必要があるのかどうか検討されたら良いのではと思います。

参考URL:http://intralasik.karakasa.com/13.html

まず、レーシックで老眼になるというわけではなく、近視の人は近くのものは見えて遠くのものが見えづらいわけですから、近視の人は老眼になってもそれを感じにくいのですが、レーシック手術を受けて正視になると、近視の時に比べて老眼を感じやすくなるということで、老眼は老化現象なので、レーシックをしてもしなくても誰でもいずれなります。

また、長期間コンタクトレンズの生活をしていると、角膜内皮細胞は減少します。

角膜内皮細胞が減少したから白内障の手術で失明するわけではなく、角膜内皮細胞...続きを読む

Qソフトコンタクトレンズについて 私はツーウィークのソフトコンタクトレンズを使用しているのですが、1週

ソフトコンタクトレンズについて

私はツーウィークのソフトコンタクトレンズを使用しているのですが、1週間でレンズが欠けてしまいました。
私はコンタクトは今回が初めてなので、テスト期間ということで、1つしかレンズを病院からもらっていません。

ここから質問です。
欠けたレンズを残りの1週間つけることは危険ですか?
また、病院に行けば新しいものはもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

やめたほうが良いよ、目に傷がつく。
しかし、かけるなんてよっぽど粗悪品か、扱いが悪いか・・・。
コンタクト歴10年以上だけど破けたりかけたことはないなぁ。

新しいのもらえるかはどうだろう?もう早めに買わせるんじゃないかな。

Q【コンタクト】使い捨てコンタクトが余った。 使い捨てコンタクトの有効活用方法を教えてください。

【コンタクト】使い捨てコンタクトが余った。

使い捨てコンタクトの有効活用方法を教えてください。

ジョンソン&ジョンソンのワンデーアキュビュー左右合計12箱の6ヶ月分丸まま箱に入っています。

未開封です。

使い捨てコンタクトを買った店に電話すると交換なら出来るが引き取りの返金は未開封でも無理ですと言われました。当たり前ですが。

Aベストアンサー

コンタクトはオークションやフリマアプリでの出品も禁じられていますから、自分で使う以外活用方法はありません。

Qハードコンタクトレンズからソフトコンタクトレンズへ

 よろしくお願いします。

 10年以上ハードコンタクトレンズを使用していましたが、このたびソフトコンタクトレンズに変えました。すると一年もたたないうちに、一気に視力が低下したようなのですが、これは酸素透過性が悪いために角膜内細胞が死滅して視力が低下したためなのでしょうか。わかる方、経験者、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。一昨日回答したはずなんですが、どうやら送信できていなかったみたいなので、もう一度書き込みます。

ハードレンズは、視力が悪化するのを抑えることが分かっています。
子供の近視にハードを用いると、視力低下が抑えられたり、視力が回復してくる、という論文が多数あります。
ソフトレンズだと、この効果がほとんど見られないのです。

なぜこうなるかというと、オルトケラトロジーレンズというのをご存知でしょうか。固いレンズを寝るときに装着し、朝はずします。すると、固いレンズの後が角膜につき、それが光を矯正して視力が上がるというものです。
レンズのマークがついている間だけ視力が上がるのですが、これを続けていると、だんだん視力自体良くなっていきます。

このように、レンズで角膜を矯正することにより、視力の回復が得られるのです。ソフトは柔らかいので、ここまで強いアイマーク(コンタクトの痕)はつきません。

ご質問者さんの場合、いままでハードで視力の低下が抑えられていたのに、ソフトに換えたため進行していっているのだと考えられます。
ですから、ハードに戻せない理由がなければ、ハードレンズにしたほうが目のためにはいいのです。

こんにちは。一昨日回答したはずなんですが、どうやら送信できていなかったみたいなので、もう一度書き込みます。

ハードレンズは、視力が悪化するのを抑えることが分かっています。
子供の近視にハードを用いると、視力低下が抑えられたり、視力が回復してくる、という論文が多数あります。
ソフトレンズだと、この効果がほとんど見られないのです。

なぜこうなるかというと、オルトケラトロジーレンズというのをご存知でしょうか。固いレンズを寝るときに装着し、朝はずします。すると、固いレンズの後...続きを読む

Qハードコンタクトレンズ・ソフトコンタクトレンズ両方使用された方に質問です。

私は10年以上ずっとハードレンズを使用してます。今回コンタクトを買いなおそうと思っているのですが、主人からソフトレンズを勧められています。

どちらがいいのでしょうか?

ソフトレンズは1度も付けたことがありません。
両方使用された経験のある方、どちらがいいか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトを10年使用してましたが4年前よりハードを使用しています。変更した理由は眼科に相談したところ一日の装着時間が長くハードの方が酸素の透過率が高く又、黒目を全部覆わないのでソフトよりも目にやさしいですよ。と言われたからです。最近のはソフトもハードも性能が良くなってきていると思いますのでしっかりとした眼科で相談するのが良いですよ。使用勝手や購入後のケア用品の値段の違いもありますので。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報