今度、妊婦の人にインタビューするのですが、いつくか作った質問の中で、自分では上手く"自然な英語"に直せないものがあるので、協力してください。
質問文: 妊娠中の食事について、一番気を使っている事はなんですか?
それから、"妊婦食"って、どう表現したらいいですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>妊娠中の食事について、一番気を使っている事はなんですか?



What do you think is the most important issue in regards to your diet during pregnancy?

>妊婦食

Meals for the expectant mothers

英語で書いてある本ですが、妊娠中の食事似ついて書かれた本で、お勧めの物をご紹介します。

"EATING EXPECTANTLY" : The Essential Eating Guide and Cookbook for Pregnancy.

by Bridget Swinney, M.S., R.D.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い回答ありがとうございました。 質問も、すべてそろいましたし、明日インタビューしてきます!

お礼日時:2002/02/23 12:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分の知らない英語表現は不自然と指摘する方に、ごく一般的な表現だと証明する方法はあるのでしょうか?

大概の場合は""ってググればBBCなりNew York Times等の信用のおけるソースが出てくるので「ここでも、ここでも使われています。」と言えばよいのだと思います。 しかし、そうでない場合もありますよね?

例えば、こんな文章を書いたとします。

If I get the time, I will head down to Manhattan to see my friend.

"If I get the time, I will head down to"でも "If I get the time"でもほとんどヒットしません。 ごく普通の表現ですのに。 こんな表現は不自然と言われてしまったら証明の仕様がないですよね?

それでも何とか、調べていけばget the timeがイデオムだと辞書で解説されているのが見つかったりしましたが。

http://idioms.thefreedictionary.com/get+the+time
https://en.wiktionary.org/wiki/get_the_time

文章によっては、ネット上にも辞書にも載っていないよく使われている表現といものもあると思いますけど、その度に「間違い英語表現」あつかいされてしまったら、大変だと思って皆様はどうされていますか?

よろしくお願い致します。

*日本の英語教育問題とかには興味ありません。 ごく普通の素朴な疑問です。

大概の場合は""ってググればBBCなりNew York Times等の信用のおけるソースが出てくるので「ここでも、ここでも使われています。」と言えばよいのだと思います。 しかし、そうでない場合もありますよね?

例えば、こんな文章を書いたとします。

If I get the time, I will head down to Manhattan to see my friend.

"If I get the time, I will head down to"でも "If I get the time"でもほとんどヒットしません。 ごく普通の表現ですのに。 こんな表現は不自然と言われてしまったら証明の仕様がない...続きを読む

Aベストアンサー

証明するには王道の「英語を母語とする人に証言してもらう」でいいのでは? 身近な英語圏人、英語学系のフォーラムなどが有効かと思います。

ただ、「If I get the time」って、そんなに「ごく普通の表現」かなあ。「辞書に載っている正しい表現」と「ごく普通の表現」は別物ですよね。また、URLの辞書の例文に沿って言えば「If I get the time, I head down to」となるので、「If I get the time, I will head down to」が「ごく普通」だという証明にはならないと思いますが。

>ネット上にも辞書にも載っていないよく使われている表現といものもあると思いますけど、その度に「間違い英語表現」あつかいされてしまったら、大変

「よく使われている表現」と「間違っていな英語表現」も別物ですよね。どこの辞書にも載っていなかったら、どんなによく使われている表現であっても、基本的には、間違った表現ですよね。日本語の「役不足」を「力不足」と誤用しているのと同じです。

Q芸能人インタビューで分からない英語表現

下記に引用する英文は芸能人のインタビューです。ところどころ割愛されているかも知れないのですが、分かる範囲で良いのでご回答頂けると助かります。便宜的に質問者をQさん、回答者をAさんとします。

Aさん
『 I think audiences will identify me with that character for a long, long time.
I just gotta go try and convince directors that I can play other roles, be interesting. 』

Qさん
『 Does it worry you slightly? 』

Aさん
『 It would be very naive of me not to be aware that that might be an issue, but it's not impossible.
My job is to convince them otherwise.
I think there's some confusion.
I think the media don't really understand my decision to go to a university.』

上記の文中の It would be very naive of me not to be aware that that might be an issue, but it's not impossible. とはどのような意味なのでしょうか? ご回答頂けると助かります。何卒よろしくお願い致します。

下記に引用する英文は芸能人のインタビューです。ところどころ割愛されているかも知れないのですが、分かる範囲で良いのでご回答頂けると助かります。便宜的に質問者をQさん、回答者をAさんとします。

Aさん
『 I think audiences will identify me with that character for a long, long time.
I just gotta go try and convince directors that I can play other roles, be interesting. 』

Qさん
『 Does it worry you slightly? 』

Aさん
『 It would be very naive of me not to be aware that...続きを読む

Aベストアンサー

観客は、私を長い、長い間、この役柄と同一視するであろう。(だから)監督を納得させるように努力しなきゃならないんだ。もっとほかの役柄も演じられるし、面白くできるって。(I can play other roles, which can be interesting.)

ちょっと心配ですか?

それ(観客が彼を見るたびにこの役柄を思い出すであろうこと)が起こりうると気が付かないのは、非常に未熟だと思うけど、(気が付かないってことも)ありうるね。僕の(役者としての)仕事は、(それを乗り越えて、)ほかの役もできると、観客を納得させる(だけの演技をする)ことだ。
混乱させることもあると思う。
メディアは、僕が大学に行こうとする決断を、本当に理解しているとは思えない。

It would be very naive of me(~だとしたら、僕は未熟である)
not to be aware(~に気が付かないとしたら)
that might be an issue,(それが問題になるかもしれない)
but it's not impossible(けれども、不可能というわけではない。)

これ、ジェームス・フランコですか???

観客は、私を長い、長い間、この役柄と同一視するであろう。(だから)監督を納得させるように努力しなきゃならないんだ。もっとほかの役柄も演じられるし、面白くできるって。(I can play other roles, which can be interesting.)

ちょっと心配ですか?

それ(観客が彼を見るたびにこの役柄を思い出すであろうこと)が起こりうると気が付かないのは、非常に未熟だと思うけど、(気が付かないってことも)ありうるね。僕の(役者としての)仕事は、(それを乗り越えて、)ほかの役もできると、観客を納得させ...続きを読む

Q英語の教科書の不自然な表現

英語を基礎からやり直すには中学の英語の教科書が有効だと聞きます。
しかし、中学の英語の教科書には不自然な英文が目立ち、実用的な表現が大幅に欠如しているとも聞きます。
そこで質問なんですが、不自然な英文とはどんなものでしょうか?具体例を挙げていただくと助かります。合わせて、中学の英語の教科書に欠如している実用的な表現も回答してくだされば幸いです。

Aベストアンサー

>レベル的にはどうなんでしょう?
それでは一例を。私が使用した教材からの引用です。Daveが妻のCathyに友人のMikeを空港に迎えに行かせる場面です。

Dave: Cathy, Mike's arriving from Texas this afternoon. Can you meet him at the airport?

Cathy: But I don't know him. How can I recognise him?

Dave: You'll recognise him as soon as he gets off the plane. He's at least six feet tall and weighs twenty stone. He's got long grey hair, blue eyes and a white beard. He always wears a yellow and black shirt, red leather cowboy boots and an enormous green hat.

Cathy: Yeah, no problem.

いかがでしょうか? それほど難しくはありませんよね。それでは注釈を加えてみましょう。

(1)Mike's arriving・・・現在進行形の近接未来の用法です。中学の英語では出てこないかも。
(2)meet・・・ここでは「迎えに行く」という意味です。meetには他には「待ち合わせをする」という意味もありますね。中学の英語では このような重要語を使いこなす練習に乏しいと思います。それに中学の英語では、前者なら pick up、後者ならwait forに書き換えるでしょうね。
(3)recognise・・・#7でも書きましたが、日常会話でもよく使われるのに中学の英語の教科書にはあまり登場しない単語です。中学の英語なら
“understand that it is he”のような言い回しを使うんだろうか。
(4)enormous・・・これは中学の英語ならvery bigに言い換えるでしょう。
(5)Yeah・・・これはYesのくだけた言い方ですね。外国人がむやみに使うべきではありませんが、意味は抑えておくべき単語でしょう。

これはまだマシなんですが、レベル的にはそんなに高くはなくても和訳しにくい英文が目立ちましたね。生の英語から拾ったからでしょうね。 一方、日本の英語の教科書は下書きを日本語で書いてそれを英語に直訳するでしょうから、文法を抑えれば訳し方に悩む必要はそんなにないはずです。でも、これでは訳しにくい英文に当たる度に理解に苦しむことになりますが。

>レベル的にはどうなんでしょう?
それでは一例を。私が使用した教材からの引用です。Daveが妻のCathyに友人のMikeを空港に迎えに行かせる場面です。

Dave: Cathy, Mike's arriving from Texas this afternoon. Can you meet him at the airport?

Cathy: But I don't know him. How can I recognise him?

Dave: You'll recognise him as soon as he gets off the plane. He's at least six feet tall and weighs twenty stone. He's got long grey hair, blue eyes and a white beard. He always wears...続きを読む

Q英語の日記で一番自然な表現はどれでしょう?

今日、ピアノ教室に行きました。
と言いたいとき、

I went to piano lesson(school).

I went to a piano lesson(school).

I had a piano lesson.

I took a piano lesson.

I had a piano.

色々考えてみたのですが、
「ピアノ教室」という場所に行く、という意味なら「the」も「a」も要らないですか?

ピアノ教室だけでなく、空手に行ったとか、剣道に行った、英語教室、スイミングに行った、等の表現は、ネイティブの方はどんな風に表現されるのでしょう?

ご存知の方いらっしゃいまいしたら、ぜひ文法的な説明と一緒にアドバイスいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

I went to the piano lesson today.
がいいと思います。

"take a piano class"「ピアノ教室に入る」とか"go to a piano lesson"「ピアノ教室に通っている」という風に、「実は、とあるピアノ教室に」と個別の教室を初めて紹介する意識が強い場合は、不定冠詞かもしれません。
ですが、この場合はどこの教室かはどうでも良くて、とにかく事業としての「ピアノ教室」と言いたいだけで、それは「1つの事業として限定されている」という認識から、"the"がいいと思います。ピアノ教室に通っていることを相手が既に知ってる場合なんかは"a"はなんとなくおかしいですから、「事業としての認識」云々以前に"the"ですね。
勿論、「今日は、あるピアノ教室にちょっと行って来てさ」みたいなニュアンスなら"a"でもいいと思います。

所謂「お稽古事」や「クラブ活動」は無冠詞は適切ではないと思います。
"go to high school"「高校に通う」等だけが特例と考えた方がいいかもしれません。この場合の「高校」は物ではなく「高校」という「世界共通の概念」みたいな認識です。勿論、冠詞を置くと建造物・特定組織としての「高校」という意味になったりします。

I went to the piano lesson today.
がいいと思います。

"take a piano class"「ピアノ教室に入る」とか"go to a piano lesson"「ピアノ教室に通っている」という風に、「実は、とあるピアノ教室に」と個別の教室を初めて紹介する意識が強い場合は、不定冠詞かもしれません。
ですが、この場合はどこの教室かはどうでも良くて、とにかく事業としての「ピアノ教室」と言いたいだけで、それは「1つの事業として限定されている」という認識から、"the"がいいと思います。ピアノ教室に通っていることを相手が既に知...続きを読む

Qラテンの乗りではこういう表現は不自然でしょうか

いつも本当にお世話になってます。

Vamos a comer juntos!
一緒にご飯食べに行こうよ!
などと言われた時、
Buena idea!
(good idea)
ばかり言っていますが、
能無しみたいなので何か気の利いた言い回しは
ないでしょうか。
英語の
Sounds good(fine) to me.
とかの様な。

それともラテンの乗りではこういう表現は不自然なのでしょうか。

Aベストアンサー

若者言葉ではいろいろあるでしょうが一般的な表現として思いつくのを下記します。

1.De acuerdo. Vamonos!
2. Si, como no!
3.Muy bien,vamos a xxx otra vez?(xxx場所の名)
4.OK, dejeme buscar un restaurante nuevo.
5.Muy buena idea. Estoy 100% de acuerdo.
6.Estupenda, porque no invitamos a (Maria)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報