44歳の女性です。4年程前に地域の健康診断をした時は、中性脂肪は88でしたが、先月の検査では321でした。4年ぶりの検査で、このような結果になり驚いています。
GOT33,GPT16,GTO16, HDL89,総コレステロール243、血糖値101、血圧110~66、尿検査、その他の数値は正常内です。
4年ほど前と体重もほぼ同じ(154センチ、48キロ)で、ウエストも同じですが、ホルモン治療のため、現在は閉経状態です(前回は使っていません)。
生活習慣の変化としては、前回は検査の2週間前から、ウォーキングをしました。
今回は運動はまったくせず、2,3ヶ月ほど前から、間食に甘いものを大量に食べています。特にピーナッツバターの入ったパンをよく食べます。そのせいで、夕飯時はあまりお腹が減らないので、ご飯の量を調整して、体重を維持しています。
以前は間食はほとんどせず、どちらかというと、ご飯をしっかり食べていました。
食事の内容は現在も今も揚げ物のようは脂っこい食事はあまりないです。
運動、間食がいけなかったのでしょうか?
仮にそうだとしても、4倍近くに増加するようなことはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


単純に中性脂肪だけ高い場合、一回の検査では評価できません。

中性脂肪というのは日内変動が激しく、食後には急激に上昇ししばらくの間高い状態になります。

なので採血前に何か食べるとそういう状態になります。

食後採血したような場合は、血液の液体部分(血漿といいます)が中性脂肪でモロに白くにごってしまい、測定不能という事もあります。

この回答への補足

すみません、今思い出したのですが、前回(4年前)に検査する1年ほど前から、スポーツクラブに通い始め、多いときで週に4日、少なくて週に1~2日はプールで3時間くらいクロール、平泳ぎ、バタフライ等で泳いでいました。検査したあたりは、あまり泳いでいなかったので、ウォーキングをしました。 もしかしたら、前回がスポーツをしていて私にしては低かったのかもしれません。 何も運動をしないで、おやつに甘いものを食べ過ぎると当たり前の結果なのかもしれません。

補足日時:2006/06/21 19:20
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。検査当日は11時頃食事をして、2時過ぎに採血しました。 空腹時にやらないと正確な数値は出ないのですね。

お礼日時:2006/06/21 17:43

うちの主人も中性脂肪がいきなり3倍近くになり数値が300くらいになった事があります。


基本的に私(数値40)と同じ食事なので、主人は急に運動しなくなると増える体質なのではないかと思います。(結婚してゴルフくらいしか運動しなくなった。)
現に、主人の母も痩せているのに中性脂肪は高いので。
あと、やはり甘い物・ご飯・油・お酒はほどほどにした方が良いそうです。
中性脂肪に良いと言われる物(もろみ酢・プーアル茶・玄米・青魚等)を摂取するようにして、主人は半分の150くらいに改善されました。
ちなみに健康診断では空腹の時に採血しましたか?
空腹とそうでない時に数値は全然違うそうです。

この回答への補足

前回の検査時は8時頃食事をして、1時過ぎに検査しましたが、今回は11時頃に食事をして、2時過ぎに採血しました。

補足日時:2006/06/21 18:08
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。少し運動をして、空腹時にもう1度検査しないとだめですね。

お礼日時:2006/06/21 17:44

先月の検査でとの事ですが、病院で相談するなり経過観察の予定などはあるんでしょうか?


高脂血症と言われるかもしれませんが、一時的に数値が上がる事もありので断言はできませんが・・・
ですが、ややですがコレステロールも高めですね。
体重やウエストが一緒でも数値には関係ありません。血液中の成分を検査してるわけですから・・・
『運動はまったくせず、2,3ヶ月ほど前から、間食に甘いものを大量に食べています。特にピーナッツバターの入ったパンをよく食べます』
これも原因の1つかもしれません。たとえご飯の量を調整しても、問題は食べた総量ではなく何を食べたかです。
食事を減らしても、間食し甘い物を大量に食べたら血液中の脂肪も増えます。
以前の間食をせず、ご飯をしっかり食べる生活の方が全然体にいいです。
4倍近くに増加する事はありますよ。4年で4倍ですね。全然ありえます。その間の食生活の乱れが出たんだと思いますよ。
まず食生活を直して、定期的に血液検査する必要があると思います。
もし高脂血症だった場合、原因は様々ですしタイプもありますので、1度病院で診察してもらって治療の必要があるか経過観察でいいか医師に判断してもらった方がいいと思います。

この回答への補足

検査は先月の26日にしましたが、市町村の検査なので、昨日結果が来て、焦ってとりあえずこちらに質問させていただきました。月に1度の通院なので、そのときに担当医に今回の結果を相談しようと思います。

補足日時:2006/06/21 23:02
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。現在使用中のホルモン剤で肝機能、総コレステロール、中性脂肪の増加があるようです。
今回の検査では肝機能には影響はなかったようですが、血中脂肪の増加と因果関係があるかは分かりません。 
現在診ていただいている先生に1度聞いてみて、来月でその薬の治療は終わるので、終了後にまた検査してみます。
いずれにしても、食生活の乱れはよくないですね。
昨日から間食は止めて、野菜を多く取るようにしています。主食は以前から玄米食です。

お礼日時:2006/06/21 17:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぽっちゃりなのに、健康診断で中性脂肪が低い

こんにちは。先日受けた健康診断で中性脂肪が42という値でした。参考値は50~150となっていました。健康診断当日は朝から食事をせず、10時くらいに受診しています。体型がぽっちゃり型で、油や炭水化物も普通に食べているので意外な結果でした。ちなみに、妹も同じ時期に健康診断で中性脂肪が低めで出ています。体質なのでしょうか。中性脂肪以外の数値は正常だったのですが、どうすればもっと高くなるのでしょうか。

Aベストアンサー

中性脂肪(TG)に影響する因子として最大のものは食事です。
TGを検査する場合、一般的に早朝空腹時に採血をします。
食後の変化としては、摂取後4~8時間をピークとするカーブを描きますが、食事の内容によって大きく異なり、一般的に中性脂肪の摂取量が多いと、早期(1~2時間)に血中で増加します。
アルコールの影響もみられ、飲酒歴の長い大酒家ほどTGが高い傾向があります。
また、肥満や妊婦でも高い傾向があります。

血糖(GLU)やTGは食事による影響がある代表的な項目です。

食物として摂取される脂肪のほとんどが中性脂肪で血中に入ります。

また、肝臓でも中性脂肪が合成されます。

難しくなりますが中性脂肪はリポ蛋白などの蛋白の作用を受けてエネルギー源として利用されます。

ですので、低すぎるとリポ蛋白血症、肝硬変などの肝疾患、甲状腺機能亢進症、下垂体機能低下症などが考えられます。

コレステロールほどではありませんが動脈硬化の危険因子として重要です。

検査によって何がわかるか?
中性脂肪をはじめ、糖・脂質代謝異常をきたす疾患の存在を推測できます。

どういうときに検査するか?
他の脂質検査に異常が認められたとき。
遺伝性脂質代謝異常が認められたとき。
中性脂肪の異常をきたす疾患が認められたとき。

今後の検査の進め方
他の脂質検査の測定
リポ蛋白の測定
動脈硬化疾患などの有無と家系調査


難しくなってしまいましたが、低すぎるということはありません。また、今回だけ低すぎたのか?以前から継続的に低い値を推移しているのか?これらを総合的に判断してみてください。

以前からこれくらいの値を継続的に推移していましたら問題ないと思います。


実は私も低めで推移しています。(笑)

体型がぽっちゃり型であるから高いとは限りません。
可能性として高い傾向があると言うだけの話です。
また、加齢や性別(特に女性)によってもコレステロール同様高くなる傾向があります。

特に高くするように努力する必要性はないと思います。

中性脂肪(TG)に影響する因子として最大のものは食事です。
TGを検査する場合、一般的に早朝空腹時に採血をします。
食後の変化としては、摂取後4~8時間をピークとするカーブを描きますが、食事の内容によって大きく異なり、一般的に中性脂肪の摂取量が多いと、早期(1~2時間)に血中で増加します。
アルコールの影響もみられ、飲酒歴の長い大酒家ほどTGが高い傾向があります。
また、肥満や妊婦でも高い傾向があります。

血糖(GLU)やTGは食事による影響がある代表的な項目です。

食物として摂取さ...続きを読む

Q中性脂肪が高い場合、脂肪はどれだけ摂取?

中性脂肪が高いです。
中性脂肪が減るように運動を心がけていますが、食事はどうしたらいいのかが疑問です。
中性脂肪を低くするためには、肉・油・糖分・酒を控えるとよく言われていますが、もともと私はベジタリアンで、甘いもの苦手(果物も)、お酒はお付き合い程度です。こってりしたものも苦手で植物性であっても油はほとんど摂りません。
が、脂質を摂らなさ過ぎるので、あえて少し摂ったりしています。
でも中性脂肪が高いのであれば、とことん摂らないほうがいいのでしょうか?
それとも青魚とか摂ったほうがかえって中性脂肪は減るのでしょうか?
(であればがんばって魚などもチャレンジします)

Aベストアンサー

中性脂肪の原因は、脂肪の摂りすぎではありません。
中性脂肪高値の一番の理由はお腹がすいていないときに食べることです。

私たちの身体はエネルギーが余れば、糖質も脂質も中性脂肪に変えてから体脂肪に蓄えます。
血液中の中性脂肪が高濃度ということは、体脂肪がどんどん蓄えられている状況であることを意味します。
ですから、肉や油を減らしても、または青魚をたくさん食べても中性脂肪値はあまり変わりません。

食べすぎが原因ですが、一番の原因はお腹がすいていない時に食べることです。

食べ過ぎないようにすること。お腹がすくまでは食べないようにすると、血液検査が目に見えて良くなると思います。
脂質は免疫力のために必要ですから、30g以上は摂るようにしてください。

Q中性脂肪が高く、コレステロール値が低い

中性脂肪が高く、コレステロール値が低い

中性脂肪が高ければ、コレステロールも高い事が多いと思っていたのですが、違うのでしょうか?

40歳男性(夫)なのですが、
総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、全ての数値が低く、
(HDLコレステロールは最低基準値40に足りていません)
中性脂肪が異様に高い(300前後)です。

どのような事に気をつけたらいいのでしょうか?

本人の体系はやせ型ですが、軽度脂肪肝と診断されています。

Aベストアンサー

健康診断などでその数値が出て来たのでしょうか?
再検査や、受診指導はされていませんか?
また、脂肪肝の診断を受けた後、
担当のお医者さんから何か指示されていませんか?

コレステロールは脂肪を使って肝臓で合成される物質です。
なので、肝機能が悪い場合に
コレステロールが合成されない場合もあるようです。
また、脂肪肝は中性脂肪が肝臓の限界以上に
肝臓に溜め込まれてしまっている状態です。
お酒などが原因の事もあり、
もしも旦那さんがお酒を飲まれるなら禁酒するのも一手だと思いますよ。

Q健康 中性脂肪を低くするには

定期的に健診を受けていますが、最近 中性脂肪が高くなってきました。
基準値50~149に対し、131で範囲内ではあるのですが、過去5年間は、75、75、62、49、86と推移していて、急激に高くなったような印象があります。
中性脂肪を低くするにはどのような方法があるでしょうか。

53歳 男性 166cm 62.5kg 基本的には痩せ型(やや筋肉質)でしたが、おなかがポッコリしています。(おへそのところの胴回り89cm)
昨年10月に体重が65kgを超えたことから、食生活とか歩くことを心がけています。
ウォーキング(散歩程度の軽いもの):朝食(7:40位)前、昼食前、午後3時過ぎに分けて合計8000歩くらい(実際は振れがあり、4000歩~11000歩)
歩きながら、お腹を凹ませたりすることもあります。
雨の日は、マンションの階段を上がり降りします。
水泳 週1回 800mくらい、ボウリング 週2回 計8ゲームくらい
夕食(5:30位)前にストレッチ、軽いスクワット、腹筋等を8分程度するようにしています。
アルコールは、夕食時に第三のビール350ml 1本か、25度の焼酎80mlを水で薄めて220mlくらいにして1杯飲むことが多いです。(ほぼ毎日)
外食時には、週に1回くらいですが、ビンビール633ml飲むこともあります。
酔うために飲むというより、食事を美味しく食べるために飲んでいる感じです。
ご飯の量は、1食あたり茶碗一杯。パンの場合は6枚切りの食パン1枚。うどんやそうめんを食べることも多いです。ラーメンは2週間に一回くらい。
間食はあまりしない方で、日に一回くらいチョコレートを一かけらつまんだりする程度。2週間に1回程度は、ケーキや大福などを食べることもあります。
くだものは、グレープフルーツ一つくらいを小分けにして食べます。最近は食事のすこし前に食べることが多いです。
ヨーグルトは、牛乳で手作りして、イチゴジャム小さじ2杯ほど入れたもの、100mlくらいを2回ほど食べます。最近は食事のすこし前に食べることが多いです。
すぐに喉が乾くので、冷たい水を100ml程度づつ何度も飲みます。一日の量は2リットル超えているかも知れません。水は身体を素通りするかのように、短時間で尿意を感じ排尿回数も多いです。10回近いかも知れません。但し、就寝後に尿意で目が覚めるのは1回あるかないかです。(血液検査では、糖尿病ではないらしいとのこと)
起床7時くらい、ベッドに入るのは10時くらいですが、読書等をするので、睡眠は11時~12時くらいになります。

血液検査の結果は以下の通りです。
GOT:16 GPT:14 LDH:144 ALP:210 γ-GTP:30 クレアチニン:0.83 BUN:15.5 総コレステロール:176 血糖(空腹時):74 HbA1c:5.0 
尿酸値:4.6(過去5年で6.5 7.1 8.9 8.9 7.0と高めであったため、アロシトールを2錠服用し下がりました。現在は1錠に減らして様子を見ています。)

仕事は事務仕事でパソコンを多く使います。
アドバイスをお待ちしています。よろしくお願い申し上げます。

定期的に健診を受けていますが、最近 中性脂肪が高くなってきました。
基準値50~149に対し、131で範囲内ではあるのですが、過去5年間は、75、75、62、49、86と推移していて、急激に高くなったような印象があります。
中性脂肪を低くするにはどのような方法があるでしょうか。

53歳 男性 166cm 62.5kg 基本的には痩せ型(やや筋肉質)でしたが、おなかがポッコリしています。(おへそのところの胴回り89cm)
昨年10月に体重が65kgを超えたことから、食生活...続きを読む

Aベストアンサー

摂取したカロリーの内、余ったものが中性脂肪になって体(皮下脂肪や内臓脂肪)貯められていきます。
また、中性脂肪の合成は、寝ている間に余ったエネルギーから行われることがほとんどなので、一日の総摂取カロリーは同じでも、他の食事にくらべて夕食の量が多ければ、中性脂肪はたくさん作られてしまいます。

このように、中性脂肪は食事の内容にすぐ影響されやすいので、検査前の数日間の摂取カロリーが多かったのではないでしょうか。


中性脂肪に対して、コレステロールは、摂取したカロリーから合成される割合は30%程度で、大部分はからだに蓄積されているものから作られます。
こちらは運動不足や常日頃の食生活に影響されます。


中性脂肪の値が1回だけ、高い値を示したとしても、食生活に気をつけていれば、すぐに元にもどると思います。
それよりも、コレステロール値の方が気になります。

Q中性脂肪が低いとどうなのでしょう?

先日の健康診断で「中性脂肪が低すぎます」と出ました。「高いよりはいいじゃないか」とタカくくってたのですが、やっぱり心配すべきでしょうか?ちなみにコレステロールは許容範囲内ですが高めです。これらの違いもよく分かりません。本などでは「中性脂肪はエネルギーとして体内に蓄えられる」とありました。ということはスタミナ不足なのでしょうか?そういえば疲れ易い体質かもしれません。
自慢じゃないですが、健康的な食生活とは言えません。お菓子大好きなので、コレステロールが高いのは予想通りですが、中性脂肪ってどうなのでしょう?ご存知の方いらっしゃいましたら簡単に教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして、rumichiraさん。

中性脂肪は、体内にある殆どの脂肪ですが、
文中にある通り、エネルギー源で、摂取しすぎると、
皮下脂肪になり、更に過剰に摂取すると、血中に放出されます。

中性脂肪値が低い事で疑われる疾患には、
「甲状腺機能亢進症」「肝臓病」などがあります。

以上、簡単な説明となってしまいましたが、
適正な中性脂肪値を維持するようにして下さいね。

Q中性脂肪が高いのですが

52歳、男です。

健康診断で中性脂肪が高いと言われました。
それ「だけ」です。

原因はビールの飲み過ぎです。
体脂肪は16%、ガンマGTPは正常値内です。
(太ってないからかな)

運動は適度にしています。
前夜に飲んで翌日検査するから高くなるのですかね。

これって何かまずいのでしょうか。
下げないといけませんか?
禁酒以外で下げる方法がありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確率の問題ですから、脳梗塞や心筋梗塞にはならないかも知れません。糖尿病もなくて、血圧も高くなくて、肥満もなくて、喫煙もないとすれば、危険因子は年齢と、中性脂肪の2つだけですから、心筋梗塞になる確率は若い人に比べて10倍程度、同年代の年齢以外に危険因子がない人に比べて2~5倍程度です。年齢以外に危険因子がない人が100人に1人/年くらいで脳梗塞になりますから、あと25年生きるとすると普通の人なら100人に25人くらい脳梗塞になりますが、危険因子1つだけだと100人に50人くらいが脳梗塞になります。つまりあとの50人はならないわけです。日本人の場合は、心筋梗塞はもっと確率が低いです。
禁酒以外で下げたいですよね。酒飲みなら当然です。思い切って薬を飲みましょう。薬を飲みながら、酒を飲むというのは医療スタッフからもっとも嫌われるタイプですから、「頑張って休肝日を作っているんです」と申し訳なさそうに言い訳するのを忘れないようにしましょう。フィブラート系かロトリガがお勧めです。

Q中性脂肪低いと言われたのですが

24歳女
160cm
49kg
です

年に一回の定期健診を受けているのですが
4年連続で中性脂肪の数値が21前後でした。
それで前回の検診時に「中性脂肪低いですねー。病院行きました?え?行ってないの…。まあそんな大至急ってわけじゃないですけど、念のため行っておいた方が良いですよ」と言われました。
中性脂肪の正常値は、30~149だそうです。

中性脂肪について調べると、「中性脂肪低い人は肉食べろ!ご飯沢山とれ!」と書いてありました。
でも自分は肉をはじめ、油分や炭水化物などしかとってない偏食生活で、そして小食でもありません。
あと運動不足です。

参考に食生活の例(夏の場合)です↓アバウトですがこんな感じ
>平日
朝:なし
カフェオレ1杯(砂糖小さじスプーン大盛り3杯)
昼:マーガリン食パン2枚(orツナマヨおにぎり2個)・アイス
カフェオレ1杯(砂糖小さじスプーン大盛り3杯)
夕:肉多めカレー大盛り1皿分(野菜は人参1本すりおろしと玉ねぎ2個を大きな鍋に)
>休日
朝昼兼用:お好み焼き2人分(キャベツのみ・ソースマヨ大量)
サイダー計1250ml
アクエリアスコップ3杯分
夕:焼き肉12枚程、うどんお椀一杯分、白米茶碗多めの一杯分、キャベツ千切り少々

ひどい時は野菜のような野菜すらとらない日もあります。(朝パスタ・昼パン・夕に肉など)
だから偏った食事なのは確実だと思います。特別小食でもないはず……

このような食生活でどうして中性脂肪が低いと結果が出ているのかよくわかりません。
中性脂肪が低くなる理由は他にも何かあるのでしょうか?
教えてください。

24歳女
160cm
49kg
です

年に一回の定期健診を受けているのですが
4年連続で中性脂肪の数値が21前後でした。
それで前回の検診時に「中性脂肪低いですねー。病院行きました?え?行ってないの…。まあそんな大至急ってわけじゃないですけど、念のため行っておいた方が良いですよ」と言われました。
中性脂肪の正常値は、30~149だそうです。

中性脂肪について調べると、「中性脂肪低い人は肉食べろ!ご飯沢山とれ!」と書いてありました。
でも自分は肉をはじめ、油分や炭水化物などしかとってない偏...続きを読む

Aベストアンサー

圧倒的に食事量が少ないですね。栄養バランスもよくないです。

朝食抜きが一番よくない。
おそらくは脂肪肝になっていると思われ。
つまり、エネルギー摂取が不足しているので、体は貴重なエネルギーを脂肪として肝臓に貯め込むのです。
当然ながら血中の中性脂肪は不足しています。

Q高1男子です。 身長164cm 体重52kg 体脂肪12% 夏にダイエットして現在まで体重・体脂肪率

高1男子です。
身長164cm 体重52kg 体脂肪12%

夏にダイエットして現在まで体重・体脂肪率キープ中です。
でもここ最近食べてるのに体脂肪が,
減っていきます。

何故でしょうか…

Aベストアンサー

運動部に所属して居るのであれば、筋肉を作る事と動かす事にエネルギーが使われていて脂肪にならないのでしょう。
更に、食べて居るつもりでも1日に必用な摂取カロリーに達せず、消費カロリーの方が多くて足りない分を脂肪燃焼で
賄っているのかも知れませんし。
身長から計算される標準体重(kg)は49.8~59.2~67.2の範囲となりますので、現在の体重は標準値内で下限値に近いですね。

間違ったダイエットだけはしない事です。
本に書いてあったとかテレビで紹介されていたとかと言うのをそのまま行うのは所詮自己流でしか有りませんからね。
ダイエットを行うのであれば自分の体を知り、それに見合った方法を取るのが安全且つ効率的。
それを間違えればリバウンド体質にしてしまいますから、運動を止めた途端に跳ね返ってきます。

Q肥満なのに中性脂肪が低いのは?

42歳 女性です

年に一度の会社の健康診断の結果が戻ってきました
肥満は自らよく分かっているので これはダイエットをしなければいけません
そして 中性脂肪 やや低いとコメントされてました(TG49)
それと これは初めてもらったコメントなんですが 
貧血ぎみともありました(HB 10.5)

今から15年位前にも一度 血液検査で
コレステロール値が少ないと言われた事があります(この当時もすでに肥満)

肥満なのに 中性脂肪が少ないというのは
どういう事なのでしょうか?
何か悪い影響はあるのでしょうか?
中性脂肪を増やす必要はあるのでしょうか??
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

こんにちは!

まるで自分のことを誰かがこのコーナーで質問しているのかと思いました。
ほぼ同年代で、ほぼ同じ状況です。
でも、肥満に関しては、自分では太めだとは思いますが、お医者さんには全く問題ないといわれている範囲です。
で、呼称は忘れましたが、血中のいわゆる善玉コレステロール値は如何でしたか?
たぶん、善玉コレステロール値が高いんだと思います。
わたしは79歳になる父が、同様の状況で、母は全くの逆です。
思うに、これは体質なのではないでしょうか?

以前、中性脂肪を増やす必要があるのかお医者さんに聞いた所、その必要はないそうです。悪い影響もないとのことでした。数値が低いものの、正常の範囲なのではないでしょうか?

昨日、たまたま会社の健康診断があり、超音波で肝臓や胆のうを診てもらったところ、とてもきれいで、標本にしたいくらいだから・・・と時間をかけて、新人技師の勉強の教材にもなって来ました。
わたしはそこそこ呑みすけなので、ほっとしましたが、説明いただいた中に、皮下脂肪が少ないから超音波が伝わりやすくて診やすいと言われました。

ですから、mickey-oosakaさんがどの程度の肥満なのかわかりませんが、わたしの経験から思うに、理想的な体質ということなのではないでしょうか?
これから、年老いて行くわけですから、むしろ現状維持が理想かと思えます。
貧血に関しては、プルーンやサプリメントで補えば、直ぐに正常値になれる健康体だと信じて、お薬は避けたほうが良いかと思います。

ちなみに、以前雑誌に載っていたのですが、わたしの好きなタイプの小泉首相は、標準体重ブラス10%程度の女性がお好みのタイプだそうです。
以上、日本のファースト・レディをひそかに狙う者のアドバイスでした。

こんにちは!

まるで自分のことを誰かがこのコーナーで質問しているのかと思いました。
ほぼ同年代で、ほぼ同じ状況です。
でも、肥満に関しては、自分では太めだとは思いますが、お医者さんには全く問題ないといわれている範囲です。
で、呼称は忘れましたが、血中のいわゆる善玉コレステロール値は如何でしたか?
たぶん、善玉コレステロール値が高いんだと思います。
わたしは79歳になる父が、同様の状況で、母は全くの逆です。
思うに、これは体質なのではないでしょうか?

以前、中性脂肪を増...続きを読む

Q中性脂肪がなかなか下がらない

身長154cm、体重46キロ、年齢57歳の女性です。
慢性甲状腺炎がありますが、今は服薬なしで、経過観察です。

高脂血症と診断されて(中性脂肪が200を少し超えています)、食事と運動で頑張るように言われています。

脳梗塞や心筋梗塞が心配になる年ごろなので、「どろどろ血」は困ります。

食事も気を付け、ウォーキングも一万歩を一年間続けて、体脂肪も減ったし、体重も減ったのですが、
どうして血液の改善がみられないのでしょうか?

定期健診の度に、食事はきをつけていますか?運動はしていますか?とそればかりです。

これからどのように頑張ればいいか、教えてください。

Aベストアンサー

肉類は百害あって一利なし。栄養的に貧弱な食べ物です。日本人に不足しがちな鉄分、カルシウム、カルシウムの吸収を良くするビタミンD、食物繊維、ビタミンC、ビタミンEなどをほとんど含まないか、または全く含んでいません。そのくせ、血中コレステロール・血中中性脂肪を増やす飽和脂肪酸がやたら多いのです。他の食品と遜色ないといえる栄養素はたんぱく質だけです。肉類というとたんぱく質が多い印象がありますが、実はそうではない。他の食材と対抗できる栄養素がたんぱく質しかないということなのです。

日本人は天武天皇の肉食禁止令以来1000年間肉を食べてこなかった民族です。肉類にしか含まれていない栄養素など何一つない。

たんぱく質の多い食品と、たんぱく質の含有量一覧表
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/protein.html

このデータを見てください。肉類のたんぱく質含有量は、ビーフジャーキーを除いて、穀類の焼き麩、豆類のきな粉、魚類の煮干、魚介類のいくら、海藻類の焼き海苔、木の実類の落花生などにことごとく負けているのが実態です。牛サーロイン(和牛)に至っては酒粕にすら負けています。

たんぱく質は穀類・豆類・魚類・魚介類・海藻類・木の実類で十分摂取できるということなのです。

ところが狩猟民族・騎馬遊牧民族は、こんなに栄養的に貧弱な肉類でも他に食べるものがなかったから、しかたなく食べていたのです。しかし現代日本人は狩猟民族・騎馬遊牧民族の真似をする必要は全くない。

穀類・豆類・魚類・魚介類・海藻類・木の実類の中では、豆類・魚類・魚介類・木の実類が脂質の含有量が比較的多いグループですが、これらは血中中性脂肪・血中コレステロールを増やす飽和脂肪酸が少なく、血中中性脂肪・血中コレステロールを減らす不飽和脂肪酸が多いのです。

摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やせば体脂肪は減ります。しかし飽和脂肪酸を減らさない限り血中中性脂肪・血中コレステロールは減りません。

また摂取するたんぱく質が足りないと、人間は体の筋肉を分解して必要な部品を取り出して製品に組み立てなおすということをしますから、たんぱく質は十分摂取する必要はあります。

質問者さんが分かっていないのはここです。体脂肪は過剰な炭水化物・脂質の摂取が体内に非常時に備えて備蓄されるということなのですが、それは血中中性脂肪とは全く関係がない話なのです。

質問者さんに必要なのは、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスの改善です。飽和脂肪酸を減らして、不飽和脂肪酸を増やさなければなりません。

処方箋は簡単。肉類を止めて穀類・豆類・魚類・魚介類・海藻類・木の実類をよく食べることです。

止めるといってもイスラム教やヒンズー教のような宗教的タブーじゃありませんから、そう神経質になることはないし、たまになら食べてもいい。
しかし肉類を極力止めて穀類・豆類・魚類・魚介類・海藻類・木の実類を増やして欲しい。
具体的には焼き麩、納豆などの大豆加工食品、煮干・さんま・さけ、明太子・いくら、焼き海苔・わかめ、ごま・ピーナッツといったものです。そういったものを食べるのが日本人の伝統的な食文化だったのです。

肉類は百害あって一利なし。栄養的に貧弱な食べ物です。日本人に不足しがちな鉄分、カルシウム、カルシウムの吸収を良くするビタミンD、食物繊維、ビタミンC、ビタミンEなどをほとんど含まないか、または全く含んでいません。そのくせ、血中コレステロール・血中中性脂肪を増やす飽和脂肪酸がやたら多いのです。他の食品と遜色ないといえる栄養素はたんぱく質だけです。肉類というとたんぱく質が多い印象がありますが、実はそうではない。他の食材と対抗できる栄養素がたんぱく質しかないということなのです。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報