木造3階建て住宅(築11年)に住んでますが、ガラス窓の結露がひどく困っています。特に2階の8畳の子供部屋兼寝室がひどく、北側の出窓になっている部分の下部は毎日水浸しで、このまま進めば腐食しそうな勢いです。ちなみに布団の上げ下ろしはあまりせず、家族4人で寝ています。ガラス窓も普通の一枚ガラスで雨戸もありません。現在寝る前の10分間くらいエアコンを26度でかけてます。外気温は夜から明け方は氷点下近くになります。なんとかならないものでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

温度差があってその設備状況ではどうにもならないですね。


毎日雨戸&カーテンを引きかつ毎日の換気を心がけるなどするとしても限界があるでしょう。
ペアサッシ&雨戸をとりつけるとか、断熱性の高いカーテンをつけるなど組み合わせて根本的な設備投資をしないと変わらないと思います。
すぐできるとしたら、窓の下にタオルとシートをひいて、せめて水が広がらないようにするのと、換気を心がけることでしょう。布団の上げ下ろしは、なるべくしないと床や畳が痛みますよ(カビ生えたりもしますし)。
    • good
    • 0

我が家はハウスメーカー製木造プレハブ住宅ですが、同じように結露で悩んでいました。


今年、寝室のみ、アルミサッシの窓の内側に樹脂製サッシの窓を設置しました。
完全ではありませんが、結露が緩和されたようです。
また、部屋もやや暖かくなったようです。
費用ですが窓3枚(掃きだし戸含む)で11万円でした。
(色は2種類あります。)
    • good
    • 0

ケイソウド、珪藻土ってご存知ですか?昔エコカラットってシーエムありましたよね。

シーエムには出ていないけど左官やさんでも取り扱っています。この珪藻土というものは調湿(湿度を自分から調整できるんです)作用があり。室内の湿度が高いときには信じられないほどの量の水分を蓄え湿度が低いときには逆に水分を放出する。面白い素材なんです。
それだけではなく防音、防火、保温、脱臭、効果もあるんですその上人体に影響がある物質はまったく入ってなく。いまだいぶ話題性が高い素材なんです。
少しお金がかかるかもしれませんが、長い目で見ていけば、決して高いものだとは思えないんですが、調べてみたらどうでしょう、
thedrunkardさんのお宅では結露がかなりひどいようですし、築年数もそんなにでは有りませんからローンなど金銭的には大変だと思いますががんばってください。
ほかにもいい方法があるかもしれませんが私からはこれしか出ません、スイマセン。
    • good
    • 0

そろそろ結露の質問も終わる頃かと一安心していたところだったのですが、かなり重傷の結露状況のようですので、判る範囲でアドバイスさせていただきます。



まずは過去の結露に関する過去の質問を検索して学習してください。
今シーズンに私が回答したものを寄せ集めれば今回のケースのアドバイスは終わってしまうはずですが、過去の回答をすべて整理してあるわけではないので、探す作業は質問者の方にお願いします。

要点を列記しておきます。

1.結露の原因は家族四人が発する「吐息」に含まれる蒸気(水分)と体から発せられる「汗」です。
おまけに上げ下ろしをあまりしない布団は水分をふんだんに含んだままなので、条件としては最悪です。

2.結露を防ぐには、就寝中に発生する水分を除去するか、空気中に水分が充満していても結露しない窓ガラスの状態を作る必要があります。

前者の対策として『換気扇』を使用すると良いのですが氷点下まで下がるようでは外気流入による温度低下も問題視されますので『熱交換器付換気扇』を新設しましょう。

熱交換器付換気扇には二種類あって、1)全熱交換器(水分が逆戻りしてくる)、2)顕熱交換器(温度だけ交換する)ですが、2)の顕熱交換器付を取り付けてください。

後者の対策としては、1)断熱サッシとペアガラスの組み合わせに変更、2)ふく射暖房器(ハロゲンヒーターなど)で窓ガラスを加熱する、があります。
結露温度よりも窓ガラスの温度が高ければ結露はしませんから、1)は温度低下を防ぐ、2)は温度を積極的にあげる方法です。
雨戸を取り付けることも幾分効果があります。

現状の住宅設備で、現状の使い方を続ける限り結露はなくなりません。
結露の元になる水分の除去、結露温度への温度低下防止、この二点から考える必要があります。

アドバイスしなければならない項目があまりに多すぎて書き込みきれませんので、あとは過去の質問を精査して学習し、現状の問題点が整理できたところで新たに的を絞って質問を書き込まれたほうが良いでしょう。

ワンポイントだけ忠告。
寝る前のエアコンは止めましょう。
布団から水分が蒸発して結露にとどめをさしています。
    • good
    • 0

こんばんは♪



冬の室内は考えている以上に湿度が高くなっていますから、湿度を下げること
に気を配るとよいと思います。

部屋の温度をあまり上げないほうがいいです。

窓の結露はめんどうでも一日に数回ふき取るようにするとよいです。
これは最も効果的な手段だと思います。
特に朝暖房を入れて部屋が暖まる前に拭くのがいいです。
朝に結露したままにしておくと部屋が暖まるとともに蒸発してしまい、その水分がまた
結露することになるからです。

結露にはいくつもの要因があるとおもいますが、効果的な対策のないまま、
窓が結露しないようにしてしまうと今度は部屋の別の場所で結露することになることがあります。
湿度のたまりやすい空気のよどむところや部屋の角部分、たんすの裏とかのせまいすきまとか、
あるいは目に見えない壁の内側が結露することもあります。

暖房器具はエアコンであればよいですが、石油などですと一時間の暖房で
約1リットルの水蒸気が出るといわれています。
それで一日中窓を閉め切らないようにして部屋の湿度を下げることを考え換気
することもよいと思います。
エアコンしか使っていなくとも窓を閉めておけば湿度が高くなりますから換気は
効果があると思います。
台所での煮炊きとか、風呂場のお湯なども部屋の湿度を上げてしまう要因なので
換気扇は必要以上と思えるくらい回しておくのがよいです。

夜就寝前には窓を開けて部屋の空気を外の空気と入れ替えるのもよいです。
湿度を下げることもできますし空気の温度も下がるので夜間に結露しにくくなります。
せっかく部屋を暖めて布団に入ったのに、と思うかもしれませんが、
布団の中はあったかいでしょうし、いくらか涼しい方が気持ちよく眠れるのではないでしょうか。

gooやgoogleなどの検索  結露対策 で入力してみるとさらによい情報が得られるかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気液平衡について、コックでつながれた二容器に温度差がある場合、水滴は片側にしか結露しませんか?

こんにちは。
H2Oの気液平衡について質問があります。

コックでつながれた容器A,Bがあり、それぞれ60℃、20℃だとします。
コックが解放されているとして少なくともいずれかには水滴がついているとした場合、とりあえず温度の低い容器Bに発生しますよね。
20℃の蒸気圧が2.0*10^3Paだとすると、このとき容器Aにも水滴がついている可能性ってありうるのでしょうか?
分子の分圧がおなじであり、当然60℃の蒸気圧は20℃の時より高いので、発生し得る水滴は全てB側でしょうか…??

場合分けも頭の中で整理できず、混乱しています。
容量がA>B,A=B,A<Bの時で変わってきたりするのでしょうか?
H2O以外の気体分子が含まれるのと含まれないのとで異なるのでしょうか…?

本などを見ていると、場合分けとしてAもBもすべて気体か、Aはすべて気体でBは気液平衡と書かれてあり、前者を否定することで後者を導いていたのですが、他の可能性はないでしょうか?

お願いします!!!

Aベストアンサー

現実問題としては、その時の状況、つまり、結露に至る過程によっては両側で結露することはあるでしょう。
しかし、平衡状態ということであれば、両側の水蒸気圧が同じになるはずで、だとすれば、その時の水蒸気圧は20℃における飽和水蒸気圧になるはずですから、60℃の側に発生した結露はいずれ消失するはずです。
ただし、現実にそうなるかどうかは、放置した時間とかコックの穴の長さや径、容器の大きさなどにも影響されることなのでなんとも言えません。平衡というからには、十分に長い時間が経過した後ということになるので、それが1年であろうが10年であろうが気にすることはないでしょう。

Q一戸建て3階部分で、結露がひどく一日3回は窓をふき取ってます

速暖に肖りたい為部屋にガスを引いており、ガスヒーターを備えています。
そのせいでしょうか、結露がひどくタイトルのように3回はふき取っています。
暖房を点けて二時間もすると雨粒が付着したかのように窓が水滴で一杯になります。
天窓もあるため、そこからもたまに水滴が・・・。
これって仕方ないのでしょうか?
みなさんはどのような対策をとられていますでしょうか?
ちなみに、ヒーターの設定温度は22度にしています。

Aベストアンサー

このようなケースの場合、その要因のほとんどはライフスタイルによるものです。本件の場合、建物の大きさがわかりませんが、小さな家で水分を多く発生する生活スタイルの場合、このような現象が発生します。

まず、ガス暖房をお使いとのこと。
これは石油ストーブと同じくらい水を出します(灯油1リットルの燃焼で室内に水約1リットル強が放出されています)。
この空気中への水分放出は速暖性とのトレードオフです。
このようなガスヒーターやポット式石油ストーブ等に代表される開放式暖房器具は止め、エアコンやFF式ファンヒーター、パネルヒーターを導入すると、随分と部屋の湿度は落ちると思います。

それが適わない場合は、高まる室内湿度の強制除去をする方策が考えられます。
除湿機は割りと手頃な価格で手に入るのですが、ご質問文中から拝見するに、おそらく普及品では除湿が追いつかないと思います。

例えば、吸入口を取り付けた、第3種換気(排気換気)を行いますと、乾燥した外気を導入できますので、このような結露を解消できると思います。結露のひどい部屋に小さな吸入口を設け、廊下に抜けるようにスリットなどを取り付け、3階のホールなどから排気する方法です。当然、寒さも入りますので、その分の暖房熱量を多く使用せざるを得ませんが。

また、違う方策としては、室内の温度差を極力減らすことです。
例えば、室温が20度の場合、湿度が80%になると、僅か4度低い16度(露点温度)以下の部分に結露がはじまります。
一方、同じ温度でも湿度が30%の場合、露点温度は2度以下となり、ほとんど結露状態とはなりませんが、このような状態は完全に過乾燥と言って乾きすぎで、ハウスダストが発生しやすくなり、風邪のウィルス菌が繁殖しやすい環境でもあります。
快適湿度は、20度の室温の時、45%前後と言われており、この時、断熱性の高い窓にでも下部の方には結露が発生します。
室内の生活状態によって室内湿度はダイナミックに上下します。
湿気は低温部分に凝縮されて水滴状態の結露となります。
例え、高断熱の窓ガラスであっても、結露はし難いと言うものの、外部気温と室内湿度の関係で結露が発生します。とにかく、隙間、窓ガラス、断熱材の断点部などの低温部分に湿気が凝縮して結露となります。
対策の一つは低温部分を造らない事、例えば窓の下にヒーターを置くとか、ファンやエアコンで送風するなどの対応があります。
また、窓等、開口部が多いと、同一室内においての温度差が激しくなります。
天窓もあるようですし、更に部屋自体が狭ければ尚更です。
あまりに気になるようでしたら思い切って、天窓を塞ぐことでも、こと結露防止に関して言えば効果はあります。

結論から言えば、結露の発生しない家などありません。
但し、極力結露を抑える方法は上記のように根本的に湿気を発生させないよう、ライフスタイルや設備を工夫する事です。
外部的に見える結露は拭けば良いのですが、目に見えない内部までは直接対処ができないため、カビや腐食等が加速度的に進行するケースが多いのです。

このようなケースの場合、その要因のほとんどはライフスタイルによるものです。本件の場合、建物の大きさがわかりませんが、小さな家で水分を多く発生する生活スタイルの場合、このような現象が発生します。

まず、ガス暖房をお使いとのこと。
これは石油ストーブと同じくらい水を出します(灯油1リットルの燃焼で室内に水約1リットル強が放出されています)。
この空気中への水分放出は速暖性とのトレードオフです。
このようなガスヒーターやポット式石油ストーブ等に代表される開放式暖房器具は止め、エ...続きを読む

Q冷凍機 「冷凍能力」と「熱交換器の温度差」の関係

冷凍機 「冷凍能力」と「熱交換器の温度差」の関係

現在冷凍機について勉強中で、文献を読む中で冷凍能力(Cooling Power)と、高温側の熱交換器と低温側の熱交換器との温度差(Temperature Span)との相関について述べられていました。
温度差が大きいとき冷凍能力は小さくなり、逆に温度差が小さいときには冷凍能力が大きくなるようです。
この部分がよく理解できません。どおなたか詳しい方がおられたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 高温側の熱交換器の事を(冷媒を凝縮させる装置である事から)凝縮器、低温温側の熱交換器の事を(冷媒を蒸発させる装置である事から)蒸発器と呼びます。
 凝縮器の温度が高く、蒸発器の温度が低い程、温度差は大きくなります。
 そして、凝縮器の温度が高い程、冷媒の膨張前温度は高くなり、蒸発器の温度が低い程、冷媒の蒸発器出口温度は低くなります。
 モリエル線図(p-h線図)に冷凍サイクルを描く時の事を考えてみて下さい。
 膨張弁やキャピラリー(毛細管)による膨張は自由膨張に近いため、エンタルピー変化は無いものと見做しますから、冷凍サイクル中の膨張行程を表す線は、垂直の直線になります。
 膨張行程は極めて短時間の内に行われますから、膨張行程が行われている間に、冷媒と外部との間で熱が移動する時間が無いため、膨張行程中には熱の出入りは無いものと見做せますし、液体は、熱の出入りが無ければ、圧力が変化しても温度やエンタルピーは変わりませんから、冷凍サイクル中の膨張行程を表す線は、飽和液線上の膨張前温度を表す点(等温線と飽和液線の交点)を通ります。
 圧力が高い程、冷媒が蒸発する温度は高くなりますから、飽和液線上の温度は圧力が高い程高くなり、飽和液線は右上がりに傾いていますから、膨張前温度が高い程、膨張行程におけるエンタルピーは大きくなります。
 一方、蒸発器内の圧力は、蒸発器内の何処でも殆ど同じですから、冷凍サイクル中の蒸発行程を表す線は、水平の直線になります。
 冷凍機の圧縮機(コンプレッサー)が液体を吸い込むと、圧縮機が損傷してしまいますから、蒸発器出口において冷媒は完全に気化していなければなりません。
 そのため、蒸発行程のラインの右端は、必ず乾き飽和蒸気線よりも右側の、乾き蒸気の領域に突き出ていなければなりません。(乾き飽和蒸気線よりも左側の状態では液相が含まれている)
 気体は、臨界圧力よりも充分に低い圧力の下では、その振る舞いが理想気体に近くなり、理想気体のエンタルピーは圧力に関わらず、温度にのみに比例しますから、蒸発器出口温度が低い程、冷媒のエンタルピーも小さくなります。
 凝縮器出口における冷媒温度を高くすると、膨張前温度も高くなって、膨張行程におけるエンタルピーが大きくなり、その一方で蒸発器出口温度を低くすると、蒸発器出口におけるエンタルピーが小さくなるのですから、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくする程、蒸発行程を表すラインの長さは短くなります。
 蒸発行程を表すラインの両端におけるエンタルピーの差は、即ち単位質量の冷媒が蒸発器内で吸収する熱エネルギーの量の事ですから、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくする程、単位質量の冷媒が蒸発器内で吸収する熱量は少なくなります。
 単位質量の冷媒が吸収する熱量が少なくても、循環する冷媒の量が多ければ、冷凍能力を大きくする事は可能な様に思えるかも知れません。
 この場合は冷凍機が消費する電力が一定の場合を考えている訳ですから、圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事が少なくて済む程、より多くの冷媒を循環させる事が出来ます。
 圧縮行程は断熱過程であるため、等エントロピー曲線に沿って、左下から右上がりに進みます。
 圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事は、圧縮行程を表すラインの両端におけるエンタルピーの差になりますから、圧縮機が単位質量の冷媒に対して行う仕事を少なくするためには、凝縮器内の圧力を低くすると良い事になります。
 しかし、圧力を低くし過ぎて、凝縮器内の圧力に等しい圧力下における冷媒の蒸発温度が、凝縮器内の温度よりも低くなってしまいますと、冷媒は液化せず、蒸発潜熱を利用する事が出来なくなります。
 凝縮器の温度をあまり下げる事は出来ませんから、結局、冷媒の循環量をあまり増やす事は出来ません。
 結果、凝縮器と蒸発器の温度差を大きくすると、冷媒が吸収する熱量が少なくなる事による影響が上回り、冷凍能力が小さくなります。
 逆に、凝縮器と蒸発器の温度差を小さくすると、冷凍能力が大きくなります。

 高温側の熱交換器の事を(冷媒を凝縮させる装置である事から)凝縮器、低温温側の熱交換器の事を(冷媒を蒸発させる装置である事から)蒸発器と呼びます。
 凝縮器の温度が高く、蒸発器の温度が低い程、温度差は大きくなります。
 そして、凝縮器の温度が高い程、冷媒の膨張前温度は高くなり、蒸発器の温度が低い程、冷媒の蒸発器出口温度は低くなります。
 モリエル線図(p-h線図)に冷凍サイクルを描く時の事を考えてみて下さい。
 膨張弁やキャピラリー(毛細管)による膨張は自由膨張に近いため、エ...続きを読む

Q<防音対策>一戸建て、1階の音がうるさくて2階で寝づらい

<防音対策>一戸建て、1階の音がうるさくて2階で寝づらい

Aベストアンサー

静かにしてもらったらどうです?家族でしょ?

そもそも、足音などの振動が伝わらないだけ、2階のほうが静かなはずなんですが。精神的にまいっていて、気にしすぎてることはないですか?

Q熱交換器-対数平均温度差

並列式熱交換器において 高温流体が当初、入り口温度Th1のものが出口温度Th2の下がり、低温流体が入り口温度Tc1が出口温度Tc2に上昇するものとする。ここで 総括熱伝達係数U 伝熱面積A 対数平均温度差ΔTmとすると この熱交換器の交換熱流量Q=UAΔTmで表される。
ここでΔT1=Th1-Tc1 ΔT2=Th2-Tc2 とすると
対数平均温度差ΔTm=(ΔT1-ΔT2)/IN(ΔT1/ΔT2)となる。
--------------------------------------------------------------

この文章を読んでいて対数平均温度差というものの意味が具体的にわからないのと 対数平均温度差を求める式の中にINという字があり、
この意味がわかりません。本当に申し訳ないのですが
ご教授願いたいと思います。

Aベストアンサー

対数平均温度差については、
ΔT=(ΔT1-ΔT2)÷IN(ΔT1/ΔT2)で
定義される温度差ΔTを対数平均温度差という。
LNは、自然対数のことと思います

Q1階の出窓のふさぎ方。

1階の洋間に出窓があるのですが、ガラス1枚なので、泥棒などが心配です。
また、隣に家も建ったので、お隣の家に声などが聞こえてしまうのが嫌です。

その出窓をふさぎたいと思ってるのですが、できれば、光も入る状態で、
防犯、防音にする方法があれば、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

採光を考えて防音効果も必要な場合は、次のページに有るような後付けの窓が最適です。
出窓の一番室内側に取り付けることになります。
ガラス(窓)を2重にする方法が最も防音効果があります。
      ↓
http://www.tostem.co.jp/lineup/sash/implus/default.htm
また、この窓にもカギが付いていますので一応防犯の効果もあります。
さらに防犯効果を求めるのであれば、外部に面格子を取り付けることも出来ます。
どのような形の出窓なのか不明ですが、ご質問の内容で推測しますと恐らく正面が一枚のガラスではめ殺し、両サイドは開き窓になっているのではないでしょうか?このような場合は、製作と施工上困難なため正面だけに面格子をつけます。
(両サイドにもつけると開き窓が開かなくなりますので・・・・)

両方とも見積もりや施工はサッシ販売店が行います。工務店は必要ありません。
お近くのサッシ販売店にご相談される事をお勧めします。
ご自身で取り付けされるのでしたらこのような会社はいかがでしょう?
      ↓
http://www.i-takaoka.com/
専門家(同業者)から見ても親切に対応してくれそうな気がします。
それと、出窓には後から雨戸やシャッターは取り付けできませんよ。

採光を考えて防音効果も必要な場合は、次のページに有るような後付けの窓が最適です。
出窓の一番室内側に取り付けることになります。
ガラス(窓)を2重にする方法が最も防音効果があります。
      ↓
http://www.tostem.co.jp/lineup/sash/implus/default.htm
また、この窓にもカギが付いていますので一応防犯の効果もあります。
さらに防犯効果を求めるのであれば、外部に面格子を取り付けることも出来ます。
どのような形の出窓なのか不明ですが、ご質問の内容で推測しますと恐らく正面が一枚の...続きを読む

Q男女の温度差

自分が彼を想う『今まで誰にも感じたことがない情熱的な好きという気持ち』と彼の私に向ける『嫌いじゃない=好きという気持ち』に温度差をすごく感じています。

この温度差に耐えかねているのか、食欲不振・激しい胃の痛みとか出てます。
ものすごい温度差は、時を経れば解決するものでしょうか?
また、解決するとしたら、その経なければならぬ時間は、長いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

男女の恋愛とはそういうものではないでしょうか。
お互いに同じくらい好きという場合もあるでしょうが、ほとんどは温度差があるでしょうね。
その温度差をお互いのコミュニケーションで確認し合い、それぞれが考えていくものなのでしょう。

Qマンション北側の窓 寒い・・

マンション北側廊下に面した部屋がとても寒いです。
一軒家ですと雨戸があると思うんですが・・・。
雨戸のかわりになるようなものってないでしょうかね?

近所のマンションは夏でもないのにすだれがかかって
います。面倒だからつけたままなのか何か理由がある
んでしょうか?
ペアガラスもいいなって思うんですが外観がかわって
はいけないとかあるんですよね?
カーテンを二重にするとか皆さんがしていらっしゃる
アイデアを教えて下さい。

Aベストアンサー

コンクリートで造られてたマンションでの対策には限られています。
特に寒いと感じられる原因を知っておく事から対策を考えてください。

対策として、費用のかかる順番に・・・
1)窓周りからスースーと風が入ってきませんか?
もし入って来るようですと「クレセント」が硬く閉まるかどうかを確認して下さい。緩んでいる時はビスをゆるめ、ガラスを左右に強く押し付けた状態でクレセントビスを締め直してください。

2)ガラスをペアガラスに交換する。
ガラスだけの交換ですから、外観は今までと変わりません
が(1)で隙間があると効果は出ません。

3)今ついている窓サッシにかぶせるようにして、室内側にもう一枚サッシをつける(2重サッシとなります)
室内用につける専用サッシが色々と出ていますし、北国ではこれを利用しています。

当然1より3の方が効果は大です。
そして、あとはあったかい絨毯を敷くくらいでしょうね。

Q船の温度差航法は、可能か?

甲板と海底に接する部分には温度差がありそれを電子にしてモーター走行可能だと思いますか。海洋温度差発電の応用ですね。そんなボートなりクルーザーが出来ると需要かなり有るように思うのですが。

Aベストアンサー

まず、「電子にする」ことなんて出来ません。
ゼーベック効果( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8A%B9%E6%9E%9C )などで電位差を得る事はできますし、もっと効率の良い温度差発電も使えるでしょうが、それで得られるエネルギー量なんて知れた物です。
>水の温度差による対流現象はスクリューを回す事が出来るでしょう。
 それじゃ永久機関の一種--第二種永久機関の話になっちゃう---ので無理

 そんな事するより、太陽電池を貼ったほうが良い。温度を上昇させるのは太陽からの光(電磁波)中の低エネルギーの赤外線ですが、波長の短い可視光線はずっとエネルギーが大きい。あわせて甲板を熱するより前の段階で太陽熱を利用した温水器を利用したほうが効率的ですよ。

Q2階の窓開けは、1階のエアコンの効きに影響?

冷気は下に溜まるという事ですが、
1階のエアコンで1階のみ冷やしたい場合、
リビング階段で繋がった2階の窓や部屋のドアを開け放していても
冷房の効きには関係ないのでしょうか?
それとも出来るだけ閉め切った方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

2階の窓を開けると1階の冷房効率は少し下がりそうです。
理由(あくまで想像です):
2階を閉め切った場合は1階から2階への空気の流れはほとんどなく、冷気は1階にほとんど留まります。
2階の窓を開けると2階に空気の流れが発生するため、その流れに引っ張られて1階から2階への空気の流れが多少発生します。
そうすると冷気は2階を伝って少しだけ逃げていくでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報