専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

手作りの器具に単相モーターを取り付けたくてジャンク屋からモーターを拾ってきたのですが接続方法がわかりません、モーターにはナショナル100V300W
と書いてあり、3本の赤、白、黒の線が出ています、たぶんコンデンサ起動のモーターと思われ近くに落ちていたコンデンサと抵抗も拾ってきました。
コンデンサには15.5uf 220vacmと書いてあり、抵抗には5.4Ωと書いてあり、コンデンサと抵抗は直列に半田付けしてあります。
モーターは100Vなのにコンデンサは220V?と何か不安で仕方ありません。モーターとコンデンサ類が同じ器具に付いていたことは明白なのですがすでに両方が取り外されていたので接続の確信がありません。どなたか詳しい人レスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>コンデンサと抵抗は直列に半田付けしてあります



そのまま使うつもりで書きました。

原理的には抵抗は不要なので、捨てて下さい。

AC100の一つに、白線を接続します。
AC100のもう一つに、コンデンサと赤線を接続します。
コンデンサに、黒線を接続します。

コンデンサに、(極性)方向はありません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早々のお答えありがとうございました。
大変参考になりましたので早々に配線してみますね。

お礼日時:2006/06/25 17:13

コンデンサに書いてある220vは、加えられる最大電圧のことで、


AC100の最大電圧は、141Vなので、余裕十分です。

白赤黒の線間の抵抗値を読むと、白線がコモンなので、
AC100の一つに、白線を接続します。
AC100のもう一つに、抵抗と赤線を接続します。
コンデンサに、黒線を接続します。

赤と黒を入れ替えると逆回転します。

抵抗を省いて直結するとモータが少し発熱しますが、起動力は増します。


電気工事の資格は、屋内外配線に必要なだけで、
こういった電気工作は大いに行って下さい。

安全のために ヒューズを入れて実験しましょう。
一度、火花がちると精神的ショックが大きいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございましたOMI3さん。
これで心置きなく配線ができます。
ところでもう片方に抵抗と赤線をつなぐとありますが2本ですか?
コンデンサのもう1本はどこにつなげますか?
とことん馬鹿なんでもう少し詳しくお願いします。

お礼日時:2006/06/25 15:32

ナショナル100V300W、、ものすごくアバウトな情報ですね。


(相当古いような気がしますが)

たぶん、型番がEから始まる標準の単相モータ、、、であろうと思いますので、コンデンサが適合していればそれほど難しい結線ではありません。

が、あてずっぽうでも言うのもなんですから
とりあえず、松下のモータ社のURLを記します。
結線表なども載ってますから参考にしてください。
最悪の場合でも同じページにサポートデスクの電話番号が載ってますから問い合わせすると(結構)親切に教えてくれます(経験者)

ただし、モータの型番を明確にしないと教えてくれないかもしれません、、が。

http://industrial.panasonic.com/jp/products/prod …

参考URL:http://industrial.panasonic.com/jp/products/prod …

この回答への補足

早々のお答えありがとうございます。
とりあえずモーターにコンデンサを繋がないで回ることを確認し、コンデンサがないと完全ではないことがわかりコンデンサを探して繋げようとしたのですが、付随しているセラミック製の抵抗が結構熱くなるんですよ。配線間にコンデンサを入れる箇所が間違っているのか不安です。ちなみに抵抗値を計ったところ赤・白間が24、白黒間が23で赤黒間が45でした。

補足日時:2006/06/22 14:16
    • good
    • 1

電気工事の資格が必要ですよ。

確か・・・

違法行為は止めましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAc100vモーターを正転、逆転させる配線方法を教えて下さい。

AC100Vコンデンサーモーターを使ってある模型を作りたいのですが逆回転させる
配線方法がわかりません。教えて下さい。

Aベストアンサー

コンデンサモーターは、中に2組のコイルが内臓されて
います。
どちらのコイルに、コンデンサーを直列に入れるかによって、回転方向が決まります。
まず、配線がどうなっているかをテスターで調べます。
両方のコイルの片方の先どうしがつながれ、共通線に
なっている場合があります<黒線とする>。
残りのそろぞれのコイルの先を<赤線>と<白線>とします。以上で3本線が出ていることになります。
配線はまず、黒線に電源の片方をつなぎます。
赤線と白線間にコンデンサーをつなぎます。
コンデンサーに極性はありませんので、どちらにつないでもいいです。
次に、もう片方の電源を赤線につなぐか、白線につなぐか
によって、回転方向が決まります。
4本線が出ている場合は、それぞれのコイルの片方を
つなぎ、共通線にします。
後は上記のとうりです。
yu-mizu123さんの書かれている事と一緒です。
後、電源間からみて、コンデンサーと直列につながって
いるコイルの端と端を入れ替えても逆転するようです。
以上が,正逆転の基本回路です。

Q4極単相モーターから出ている電線の判別方法について

コンプレッサーを駆動している100/200V共用の4極単相モーターを現在100Vで利用していますが、200Vで使いたく思います。モーターの銘板にはU1,U2,X,Y,V1,V2らの線の名称が記載されていて、100V ,200Vで動作させるときの回転方向ごとの結線方法が記載されています。参考URLにその概要を示します。モーターには端子板はなく、内部から青2本 灰色2本 黄1本 黒1本 の線がでています。現在は反時計回り100Vで使用していることから、黄色と黒の線が図のXあるいはYに該当するものと考えています。お知恵を拝借したいのは、現在の結線で青線が銘板で言うところのUなのか、Vなのかを判断する方法があるか、ということです。モーターをバラバラにする自信はありません。テスターと電源への接続で判断する方法があればご教示下さい。
 なお、モーターはコンデンサ起動型かとおもいますが、コンデンサ誘導型かどうかは自信がありません。モーターは三菱製SuperLine SCL-Rとかかれてあり、回転軸の延長上と銘板上方に別れてコンデンサが装備されています。よろしくお願いします。 参考URL http://www.geocities.jp/k3lfk8/motor.html

コンプレッサーを駆動している100/200V共用の4極単相モーターを現在100Vで利用していますが、200Vで使いたく思います。モーターの銘板にはU1,U2,X,Y,V1,V2らの線の名称が記載されていて、100V ,200Vで動作させるときの回転方向ごとの結線方法が記載されています。参考URLにその概要を示します。モーターには端子板はなく、内部から青2本 灰色2本 黄1本 黒1本 の線がでています。現在は反時計回り100Vで使用していることから、黄色と黒の線が図のXあるいはYに該当するものと考えています。お知恵を拝借した...続きを読む

Aベストアンサー

三菱のカタログを見ていますが、
Y : 黒
X : 黄
U1,U2 : 青
V1,V2 : 灰
と書いてあります。

200Vでの結線は、
【軸端より見て左回転】U1がプラス、YとV2を結んでマイナス、U2 とV1とXを短絡。
【軸端より見て右回転】V2がプラス、U1とYを結んでマイナス、U2 とV1とXを短絡。
とのことです。

なお、プラス、マイナスはこの場合あまり意味がなく「電圧線」ということです。
100Vの場合と違って、3本の端子は、電圧線につながないで、短絡するだけであることに留意してください。

Q単相コンデンサモーター

単相コンデンサモーターの動作原理を教えて下さい

Aベストアンサー

三相モーターはR相、S相、T相の位相(時間的なずれ)のずれにより回転磁界を作り回転子を回します。
単相コンデンサモーターはコンデンサにより位相を作り回転させます。
モーターコイルの主コイルと補助コイルの位相差により回転磁界が発生します。
モーターのリード線が4本と3本のものがあります。
主コイルと補助コイルとの配線で4本、片側同士が共通になっているタイプで3本。
参考に書きますが・・・。単相AC100V(図でないと解りにくいかも知れませんが)
モーターの配線が3本の場合 (仮に配線の色を黒、赤、白とします。)
黒は電源に接続します。(AC100V-L1)
赤と白に間にコンデンサーを接続します。
(ここの電圧は定格の1.7倍 約170Vになります。これ以外の時はコンデンサの不良または接続不良。)
(主コイルと補助コイルの巻線抵抗の測定によりコイルの損傷をチェックできます。)
白または「赤」は電源に接続します。(AC100V-L2)「逆転します。」
モーターの配線が4本の場合 (仮に配線の色を黒、青、黄、白とします。)
正転(CW)の時
黒と青を電源に接続します。(AC100V-L1)
黄と白の間にコンデンサーを接続します。
白を電源に接続します。(AC100V-L2)
逆転(CCW)の時
白と青を電源に接続します。(AC100V-L1)
黄と黒の間にコンデンサーを接続します。
黄を電源に接続します。(AC100V-L2)

三相モーターはR相、S相、T相の位相(時間的なずれ)のずれにより回転磁界を作り回転子を回します。
単相コンデンサモーターはコンデンサにより位相を作り回転させます。
モーターコイルの主コイルと補助コイルの位相差により回転磁界が発生します。
モーターのリード線が4本と3本のものがあります。
主コイルと補助コイルとの配線で4本、片側同士が共通になっているタイプで3本。
参考に書きますが・・・。単相AC100V(図でないと解りにくいかも知れませんが)
モーターの配線が3本の場合 (仮に...続きを読む

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Q単層100vモーターの配線について

モーターの配線がU1・U2とV2・V1にて右回転になっていますが、
逆回転にさせたい場合の配線の繋ぎ方を教えてください。

Aベストアンサー

単相モータは始動方式の種類により正逆運転できないモータもあります。

始動方式の種類として次のようものがあります。
1)隈取コイル方式
2)分相始動方式
3)コンデンサ始動方式
4)コンデンサ始動・コンデンサ運転方式

1)は正逆運転できません。
2)~4)は接続を変更することにより正逆運転できますが
通常、U,V端子の他に、X,Y端子があるはずです。

詳しくはモータメーカより接続図を入手して下さい。

Q100Vモーターの回転調節できますか?

一秒間に一回転程度の動力を取り出そうと研究しています。
この付近の回転数を可変させて使います。
家庭電源用で100V(90W程度で十分です)のACモーターとギヤーをセットで回転調節器付きで新品を買えば、実現するのですが、数万円します。
ギヤを別途に入手するとして、ごく普通の安価な洗濯機に使われているような単相100Vのモーター(200W程度でしょうか、コンデンサを使っていますね)は、(インバータ制御は三相でないとダメといいますので)、何か回転を調節できる安価な装置があるものでしょうか?

前述のように、既製品の新品だとAC100ボルトのモーターに回転調節のボリュームの付いた装置と組み合わせることができるので、ご質問します。

Aベストアンサー

>「つまみによってONの時間とOFFの時間の比率を可変出来る」タイマーのようなもの、お心当たりありますでしょうか?
>クラッチへ流す時間が2~10秒、ブレーキへながす時間が1~5秒くらいで切り換えタイマースイッチのようなものです。
>大層な装置でなく簡単安価なものがあればと思うのです。

工作の手間を惜しまない&あまり耐久性を問わないのであれば
http://www.rakuten.co.jp/denshi/172945/1766349/
電子工作キット(インターバルタイマー)MK111 1,000円
等、利用可能だと思います。

予算に余裕が在る場合
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1719/index_p.html
のツインタイマとか

Qモーターの回転速度を遅くするには?

こちらモーターなどの知識が乏しい素人です。日立工機のBGM-50(モーターはコンデンサラン単相誘導電動機)の回転速度を自由自在にコントロールする(遅くする)にはどうしたらよいですか?一般に売っているスピードコントローラーはブラシ付きモーターのみコントロール可能らしいのですが・・・。どなたかお詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単相誘導電動機は確かに電圧制御でも電流制御でも回転数は可変できます。しかしそれはトルクを弱くした結果回転数が落ちてしまったと言う事なのです。トルクが弱いという事は慣性の小さな物は制御が難しいのです。インバーターで可変するのとは根本的に異なります。

しかし換気扇や洗濯機の脱水などは大きな慣性が有りますから比較的安定した回転数が得られます。

調べてみたらBGM-50はベルトグラインダーですね。
このような機械の場合電圧、電流制御を行うと大きな負荷の時回転数も大幅に低下する事が考えられます。
自在に変化させるのではなく変化してしまうと言うわけです。

方法としてはこのモーターでも使えるインバーターを探す、もうひとつはモーター回転数の検出装置をつけてフィードバックをかけて一定の回転数を維持する、という事は出来ますが素人の方では無理かと思います。 またこの場合は最大でも直結と同じ回転数です。

ほんとうは三相モーターを使ってインバーター制御という物が理想ですが。

Q100Vで三相のモーター回りますか

家庭用の100V電源で三相200Vの2.2KW(三馬力?)のモーターを回すことが出来ますか。15分ばかりまわしたいです.

Aベストアンサー

2.2kWですか、、、大きいですね。
2.2kWだと、100V単相の壁コンセントからは不可能です。

・単相3線式100/200Vの電灯契約から3相200Vの動力機器を使用することは電力会社との供給契約違反行為ですから出来ません。

1・200V3φ出力の発電機をレンタルする。
2・電力会社と新規に3相200Vの動力契約を契約する。

ただ、たった15分ですから、発電機のレンタルが一番良いと思います。
一例:
http://www.kyoeikenki.com/kyoei0/welder/welder1.html

または、3相は角度120°ごとの位相差をもつ交流。
単相200Vに進相用コンデンサを一個挟むことで「90°:135°:135°」の疑似3相を作ることは可能です。
分電盤の単相200V回路から直接ケーブルを引っ張ってきて、トランス2つと進相用コンデンサーを挟むことにより疑似3相を作り出せば回すことが可能になります。

参考:下記リンクの200V大容量版を自作することになります。
​http://www.tokyo-seiden.co.jp/customize/conversion-transformer.htm​

たぶん、レンタルが一番安い気がします。

2.2kWですか、、、大きいですね。
2.2kWだと、100V単相の壁コンセントからは不可能です。

・単相3線式100/200Vの電灯契約から3相200Vの動力機器を使用することは電力会社との供給契約違反行為ですから出来ません。

1・200V3φ出力の発電機をレンタルする。
2・電力会社と新規に3相200Vの動力契約を契約する。

ただ、たった15分ですから、発電機のレンタルが一番良いと思います。
一例:
http://www.kyoeikenki.com/kyoei0/welder/welder1.html

または、...続きを読む

Q200Vのモーターを100Vの電源で動かすには?

200Vのモーターを、家庭用の100Vのコンセントからの電源で動かすことはできるのでしょうか?できるとしたら、どんな部品が必要ですか?電気代は高いのでしょうか?

Aベストアンサー

できないことはないですけど、単相200Vのモーターであればステップアップトランス100V/200Vを使用して200Vにしてやれば動きますが、3相200Vならちょっとやっかいです、というのは家庭用の電気は単相100Vであるため、三相を作り出すにはインバータを使用しなければならないからです。しかも家庭用100Vは最大で15Aの電流しか取り出せません従って1.5KVAまでです。単相200Vステップアップトランスを使用しても容量は変わりませんので200V7.5Aとなります。そもそも200V用の機器は3相200Vの設計が多くとても100Vでは動きそうにありませんが・・・。
それと、もし単相200Vであってステップアップトランスを使用すれば動く場合でも電気工事士以外の者が配線を変更することは禁じられていますので念のため。

Qモーターが焼損しているかどうか調べる方法

三相200vのモーターが焼損しているかどうかを調べるにはどうすれば最も良いでしょうか??メガテスターをつかって調べると良いようなのですがよくわかりません。匂いである程度わかりますが、もっと確信が持てる方法を知りたいと思います。どなたか詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

モータの主な故障原因とその確認法について私見ですが書いて見ます。
(1)ベアリング故障:小型モータであれば、軸を手で回転させて、滑らかに回るかどうかを確かめる。
(2)断線:テスターの抵抗レンジで、巻線間の抵抗値を測定する。アンバランスがあると断線の可能性あり。
(3)絶縁破壊:メガー(500V)で巻線と外枠の間の絶縁抵抗を測定する。JISC4004の基準では0.2MΩ以下が不良とされるが、これは水中ポンプなど使用環境の良くない場合であり、通常の環境なら1MΩを下回るようであれば要注意。
(4)総合:通電して無負荷で運転中の電流、振動、騒音、臭気などの異変を確かめる。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング