最新閲覧日:

特殊法人の給料は国民の税金から払われるんでしょうか
それとも、普通の会社みたいに利益から払われるんでしょうか?
簡単な質問ですみません

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

特殊法人にも色々ありますが、私が知っている水資源開発公団の例をお話しします。


水資源開発公団の役職員の給料は、全てダムや水路の建設事業費や管理費から捻出されます。建設事業費や管理費は、大きく、治水費と利水費に分かれます。治水費はだいたい国費が7/10、都府県の地方費が3/10で、つまり100%が税金です。利水費は上水、工水、農水で比率が異なりますが、おおむね1/2が各事業者の負担、残り1/2が国の補助金(税金)です。各事業者は上水道であれば、水道料金から捻出しますから国民の負担と考えて良いでしょう。したがって、100%税金というわけではありませんが、税金が大部分を占め、他も水道料金などの形の国民負担がほとんどということになります。
基本的に特殊法人は利益を生み出さない団体ですから、特殊法人の給料は、100%税金ではありませんが、色々な形での国民負担による部分がほとんどと考えて良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的に例を出していただきありがとうございました。水資源開発公団の例は間接的に国民による負担が大部分なんですね良くわかりました。どうも。

お礼日時:2002/02/23 14:51

まず、収入-支出=利益(マイナスの場合は損失)だとすると、給料のような経費はこの場合、支出項目ですので、利益がゼロだからといって給料が払えないということではありません。


また、ある年が赤字(損失が出ている)の法人でも、
1.それまでの利益の蓄積がある、
2.借金を増やすことができる、
等、資金繰りがつく限りは、給料を払うことができるものと思われます。
極端な例でいえば、日本の国(政府)は毎年、膨大な赤字を出していますが、「踏み倒すことはないだろう」と考えている人が多いので、毎年、借金を増やして(国債を増発して)公務員の給料や、福祉・公共事業等のお金を出しているわけです。
道路公団については、ホームページで平成12年度の決算を見ると、一応、利益が出ているようですね。但し、政府からの補給金(補助金)がかなりあるので、そういう意味では赤字かもしれませんし、保有資産の評価や償却がどのようになっているのかも気になるところなんですが、いずれにしても、給料が払えないということはないでしょう。
こういう特殊法人は、例え赤字となっても、国からの補助金があったり、国の信用をバックに借金をすることができるので、普通の会社のようにつぶれたり、給料が払えないといった事態にはなりにくく、結果として効率化等が遅れて、問題が深刻になるまで改善がなされないという問題がありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、政府の例を出していただき大変良くわかりました。解決しました
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/23 14:52

その法人の収入から費用として支払われます。


民営化前の国鉄で言えば運賃等

ただ、その収入の一部が国や自治体の補助金であったりすることはありますが。

この回答への補足

収入から支払われるということなんですが、道路公団なんかは、無駄な道路ばっかり作って借金ばかり増えるって文句いわれてますが赤字なのに給料払えるんですか?

補足日時:2002/02/22 21:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ