出産前後の痔にはご注意!

友人から「とっても感動した!非常に面白いからぜひお前にも読んでもらいたくて」と宮城谷昌光『香乱記』(新潮文庫)を贈られました。
人から本をもらうこと自体珍しいですし、友人がそこまで言うのならと読み始めたのですが…、残念ながら中国歴史モノは肌に合わないのか、50ページほどで読む気が完全に失せてしまいました。
友人に会うと、「どうだ?面白いだろ?」といかにも『香乱記』について語り合いたげな雰囲気を出してきます。
もらいものだけに、「つまらなくて1巻の50ページで挫折した」とはとても言えない感じです。
そこで、それなりに話を合わせられるように、この物語がどういう内容なのか、詳しく教えてください。
また、感想(どの場面でどういう気持ちになったか、など)も教えてもらえると助かります。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

あらすじはこうです。



http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/books/kouranki.htm

ですが、宮城谷先生を知らない人にはいきなり大作すぎたかもしれませんね。
先生の文章は中国の漢字をそのままあえて使い、語感をとても大切にしていますが、そのせいで一般人にはちょっと親しみ憎い感があります。

ですから、読むなら「侠骨記」などの短編集からをお勧めします。
この香乱記は難しくて読めなかった、と正直に話したほうが良いです。

歴史小説は、好きな人以外にはちょっと奥が深いですね。私はとっても大好きな作家ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンク先拝見しました。
やはり自分には合わない物語で、最後まで読む気がいよいよ失せてきました。
どうしたら良いものやら…。
早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/06/22 09:22

すみません、回答にはならないのですが、言わせて下さい。



そんな風に話を合わせることは、一面優しさのように見えますが、そのご友人にとって本当に嬉しいことでしょうか?
それは「ごまかし」ですよね。たしかに嘘も方便という言葉もありますが、もし親しい関係にある方なら、そんな風にずるをして、話を合わせて欲しいものでしょうか。とても疑問に思います。
もし、わたしがご友人の立場で同じことをされたら、悲しい。自分が好きな本を同じように好きだと言ってくれる人がいたら、もちろんそれは嬉しいことです。ものすごく嬉しいことです。だからといって……あなたが思いもしなかった感想を、どこかから借りてきて欲しいとは思わない。もし実は読んでなかった、あれはごまかしだった、と知ったら、とても傷つきます。それは「合わなかった」と言われることの、何倍も深いものです。

いい加減に付き合って良い人なら、そういう方法もありかもしれません。オトナには付き合いというものもありますしね。
でも、利害がからむわけでもない、いい顔をする必要のない「友人」であるなら、こういう時に必要なのは表面的な優しさではなく、ちゃんと「合わなかった」ということの誠実さであると思います。

どんなにいい本だって、合わないことはいくらでもありますし。フォアグラだってキャビアだって、嫌いなら嫌いで仕方ないじゃありませんか。
もしあなたが聞き上手なら、語りたいご友人の良い聞き手になってあげたら喜ばれるでしょうね。多分コツは「聞きたいぞ!」という迫力と、タイムリーな相槌、的確な質問です。ご友人は男性のようですし、まあ男性は基本的に「教えたがりん」なものですから(と、田辺聖子も言っています。わたしもそう思います。)きっと熱心に語ってくれるでしょう。

どうか、よろしくお願いしますm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃることはごもっともだと思います。
その友人はかなりの読書家なのですが、やや強引なところがあって、自分には全く興味のない分野(SFや海外のハードボイルドなど)の作品を「これは面白い!ぜひ読んで欲しい!」みたいに度々言うのです。
その度に「そんなに面白いならそのうち読んでみるね」などと言ってごまかしてきたのですが、いつまで経っても自分が読まないことに、今回は彼に内心何か思うところがあったのかもしれません。
それなので今回はもう少し踏み込んだ、気の利いたごまかし方を考えたく、質問しました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/06/22 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮城谷昌光さんの著書でオススメは?

たまたま宮城谷昌光さんの本を手に取ることがあり、それからいくつか読んでいるのですが(孟嘗君・楽毅・青雲はるかに・太公望)次に読むとしたら何がオススメですか?

文庫で三国志を読み始めようとしたら、2巻でとまってしまったので、ハ~ドカバ~で追いかけるか、それとも他の作品に行こうか悩んでます。三国志が抜けてオススメなら読んでみますし、年代別に追っているわけでもないので「管仲」「重耳」「香乱き」のどれかに行こうかな?とも思います。好みの問題もあるので、なんとも言えませんが、コレはオススメというのがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

主に中国の古典を題材に独自の視点で新境地を開いたと
いうべき宮城谷昌光さんですが、
やはり、彼の出世作といえる

「天空の舟」「沈黙の王」は氏の作風がもっとも色濃くでている
作品だと思いますので、一読をお勧めします。


一応、中国史を題材にしたものは全部読みました。
できれば、旧い順(発表順)に読むほうがいいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E8%B0%B7%E6%98%8C%E5%85%89

Q宮城谷昌光さんの三国志について

最近、宮城谷昌光さんの三国志を読み始めました。
何年振りかに本を手に取ったのと、
中国の歴史の基本的な事のもろもろをど忘れしているせいか、
一巻の数十ページで挫折しそうです。

晏子とか重耳とかはこれほどまでに苦戦せずに楽しく読めた気がするのに。。
時代背景の説明的要素が多い気がします。
何回も前ページに戻ったりしています。

ずっとこんな感じの作品なんですか?
それとも我慢して読み続ければ、
作品の世界に入り込んで止まらなくなれますか?

すでに読んだ方、ご回答よろしくお願いします。
感想も教えてくださればうれしいです。

Aベストアンサー

>でも、曹操が主役であるのは少し興味が湧きました。
自分の頭にあるものは三国志演義ということで、
別物だと理解しながら読めばいいのですね。

そうです。三國志は本来三國史であって、西暦200年頃の支那で、魏・呉・蜀の三国が争った歴史です。この中で一番重要な役割を果たすのは、魏の曹操です。蜀の劉備元徳は脇役です。人物としても、中国史に与えた影響についても、劉備より曹操の方がはるかにスケールが大きいです。そう言う正史の見方で読めば、また違った三國志の世界が広がります。頑張って読んでみて下さい。三国志演義は、清水の次郎長とか忠臣蔵と同じフィクションで、後世の人間が面白可笑しく作った講談話なのです。


人気Q&Aランキング