以前、同様な質問をしました。ですが、この分野の進歩は特に、凄いと聞いております。ひょっとしたら2/22現在で、新たなエビデンスが確立されつつあるかもしれないと思い、再質問です、現在の奏効率は如何でしょうか?

そして、また同様な質問を私はするでしょう。その際、どれくらいの期間を経て質問するのが望ましいでしょうか?

ちなみに、APとアブレーションに関しましては、かかりつけ医、専門医?(標榜しているだけ?)に聞きましても、ちんぷんかんぷんのようです。

教えてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

kuaainaさんお久しぶりです。

専門家についての御質問では息切れしていた様ですのでROMだけしておりました。
さて先ず最初にAPと言うとangina pectoris :労作性狭心症。心房細動はatrial fibrillationでAf。AFと大文字になると普通はatrial flutter:心房粗動を指すと言う事を申し添えておきます。またこの手の略号は診療科によって違う物を指す事もあるのでなるべく用いない方が宜しいかと思われます。
以前同じ御質問にお答えしたのが11月でしたからあれから4~5ヶ月たつ訳ですが残念ながら其れ程大きく成績が変わってはいません。これは一つには日本の場合症例が分散していて各施設間でも方法論が違っているためエビデンスというほど症例が集まるのに1~2年かかってしまうと言う事があります。
またその評価においても奏功したのか有効だったのかなど報告も症例の内訳などもまちまちで数が少ないと統計として全く意味がない感じでまだこれが良いと言い切れない感じです。
前にもいったPV isolation は合併症を減らすため電気的肺静脈隔離法となり3~4本の肺静脈を隔離すると慢性期有効率が80%台という報告もありますが有効の定義の問題もあって実際に心房細動がどの程度消失するのかは何とも・・・。メイズ手術をきちんとやっても長期の奏功率が70%台である施設もありますので・・・。ただ手術でアブレーションをもちいてPV isolationだけをやっても長期の奏功率が70%台であったという報告もあったのでこのへんがこの方法の限界かもしれないという感じもあります。
この分野のトピックはやはり国立循環器病センターなどでやっているCARTOシステムを使用したカテーテルアブレーション法で長期の奏功率がどの程度になるか?ということでしょう。この方法は磁気を利用して電極の位置を正確に把握して興奮の進行を視覚的に見る事ができるシステムで従来のバスケットカテーテルをもちいたマッピングよりも分かりやすいのですか循環がある程度安定していて持続しないとならないことや興奮の発火点が短時間でいくつも移動するようなタイプには弱いと言われているのでバスケットカテーテルと両方を使って成績をあげようとしている様です。
kuaainaさんが本当に最先端の治療をお求めなら国立循環器病センターを受診されてはいかがでしょう?最先端でもこれくらいですからここでエビデンスが確立されて一般に行われるまではさらに数年を要するとおもわれますが?
最後に、既に開業為さっている先生がアブレーションを為さる事はまずこれからの人生で無いでしょうから詳しく知らなくても仕方が無いと思いますよ。僕は外科の方から不整脈を見ているので循環器内科の先生よりも弱いと思っていますし同じ循環器でも虚血性心疾患をメインにしているグループと不整脈をメインにしているグループでは情報も何もかも天地程違う世界ですから・・・。
何か取り留めのない文章になりましたのでこのへんで止めておきます。
御自愛下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は「P」「F」投稿した後、すぐ気づきました。またやってしまった、誤回答ならぬ誤質問。気づいたとたんまさに、心房細動がおきてしまいました(笑)WEB牲心房細動でしょうか?残念です。あまり変わらないのですね。幸いにも病院名は記載しませんが、アブレーションで有名な病院(済生会)が近くにありますので、いずれ奏効率があがれば受けたいと思います。お時間割いていただきありがとうございます。

お礼日時:2002/02/23 14:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 虚血性心疾患<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    高齢者での特殊事情  米国の65歳以上の高齢者では、その3割の人が狭心症を含めた虚血性心疾患(狭心症(きょうしんしょう)、急性心筋梗塞(しんきんこうそく)など)の臨床的徴候を示すといわれており、日本でも高齢社会の到来とともにポピュラーな疾患になってきています。  75歳未満では男性に多くみられる病気ですが、75歳以上では男女間の差は少なくなり、85歳以上ではほぼ同じ頻度になります。また、虚血性心疾患による死亡者の85%は65歳以上であるといわれています。 狭心症の場合  狭心症のひとつである労作性(ろうさせい)狭心症は、歩行などの運動や労作によって1〜15分続く前胸部痛、前胸部不快感などが誘発され、安静あるいはニ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除(生計を一にする配偶者)とは?

今年の確定申告で医療費控除を行いたいと思っています。
医療費の要件として「納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。」とあります。
現在、私共夫婦はそれぞれ収入があるため妻は私の扶養には入っていません。
この場合、
1.それぞれが支払った医療費はそれぞれの確定申告で医療費控除申請する。
2.両者の医療費を合算してどちらか一人が一世帯の医療費としての控除申請をする。
どちらになるでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単純に考えます。
1.領収書には名前が書いてない。(mた扶養が関係するとは書いてない)
2.所得税の控除は年収が多いほう(税率が高いほう)につけると戻りが多い。
3.10万円の足切りがあるので、1名にすると、それだけで1万円以上?の差が出る。
4.世帯として多く戻ってきたほうがうれしい。(税収は減るので、その他大勢は困る)
上記条件が成り立つように普通の人は判断してますし、税務署も節税の勧めを提案しているところですがが、・・・・・

Q最新のカテーテルアブレーションについて

心房細動で苦しんで居ります。
カテーテルアブレーションを行うか悩んでいます。
最近の根治成功率などを知りたいと思って居ります。
御回答をいただける方お教えください。

2002年ごろのデータでは、60%位とのことでしたが、最近は進歩しているのではないのでしょうか?
どのように進歩しているのでしょうか。
最新のデータなどご存知でしたらお教えください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。不整脈でお困りの事と思い、回答させていただきます。
根治成功率ですが、その方の基礎心疾患の有無、心臓の大きさ、不整脈が自然にとまることがあるのかどうか、年齢等に左右されます。
そういったものを平均して全体で60%程度 というのは今も正しい数値だと思います。
カテーテルアブレーションの方法は年々、少しずつ修正や変化があります。焼灼部位やデザインが変化し、考案者が自らの成績を出しています。だいたいは、肺静脈隔離をして その他に原因とされる部分の追加焼灼のラインを加えるという方法であります。
隔離の方法は4本の肺静脈を二つずつ焼灼するとか、その焼灼した二つの間をまた焼灼してつなぐ、あるいは上大静脈というところを焼灼したり、左心耳、あるいは冠状静脈洞と左房の接合を焼灼したりする、そういう事で、80-90%の根治率が得られるという報告もあります。
が、症例数が限られていたりして、一般的にあてはめて成績が飛躍的に伸びるかというとそれに関する追試はまだこれからだと思います。
肺静脈隔離を適切に行えば一回の治療での根治率は50-60%程度、再発をして二回目をうけると同じように50-60%程度の根治率です。最初から二回受けると考えると 二回目までに治る確率は60% プラス 40%(一回で治らない確率) × 60% で従来の方法でも84%は治るといわれます。また進歩に関しては合併症を少なくするという方向での進歩もすすんでおり、数値にはあらわれませんが、これも大きな進歩です。そういう意味でも2002年より進歩しております。
どうか お大事にしてください。

初めまして。不整脈でお困りの事と思い、回答させていただきます。
根治成功率ですが、その方の基礎心疾患の有無、心臓の大きさ、不整脈が自然にとまることがあるのかどうか、年齢等に左右されます。
そういったものを平均して全体で60%程度 というのは今も正しい数値だと思います。
カテーテルアブレーションの方法は年々、少しずつ修正や変化があります。焼灼部位やデザインが変化し、考案者が自らの成績を出しています。だいたいは、肺静脈隔離をして その他に原因とされる部分の追加焼灼のラインを加...続きを読む

Q寒冷地医療とは具体的にどういう医療なのでしょうか

寒冷地医療は寒冷地の医療なのでしょうけれども、具体的にどういうことをする医療なのかわかりません。
また寒冷地医療があるということは熱帯地医療などなどあるのでしょうか。
わかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

寒冷地医療は低温など寒冷気候が人体に及ぼす影響等を研究していましたが、更に広い見地で研究しています。
下記は札幌市立大学の寒冷地医療講座の授業内容です。
・気候が健康に与える影響を説明できる。
・人口密度の低い地域の労働条件について説明できる。
・寒冷地における保健活動の困難について解説できる。
・医師の少ない地域での医療のあり方について解説できる。 
・行政サービスと医療との連携のあり方を解説できる。
・介護と看護の協働のあり方について解説できる。
・地域住民の生涯教育に関する企画ができる。
熱帯地医療としては、日本では長崎大学熱帯医学研究所が有名です。
主に、熱帯特有の感染症等(マラリアとか寄生虫とか)を研究しています。東南アジア中心に海外活動(診療)をしています。

Q現在、歯科医師。 保険医登録番号の調べ方は…??

現在歯科医師をやっております。
(勤務医ですが…。)

ちょっと、急ぎで、
現在の自分の『保険医登録番号』が必要になったのですが、知るすべが分かりません。

どなたか、ご存知の方、お教え頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。


   

Aベストアンサー

さしずめ、アルバイト先で必要になったということでしょうか。
現在、勤務中の病院(クリニック)に、保険医登録証のコピーを提出しているはずですので、閲覧させてもらえばよいでしょう。

そうではないということでしたら、都道府県社会保険事務局での対応になりますが、おいそれとは教えてくれないと思います。番号の不正使用(Dr数の水増しとか)に使われる可能性がありますので。

いずれにしても、後者については、直接問い合わせてください。

ちなみに、免許証、保険医登録証とも、超縮小コピーして、財布とかに入れておくと便利ですよ。

Q生活保護の医療券とは?

生活保護受給者が医療を受けるには、福祉事務所から医療券を貰うんですよね?
例えば、胸に強い痛みがあり、頭痛もしたとします。
この場合

福祉事務所に行く

医療券を貰う

病院にいく

医療券を病院に渡す

こうなりますよね。

(1)ただ通院で済むのか、入院するのか分からないですし、そもそもいくらお金がかかるかも分からないはずです。医療券というのは、病院代が1万円だろうと100万円だろうと、関係ないのですか?(医療券というのは、例えば、1000円の医療券とか1万円の医療券とかに分かれてるんですか?)

(2)3ヵ月入院する場合、医療券は、いつ、何枚、病院に渡すんですか?

Aベストアンサー

 1の方の回答を見て、自治体によって違うのかなと思いました。それとも市と町で違うのかしら? 担当の窓口で確認した方がいいです。
 うちのところは、保護が変更になっている可能性もあるので、保険証と一緒で、毎月医療医療券が必要です。緊急の券もないです。
 書いてあるのは、住所、氏名、世帯主、生年月日、かかる医療機関、受信理由、発行した担当者の氏名、発行した市町村名などです。病院にかかる証明のようなものなので、金額は関係ないです。窓口で提出して終わりです。
 緊急のときは病院に行っていただいて、病院からは電話で確認、後で医療券を発行します。
 ただ、生活保護の医療券で受診できる病院、できない病院があるので、ご注意ください。初めてかかる病院は、あらかじめ役所の生活保護担当に聞いておくと無難です。緊急のときは、直接病院にきくか、救急隊員に生活保護であることをお伝えください。
 長期入院の場合は、家族や親族が役所で月替わりに申請するか、来る人がいなければ直接役所から病院に送ることになるようです。

Q現在男性の産婦人科医は多数存在していますが、なぜ助産師は女性に絞られて

現在男性の産婦人科医は多数存在していますが、なぜ助産師は女性に絞られているのでしょうか。
お答えただく際に使用された本やホームページなどがございましたら、それも合わせてお教えいただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

産婦人科医は外科系ですから、もともと女性の外科医が少ないことでも判るように、女性は医学部を出ても敬遠するという点があります。
助産師が女性に限られるのは男性には受験資格がないということ以上に、ニーズがないということだと思います。
この件ではいろいろ言われていますが、ほとんどの妊婦さんは男性に見られるのが嫌だということで、私の母親ですが、私を生むときは大学病院で分娩しましたが、男性研修医&医学生が産室にいることにかなり抵抗感はあったみたいです。
それでは医者は男性でも良いのかとなりますと、これも気持ちの問題だけで、昔からの習慣としか言いようがない気がします、お隣の韓国では宮廷女官を診察するために女医の養成をしたという話もありますし、旧フランス王室の分娩は見物人に囲まれてやるという話もありますから、文化的なものもあるんでしょう。
先日タイでは白バイ隊員(男性)が助産師の資格を持っていて、渋滞で病院に行き着けない時は警察を呼ぶと白バイ隊員が来て、路肩や車中で処置してくれるというニュースもやっており、気持ちの問題だけです。

Q地域医療とは?

地域医療は僻地での医療のことをいうのですか?
それともその病院のある地域での医療のことをいうのですか?

Aベストアンサー

たとえば、東京都中央区銀座という地域があります。この地域には、東京都台東区浅草という地域とは異なる産業があり、異なる生活習慣があります。その結果東京都中央区銀座という地域にはその地域に特有の病気があるかもしれません。

たとえば睡眠不足が東京都台東区浅草地域より多いかもしれません。あるいは飲酒による肝臓障害が多いかもしれません。こういうこの地域の特徴がその地域の住民の平均寿命に関係してくることは当然考えられます。

そこで、東京都中央区銀座という地域の特徴に合った医療を提供するにはどうしたらよいかを考えて、その医療を提供できる医療機関が東京都中央区銀座地域にあるかどうかを調べ、適切な医療を提供できる体制を整えてゆくのが地域医療です。

Q私は、現在、妊娠9ヶ月で、妊娠初期におきまして、超音波検診での所見での

私は、現在、妊娠9ヶ月で、妊娠初期におきまして、超音波検診での所見での疑いがあったため、染色体検査をしたところ、なんら問題はなく、無事にここまで過ごしてまいりましたが、最近になって、外出先でよく見かける人たちに、『必要以上に近くに寄ってきて、ずっとニヤニヤと笑いかけてくる人』『大きな声で叫び声をあげてる人(いつ見ても同じ服なので、すごい臭いがします)』『誰とも、何にともなしに、話しかけてる人』『目の焦点の合っていない人』などがいらっしゃいます。
よく考えたら、私が子供の頃(30年前)から、養護学級には属さないものの、どうしても、一般の生徒たちとは違った言動をする生徒がいました。時には、暴力的な人もいました。

有名人ですと、暴力的でもないですし、自動車免許ももたれてますし、芸術的才能もお持ちですし、上記の方たちほど、逃げたくなるような感じはないのですが、以前はお笑い芸人で、今は芸術家の方がおられます。本当に、失礼な発言で申し訳ございません。

こういった人たちは、先天的な障害なのでしょうか?後天的な障害でしょうか?それとも障害ではないのでしょうか?
お腹の子供だけではなく、上の子も今のところ、なんら問題なく来ておりますが、いつかこういった言動を起こしだしてしまうことがあるのでしょうか?
私自身、無知で申し訳ないのですが、病気なのか、なんなのか、直せるのかどうか、、、

こういうことを気にしだしていること自体、バチがあたってしまうのではないか?差別してしまってるのではないか?と、考え出したら、不安で夜も寝られません。
詳しい方がおられましたら、お教え願えませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

失礼な発言等がございましたら、お許し願います。

私は、現在、妊娠9ヶ月で、妊娠初期におきまして、超音波検診での所見での疑いがあったため、染色体検査をしたところ、なんら問題はなく、無事にここまで過ごしてまいりましたが、最近になって、外出先でよく見かける人たちに、『必要以上に近くに寄ってきて、ずっとニヤニヤと笑いかけてくる人』『大きな声で叫び声をあげてる人(いつ見ても同じ服なので、すごい臭いがします)』『誰とも、何にともなしに、話しかけてる人』『目の焦点の合っていない人』などがいらっしゃいます。
よく考えたら、私が子供の頃(30...続きを読む

Aベストアンサー

先天的な障害ばあいと、精神疾患の2通りがあります。
詳細はあなたの質問では、わかりません。

心配なら主治医に相談を、
訳も分からず、バチとか漠然と不安がってもキリがないです。

Q法医学と医療との関わりとは?

法医学と医療との関わりを教えて下さい。
どんな関わりでも結構です!

法医学は医療をどう影響をするんですか?
法医学は今後の医療にどう影響を及ぼすのでしょうか?


お願いします。

Aベストアンサー

法医学は面白いよ!!!

なんたって死人は嘘つかないからなー!

司法解剖によって死因の解明はほぼ100%でい!!!

医療の進歩に法医学は欠かせない!

法医学がなければ医療の進歩は望めない!→これは絶対間違ってない!

Q抗がん剤治療は外科医がするの?内科医?

海外では腫瘍内科医がするそうですが、日本では腫瘍内科医という専門医はいません。
日本では、内科医、外科医どちらが抗がん剤治療をするのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本では、内科医も外科医も行います。必ずしも全ての患者さんが外科手術を受けるわけではありませんので、そのような患者さんは内科で行いますし、手術後の化学療法についても外科で行う方、内科で行う方ケースバイケースです。婦人科疾患の場合は婦人科で行う事が多いですね。
ただ、治療についてはガイドラインが定められていますので、内容は施設や医師によって大きく異なることは少ないです。
また、日本でも化学療法の専門医を認定、養成する方向になっていますので、治療内容はより標準化されていくと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報