西ヨーロッパ世界の形成される過程の中で
1077年におこった「カノッサの屈辱」は世界史上
どのような影響を及ぼしたか。
次の語群をふまえて答えてください。
来週の月曜日までに答えてくれると助かります。

 教会 叙任 教皇権 月 封建制

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  >1077年におこった「カノッサの屈辱」は世界史上
  >どのような影響を及ぼしたか。
 
  カノッサの屈辱が象徴する、教皇権と皇帝権の争いとその帰着が、後の西欧の社会的経済的基盤の基礎を構成したのです。それにより西欧は近代社会を構築し、やがて、世界へと技術経済的に進出して行く結果となるのです。
 
    「封建制度」
 
  西ローマ帝国が滅びた後、西欧は混乱した状態に置かれた。しかし、そのなかから、弱い者が強い者に庇護を求め、強い者は弱い者の支援で自己の勢力を維持するという形の勢力の秩序化が進んで行く。イスラム侵略を阻止したカロリング・フランク王国を教皇はローマ帝国と認めたが、まもなく不安定なフランク王国は分裂し、やがて、ドイツに基盤を置く、オットーが、広汎な領域に支配権を確立し、教皇はこれを、神聖ローマ帝国と認めた。
 
  西欧の封建制度は、支配者の争奪のなかで、徐々に秩序構成され、大領主が中領主と相互的契約を結び、主従関係となり、中領主が小領主と同じ契約を結ぶという形で、主従関係の契約のネットワークができました。領主には、農民が領民として従ったが、彼らは、このようなシステムが構成されて行く過程で、「領地」に束縛された農民として、土地とセットになって考えられ、「土地+農民」のセットが、荘園あるいは「封土」という形で、領主から領主に継承され、また大領主から臣従領主に契約で与えられた。このような場合の農民は「農奴」となり、「封土」を基礎に置く社会であったので、これを封建制社会と呼んだのです。
 
  ドイツの皇帝の権力は、このような封建制を基礎に置いたもので、それは、軍隊を持たず、臣従する家臣を持たず、領土も持たない教皇庁と較べ、大きな権力を持ち勢力を持つものであったが、神聖ローマ帝国皇帝の権力は危ういバランスの上にあった。それは、ドイツがまさに封建制帝国であって、大領主が、皇帝と契約を結んで臣従していたので、皇帝自身も、大領主=諸侯の一人に過ぎず、皇帝座をめぐって、多数の大諸侯が争い合っていたという現実でした。
 
  皇帝は、皇帝権力の維持のため、当時、王権がその任命権を持っていた、領土内の「司教叙任権限」を利用して、諸侯とは独立した、皇帝に直属する司教領主の勢力を大きくし、諸侯の勢力と、これでバランスを取ろうとした。ドイツ王=神聖ローマ帝国皇帝にとって、自領地内の聖職者叙任権限、とりわけ司教叙任権限は、死活問題でもあった。
 
    「教会」
 
  他方、ローマ教会は、封建制の確立と共に、高級聖職者、司祭、司教などが、封建大小領主のような立場に立って、世俗化することに懸念を抱いていた。ドイツにおける皇帝直属の司教領主団のようなものが存在しては、ローマ教会の使命は果たせず、また、聖職者の世俗化も、教会の危機であると見做していました。
 
  ローマ教会は、「教皇庁-司教-司祭-助祭-一般信徒」に続く垂直統制構造を持っていたが、司教・司祭段階で世俗化が進み、各地の司教は、聖職者領主に変わり、教皇庁の命令ではなく、契約主君の命令に従うというような事態に、教会の危機を感じたのです。教会は、この垂直制度の他に、教皇直属の「修道会」を持っており、修道会は優秀な人材の宝庫として、教皇庁内でも重要な意味を持っており、更に、教皇直属であるので、封建領主からは独立していたことも重要であった。古くからは、ベネディクトゥス会があり、その分派として、クリュニー派が起こり、更にシトー派が修道会として盛んになって行きました。
 
  教会の制度改革を唱えたのは、修道会の修道士たちで、なかでもクリュニー修道院は改革派の牙城で、聖職者の世俗化・堕落(例えば、妻帯とか、教区の世襲など、封建領主としてはごく当然な行為)を弾劾し、教会が世俗権力に操られることを否定しました。クリュニー会出身のヒルデブランドゥスは遂に教皇となり、聖グレゴリウス七世となった。
 
    「叙任権」
 
  グレゴリウスは、教会改革を積極的に推進し、聖職者の世俗化などを改革して行ったが、ここに、神聖ローマ帝国皇帝が叙任権限を持つ、帝国領土内の領主司教等の聖職者叙任権限は、皇帝にではなく、実は教皇にあると主張し、皇帝ハインリッヒ四世と争いました。しかし、ハインリッヒにとって、直属司教の叙任権限を教皇に奪われることは、皇帝権力の維持が不能になることを意味し、このような要求は飲めないと当然回答した。ヒルデブランドゥスはこれに対し、ハインリッヒの教会よりの破門及び、キリスト教徒のハインリッヒへの臣従義務の解除を宣言した。ハインリッヒを打倒しようとしていたドイツ諸侯は、この機にハインリッヒの退位を求め、また期限を切って、臣従契約を事実上解除すると通告した。
 
  驚いたハインリッヒは、グレゴリウスに、破門の解除と、臣従義務復活の宣言を願い出たが、グレゴリウスはこれに応じず、ハインリッヒは、大軍を率いて冬のアルプスを越え、戦いに備えてカノッサ城に身を守った教皇に拝謁を申し出るが拒絶され、トゥスカーナ女伯マティルダなどの取りなしで、城内に入れてもらえたが、三日間雪の降る中庭に待たされて、三日目、教皇側の要求をすべてのむことで、教皇に赦しを得た。これが、「カノッサと屈辱」として有名な象徴的事件なのです。
 
    「教皇権・太陽と月」
 
  ハインリッヒ四世は、グレゴリウス七世に圧倒的に敗北したようにも見えますが、これは「象徴的事件」で、国内が安定するや、ハインリッヒはグレゴリウスとの約束を反故にし、教皇は皇帝を再度破門し、ハインリッヒはローマに侵攻して、征服し、皇帝の臣下であるドイツ司教団は、グレゴリウスの廃位を決め、対立教皇クレメンス三世を選出します。クレメンスは、グレゴリウスが奪った帝国帝冠をハインリッヒに再度授け、破門を解きます。グレゴリウスは辛うじてローマを脱出し、避難の地で世を去ります。ハインリッヒの後ろ盾によりクレメンスは教皇として権威をふるいますが、グレゴリウスの二代目後継者のウルバヌス二世は、第一回十字軍を提唱し、これは大成功します。
 
  ハインリッヒ四世は没し、後継者が後を継ぎますが、皇帝権と教皇権の争いはなお続き、ドイツ以外の西欧の諸侯に呼びかけ、十字軍を招集できた教皇ウルバヌス二世の威勢は強くなり、ドイツ皇帝権は徐々に教皇権の前に屈して行きます。「聖職者叙任権闘争」は、1122年「ヴォルムスの協約」で、一応、決着し、わずかに教皇側に有利な結果となります。
 
  ドイツ皇帝だけではなく、西欧の王権、諸侯を糾合した十字軍運動の成功は、教皇権の拡大を保証し、1198年に教皇座についたイノケンティウス三世で絶頂を迎えます。カノッサの屈辱から130年後です。イノケンティウスは、教皇至上権を唱え、「ラテラノ公会議(1215)」において、「教皇は太陽、皇帝は月である。月が太陽に従うように、皇帝が教皇に従うのは当然である」と述べました。
 
  イノケンテイウスの功績は、従来、ベネディクトゥス会とその分派、そして戦闘的修道会テンプル騎士団などであった修道会に、「托鉢修道会」という新しい形の修道会を加えたことです。それはドミニコ会を追認し、新たに画期的な聖フランチェスコの請願に応じ、フランシスコ会を認めたことです。イノケンティウスはしかし、アルヴィジョワ十字軍を組織し、イスラム教徒・ユダヤ教徒を迫害し、ドミニコ会の異端審問を認める方向に進んだことでも知られているのです。
 
    「封建制度」
 
  カノッサの屈辱に象徴的に開始が示される、皇帝権に対する教皇権の優位性は、やがてイノケンティウスにおいて実現されますが、そこには、十字軍運動を通じての、西欧の一体的自覚化と、同時に、王権国家の確立があるということになります。封建制度は、その頂点に、イギリス王、フランス王、ドイツ王などを置き、国家単位の制度へと変化して行くのです。また、「異端」の明らかな弾圧の意図は、教皇庁への反逆者の存在を明らかにしていたのであり、教皇権の没落を予兆していたのです。
 
  王権や諸侯の権限の下、中世自治都市が繁栄し始め、パリは学問の都として花開き、各地で大学が開かれ、商人の活躍が活発になり、スコラ哲学が興隆し、封建制の近代化、そして宗教改革の成功、ルネッサンス、近代国家や近代経済の展開、封建制の崩壊へと、かくて進んで行くのです。
 

参考URL:http://www.sqr.or.jp/usr/akito-y/tyusei/108-euro …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難う御座いました。
こんなに詳しく書いてもらって、
とても助かりました。おかげでレポート提出も
楽にすみそうです。
本当に有り難う御座いました!!

お礼日時:2002/02/26 21:31

これらの言葉で検索してみたら、下のページが見つかりました。


これを読むと書けるかも。

参考URL:http://www.geocities.jp/timeway/kougi-50.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難う御座いました。
まとめるのは大変かもしれませんが
とても参考になりました。有り難う御座いました。

お礼日時:2002/02/26 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「カノッサの屈辱」の原語について

中世欧州の歴史的な事件「カノッサの屈辱」について調べていたところ、Wikipediaの記述に「英語では"Walk to Canossa"、ドイツ語では"Gang nach Canossa"といわれており、どちらも「カノッサへの道」「カノッサへのあゆみ」といった意味」とありました。だとすれば、「屈辱」とは何語を訳したものなのでしょうか。「カノッサの屈辱」の原語は仏、伊、それともラテン語?知っている方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

カノッサの屈辱は、イタリア語で”l'umiliazione di Canossa”だそうです。(参考URLをご参照下さい)
”l'"が冠詞であると(勝手に)仮定し、"umiliazione"を伊英変換したところ、"humilation"という単語が出てきました

辞書で"humilation"を引いたところ、
1 はずかしめられること;屈辱(感), 不面目.
2 ((まれ))はずかしめること
とのこと。

イタリア語全く駄目ですが、語源はイタリア語もしくはラテン語あたりではないでしょうか?

"l'umiliazione"については確証を得るために外国語カテゴリーに投稿される事をお薦め致します。

以上、情報提供でした。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Walk_to_Canossa

Q第一次世界大戦「1914年~1918年」の反省から、世界平和と国際協調をうたう国際連盟は誰の提唱によ

第一次世界大戦「1914年~1918年」の反省から、世界平和と国際協調をうたう国際連盟は誰の提唱により設立されたんですか?

Aベストアンサー

ウッドロウ・ウィルソン
では不正解ですか

Q(再掲)朝鮮半島の歴史上の人物

現在、韓国の歴史人物について調べているのですが、詳細な資料が見つかりません。
皆さんの知ってる韓国の歴史人物の知識を教えて下さい。
織田信長・徳川家康・源頼朝など、歴史を次の時代に進めた歴史上の人物をお願いします。

私の知っている朝鮮半島の歴史上の人物は安重根・李舜臣ですが、

安重根は、ケネディ大統領を暗殺した犯人・ファイサル国王を暗殺したオマル師・朴正煕大統領を暗殺した金載圭、
などのテロリストの領域を出ない人物だと思います。

李舜臣は日本史上の人物で例えると、九鬼義隆や源義経など現場指揮官クラスの人物です。
源頼朝や織田信長など明確なビジョンを持って歴史を動かした人物ではないと思います。


1)朝鮮半島の歴史上の人物で織田信長・徳川家康・源頼朝など、歴史を次の時代に進めた歴史上の人物。
2)その人物が成し遂げたこと。
3)その人物が出現した後、どう変わったか。
をご教授下さい。

ご協力おねがいします。

Aベストアンサー

朝鮮の歴史を簡単に述べると、古代において君主制の中央集権の統一国家が
出現し、それが近代に至るまでずっと続いたということです。
日本やヨーロッパのように、封建制が間に入らないので、織田信長級の変革者
となると、数は限定されます。


今までに名の挙がってない人物で重要なのは、新羅の金春秋かと思います。
最近、少しずつ韓国の歴史を調べているのですが、今に至る韓国の歴史の
流れを決めたという点で、金春秋の存在は非常に大きいと思います。

こういうと語弊があるかもしれませんが、事大主義の先覚者ですね。
彼が活躍しなければ、新羅が勝者となることはなかったかと思います。
高句麗などは隋や唐の遠征軍を何度も退けて、自主独立の気概を示していた
のですが唐と同盟を結んだ新羅が韓半島を統一することで、その後の韓半島
の歴史が決まりました。

他にも、中国文化を積極的に導入し、名前までも中国風に改めたことなどは
やはり金春秋の影響が大きいと思います。


もう一人名前を挙げるとすれば、他の方の回答にあるように朴正煕大統領
ですね。朝鮮半島が最終的に赤化されなかったため(近い将来、あるかも
しれませんが。;^^)、日本にかかる共産圏の軍事的圧力が減り、日本は
その分経済発展することができました。

開発独裁の担い手として批判も多い朴正煕大統領ですが、客観的にみて日本の
恩人とも言えるかと思います。

朝鮮の歴史を簡単に述べると、古代において君主制の中央集権の統一国家が
出現し、それが近代に至るまでずっと続いたということです。
日本やヨーロッパのように、封建制が間に入らないので、織田信長級の変革者
となると、数は限定されます。


今までに名の挙がってない人物で重要なのは、新羅の金春秋かと思います。
最近、少しずつ韓国の歴史を調べているのですが、今に至る韓国の歴史の
流れを決めたという点で、金春秋の存在は非常に大きいと思います。

こういうと語弊があるかもしれませんが、...続きを読む

Q世界史の問題 東ヨーロッパ世界の中心となった

宗教は何ですか?という問題ですが答えが複数になってしまいよくわかりません。
正しい答えを教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現在のドイツより東の地域を東欧と仮定するなら
【東方正教会】
ロシア、ベラルーシ、ウクライナの大部分、ルーマニア、ブルガリア、セルビア、モンテネグロ、マケドニア、ギリシア及びボスニア・ヘルツェゴビナの一部

東方正教会としたのはそれぞれの国、つまりロシアはロシア正教会、ギリシアはギリシア正教会となるため
東方正教会の普及した国々はビザンティンの支配ないし文化影響下にあった地域です

【カトリック】
リトアニア、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナの一部

カトリックの普及した国の多くは
ハプスブルク家のオーストリアやハンガリー、イタリアのヴェネツィアの支配ないし文化影響下にあった地域です

【ユニエイト→東方正教会の典礼を用いつつ、カトリックの教義、ローマ教皇の権威を認めた妥協的宗派】
ウクライナ西部のガリツィア地方

ガリツィア地方はハプスブルク家のオーストリア・ハンガリー帝国の支配領土でした

【ルター派プロテスタント】
エストニア、ラトビア

これらの地域は
宗教改革後ルター派プロテスタントに改宗したスウェーデン、デンマーク、ドイツ騎士団の支配ないし影響下にありました

【イスラム】
ボスニア・ヘルツェゴビナの大部分、アルバニア(全住民というわけではない)

これら地域はオスマン支配時代、大地主層がイスラム教に改宗しキリスト教徒の小作人を支配しました
アルバニアは社会主義政権下で無宗教化政策が強かったため、イスラム教徒がどれくらい残っているかわかりません

現在のドイツより東の地域を東欧と仮定するなら
【東方正教会】
ロシア、ベラルーシ、ウクライナの大部分、ルーマニア、ブルガリア、セルビア、モンテネグロ、マケドニア、ギリシア及びボスニア・ヘルツェゴビナの一部

東方正教会としたのはそれぞれの国、つまりロシアはロシア正教会、ギリシアはギリシア正教会となるため
東方正教会の普及した国々はビザンティンの支配ないし文化影響下にあった地域です

【カトリック】
リトアニア、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、スロベニア、クロア...続きを読む

Q東京の歴史関係の博物館

GWの4月30,5月2日の2泊する中、ライブが夜にあるので、昼の間時間が空いてしまうのでその間に博物館に行きたいと思います(女一人です)。
半日近く時間があるので、どこか行ける所があれば遊びに行きたいんですが、お勧めの場所とかはありますか?寄生虫博物館系、電車関係はごめんなさい・・。(宿泊先が山手線内なので、その範囲希望です)

博物館とか美術館がいいなと思うのですが、その中で日本の歴史とかお城が好きなので、そういう博物館などあったらいいなと思ったのですが・・。
ちなみに皇居、国会議事堂(大昔行った記憶があるのですが・・)は観光としていける場所なのでしょうか・・?皇居は堀がすごいと聞いたことがあるので、気になってます。

行かれた方がいらっしゃいましたら、よかったら感想とかありましたら教えていただけると助かります(あと所要時間とか・・)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、この時期は上野は混むでしょうね・・・。

でも、やっぱり上野界隈は空いた時間に過ごすのにもってこいです。

東京国立はもちろんですが、不忍池付近の下町風俗資料館も昔懐かしな雰囲気がいいです。
歴史系の博物館からちょっとそれますが、その近くには旧岩崎邸という豪華な和風・洋風のぜいたくな邸宅が公開されていて近代の日本史や建築などに興味ある方なら見ものでしょう。ここは、お抹茶とお菓子などもゆっくりいただけるし、休日にはミニコンサートも開かれていてのんびり過ごせていいですよ。
上野なら、混まないところを選んで散策するなどしてチョイスすれば時間調整は、いかようにもなりますね。

皇居であれば、東京駅で降りて、皇居付近をぐるっと一周するのもいいでしょうし、場合によっては特別参観を予約して苑内をみることもできます。ただ、今回は期間的にぎりぎりだし、祝祭日が入ると観られなかったかもしれませんので、下にURL付けてみます。

ご参考になさってくださいませ。

http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html

たぶん、この時期は上野は混むでしょうね・・・。

でも、やっぱり上野界隈は空いた時間に過ごすのにもってこいです。

東京国立はもちろんですが、不忍池付近の下町風俗資料館も昔懐かしな雰囲気がいいです。
歴史系の博物館からちょっとそれますが、その近くには旧岩崎邸という豪華な和風・洋風のぜいたくな邸宅が公開されていて近代の日本史や建築などに興味ある方なら見ものでしょう。ここは、お抹茶とお菓子などもゆっくりいただけるし、休日にはミニコンサートも開かれていてのんびり過ごせていいです...続きを読む

Q江戸城の西の丸は東南にあるのになぜ「西」の丸?

江戸城の西の丸は本丸の東南にあるのになぜ西の丸というのでしょうか?

Aベストアンサー

たしか西南だったと思いますが・・・。(今の皇居です。というより明治6年までは元治年間に造られた西の丸御殿を皇居にしてました。)
 そもそもの太田道灌が造った江戸城の縄張りは本丸だけであとは随時付け足したり改造したりしたものです。 その過程で本丸の西側にできた最初の曲輪、だから西の丸 と小生は理解しております。
 というより家康から家光のころまで大規模な増改築を繰り返したため、家康が入った頃の江戸城の正確な縄張りは分かっていないのです。天守もどうやら家康、秀忠、家光の3代それぞれが建て替えたようです。むろん曲輪も時代によって派手に異なります。 
とてもこの回答上には乗せきれませんので、歴史群像城郭シリーズ
『江戸城』をお読みになってはいかがかと。

 

Q東京都庁に歴史的写真はございますか

東京の歴史を研究しております。明治以降、特に昭和期の古い町並みや庶民の生活、歴代都知事などの写真はどこで保管されていますでしょうか。来年にでも写真を拝見し、「東京の歴史:写真資料集」などをまとめたいと考えております。どうぞご教示くださいませ。

Aベストアンサー

都庁第一本庁舎の3階に「都民情報ルーム」というところがあり、ここではいろいろな文書や資料を閲覧することができます。
http://www.metro.tokyo.jp/POLICY/JOHO/BOOK/room.htm
写真自体がこちらに保管されているかどうかはわかりませんが、ここに問い合わせればここにはなくても教えてもらえるかと思います。

東京百年史みたいな資料はあるようですので、近いものもあるかなあ…と思いますが…ご参考になれば幸いです。

Qライプツィヒは西ヨーロッパになりますか?

ライプツィヒは西ヨーロッパになりますか?

私がインターネットで検索したところ国際連合による西ヨーロッパの規定はドイツが入っているので、
ドイツのライプツィヒは西ヨーロッパになると思うのですが、どうでしょうか?


大学のレポートで「西ヨーロッパ」の中という決まりで書かなければならないので、すごく困っています。どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 国連の分類は、かなり機械的にヨーロッパを東西南北に4等分したもので、あまり意味がないと思われます。たとえばイギリスやバルト3国は北ヨーロッパに区分されていますが、共通性は薄いのではないでしょうか。

 西ヨーロッパという区分は、歴史、文化、宗教、言語などの共通性に着目した区分なので、ライプツッヒを西ヨーロッパに含めるのは妥当だと思います。もちろん、現代史を取り扱う場合はそれなりの配慮が必要でしょう。

Q僕はいつも、「カノッサの屈辱」 と「アナーニ事件」 が混乱してしまいま

僕はいつも、「カノッサの屈辱」 と「アナーニ事件」 が混乱してしまいます。
覚えても、あれ? となってしまうことが多いです。

それで、カノッサの屈辱では教科書では、
ハインリヒ4世が、グレゴリウス7世に破門され
ハンヒリヒ4世が謝罪し、その後のヴォルムス協約で事がおさまる。

で終わりです。

ですが、先生が「この後がほんとはおもしろい」と言っていました。
ウィキペディアでは、詳しすぎて余計わからなくるので、
どなたか、高校生の世界史レベルでいいので、ご説明お願いしますm(__)m

また、「カノッサの屈辱」 と「アナーニ事件」が混乱しない良い覚え方とかあれば是非、教えて下さい!

Aベストアンサー

カノッサの屈辱は、実際に屈辱を味わったのは、教皇グレゴリウス7世で、勝利をかみ締めていたのは、ハインリッヒ4世です。
ハインヒ4世が、修道衣をまとい許しを請うていた時、ハインリッヒの心の中は、勝利の喜びでいっぱいだったでしょう。
グレゴリウス7世は、その瞬間、敗北感と絶望しかありませんでした。
そのため、グレゴリウス7世は、死んでもハインリッヒ4世を許すつもりはありませんでしたが、カノッサ城の城主であるマチルダ女伯爵と、同行していたクリュニー修道院長らにより、ハインリッヒを許すように説得され、仕方なくハインリッヒを許します。
そもそもグレゴリウス7世は、ハインリッヒの破門による神聖ローマ皇帝位の無効を宣言するために、ドイツに向かう途中でした。
ハインリッヒは、それを知り、イタリアへ先回りします。
その時スイス経由でイタリアに向かうと思っていた反皇帝派の諸侯の裏をかき、フランス経由でイタリアに向かいます。
皇帝がイタリアに現れると、皇帝の支持者たちが軍勢を率いて皇帝を向かえ、グレゴリウスのドイツ行きの一行の前に現れます。
グレゴリウス一行は、驚きカノッサ城に逃げ込みます。
カノッサ城は、普段は使われていない城のため、城を守る軍勢はなく、ハインリッヒの軍勢に包囲されてしまいます。
そうしてハインリッヒは、修道衣に着替え、家族を伴って許しを請うのです。
教皇が絶対に許さなければ、カノッサ城を攻め落とし、教皇一行を皆殺しにして、ローマで別の教皇を擁立することができる状況でした。
グレゴリウス7世は、自分が殺されても許すつもりはありませんでしたが、同行している人達は、教皇の名誉のために死ぬのは真っ平ごめんだったので、教皇を必死に説得し、ハインリッヒを許すことになります。

許されたハインリッヒは、ドイツに戻ると、反皇帝派の諸侯を、皇帝に対する反逆罪で討伐します。
ハインリッヒに敗れた諸侯は、再び教皇になきつき、再度ハインリッヒを破門にしてもらいます。
しかし一度許された罪状での再度の破門は、中立の諸侯の賛同を得られず、ハインリッヒは、軍勢を率いてローマに攻め込みます。
驚いたグレゴリウスは、南イタリアの覇者であるロベール・ギスカールをローマに呼び、ハインリッヒと戦わせようとします。
ハインリッヒは、ロベール・ギスカールとの対決を避け、軍を引きますが、残されたギスカールの軍が、ローマ市内を略奪してあるいたため、ローマ市民がギスカールを呼び寄せた教皇の責任だとして蜂起し、グレゴリウス7世は、ナポリ近郊のサレルノに逃げ出すことになってしまい、そこで教皇は、憤死してしまいます。
怒りと屈辱で、夜も寝ることができなかったそうです。

カノッサの屈辱は、実際に屈辱を味わったのは、教皇グレゴリウス7世で、勝利をかみ締めていたのは、ハインリッヒ4世です。
ハインヒ4世が、修道衣をまとい許しを請うていた時、ハインリッヒの心の中は、勝利の喜びでいっぱいだったでしょう。
グレゴリウス7世は、その瞬間、敗北感と絶望しかありませんでした。
そのため、グレゴリウス7世は、死んでもハインリッヒ4世を許すつもりはありませんでしたが、カノッサ城の城主であるマチルダ女伯爵と、同行していたクリュニー修道院長らにより、ハインリッヒを許すよう...続きを読む

Q西ヨーロッパ史

学校の課題で以下の内容を調べたいのですが、参考になりそうな書籍、またはホームページ等ありましたら教えてください。

11紀から20世紀まで、西ヨーロッパ世界はヨーロッパ以外の世界をどのように認識し、そうした世界とどのように接してきたか。その変遷について以下の
語(順不同)をそれぞれ必ず1回は用いて、書け。
1)ナショナリズム 2)産業革命 3)文明意識 4)十字軍 5)帝国主義 6)モンゴルの平和 7)ルネサンス 8)ウ゛ェルサイユ体制 9)アメリカ先住民 10)イスラーム

Aベストアンサー

思考力を要求される課題です。
どこかにまとめて書かれている事ではなく、あなたの考えを、まとめなければなりません。

西洋史に関する書籍の全てが参考文献となり、全てのサイトが、参考サイトとなります。

ひとつひとつの時代について書かれた本を読み、自分で考えをまとめてください。

でないと、意味がありません。

本や、資料を読み、その上で、分からない事が有りましたら、その部分だけ質問してくださ。

分かる範囲でお答えいたします。


人気Q&Aランキング