覚書を交わして本契約を交わす事になっているが、覚書が不十分な為取り消しを
したい場合はどうすればいいか?
また、本契約を交わしていないので覚書は法律上有効とされるのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 覚書を交したということなので、その内容は言葉は違っても一種の契約として有効と考えられます。


 文面から、その覚書は「本契約の予約契約」のように感じうけますが、覚書で取り決めた事項は原則として守られなければならず、それ以外の本契約内容について疑義が生じて契約を交すことができなければ、それは仕方のないことですから問題ないと思います。
 ただ、覚書は、通例ある契約についてその内容を補完したりする場合に使用されるようです。
    • good
    • 0

覚書も契約書と同じです、


たとえ、タイトルが「覚書」きであっても、そこに書かれた内容は契約書と同じに法的に効力が有ります。

内容が不十分であったら、相手方と話し合って、訂正するか、合意の上で破棄して、再度、契約書なり覚書を作成する必要があります。

覚書でも、一方的に破棄することは出来ません。
    • good
    • 0

覚書の内容によるでしょう。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q専属管轄裁判所と専属的合意管轄裁判所の違い

契約書で出てくる裁判所についての質問です。

ある会社と「守秘義務契約書」と「業務委託契約書」を同時に結ぶのに
守秘義務契約書では管轄裁判所の条文が

「~一切の紛争については東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする」

とあり、業務委託契約書の方は

「~紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする」

とあります。
この、「専属管轄裁判所」と「専属的合意管轄裁判所」の違いは何でしょうか。
合意が入るだけで意味が変わってくるのでしょうか。

ちなみにこちらの会社は名古屋、向こうは東京です。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の事例ですと、どちらも同じ意味です。一つ目の守秘義務契約書については、「専属管轄裁判所」という単語が使われていますが、あまり気にする必要はありません。「専属的合意管轄」という意味です。
守秘義務契約書の管轄も、業務委託契約書の管轄も、どちらも法律上は専属的合意管轄です。専属管轄というのは、法の規定によって特定の裁判所にのみ管轄を認めるものであり、当事者が任意に変えられるものではありません。当事者が合意により定めることが可能なのは専属的合意管轄です。
どちらの契約書も「争いが起きた場合、東京地方裁判所で裁判しますよ。その他の裁判所では裁判しませんよ」というだけの意味ですから、契約内容自体は文面から理解できたのではないでしょうか?あまり深刻に考えなくても大丈夫ですよ。

Q一通のみ発行の覚書

よく目にする覚書の作成方法には
冒頭:「双方共に合意して本覚書を作成した」
文末:「本覚書を2通作成し双方が保管する」
が文末に記載されていますが、

冒頭:「双方共に合意して本覚書を作成した」旨冒頭に記述しつつ
文末:「一通のみ覚書を作成し片方が責任を持って保管する」

とした覚書は有効なのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず余談。日本語を知っていれば当然判りますが、覚書は文書に決まってます。覚“書”って言うくらいなのですから。文書でなくてもいいなんてのは大嘘です。文書でないようなものは覚書とは言いません。これは法律ではなくて日本語の問題。

さて、法律上は文書の作成は原則として不要です。不要なのですからその有効性など法律上は全く問題になりません。正確に言えば、有効とか無効とかいう概念を容れる余地がないのです。あくまでも紛争になった時の証拠となる物の一つに過ぎません。その内容の真否、信用性などは裁判において裁判官が判断するものです(成立の真正は特別の規定がありますが)。ですから、1通だろうが2通だろうがそれ以上だろうがそもそも存在しなかろうがそれ自体は現実に紛争が起こらない限りどうでもいいことなのです。
1通だと紛争になったときに所持している側が自分に不利になりそうだと破棄してしまったりする可能性があるので、当事者全員が持っている方が安心というだけの話です。そういうおそれがないのなら1通でも作成しなくても何の問題もありません。

ところで証拠能力というのは、証拠とすることができるかどうかという意味なので、存在しない文書が証拠になりようがないのは当たり前なので作成しなければ証拠能力など問題になるわけがありません。「問題がある」どころか問題になるわけがないのです。こんなのは常識でわかる話ですね(ちなみに細かいことを言えば、そもそも民事では証拠能力はほとんど問題になりません)。

まず余談。日本語を知っていれば当然判りますが、覚書は文書に決まってます。覚“書”って言うくらいなのですから。文書でなくてもいいなんてのは大嘘です。文書でないようなものは覚書とは言いません。これは法律ではなくて日本語の問題。

さて、法律上は文書の作成は原則として不要です。不要なのですからその有効性など法律上は全く問題になりません。正確に言えば、有効とか無効とかいう概念を容れる余地がないのです。あくまでも紛争になった時の証拠となる物の一つに過ぎません。その内容の真否、信用性な...続きを読む

Q契約書の印紙税は、どちらが支払うの?

契約書の印紙税は、どちらが支払うの?

2者で契約書を2部作成し、共に持つという時があると思います。
収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?
出来上がった後に、双方がそれぞれ貼るのでしょうか?

収入印紙を貼るべきところを貼っていないと、3倍の税額となる
と思いますが、相手の持っている契約書に貼っていない場合は、
自分にも課されるのでしょうか?


また、1つの契約書(印紙あり)をコピーして、原本をA、コピーをB
が持つとします。
これって有効ですか?そもそも印紙のついたものをコピーするのは、お金を
コピーするように法律違反ですか?

Aベストアンサー

> 収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?

そもそも契約書が完成していなければ印紙をはる必要はありませんから,「出来上がった後に」です。
誰が貼るのかは,作成した人がはるのです。 当事者が2人であればどちらが貼っても良いし,両者で負担しても良いのですが,業界の慣行でどちらか片方が貼ることになっている例は多いです。

> 相手の持っている契約書に貼っていない場合は、自分にも課されるのでしょうか?

印紙を貼って消印をする義務があるのは,作成した人です。そのような契約書があれば両者の連帯責任です。両者の間の負担割合は両者で決めることであって,国に対しては連帯責任です。

> これって有効ですか?そもそも印紙のついたものをコピーするのは、お金をコピーするように法律違反ですか?

印紙があろうが無かろうが契約の有効性には関係がありません。またコピーは課税文書ではありませんから印紙をあらためてはる必要はありません。ただし「契約当事者の双方又は一方の署名又は押印があるもの」や,「正本等と相違ないこと、又は写し、副本、謄本等であることの契約当事者の証明(正本等との割印を含む。)のあるもの」であって「文書の所持者のみが署名又は押印しているもの」でないものは課税文書ですから,コピーにも印紙が必要です。
印紙のコピーは違法です。しかし「印紙に紛らわしい外観を有する物」とされないようにすれば違法ではありません。しっかり消印がされていれば多分大丈夫なんじゃないでしょうか。だめそうなものなら,普通のコピー機はコピーできないようになっているか,コピーしようとすると警告を発しますよね。

> 収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?

そもそも契約書が完成していなければ印紙をはる必要はありませんから,「出来上がった後に」です。
誰が貼るのかは,作成した人がはるのです。 当事者が2人であればどちらが貼っても良いし,両者で負担しても良いのですが,業界の慣行でどちらか片方が貼ることになっている例は多いです。

> 相手の持っている契約書に貼っていない場合は、自分にも課されるのでしょうか?

印紙を貼って消印をする義務があるのは,作成した人です。そのような契約書があれば両者の...続きを読む

Q2回目の覚書作成について

賃貸借契約締結後、一度賃料の変更で、覚書を作成しております。
再度、名義変更のため、覚書を作成したいのですが、記載する内容を教えてください。

覚書の最初の部分に

平成○年○月○日付契約書(以下「原契約書」という)に関して、次の通り覚書(以下「本覚書」という)を締結する。・・・※(1)

という文面を入れ、条項の中に

本覚書にて変更した事項以外は原契約書に何ら変更のないことと確認する。・・・※(2)

という内容を入れています。

一度覚書を作成し、今回のように、さらに覚書を交わす場合、※(1)※(2)の文章のままでよいのでしょうか?
※(1)※(2)の部分に、一度目の覚書についても記載しないといけないのでしょうか?
特に※(2)の部分の、原契約書というのは一度目の覚書で変更した部分が含まれていないので・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

※(1)を、以下のようにされてはいかがでしょうか。

平成○年○月○日付契約書及びこれに関する平成×年×月×日付覚書(以下両者を合わせて「原契約書」という)に関して、次の通り覚書(以下「本覚書」という)を締結する。・・・※(1)

Qエクセルの罫線が印刷されない

エクセル97を使ってますが、罫線で表を作ったのですが、
画面には表示されるのですが、プレビュー画面、実際の印刷では印刷されません。
(データは印刷されてます)
どなたか、対処の仕方ご存知ですか?

Aベストアンサー

こんにちは

 例えばA1:A5が印刷範囲とします。
 セルA6で上罫線を設定している場合は印刷されません。
 セルA5で下罫線を設定している場合は印刷されます。
 左右についても同様です。

 また、メニュー[ファイル]-[ページ設定]の[シート]タブで[簡易印刷]にチェックが入っていると、罫線は印刷されません。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/excel/

Q一般的な商取引での「振込手数料」はどちらが負担するのですか?

現在、当方は商品の卸売業を営んでいるのですが、その卸売り先との間で商品代金の振込手数料について、どちらが負担するかで少々もめています。もちろん些細な金額ではあるのかもしれませんがとても気になります。
通常の一般的な商取引では振込手数料は買い手(支払側)が負担するものなのでしょうか?それても売り手(受領側)が負担するものなのでしょうか?うちでは当たり前のように買い手の方が負担するものだと思い、現在の卸売り先に負担していただいていますが、その会社だけは「それは常識外れ、売り手が負担が世間一般」とのことを言っています。
ちなみに相手方の会社はネット通販を主とする企業で、健康食品を取り扱っています。

Aベストアンサー

振込料の負担については、どちらが負担するという決まりは無く、あくまでも双方の話し合いで決まります。
ただ、双方の話し合いには、力関係がかなり影響します。
つまり、売りたい気持ちが強いか、買いたい気持ちが強いかです。

もう一つ、最近は、一般の商取り引きでは、手数料を引いて振り込むのが主流です。
何故なら、受け取り先が集金に要する時間と人件費が節約できることから、控除されることに反対しないからです。

ただ、会費や書籍代などの場合は、あらかじめ請求書に、「振込料は支払人の負担です」と書いて有り、その場合は当然、振り込み人が負担します。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q「覚書」の抹消方法

一度かわした「覚書」を取消したいのですが、
特別な手続きは必要なのでしょうか?

覚書の内容を無かったことにすることについては、双方ともに了承しております。

放っておいても大丈夫なのでしょうか?

よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

#1の追加です。

相手が原本を持っている場合、それに書き加えるには、相手がその覚書を持参しなければ書き加えることが出来ません。

新たに「**年**月**日付の*****に関する覚書は無効とします」という覚書を作成して、全員が署名捺印した方がよろしいでしょう。

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報