大阪に「本町」や「難波」といった地名があります。それぞれ読みは「ほんまち」「なんば」なのですが、駅名のローマ字表記は「HOMMACHI」「NAMBA」です。なんだか、韓国語の「アンニョンハシム(ン?)ニカ」を彷彿させるのですが・・・なんで「N」でなく「M」なのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  複雑な話はやめて、簡単に述べます。
 
  日本語の発音は、実はローマ字(ラテン文字)では表現できないのです。それを表現しようとするので無理が出てくるのですし、また、「物理的な音」と、文法上の区別単位の「音」は別のものだということも話を難しくします(この違いは、日本語の「さ行」「音素子音」を{S}で表すと、「さしすせそ」は、{s}a,{s}i,{s}u,{s}e,{s}o となるのですが、英語の音素子音Sを使うと、{s}i は si でないということが起こります。これを、英語の子音表記で模擬して shi とするか、音素子音{S}を、sで表現して、「さ行」を sa,si,su,se,so で表現するかというのが、二つのローマ字表記の分かれ目なのです。日本語音素子音表示の「si」は、物理的な音では、英語子音表記の「si」ではなく、「shi」に近い音なのですが、「子音」とか「母音」というのは、前後の組み合わせで、英語であっても、実際の「物理的な音」は変化するのです。この変化に応じて、一々、文字を決めていては、幾ら文字を定義しても足らなくなるので、「文法的音素」というもので、文字を定義するのです……あるいは、途中から無理にラテン文字表記にした英語などは、子音も母音も、単語ごとで、色々で、発音は辞書を見ないと分からないというように、支離滅裂だとも云えます。……「発音記号」として使っているものが、音声学上の文法的音素を示す記号だとも云えます。日本の「ローマ字」は、ある意味、「発音記号」の役割も果たしているのです)。
 
  簡単な話にしようとして、どうしてもこういう説明になります。
 
  とまれ、「ん」で示される伝統的な日本語の「音素」は、前後にどういう母音・子音が来るかで、大別、三つの「物理的音」に分かれます。
 
  1)後ろに、bとかp等の、唇音・唇音破裂音が来る場合、「ん」は、英語だと、「m」に近い音になります。
  2)後ろに、kとかg等の喉音(口蓋音)のような音が来る場合、「ん」は、英語だと、「-ing」のような時の「ng」に近い音になります。
  3)それ以外は、「ん」は、英語の「n」にほぼ同じです。
 
  日本語を母語にしている人は、無意識でこの発音の区別をしています。「ん」と書いてあっても、後ろに何がくるかによって違った物理的音を発声します。また、そう発音するのが、発音しやすく自然なのです。
 
  「インク」をローマ字で書く場合、音を忠実に写そうとすると、「ingku」のような表記が、実は英米式の発音だと近いのです。しかし、これは採用されていません。
 
  他方、「サンバ」のような場合、音を写そうとすると、「samba」が近いということになります。これを採用すると、英語の発音に慣れた人には、日本語の「サンバ」に近い音になるのです。「なんば」もそれと同じで、「namba」が、物理的な音としては、英語的には近いのです。
 
  しかし、日本語音素に従って、規則的にローマ字に転写する方法も合理性があるのであり、その場合、「nanba」となります。
 
  別に、わたしのIMEがどう変換するからどうだとは言いませんが、「namba」で入力して変換しても、「難波」は出てきません。「nanba」と入力して変換すると「難波」が出てきます。これは、「かな変換」を易しくしたものが「ローマ字変換」で、元々の「かな変換」で、「難波」を変換する時、「なmば」などと入力しないからです。「なんば=nanba」と入力します。
 
  (なお、何故、「ingku」としないかと言うと、英語などだと、「ink」の「n」自体が、「ん」の上の2)の音に近い音だからです。英語の「in」と「ink」の二つの単語単独で見ると、前者の「n」の音と、後者の「n」の音は、違う音なのです。inkのnの音は、発音記号では、nの文字の右の線を下に少し延ばし、内側に少し曲げたような記号で表します)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわぁ。よくわかりました。納得いきました。どうもありがとうございます!!!

お礼日時:2002/02/23 15:31

ローマ字のつづり方は訓令式とヘボン式に大別されます。


ごらんになったのは、ヘボン式のものです。
義務教育では、訓令式を習うと思いますが、標識などはより英語に近い発音になるということで、ヘボン式が採用されていたと思います(たしか、進駐軍の兵士がわかりやすいようにするためだったと思います)



ローマ字の綴方
http://www.cyber.sccs.chukyo-u.ac.jp/sirai/class …


訓令式:「ん」は n
ヘボン式:m、b、pの前にある「ん」はm


http://www.ffortune.net/calen/kinenbi/05/romaji. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。ありがとうごさいます。そんな経緯があったのですね。

お礼日時:2002/02/23 15:29

日本語の言語について勉強している者です。



「ほんまち」「なんば」を「ひらがな」表記どおりローマ字で表すと「HONMACHI」「NANBA」ですが、日本語でも「ん」の次に「ま」行や「ば」行の文字がくると、一瞬唇を閉じるわけですから、英語の「M」と同じような発音になるのです。
「HOMMACHI」「NAMBA」は、外国人を意識した、「実際の発音に基づいたローマ字表記」と言えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに「ローマ字表記」は外国人のためにあるものですよね。ありがとうございました

お礼日時:2002/02/23 15:27

「ん」につづく文字が「M」や「B」など、


唇を閉じる子音で始まる場合、
「ん」は「M」になる、ということでは
ないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご返答ありがとうございます

お礼日時:2002/02/23 15:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q町村 「まち・むら」「ちょう・そん」

 自治体の名称で、「町村」を「まち・むら」と呼ぶか「ちょう・そん」と呼ぶか、それぞれの地元で呼び方がありますが、これに法則はあるのでしょうか。

 沖縄などは「ちょうそん」で統一されているみたいですが、京都や大阪は「町」が「ちょう」のくせに「村」が「むら」(南山城村と、千早赤阪村と一つずつだけれど)です。
 さらに、京都はみんな「ちょう」なのかと思えば「向日町」(現在は向日市)は「むこうまち」(駅名と競輪場がのこっている)です。
 みなさんの地元で、こういう法則がある、と思われる方、情報をおねがいします。

Aベストアンサー

 これは私も昔から疑問をもっていて、自治省(当時)発行の「全国地名一覧」(←正確にこの名前だったか、定かではありませんが)で調べたことがあります。この本は東京の都立図書館にありました。
 確かに、ある程度の法則性があるようです。
 私は関東の出身ですが、関東1都6県と新潟、長野、東北では青森、秋田、山形、福島の各県では、「町」はすべて「まち」と読みます。それで私は子供の頃、自治体の「町」はすべて「まち」と読むのが正しく、「ちょう」と読むのは、間違いだと信じていました。アナウンサーが例えば栃木県那須町を「なすちょう」と読んだりすると、ものすごく違和感を感じたものです。それは今でも変わりません。多分、都会出身のアナウンサーが有楽町、兜町などからの連想で、誤ってそう読んでいるのだろうと思っていました。私の感覚では、町長、議会などがあり、小中学校を設置し、小さいながらも一応、都市としての形を備えた「町」は「まち」と読む方が重厚な感じがして相応しく、「ちょう」というのは、有楽町など、都市の一角を指す言葉で、かなり軽い感じがすると思っていました。自治体の「町」で「ちょう」と読む所もあると知ったのは、かなり成長してからでした。
 一般に西日本では「ちょう」、東日本では「まち」と読む傾向があるようですが、九州でも福岡、熊本ではすべて「まち」、北海道ではすべて「ちょう」、宮城、岩手でも一部は「ちょう」と読んでいます。静岡ではすべて「ちょう」(例えば函南町、中伊豆町など)と読むので、神奈川、静岡間が一応、東西の境界なのかもしれないと、私は思っています。
 なお念のため申しますが、ここで「町」というのは、例えば神奈川県箱根町、東京都大島町、栃木県那須町など、自治体名としての「町」のことです。市町村をさらに小分けした、単なる地名(大字、小字に相当するもの)としての「町」は別です。
 市町村をさらに小分けした「ちょう」の中には、「町」でなく「丁」という字を使う所も、昔はあったようです。(今もあるかどうかはわかりませんが。)例えば仙台では、武士の住む地域を「丁」、町人の住む地域を「町」と言って使い分けていたようです。ただし、これも今では、例えば「片平丁」が「片平一丁目」などと変えられてしまい、「丁」と「町」の区別はなくなってしまったようです。
 「村」は沖縄ではすべて「そん」ですね。これにはちょっとカルチャーショックを受けました。東日本では多分、「村」はほとんど「むら」だと思いますが、私の知っている例では、唯一、東京都新島本村が「そん」と読んでいるようです。
 多少ともお役に立ちましたでしょうか?
 

 これは私も昔から疑問をもっていて、自治省(当時)発行の「全国地名一覧」(←正確にこの名前だったか、定かではありませんが)で調べたことがあります。この本は東京の都立図書館にありました。
 確かに、ある程度の法則性があるようです。
 私は関東の出身ですが、関東1都6県と新潟、長野、東北では青森、秋田、山形、福島の各県では、「町」はすべて「まち」と読みます。それで私は子供の頃、自治体の「町」はすべて「まち」と読むのが正しく、「ちょう」と読むのは、間違いだと信じていました。アナウン...続きを読む

Q土星の衛星「パン」と「レア」の土星の中心からの距離はそれぞれ土星の2 .2倍と8.8倍である。「レア

土星の衛星「パン」と「レア」の土星の中心からの距離はそれぞれ土星の2 .2倍と8.8倍である。「レア」の公転周期は「パン」の公転周期の何倍か。

Aベストアンサー

No.2です。

>難しい計算(>_>).。oஇ

難しくないです。
(1)万有引力の法則
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/mech/bannyuu/bannyuu.html
http://www.buturigaku.net/main01/Mechanics/Mechanics17.html

(2)回転運動の向心力、遠心力
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/mech/enn/kousinn.html


しかも、No.2では、この計算を実際にしているわけではなく、「パン」と「レア」の「比率」を計算しているだけです。
土星の質量や「万有引力定数」の値は相殺して消えるので使っていません。

Q数学「I」II「II」「III」「A」「B」「C」の違いについて

数学には、「I」「II」「III」「A」「B」「C」というような
いろんな種類がありますが、そもそもどうしてこのように
分かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

文部科学省が「学習指導要領」で決めています。

指導要領が変わると、「I」「II」「III」「A」「B」「C」の区分も変わったりして、迷惑な話です。

参考URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301/03122603.htm

Q「お」のつく地名

 奈良と大阪の境にある生駒山・葛城山付近で「お」のつく地名を探しています。今、探し出しているのは、「富雄」「藤尾」「八尾」「平尾」「箸尾」です。駅名、かつてそう呼ばれていた、などでも結構です。ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大阪府枚方市に長尾という地名があります。
生駒山付近にはならないかもしれませんが、参考までに長尾の地図をマピオンで
引っ掛けましたので貼り付けておきました。

参考URL:http://www.mapion.co.jp/c/f?el=135/43/02.368&scl=500000&coco=34/49/39.781,135/43/01.247&pnf=1&sfn=all_maps_00&uc=1&grp=a


人気Q&Aランキング

おすすめ情報