先日「十三番目の陪審員」を読んで、非常に楽しく読めました。
このように検察側と弁護側の裁判対決が描かれている小説(出来れば、日本人作家によるもの)を教えてください。
過去の質問で検索したところ、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1481198 …
が出てきたのですが、赤かぶ検事シリーズを除いていずれも近所の図書館には置いていないようなので、これらの本以外でお願いします。

赤かぶ検事シリーズは「しゃくなげの里殺人事件」を読んだのですが、裁判シーンはなくちょっとガッカリでした。どの作品が裁判物なのでしょうか?

A 回答 (2件)

「量刑」はいかがですか。


夏樹 静子 / 光文社 から出版されております。

私も以前、読んだのですが、おもしろくてすぐに読み終わってしまいました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答、有難うございます。
近所の図書館に置いてあるようなので、週末に借りに行きます。

お礼日時:2006/06/22 20:44

映画の原作なら


横山秀夫「半落ち」
レジナルド・ローズ/額田やえ子訳「十二人の怒れる男」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
「半落ち」の方は図書館のHPで検索したら、人気作品のようで貸し出し中でした。時間をおいて借りに行きます。
「十二人の怒れる男」は残念ながら、近所の図書館には置いてないようです。機会があれば読んでみます。

お礼日時:2006/06/22 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法廷ミステリー小説

私はまったく小説を読んだことがなかったのですが、先日小説を読む機会があり、東野圭吾さんの『悪意』がとても面白く、印象に残っていましたので、先日ここで皆さんに、いろいろ東野さんの本を紹介していただきました。

あと、和久さんの『赤かぶ検事奮戦記』などの法廷ものも結構面白かったので、何かおすすめの法廷ものがあれば、教えてください。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中嶋博行さんの作品はけっこう好きで読んでます。
確か、今でも現役の弁護士さんだったと思います。

最近では上戸彩主演のドラマ「ホカベン」の原作者としての方が有名かも知れません、江戸川乱歩賞を取った頃の作品は、重厚で本格的なものが多く、お薦めです。

・検察捜査(乱歩賞受賞作)
・違法弁護
などなど・・・。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%92%86%93%88+%94%8E%8Ds&x=16&y=16

Q裁判or人権or法律を題材とした小説

裁判か人権か法律を題材とした小説を探しています。
本について無知な私は、島崎藤村の「破戒」くらいしか思いつかなかったのですが、言葉も古く、長い小説なのでどうも手がでませんでした。
よければ分かりやすく、面白い小説を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

「量刑」夏樹静子

出版社/著者からの内容紹介
アートフラワーに隠された濃紺の風呂敷包みを届ける途中、上村岬は母娘を車ではねた。「たとえどんな事態になっても、必ず俺が助けてやる」愛人・守藤秀人の言葉で岬のためらいは消えた。殺人と死体遺棄容疑、自首目前の逮捕、示談の決裂、死因鑑定の揺れ。法壇と傍聴席の背後には不穏なさざ波が。量刑に厳しいと評判の神谷裁判長は審理の帰趨をどう判断するのか。

☆★☆

少し調べたら他にもこんな作品がありました。
(未読ですので、お勧めかどうかはわかりません)

裁判員法廷 芦辺拓
十三番目の陪審員 芦辺拓
犯意-その罪の読み取り方 乃南アサ
家族 小杉健治
死刑基準 加茂隆康
陪審法廷 楡周平
陪審15号法廷 和久峻三
京女殺人法廷-裁判員制度元年 姉小路祐
検察審査会の午後 佐野洋
裁くのは僕たちだ  水原秀策

小杉健治さんは他にも法廷ものの作品が多数あり、
和久峻三さんは弁護士でもあります。
テレビドラマ「赤かぶ検事シリーズ」の原作で有名。

Q弁護士が主役の小説を探しています【ただし日本限定】

弁護士が主役、もしくは現役の弁護士の方が書かれたエッセイでも構いません。
フィクション、ノンフィクションを問わず、弁護士の実態がわかる書籍を探しています。
ただし、日本のということを前提でお願いします。

これがいいというお勧めを教えてください。

またHPなどでもお奨めがありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

佐々木知子「恋文」(角川文庫)
他に「少年被疑者」(角川文庫)「日本の司法文化」(文春新書)などの著書アリ。

元東京地検室長検事で作家で弁護士で参議院議員です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報