先日「十三番目の陪審員」を読んで、非常に楽しく読めました。
このように検察側と弁護側の裁判対決が描かれている小説(出来れば、日本人作家によるもの)を教えてください。
過去の質問で検索したところ、
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1481198 …
が出てきたのですが、赤かぶ検事シリーズを除いていずれも近所の図書館には置いていないようなので、これらの本以外でお願いします。

赤かぶ検事シリーズは「しゃくなげの里殺人事件」を読んだのですが、裁判シーンはなくちょっとガッカリでした。どの作品が裁判物なのでしょうか?

A 回答 (2件)

「量刑」はいかがですか。


夏樹 静子 / 光文社 から出版されております。

私も以前、読んだのですが、おもしろくてすぐに読み終わってしまいました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答、有難うございます。
近所の図書館に置いてあるようなので、週末に借りに行きます。

お礼日時:2006/06/22 20:44

映画の原作なら


横山秀夫「半落ち」
レジナルド・ローズ/額田やえ子訳「十二人の怒れる男」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
「半落ち」の方は図書館のHPで検索したら、人気作品のようで貸し出し中でした。時間をおいて借りに行きます。
「十二人の怒れる男」は残念ながら、近所の図書館には置いてないようです。機会があれば読んでみます。

お礼日時:2006/06/22 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報