夫婦で生命保険等の見直しを考えています。生涯の核となるような保険を検討したいのですが、どのように見直しをしたらよいのかアドバイスをいただきたいです。
家族構成:夫(29歳・会社員)・妻(26歳・会社員)
現保険:夫-医療保険 5年(平成10年加入安田火災ひまわり生命);死亡時100万円 生存給付金(5年)20万円 入院給付金1万円(6,720円/月)
会社の医療保険 1年;入院給付金5千円/日 死亡時500万円(3,545円/月)
終身保険600万円ほどの加入を検討しております。医療保険について見直しを考えてますが、喘息もちです(ここ6年くらいは、通院・治療はしておりません)。
”会社の”というのは、会社で団体扱いでGEエジソン(将来的に今の会社に勤務しつづけるかはまだ未定です)。
現保険:妻-生存給付金付定期保険(平成8年加入、15年定期第一生命)死亡時主契約分300万円 特約分900万円 傷害特約100万円 災害・疾病・女性特約疾病入院時5千円/日 給付金30万円/3年毎(12,880円/月)
都民共済;交通事故死亡時1,500万円 病気死亡時600万円 交通事故入院時7,050円/日 病気入院・通院時2,250円/日(3,000円/月)
終身保険500万円程の加入を検討しております。第一生命の保険については、来年加入後6年となるので給付金を貰って解約・見直しを検討してますが、以前検査を受け(保険加入後のH12年です)嚢胞腎と診断され、現在は診察・手術等の治療の予定はありませんが、経過観察のみを行っている状態です。新たに医療保険に加入できればしたいのですが、出来ない可能性のほうが高いかと思っておりますので、保証を減らそうかと思っおります。
上記のような場合、無条件条件付でも加入できる保険があるのであれば、他の保険でも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

転換の際には、今度は診査が必要になります。



診査の代用に会社で健康診断した証明書や(保険会社が指定する)病院での検診でも平気です。

普通の診査ですと口頭で質問に答えるだけなので5分位で終了します。

そして件数の事なんですけど、これは営業の人の利益の問題で、全部の保険には「基準成績」といったノルマになる部分があって、できれば1件プランで契約を取りたいのです。

例えば

スキップ1000万の基準成績=300万

基準成績300万以上=1件
基準成績300万以下=0.5件

新契約の場合大抵の契約は1件になるのですが
転換の場合、下取り契約の基準成績部分の関係から
1件プランにしようとすると思いっきり保険料が高くなったりします。

そこでどうしてもお客様から「保険料が高すぎるから無理!」と言われたらこれは仕方がない、何も取れないんだったら、0.5件で作成し直すか・・・

件数の意味はこんな感じですが、もっとも良心的な人はお客様の事を考えて初めから0.5件プランを提示しますので、信頼のおける営業の方がいればいいですね。

私の書いた事が意味不明?!だったらまた補足しますね!
    • good
    • 0

奥様の生存給付付定期保険(スキップ)は残念ながら買い増しは出来ませんし、満期がきて保障終了なので終身保障もありません。



先程のお礼の内容の終身保険への移行(転換)は可能です。今の保険(スキップ)を下取りと言う形になります。新たに加入するより安く入れます。終身の商品名はエスコートです。

来年給付金を頂いてからの転換をお勧めします。そして転換になりますと、自分の希望する終身保障額は無理なんです。転換設計を作成してみないとそれはわかりません。

営業の方に頼めば作成してもらえますが、多分転換の1件プランを提示してくると思うので、(営業の人の利益の為にはまず1件プランを勧めてくる)

もし、保障額と保険料が高すぎるな~と思ったら「それは最低の1件プランですか?」もしくは「0.5件の最低で作ってくれませんか?」など、こんな感じで言ってみるといいです。

あとは、例の終身移行(買い増し)ができる保険は、堂堂人生シリーズの定期付終身保険だけです。こちらの保険にも転換は可能ですが、ほぼ掛け捨てタイプなので、あまり・・・お勧めはできないです。(安く大きな保障を確保したい人向け)

もうご存知の通り私は営業なんですけど、27日に退社するんです。また気になる事があれば、遠慮なく相談してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chewaisenさん、アドバイスありがとうございます。もう少しだけ教えて下さい。生存給付付定期保険(スキップ)から終身保険への移行(転換)する場合、やはり審査は必要になってくるのでしょうか?あと、「1件プラン」「0.5件プラン」というのは、どのようなものなのでしょうか?
質問ばかりで、申し訳ありません。

お礼日時:2002/02/27 10:55

まず、ご主人様の死亡保障が少ないですね。


長く生きる事を前提にしてるのでしょうか?
今やこの先の事を念頭に入れてないのなら終身保険をお勧めします。

ただ終身保険は貯蓄性が高いので定期保険と比べると保険料がかなり高くなりますが、それはご存知ですか?

奥様が第一に加入との事で、第一の内容をお話しますが、今の定期付終身保険は保険料払い込み終了後に診査なしで

終身保険が買い増しできたりしますので終身部分を厚くしながらも少しは定期保険をつけるといいかと思います。旦那様の今の保険(ひまわり)はもう少しで満期ですよね、満期になった後にでもご検討してみてはどうでしょう。

奥様の保険はスキップ(生存給付金付定期保険)でしょうか、給付金を頂いてからの転換か解約でいいと思います。

どちらにしてもその病気で加入できるかどうかを確認する事が必要です。

入る前に「この病気で加入できるか調べて欲しい」と営業のかたか保険会社のほうに言ってみてください。

加入の診査ではなく事前の審査です。一箇所で無理だといわれたらどこの保険会社も無理です。

もし加入できないようだったらその保険はそのまま継続してください。(減額も良し)

そして都民共済・・・これはいらないと思います。2人の加入している保険で十分です。

一度保険会社の人に設計書を作成してもらって検討してみてください。参考までに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり、主人の死亡保障が足りないようですね。主人の保険は、独身時代のもので加入の際特に検討はしてなかったようです。
私が現在加入している第一生命の保険は、定期付き終身保険ではなく、定期保険に特約が付いているものなのです。そのような場合、アドバイスをいただきました、買い増し等は出来ないのでしょうか?(終身保険に切り換える等は、無理ですかね・・・)。確認してみようと思います。

お礼日時:2002/02/25 15:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療保険の比較検討について

医療保険の比較検討について

45歳の家内の医療保険についてお伺いします。

色々と保険指南本を読みますと、ライフネット生命保険は保険会社が手数料として受け取る付加保険料を低く設定しているとのことでした。保険業界で初めて保険にかかるコストを公開したとのことです。詳しいことはわかりませんでしたが、共感できる企業だと思いました。
しかしながら、じっくり具体的に検討してみますと疑問を持ちました。

ライフネット生命の医療保険(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ、総入院日数1095日まで、手術給付金無し)では月額2319円。
アフラック生命の医療保険新エヴァー(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ、総入院日数1095日まで、手術給付金2.5-20万円、放射線治療給付金5万円、先進医療一時金5万円、)では月額2255円。
でした。素人目に見てもアフラックの方が保険料は安くて、内容も充実しているように思います。

何か抜けている視点はあるでしょうか?この2商品に関してはアフラックの方が良いじゃないかという、小生の考えはいかがでしょうか?

よろしくお願いします。

医療保険の比較検討について

45歳の家内の医療保険についてお伺いします。

色々と保険指南本を読みますと、ライフネット生命保険は保険会社が手数料として受け取る付加保険料を低く設定しているとのことでした。保険業界で初めて保険にかかるコストを公開したとのことです。詳しいことはわかりませんでしたが、共感できる企業だと思いました。
しかしながら、じっくり具体的に検討してみますと疑問を持ちました。

ライフネット生命の医療保険(終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日...続きを読む

Aベストアンサー

shibaryutaさん

・奥様(45歳)の終身医療保険
・終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ
・ライフネット生命の医療保険 月額保険料2319円
・アフラック生命の医療保険新エヴァー 月額保険料2255円
・この2商品に関してアフラックの方が良いと思うがいかが?

この2商品で比べると、shibaryutaさんのお考えで問題ないように思います。

他の方も書いていましたが、医療保険選びにまず「商品」を先に考えるのではなく、どんな保障内容を重視するかを最初にお考えになったほうがよろしいと思います。

・1回の入院で何日まで保障してもらうか→ nn日
・入院1日あたりいくら保障してもらうか→ 5000円
・保障してもらう期間をいつまでにするか→ 終身(一生涯)
・支払う期間をいつまでにするか→ 終身

他にいろいろな「有料のオマケ」を付けている商品がありますが、まず以上の4項目について何を選択するか考えてみたらいかがでしょう。

保険会社は、単純な比較をさせづらくするため、余分な保険料を払わせるために、「有料のオマケ」を勝手に付けています。私たちは、「有料のオマケ」を見せられてしまうと、こんなオマケも良い、あんなオマケも欲しいなどと考えてしまいがちです。

しかし、そもそも、どんなことを重視して保険を契約するのかを考えてみたらいかがでしょう。
後田亨さんという方は、『「保険に求めるもの」を「足し算」』で考えるのではなく、「引き算」で考えることを勧めています。
(asahi.com「損をしたくないなら「引き算」を」)
http://www.asahi.com/health/seiho/TKY200809100176.html

また、入院した時には、民間医療保険が主な対処方法ではありません。公的保障である「高額療養費制度」により、入院しても実際の1ヶ月あたりの自己負担額は10万円程度です。
民間医療保険がしてくれることは、入院したときに「給付金」という「お金」を払ってくれることだけです。極論すれば10万円の貯蓄があれば、保険料を負担して民間医療保険を契約しなくても1ヶ月の入院に対処できるということです。
「教えて!goo」で、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5430092.html の回答No.5の私ucosmosの回答もご参考にしていただけると幸いです。

どんな保障内容を重視するかをお考えになった上で、実際の商品比較をしてみてください。
週刊ダイヤモンド2010/3/20号で、「1入院限度日数」が60日、120日、180日ごとに終身医療保険商品の比較をしています。図書館などで探してみてください。
また、60日保障の終身医療保険商品が中心ですが、かづな先生の終身医療保険比較 http://www.fp-kazuna.com/medical-case/shushin.html で商品比較があります。

最後になりますが、ライフネット生命が「保険にかかるコストを公開した」ということについて、保険営業員は好意的ではありません。
なぜならば、保険営業員を使って保険加入させる商品は、平均すれば高コストであることがわかってしまう、ネットを通じて保険加入されてしまうことで、自分たちの仕事が奪われてしまう、こんな理由からだと推定しています。

ではなぜ、shibaryutaさんが比較した2商品では、アフラックのほうが安かったのか。
以下は私の推定です。
保険各社は、コストに一定率の経費を上乗せして保険料を決めているだけではなく、戦略的に保険料を決定してもいる。
特定の商品だけは戦略的に割安にする。経費を多めに積みやすい他の商品で取り返す。
20歳代、30歳代を中心に割安にする。他の年代は割安感は薄くする。

shibaryutaさん

・奥様(45歳)の終身医療保険
・終身払い、1回の入院給付金1日目から5000円、1入院限度日数60日タイプ
・ライフネット生命の医療保険 月額保険料2319円
・アフラック生命の医療保険新エヴァー 月額保険料2255円
・この2商品に関してアフラックの方が良いと思うがいかが?

この2商品で比べると、shibaryutaさんのお考えで問題ないように思います。

他の方も書いていましたが、医療保険選びにまず「商品」を先に考えるのではなく、どんな保障内容を重視するかを最初にお考え...続きを読む

Q保険の見直し(アフラックのEVERとガン保険/死亡保険)について。

主人26歳の保険の見直しを考えています。

今現在は県民共済の6,000円タイプに加入しています。
主人がガン家系の為、ガン保険の加入と終身で保障してくれる
医療保険に加入しようと思っています。

先日、アフラックで見積もりを出してもらいました。
■「EVER払い済み(4,340円)」+「長期入院特約1万円(1,998円)」

■「ガン保険フォルテ ライフサポート年金25万円付(2,756円)」

月額支払額合計 9,094円

以上の保険に加入しようと考えています。アフラックの保険は
評判はどうなのでしょうか?ガン保険に関してはとても良いとの
評価を見るのですが医療保険はどうなのでしょうか?


死亡保障は主人の会社の団体保険に加入していて

■死亡時3,000万円(年払い58,200円)

35歳までは、この金額で加入できます。35歳を過ぎると5年毎に
支払い額が増えますが、30歳前半で家を建てる予定でいますので、
死亡保険の金額を下げる予定でいます。

こちらの団体保険は、保証が70歳までで私としては充分だと思って
いたのですが、母に「できれば死亡保険も終身タイプのほうが良い」
と言われ悩んでいます。

子供を作る予定はありませんし、さすがに70歳になる頃には蓄えは
あると思うので、医療保障さえしっかりしていれば大丈夫だと思って
いましたが、やはり死亡保険も終身タイプのほうが良いのでしょうか?

長々と質問してしまい、すみません。アドバイスよろしくお願い致します。

主人26歳の保険の見直しを考えています。

今現在は県民共済の6,000円タイプに加入しています。
主人がガン家系の為、ガン保険の加入と終身で保障してくれる
医療保険に加入しようと思っています。

先日、アフラックで見積もりを出してもらいました。
■「EVER払い済み(4,340円)」+「長期入院特約1万円(1,998円)」

■「ガン保険フォルテ ライフサポート年金25万円付(2,756円)」

月額支払額合計 9,094円

以上の保険に加入しようと考えています。アフラックの保険は
評判はどうなのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

>保証が70歳までで私としては充分だと思っていたのですが
必要保障額を算出して、その推移を見ればはっきりしますので、保険代理店などで作成してもらえばいいと思います。その上で必要な分だけ終身保険にすれば良いと思います。

何より根拠があると安心できますし、今後の貯蓄の計画(目標)も立てやすいですよ。また、お母様にも説明しやすいのではないでしょうか。


>医療保障さえしっかりしていれば大丈夫だと思っていましたが

ご質問の意図と違うところなのですが、気になったので。「お子さんのご予定はない」というのを文面通り受け取っていいのでしょうか。(違ったら流して下さい。)医療保障も大事なんですが、将来、お子さんがいないという事は、介護の心配がないでしょうか。

お二人が健在の内は、どちらかが助ける事も可能かもしれませんが、それも高齢になると限界があります。また、どちらかが残された後は他人に頼らざるをえないでしょう。いつかは介護保険もご検討された方がいいかもしれません。

Q「私にうれしい医療保険」の特徴は?

アメリカンホームの「私にうれしい医療保険」について、他の医療保険と比較した調書と短所を教えて下さい。

Aベストアンサー

長所
自分が心配と思える保障だけ選べるので保険料が安く済む。

短所
http://www.americanhome.co.jp/frameworkservlet/faq.html

こちらにある医療の保険Q001を見てください。
これが短所です。
「10年更新タイプで最長80歳まで継続可能」
今新しく医療保険に加入を検討されてる方が望んでるのは、入った時と保険料が変らず、一生涯保険が(81歳でも90でも100でも自分が生きてる限り)続けられる終身医療保険です。

Q医療保険 入院日額1万円→5千円のに2つ入るのは?

医療保険、検討中、28歳主婦です。
まず日額が1万円必要なのか…?というのが疑問です。
まぁ、人それぞれであり、あるに越したことない?ですよね??
そこで、日額5千円のもの(違う会社のもの)に2つ入る、というのはいかがなのでしょうか?その場合、1入院日数も60日のと120日(180日)の2パターンにするのがいいかなぁと思っています。また、将来の状況に応じて最悪1つやめることもできますよね。こういう入り方はどうなのでしょうか?間違っている?損?無意味?なのでしょうか?

例えば…
【エバーハーフ】
    +
【Dr.ジャパン】or 【全労災】or 【ソニー生命】
保険に関して本当に素人なので…変な質問ですみません。
このほかに、良い保険や組み合わせのものがありましたら教えてください。皆様からのアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

複数に分けて加入する事は間違っていませんし、ある意味正しい考え方です。
1日目からとか1泊2日から保障される商品が増えましたが、そんな短期の保障はいらないといわれる人がいるのも事実です。

例えば1本は1日目からの保障で、もうひとつは5日目からなどと必要に応じて設定する事も可能です。
また現行の老人保険制度を考えたときにひとつは終身保障でもうひとつは60(65)歳までとするのもいいでしょう。

欠点としては、まず保険料が1本の方が割安ということ。そして契約時や保険金請求時の手続きが複数になることですね。

分け方としては複数社に分ける方法もありますし、同じ商品で条件を変えるなどして複数契約する方法も考えられます。

個人的には同じ扱い者から加入する事をお勧めします。分割する意義を理解し、受け取り時の手続きも忘れないでやってもらえると思います。扱い者といってもプロ代理店などがいいですね。

どちらを選択されても、それぞれにメリットデメリットがあります。よく考えて判断しましょう。

Q医療保険の先進医療特約についてお詳しい方がいらっしゃいましたら教えてく

医療保険の先進医療特約についてお詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

現在先進医療付医療保険を検討しています。
医療保険は最小限で、先進医療特約は高め(1,000万を想定)の保険を探しています。

私の調べた限りでお手ごろなのは

オリックス:1,750円
アフラック:1,750円
損保ジャパンひまわり:1,730円

なのですが、他にもっと安く先進医療の保証を付与している保険などありましたらご教授頂けると幸いです。

また3保険の単純比較すると微小ながらひまわり生命が価格的に良いと判断しますが、
先進医療以外の保証内容を考慮した全体で考えると、オリックス、アフラック、あるいはその他の保険商品のほうが
良いのでは?と言った内容のご意見がありましたら是非お聞きしたく、こちらも教えて頂けると幸いです。

乱筆で恐れ入りますがどうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(Q)先進医療目当てじゃないと、貯蓄と健康保険上限を考えると
医療保険は入る必要性が無くなってしまうのですが(笑)

(A)健康な人は、病気になった自分が想像できません。
それが、普通なのです。
では、統計上は、どうなっているのか?
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/02.pdf
高齢になると、受療率が格段に上がっているのがわかります。
つまり、若い頃は、入院することが例外だったのですが、
高齢になれば、入院を経験することが普通なのです。

ついでに、70歳~74歳で、10万人当たりたった2200人と
思わないで下さい。
2200人×365日÷50日(70歳以上の平均入院日数)=16,060
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf
つまり、この世代の人は、10万人当たり16,000人が入院を
経験することになります。
5年間では、8万人
つまり、70歳~74歳の人は、10人中8人が入院を経験して、
その平均入院日数は50日……

つまり、入院するのが普通となれば、次に怖いのは、入退院を
繰り返すということです。
残念ながら、入退院を繰り返すことの統計はありませんが、
十分にあり得る話です。

高額療養費制度の上限は、
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
ですが、これはある月の1日~末日までです。
平均50日ということは、半数以上の人はこれを超えるということです。
今日、6月4日に入院した人の50日目は、7月23日。
例えば、60日入院すれば、8月2日となります。
つまり、医療費の上限は、
6月、7月、8月の3ヶ月分となり、それぞれ8万円でも、
合計24万円になります。
入院食事代や雑費を考えれば、30万円は軽く超えるでしょう。
もし、看病をしてくれるはずの配偶者が、要介護状態だったら
どうしますか?
介護保険には、上限がありません。
月に10万円ぐらいは、あっという間です。
(ちなみに、私の母は要介護度5で、月に15万円の自己負担です)

決して、想像できないほど悲惨な状況ではなく、
簡単に起きそうな状況だと思います。

これが、1回で終われば、「よかったね」で終わります。
でも、入院で体力が落ちるので、次から次へという状況になる場合も
あるのです。

医療保険とは、1回の入院に備える保険ではなく、
長期入院となり、しかも、それを繰り返す状態になる……
これが、死亡保険の万一に相当する、医療保険で言う万一です。

年金生活になり、預貯金頼りになったとき、病気がちで
医療費に貯蓄が減っていくのを厳しいと、私は、思っています。
面白いデータがあります。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0491.pdf
10ページをご覧下さい
日本では、年齢が高くなると、貯蓄額が増えるのです。
先進国で、こんな国は、日本だけです。
年金制度が充実しているから?
いえいえ、実態は、「高齢者は怖くてお金が使えない」
と言われているのです。

つまり……
介護保険には上限がないので、充実した介護を受けようとすれば、
月に10万円単位のお金が必要。
それが、いつまで続くかわからない。
医療費も上限があるけれど、月に5万円が毎月かかれば年間60万円。
それが、10年続けば600万円。
つまり、高齢になれば、そんなことが現実に思えるから、
お金を手放せないのです。

医療保険は、安心を買うことでもあるのです。

最後に……
先進医療は、受けられる確率は低いですが、その分、
保険料も安いので、検討する価値はあると思います。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)先進医療目当てじゃないと、貯蓄と健康保険上限を考えると
医療保険は入る必要性が無くなってしまうのですが(笑)

(A)健康な人は、病気になった自分が想像できません。
それが、普通なのです。
では、統計上は、どうなっているのか?
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/02.pdf
高齢になると、受療率が格段に上がっているのがわかります。
つまり、若い頃は、入院することが例外だったのですが、
高齢になれば、入院を経験することが普通なのです。

ついでに、70歳~74歳で、1...続きを読む

Q生命保険、医療保険、学資保険の見直し/加入について

教えていただきたいことがあります。
我が家は私38歳(会社員)、妻38歳(専業主婦)、
子供6歳(小学1年生)、双子の女の子(生後2ヶ月)の家族構成です。
家族が増えたので、現在かんぽの生命保険(医療保障含む)と学資保険に
加入しているのですが、すべて解約して、
別の生命保険、医療保険、学資保険に加入しようとしています。

生命保険は、私の死亡保障。(約1万)
医療保険は、日額1万、60歳払込済で終身。(約1万)
学資保険は、貯蓄重視で、年金不要。(約1万×3人分))
※妻の生命保険は、病気があるので、解約しないで
 そのままにしておきます。(見直しなし)

我が家にオススメの保険会社、商品がありましたら教えてください。
また、「我が家はこんな保険に入ってます」という回答もお待ちしてます。
皆様の意見を参考にさせてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご主人さまの医療保険はひまわり生命の健康のお守りです。日額1万円60日
、手術10,20,40万か 手術見舞金5万。先進医療。60歳払済。月払7287円。
6歳のお子様の学資はそのままで、双子の女の子はあんしん生命の長割終身、
保険金300万、17年払済。月9423円 払込(9423×12×17=1922292円) 解約返戻金2094600円です。ご主人の死亡保障は質問からはよくわからないのでお答えできません。

Qアメリカの医療保険制度

アメリカの医療保険制度ってどうなっているのですか?
アメリカの医療保険制度の中身と、日本との比較で教えていただきたいのですが。
しかし、レポートなどではないので、論文のようにならなくてもいいです。
今度アメリカに行きたいのですが、その部分について不安がありまして。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに住んでいます。
#1さんも書かれていますが、国民健康保険のような制度はありませんので、
日本で、個人個人が生命保険に加入するのと同じように、
個々が自分の求める保証やサービスに応じて、保険を選んで加入します。

私は、渡米時、妊婦でしたので、妊娠もカバーされる保険に加入しました。
(妊娠してから加入できる保険は、掛け金がかなり高額です)
月々の掛け金は、700ドルくらいだったと思います。
旦那は月200ドルくらいの保険に加入していました。
ウチは、旦那の職場を通して保険に加入し、職場の方でいくらか負担してくれたので、
毎月200ドルに満たない額が天引きされていました。

医師は保険会社と提携している医師にしかかかれません。
保険に加入すると、提携している医師のリストが送られてきます。
その中から、自分の条件に合った医師をホームドクターに選びます。
病気で医師にかかる際には、必ずホームドクターにかかります。
専門医の診断が必要な時は、ホームドクターから紹介状を書いてもらってから受診します。

私の友人は、急病で病院に駆けつけた時、
「この保険では、ウチの医療は受けられません」と断られた時があります。


保険の事は、全て旦那に任せていたので、
詳しくはわかりませんが、私の場合は、こんな状態です。
ライフ(海外生活)カテに質問した方が、回答が付くと思いますよ。

アメリカに住んでいます。
#1さんも書かれていますが、国民健康保険のような制度はありませんので、
日本で、個人個人が生命保険に加入するのと同じように、
個々が自分の求める保証やサービスに応じて、保険を選んで加入します。

私は、渡米時、妊婦でしたので、妊娠もカバーされる保険に加入しました。
(妊娠してから加入できる保険は、掛け金がかなり高額です)
月々の掛け金は、700ドルくらいだったと思います。
旦那は月200ドルくらいの保険に加入していました。
ウチは、旦那の職場を通...続きを読む

Q現在加入しているがん保険の見直しと医療保険の加入について

現在29歳、独身の女です。
11月に30歳を迎える前に、現在加入しているがん保険の見直しと、
新たに医療保険に加入しようと思っています。

(1)がん保険の見直しについて
現在加入しているがん保険の内容↓
アフラック「スーパーがん保険」(終身保障、終身払い) 1,600円/月
診断給付金:65歳未満100万円 65歳以上50万円
入院給付金:1日につき1.5万円
在宅療養給付金:1退院につき最高20万円
通院給付金:65歳未満5千円 65歳以上2.5千円
死亡保険金:65歳未満150万円 65歳以上75万円
死亡払戻金:65歳未満15万円 65歳以上7.5万円

上記保険は、就職したばかりの時にろくに保障内容を確認せずに入ったものです。
特約を付けるか、新たにがん保険に加入して下記点を補いたいと思っています。
・65歳以上で保障額が半額になる。
・手術の保障がない。
・上皮内がんは保障の対象外。
月々の保険料は3,000円以内が希望です。

(2)医療保険の加入について
現在勧められている保険の内容↓
損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」(終身保障、終身払い)6,633円/月
1入院:120日
日額:1万円
手術給付金:10・20・40万円
手術見舞金:5万円
特約:女性疾病(5千円/1日)、三大疾病入院一時金(50万円)、先進医療特約(通算限度額1000万円)

上記保険は保障内容は大変満足していますが、
月々の保険料は5,000円程度に抑えたいと考えています。
(本当は60歳払いが希望ですが、保険料が上がる為終身払いで設計してもらいました。)
上記保険の削っても問題ないところを削り、支払い額を減らすか、
同等の保障内容で他の保険にするか迷っています。

上記内容の見直すべき点やおすすめのプランがあれば教えてください!
よろしくお願いします!!

現在29歳、独身の女です。
11月に30歳を迎える前に、現在加入しているがん保険の見直しと、
新たに医療保険に加入しようと思っています。

(1)がん保険の見直しについて
現在加入しているがん保険の内容↓
アフラック「スーパーがん保険」(終身保障、終身払い) 1,600円/月
診断給付金:65歳未満100万円 65歳以上50万円
入院給付金:1日につき1.5万円
在宅療養給付金:1退院につき最高20万円
通院給付金:65歳未満5千円 65歳以上2.5千円
死亡保険金:65歳未満150万円 65歳以上75万円
死亡払戻...続きを読む

Aベストアンサー

がん保険
スーパーがん保険に、「充実パック」を付加して、「ご契約者のためのがん保険フォルテ」を新たに契約するという手もありますが、新規に契約しなおすことをお薦めします。
理由は……
3つの保険を抱えるよりも、一つにまとめた方がシンプルでしょう。
200Sならば、29歳女性で、月払保険料3060円なので、ほぼ希望に近い。
現在、1600円を支払っているので、負担増は1460円である。
理由にはなりませんが、スーパーがん保険には、解約払戻金があります。

医療保険
損保ジャパンひまわりの健康のお守りで、良いとは思いますが……
先進医療以外の特約は必要ですか?
女性疾病:
女性疾病だから医療費が高額になるということはありません。
初診料も入院基本料も同じです。そもそも、高額療養費制度があります。
ならば、1万円の基本保障に、さらに5000円をプラスする必要性は低いと思います。
三大疾病:
がんは、がん保険に契約するので、がん保険で十分カバーできるはず。
脳卒中と急性心筋梗塞の2つの必要性ですが……
急性心筋梗塞は、実際の入院期間は短く、高額療養費制度があり、退院後に特別なリハビリや通院があるわけではないので、意外とお金がかかりません。
脳卒中は、長期の入院となる可能性が高い疾患です。
しかも、退院後もリハビリなどで通院する、要介護状態となってヘルパーを頼むなど、お金がかかりやすい疾患でもあります。
となれば、必要性が高いのは、脳卒中だけです。
保険料も1000円近いので、家計に余裕があれば良いのですが、節約したいとのことですから、ここは、節約の方に軍配を上げたいです。
1000円×12ヶ月×40年=48万円

ご参考になれば、幸いです。

がん保険
スーパーがん保険に、「充実パック」を付加して、「ご契約者のためのがん保険フォルテ」を新たに契約するという手もありますが、新規に契約しなおすことをお薦めします。
理由は……
3つの保険を抱えるよりも、一つにまとめた方がシンプルでしょう。
200Sならば、29歳女性で、月払保険料3060円なので、ほぼ希望に近い。
現在、1600円を支払っているので、負担増は1460円である。
理由にはなりませんが、スーパーがん保険には、解約払戻金があります。

医療保険
損保ジャパン...続きを読む

Q医療保険と女性用医療保険

お世話になります。
現在、嫁(30代半ば)の医療保険について検討していますが、
医療保険にするか女性医療保険にするか迷っています。

後者は女性特有の病気など手厚くカバーされることは承知していますが、保険金額の大小は考えないものとして、保障適用範囲はどちらも同じなのでしょうか?

具体的にいいますと、楽天保険の中にある、三井ダイレクト損保の「e入院保険スーパープラス」と
三井住友海上きらめき生命の「メディカルレディース」との比較です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言えば……
「メディカルレディース」は、死亡保険に医療特約を付加した保険であり、死亡保障がある点が「e入院保険スーパープラス」とは異なります。
入院・手術の保障範囲については、基本的に同じです。

ご質問のあった2つの保険は、いわゆる通販の保険であり、契約申し込みに際しては、保障内容や約款などがわかっているということが前提になります。
「え? そんなこと知らなかった」ということがあり得ないということになります。
本当に、この2つの保険の内容をご理解しているのでしょうか?
理解しているのならば、どうしてこのような質問が出てくるのか、
そのこと自体が疑問なのですが……

Q入院一日から給付される特約を付けたすぐの入院

私の入っている生命保険は入院5日からしか給付されない為一日から入院費が出る特約を3ヶ月くらい前に付けました。生命保険自体は5年前から同じところに加入しています。
職場の先輩が婦人科系の病気で3日間入院したのがきっかけで私も一日から入院費が出る特約を付けました。
昨日痔の手術が急に決まり来週、4日間の入院することになりました。
特約を付けたばかりですぐ短期の入院っていうのは疑われはしないでしょうか?きちんと貰えるものでしょうか?
入っているのは県民共済です。

Aベストアンサー

特約付加の時点で、痔の症状があった(加療)にもかかわらず、そのことを告知していなければ「告知義務違反」となり、給付金(入院・手術等)は給付されないと思います。
さらには、告知義務違反で契約解除となる可能性もあります。

付加時点で症状がなかったのであれば、問題はないと思います。

いずれにしても、保険会社が病院に行って、調査をしてからの支払い可否の決定に至ると思います

以上、民保の場合の通常の事例です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報