プラチナとホワイトゴールドの違いってなんですか。私自信は違うものだと
思い込んでいましたが、プラチナは日本語で「白金」て書くからどうなのか
なーと。前に買ったネックレスがピンクゴールドだったから、ホワイトゴー
ルドもプラチナのほかにあるのかなーと思って。
どなたか回答お願いいたします。

A 回答 (4件)

プラチナ(Pt)や金(Au)はそれぞれ元素です。



18金というのは純金に何かを混ぜて作っているのですが普通の18金の他に【ホワイトゴールド】【ピンクゴールド】など

金製品には様々な合金が使用されます。

銅を多く混ぜると「赤っぽい金色」に、銀が多いと「青金」、銀、銅、パラジュウムを混ぜると「ピンクゴールド」になります。

また、パラジュウムを混ぜるとホワイトゴールドになります。

●プラチナ(Pt)の日本語訳の名前は【白金】で、ホワイトゴールドはこの白金を訳したものではなく、別物です。

つまり【白金】と言う言葉があるので、金の合金の方は「ホワイトゴールド」という横文字の名前しかないのだと思います。
    • good
    • 0

ホワイトゴールドは、金に色々なものを混ぜているみたいです。

金は柔らかいものなので、硬くするために、鉄とかを混ぜてるって宝石店の人に言われました。
値段がプラチナの半分くらいで、プラチナよりも硬いそうです。
    • good
    • 0

ホワイトゴールドとは、金に、白っぽい金属を混ぜたものです。

例えば、銀とか、プラチナとか・・・
他に、イエローゴールドとは、一般に、銅を混ぜたものです。ピンクゴールドは、金に何が混ぜてあるのかは、知りません。
昔、ティファニーの3連リングが流行りましたが、あれは、まさしく、「○○ゴールド」のバリエーションです。
    • good
    • 0

元貴金属販売員のくせして、うまく説明できないのが


とっても悔しいです・・・(涙)

溶解温度や化合物も違い、加工の手間も違うので
価格にも差が出ると研修で習ったような気がします。
もちろん、埋蔵量(予測)もプラチナの法が少ないため
指輪やネックレスなど加工していない段階でも
プラチナの方が高価です。

下記URLを参照してみてください。

参考URL:http://www.pgi.co.jp/pgi_pp01c.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ