最近、可視光応答型光触媒について 雑誌等で目にしますが、実用化はどの程度進んでいるのでしょうか?

無限にあるともいえる可視光で、有害物質を分解できたらすばらしいと思います。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私自身は実用化例を聞いたことがありません。

光触媒(酸化チタン)の応答波長の可視光シフトの技術は、増感色素の添加や、貴金属担持など古くから存在しますが、そもそも光触媒自体の実用化がまだまだこれからですから。。。

可視光応答型の酸化チタンで、実用レベルに近いといわれている(と思う)ものは、エコデバイスというベンチャー企業が東大の橋本先生と共同で開発したプラズマ処理型と、別の会社(名前忘れた)が開発した、白金微粒子担持型です。
エコデバイスのものは、業界紙では何回も発表がなされていて、実用化度は高いと思われます。メカニズムとしては、アナターゼ型の酸化チタン中に、安定な酸素欠陥を生じさせて、これが一種のドーパントとして作用し、応答波長が可視光にシフトすると考えられています。
一方、白金担持型は、技術的には古いのですが、この会社のものは、担持させる白金の粒径をナノオーダーまで微細化したところに特徴があるらしく、これにより量子トンネル効果が発現し、触媒反応のエネルギー障壁が下がるようです。このため、一般的には触媒作用がないルチル型の酸化チタンでも触媒効果が出るようで、安価なルチル型を使用できるところが大きなメリットです。

ただ、これは光触媒の大御所である藤嶋先生も指摘されていることですが、現在実用化されている(紫外応答型)光触媒製品の中には、ほとんどまがいものに近いものも多く、そもそも光触媒がどのようなアプリケーションに適しているのかをきちんと考えないと、せっかくの日本発の技術もなかなか日の目を見ないのではないでしょうか?

以上、解答になっているかどうかわかりませんが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事大変遅くなりましたが、
詳しいご説明ありがとうございました。

酸化チタンとは 異なる系を 中心に 今、可能性を検討しています。

お礼日時:2001/03/19 02:15

以下の参考URLサイトの成書は参考になりますでしょうか?


1.「最新光触媒技術」
2.http://www.joho-kyoto.or.jp/~zaidan/news/32_1.html
(「酸化チタン光触媒を利用した新機能材料の開発」)
3.http://www.ecodevice.co.jp/seihin1.htm
(商品情報)

ご参考まで。

参考URL:http://www.iijnet.or.jp/nts/hikarisyokubaimokuji …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTiO2以外の光触媒を教えてください!

TiO2以外の光触媒を教えてください!

TiO2以外で光触媒活性を示すものを教えてください!

また、光触媒活性を示すための条件も分かる人がいたら教えてくださいお願いします!!!

Aベストアンサー

 燐酸銀(Ag3PO4)が可視光でも光触媒活性を示すらしいです。
 但し、可視光では直接的に水を還元して水素を発生させる事は出来ないため、水素製造のためには、別の還元剤との組合せを研究する必要がある様です。

【参考URL】
 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル > ニュース > サイエンスポータル編集ニュース > 2010年6月10日「リン酸銀に有望な光触媒効果確認」
  http://scienceportal.jp/news/daily/1006/1006101.html

 独立行政法人物質・材料研究機構 > ニュースセンター > プレスリリース:2010年 > 人工光合成の実現に大きく一歩前進 高活性光触媒材料を発見
  http://www.nims.go.jp/news/press/2010/06/p201006070.html


 又、光触媒ではありませんが、燐酸と酸化チタンの反応物(?)である燐酸チタニアは、光が無くとも、光触媒に似た効果があるという触れ込みで、商品化されている様です。
 但し、一部の光触媒の専門家の間では、無光触媒は純然たる触媒ではなく、化学的エネルギーによるものだとする主張も、あるらしいです。

【参考URL】
 株式会社ダイコー > PIPチタンボール及びその他環境関連商品 > 空間触媒リン酸チタニアとは
  http://www.daiko2001.co.jp/titan/rin/rin-titan-1.shtml

 燐酸銀(Ag3PO4)が可視光でも光触媒活性を示すらしいです。
 但し、可視光では直接的に水を還元して水素を発生させる事は出来ないため、水素製造のためには、別の還元剤との組合せを研究する必要がある様です。

【参考URL】
 科学技術 全て伝えます サイエンスポータル > ニュース > サイエンスポータル編集ニュース > 2010年6月10日「リン酸銀に有望な光触媒効果確認」
  http://scienceportal.jp/news/daily/1006/1006101.html

 独立行政法人物質・材料研究機構 > ニュースセンター > プレスリ...続きを読む

Qピレスロイド系殺虫剤の光での分解・・・ピレスロイドは光で分解されるらし

ピレスロイド系殺虫剤の光での分解・・・ピレスロイドは光で分解されるらしいのですが、市販殺虫剤一般の、残効性のピレスロイドも光で分解されるのでしょうか?
その場合、家庭用蛍光灯の光程度で分解をよく促進できますでしょうか?

Aベストアンサー

>家庭用蛍光灯の光程度で分解をよく促進
無理です。
ピレスロイドは菊酸と呼ばれる物質の仲間で多くのものが炭素の三員環を持ちます。三員環は比較的不安定なので紫外線で開裂してラジカル(遊離基)などになります。

Q光触媒の商品

昔から光触媒、光触媒と言われていますが、目立った程の商品化がなされていません。

何か、ネックでもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

一応、光触媒の一つである二酸化チタンの研究をしています。
特許料の問題もあるでしょうが、一番の問題は効率だと思います。今もっとも注目されている光触媒は、二酸化チタンです。しかし、この二酸化チタンが光触媒作用をするのは紫外線領域の波長の光が照射される必要があります。地上に届く太陽光線のほとんどは可視光線で、紫外線はあまり含まれていません。このため、効率が悪いのです。
今、盛んに可視光領域で光触媒作用が現れるように研究がなされており、この問題は解決にむけて進んでいます。

後、目立った商品化がなされていないと言うことですが、周りには結構光触媒作用を利用したものがあります。トンネル内のランプを覆っているカバーには酸化チタンでコーティングされているものが多く使われています。
さらに、手術室の壁なんかも酸化チタンが塗られていることが多いです。
浴室用の鏡にも使われている商品があります。

私も基礎研究(しかも光触媒そのものではない)なので、実用に関しては不確かです。

Q光触媒による人工光合成について

人工光合成によって生成された有機物は一体何につかわれるのでしょうか?植物であれば植物自身の栄養となるのでしょうが触媒の場合は…?
人工光合成を行う光触媒が完成した場合、どのような形で利用されるのですか?人工光合成を行うための施設がつくられるのでしょうか。
最後に、現在、可視光でも利用できるかどうかが問題となっているようですが、その他に開発する上での問題点はあるのでしょうか?
たくさん質問してしまい申し訳ありません。もし知識として間違った質問をしている場合は是非訂正してください。どれか一つでもわかる方いらっしゃいましたらよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

人工光合成によって生成された有機物は一体何につかわれるのでしょうか?植物であれば植物自身の栄養となるのでしょうが触媒の場合は…?

訂正ですね
チタニア(P-25)などを用いた光触媒では有機物は作りません。ある試薬(犠牲剤)を用い水から酸素と水素に直接分解します。

あとはレポートのようですから自分で調べましょう
ちなみに可視光で人工光合成できる物質も発見されてますよ。
これは調べられないと思いますので簡単に
答え
使われてる可視光で使用される物質が特異であることですね。

Q光触媒の塗装は、剥れやすい?

家の外壁に光触媒の塗装を行うか迷っています。

従来の塗装よりいいのでしょうか?
また、すでに光触媒の塗装を行っているひとが
従来のものより剥れやすい?削れやすい?と
いっていたのですが?

従来のものと光触媒どっちがおすすめですか?

Aベストアンサー

外壁に使う光触媒は色々なメーカーから製品が出ていますが、知名度、完成度で言えば、TOTOオキツモ社製のハイドロテクトが一番流通していると思われます。

私個人的ではありますが、まだ1缶当たりの値段が高く、それに見合う耐候性、汚れにくさが本当にあるのかどうかは疑問です。

将来もっと完成度が高く、値段も安い光触媒塗料が出てくる可能性は十分にあると思います。

二酸化炭素を吸収し、酸素を放出する環境に優しい塗料ですので、その辺を考えると、塗装してもいいかなとは思うのですが・・・。

私なら、今の段階ではフッ素塗装の方をお勧めします。

Qハロゲンの定量を紫外可視光吸収スペクトル光で分析したい!

いつもお世話になっております。

フッ素と塩素を定量についてです。
UV-visで定量分析したいと考えております。

ところで、フッ素と塩素は紫外・可視領域において吸収があるのかと言うことです。

勉強不足で大変恐縮なのですが
ハロゲンは紫外・可視領域において吸収があるかどうか教えていただきたいです。
また、UV-visについて分りやすい文献等ありましたら、教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

直接の値は書いてありませんでしたが、文献リストを見つけました。
非常に詳しいものです。

参考URL:http://www.science-softcon.de/spectra/halhal/halhal_1.htm

QSiが可視光で光触媒活性を示さない理由

Siが可視光で光触媒活性を示さない理由

シリコンのバンドギャップは1eVほどであるため、可視光で簡単に励起され光触媒活性を示すと思ったのですが違うようです

なぜですか?

Aベストアンサー

光触媒の基本原理は,励起電子あるいは励起ホールによる還元または酸化というだけのこと.
励起電子ならどれでも同じだけの還元力を持つわけではない.
還元力を決めるのは,基本的には伝導帯の底がどのくらいの位置にあるか.
酸化力を決めるのはホールの実質的なエネルギーになる価電子帯の頂上の位置.
それらが問題とする化学反応に対して十分なエネルギーにないなら,反応は起こらない.

Qニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクル

ニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクル

ニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクルにおいて、出発錯体として2価ニッケルを用いる反応が多く見られるのですが、結局ニッケルは系内で還元されて0価になってから反応が開始されます。
最初から、0価ニッケル触媒を用いない理由とは何なのか、わからないのでどなたか回答お願いします。

また、パラジウムの場合についても出来ればお願いします。

Aベストアンサー

カップリングの場合には酸化的付加から反応が始まりますが、その場合に「0価で二座配位」でないと十分な反応性を持たないようです.Ni(PPhe3)4では、配位子が二つ外れないとその状況が生まれませんが、それが起こらない、ということでしょうね.

また、dppeやdppfのように、二座配位子であることも反応性を高めるために必要、と考えられているようです.配位錯体がやや屈曲しているため、反応性が高くなるようです.

Q光触媒でダニは防げるのか。

光触媒の事を色々調べております。
色んなサイトの説明を読むと、光触媒処理をすることにより、カビ、コケなどの汚れを防ぎ抗菌作用がある、ということはしっかりと明記されております。
しかしダニ予防にも効果がある、と言う説明は、その様な事をにおわせている文章ではあるが、明確にダニ予防出来る!と書いてあるものはありませんでした。
光触媒処理でダニは防げるのでしょうか。

Aベストアンサー

  こんにちは。

 私も調べてみましたが、エアコンメーカーが光触媒を使用してほとんどのダニを不活化したとサイトで発表していました。


 サイトを貼っておきます。
参考までにどうぞ↓

参考URL:http://www.daikin.co.jp/press/2003/031218/

Q酸触媒下におけるエステルの加水分解

酸触媒下(希塩酸)における、エステル(酢酸エチル)の加水分解を、先日、実験で行いました。
数分おきに酢エチ+塩酸の入った三角フラスコから少量ずつ取り出し、水酸化ナトリウムで滴下して生成した酢酸の量を滴定する実験なのですが、ココで疑問があります。
滴下した水酸化ナトリウムは、触媒として存在している塩酸とは反応しないのでしょうか?

Aベストアンサー

#3 です.
この実験には,十分時間がたった後の滴定値が分かっているなら,時間0のときの滴定値も不要ですし,塩酸の濃度を知る必要もないのです.わかっていてもかまいませんが.
重要なのは,反応速度の解析において本当に求めたいものは何か,ということです.

本当に求めたいもの,それは「反応物濃度の時間変化」です.この場合は,酢酸の濃度の時間変化を知ることは本質ではなく,「酢酸エチルの濃度の時間変化」を知るべきなのです.しかし,酢酸エチルの濃度を初学者が簡単に測定する方法はありません.一方,生成物である酢酸は滴定によって容易に求められます.そこで,酢酸エチルが1分子分解すれば1分子の酢酸ができるという想定に基づいて,酢酸を定量してそこから酢酸エチルの分解量を求めているわけです.
ここで気をつけてほしいのは,わかるのは「酢酸の量」=「分解した酢酸エチルの量」であり,知りたいのは「溶液中に存在している酢酸エチルの濃度」であることです.分解した量ではなく,残っている量が知りたいのです.
今,酢酸エチルの初濃度を Ce(0) とします.滴定によってある時刻 t における酢酸の濃度が Ca(t) と求まったとします.知りたいのはその時刻 t における酢酸エチルの濃度 Ce(t) です.ここで想定している反応式の化学量論より Ce(t) + Ca(t) は初めにあった酢酸エチルの濃度,すなわち Ce(0) と一致することは明らかです.ただし,これは反応によって全体積が変化しないという仮定をおいています.
さらに,十分に時間がたち,すべての酢酸エチルが酢酸とエタノールに分解したとすれば,そのときの酢酸の濃度 Ca(∞) も Ce(0) と一致しているはずです.
つまり,Ce(t) = Ce(0) - Ca(t) = Ca(∞) - Ca(t) です.
さて,滴定量ですが,たとえば十分に時間がたった後の滴定量は,塩酸の濃度 Cc (これは時間変化しない) と Ca(∞) の和を意味します.滴定に使った水酸化ナトリウムの濃度と滴定に使った試料の体積を固定しておけば,滴定量 V(∞) は V(∞) = α[Cc + Ca(∞)] で表せます.αは水酸化ナトリウムの濃度と滴定試料の体積で決まるある定数です.どのような意味があるかは考えてください.
同様に,時刻 t における滴定量 V(t) は V(t) = α[Cc + Ca(t)] です.
すると,V(∞)-V(t) = α[Ca(∞)-Ca(t)] = αCe(t) となるわけです.

#3 です.
この実験には,十分時間がたった後の滴定値が分かっているなら,時間0のときの滴定値も不要ですし,塩酸の濃度を知る必要もないのです.わかっていてもかまいませんが.
重要なのは,反応速度の解析において本当に求めたいものは何か,ということです.

本当に求めたいもの,それは「反応物濃度の時間変化」です.この場合は,酢酸の濃度の時間変化を知ることは本質ではなく,「酢酸エチルの濃度の時間変化」を知るべきなのです.しかし,酢酸エチルの濃度を初学者が簡単に測定する方法はありませ...続きを読む


人気Q&Aランキング