東海大学の過去問(赤本の98年度)解いてたんですが、解答みてもわからない問題があるので教えて下さい。
図がないと説明が難しいんですが、U字型の導線があり、Uの下の部分に抵抗(r)と起電力(分からない)がついています。そして、Uのまん中よりちょっと上のほうに抵抗(r)を持った導体棒が横になってついていて、回路を作っています。また、Uの回路を突き抜けるように、こちらから向こう側にむかって磁界(磁束密度B)が、通っています。
ここで、回路に電圧をかけると導体棒はゆっくり上のほうへ動き出し、そのうち、等速で上へあがり続けます。このときの消費電力を求めよという問題です。
どのように、考えればいいんでしょうか?
考え方だけでいいんで教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

多少面倒でも図を描かないと回答者も意図を酌み取りにくいです。

問題文も抜粋せずそのまま書いてください。必要な値(導体棒の単位長さあたり質量と重力加速度)が抜けていると思いますし、厳密に言うならば「磁束密度B は十分に大きく、回路を流れる電流によるその変化は無視できる」という前提も入れておかないと問題が複雑になってしまいます。求めるべき消費電力も「電源で消費される電力」なのか「抵抗2個分の消費電力」なのか定義が曖昧です。

とりあえず想像して解いてみます。問題を間違って解釈していたら指摘してください。

↑鉛直上方

   (×)磁束密度B(画面向こう向き)
│     │
│ r   │
┝━━━━━┥導体棒(抵抗を含む。可動でかつU字導体に接する)
│     │
│E  r │
└┨├∧∧─┘←x=0


U字の幅=導体棒の長さをLとします。
導体棒の位置(高さ)をxとします。xの原点はどこに取ってもよいですが、とりあえずU字の横棒の高さにしましょう。

まず、棒の動きについてざっと眺めてみます。
スイッチを入れた直後、導体棒には I=E/2r の電流が流れます。
フレミングの法則から導体棒には BLI の力が働いて上へ上がっていきます(だんだんと加速)。しかし導体棒が動き出すとループ内の磁束が増えることになりますから、それを妨げようと逆起電力が生じます。逆起電力の大きさはループ内の磁束をΦとしてdΦ/dtで与えられます。
磁束ΦはB L xで与えられますからその時間微分は
dΦ/dt=B L dx/dt   (1)
です。このときに回路に流れる電流Iは
I={E-(B L dx/dt)}/2r   (2)
となります。導体棒の速度dx/dtが増すと電流が減少することを読み取ってください。
さて導体棒に働く力Fは
F=BLI=BL{E-(B L dx/dt)}/2r   (3)
と求められます。
導体棒が等速運動になった時の速度をvとすれば
F=BL{E-(B L v)}/2r   (4)
です。
導体棒の単位長さの質量をρ、重力加速度をgとすれば、導体棒にかかる重力は
ρgL   (5)
です。棒の重さMが与えられているのならρLをMに置き換えてください。これが上の式のFとつり合うと導体棒は一定速度で運動することになります。棒が重いほど速度vは小さくなります。
その時の速度は(4)=(5)としてvについて解けば求められます。
ここまでが棒の運動のお話。

さてこの問題では消費電力しか訊ねられていませんので、近道で解けます(ある意味つまらないのですが)。
等速運動の時は導体棒に働く重力が電磁誘導による力BILとつり合うのですから
ρgL=BIL   (6)
という式が成り立ちます。
Iについて解いて
I=ρg/B   (7)
消費電力はr×I^2を抵抗2個分足し合わせれば良いのですから
2×r×(ρg/B)^2   (8)
です。導体棒で消費される分は1個分ですからr(ρg/B)^2です。
電源が供給している電力は抵抗での損失の他に、重力加速度に逆らって棒を押し上げる仕事に費やされます。これはρgLvです。題意によってはこれを足してください。

問題をもう一度読み直して、以下の点をチェックください。
(1)部品の配置や配線は合っているか。
(2)上記の解答内で、問題で与えられていない値を解答に含んでいないか
もし配置や配線が違っているならば違う問題を解いてしまっていることになります。また問題で与えられていない値を勝手に使っていたりすればそもそも解いたことになりませんので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。まさに、図に書いていただいたとおりです。
>棒の重さMが与えられているのならρLをMに置き換えてください
というふうにすれば完璧に仰るとおりです。大変良く理解できました。あれだけの説明で伝わると思ってなかったのでビックリしてます。
また、次の機会がありましたら是非よろしくお願いします。では失礼します。

お礼日時:2002/02/23 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電磁誘導を用いた製品(給電)のメリット

電子機器への給電に電磁誘導を用いた製品の一例として「コードレス電話」「電気髭剃り」などが挙げられます。しかしながらそれらの製品に対してあまりメリットがないような気がします。
例えば電磁誘導で給電する場合、接点レスになるため接触不良が低減する代わりに効率がぐんと落ちてしまうため時間がかかってしまいます。
ユーザにとって「セットしやすい」と「早く充電できる」を比較した場合、後者の方がメリットが高いような気がします。それゆえこのような場合に電磁誘導が魅力的なものではないように思えます。
しかしながら接触部分が回転するような場合であれば電磁誘導しか実現できないので魅力的であると思えます。そこでこのように給電時に電磁誘導でしか実現できない製品というのはこの世に存在するのでしょうか?ご存知の方いらっしゃいましたらご連絡下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

シャープの冷蔵庫でドアに液晶表示のあるもの
どちらからも開くのでコードはないし、接点らしいものもないし
ドアが開くと液晶が消えるし、電池だと10年持たないと思うし
多分そうだと思います。(自信なし)

Q物理の直列回路の問題について質問です 問題 起電力E,内部抵抗rの電池にRの抵抗をつなぐ。抵抗Rでの

物理の直列回路の問題について質問です


問題
起電力E,内部抵抗rの電池にRの抵抗をつなぐ。抵抗Rでの消費電力Pを求めよ。また、Pを最大にするにはRをいくらにすればよいか。

解答
I=E/R+r
P=RI^2
=R(E/R+r)^2
=RE^2/R^2+2Rr+r^2
=E^2/R+2r+(r^2/R)
=E^2/(√R - r/√R)^2 + 4r

ここで質問です
R+2r+(r^2/R)から(√R - r/√R)^2 + 4rにするには、どのようにして計算するかがわかりません

途中式、解説よろしくお願いします

かっこの中が0になるとき、Pは最大。

かっこの中が0になるとき、Pは最大と解答に記載されていましたが、なぜPは最大になるのでしょうか?

∴√R=r/√R
∴R=r

それぞれの解説よろしくお願いします

画像は、解答冊子に記載されていたものです

Aベストアンサー

R+2r+(r^2/R)
= (√R)^2 + 2r + (r/√R)^2  ←式①としておきます
=(√R)^2 - 2r + (r/√R)^2 +4r と書き直します・・・もちろん、これを計算すると元の式に戻りますね。
すると
=(√R - r/√R)^2 + 4r ですね(^^)
なんで、こんな式変形をするかというと、分子の E^2 は一定であるから、Pが最大値になるときは、分母が最小のはずです。
ところが、式①のままだと、式①=(√R + r/√R)^2 = R + 2r + (r^2/R) の最小値は?ですね。
そこで、式を (・・・ - ・・・)^2 の形に書き直してしまおうと言うことです。
そうすると、明らかに(・・・ - ・・・)^2 の最小値は0ですよね(^^v)
そして、分母の最小値は 4r ・・・なぜかというと、(・・・ - ・・・)^2 は負の値にならないので、さっきも書いたとおり、この部分の最小値は0です
したがって、Pが最大になるときは、( )内が0であるから、
√R - r/√R = 0
のときで、分母が最小値 4r になるときである、
・・・です(^^)

ちなみに、写真の下の方に見えている(別解)のように、相加平均と相乗平均の関係を使って解くこともできます。
高校物理でのテクニックが必要な最大値・最小値の問題は、この程度なので、ここでマスターしておくといいですよ(^^v)
(1)式を(・・・ ー ・・・)^2 の形が出てくるように書き直す
(2)相加平均と相乗平均の関係を使う

R+2r+(r^2/R)
= (√R)^2 + 2r + (r/√R)^2  ←式①としておきます
=(√R)^2 - 2r + (r/√R)^2 +4r と書き直します・・・もちろん、これを計算すると元の式に戻りますね。
すると
=(√R - r/√R)^2 + 4r ですね(^^)
なんで、こんな式変形をするかというと、分子の E^2 は一定であるから、Pが最大値になるときは、分母が最小のはずです。
ところが、式①のままだと、式①=(√R + r/√R)^2 = R + 2r + (r^2/R) の最小値は?ですね。
そこで、式を (・・・ - ・・・)^2 の形に書き直してしまおうと言うことです。
そうす...続きを読む

Q電磁誘導

電磁誘導と誘導電流とはどのように違うのですか?ささいなことですが回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

確かにややこしいですね。

電磁誘導…コイルの中の磁界が変化すると、コイルに電流が流れる現象
誘導電流…電磁誘導によって流れる電流
です。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/jikai5.html
から引用したので、参考になさってください。

Q並列の電気抵抗についてです。なぜ並列回路の合成抵抗は1つ1つの抵抗より小さくなるのですか?

並列回路の合成抵抗はなぜ1つ1つの抵抗より小さくなるのですか?
あと、それに電荷法則xっていうやつは関係あるのですか?
詳しい説明、お願いします!!

Aベストアンサー

なんでも、ミクロな理屈に紐つけて覚えるのはやめた方がいい。

まずは、オームの法則を覚える。

E=IR

これから派生して、抵抗を直列につなぐと、電流が共通なので

合成抵抗は、R1+R2+・・・・

の足し算になる。並列してつなぐと、電圧が共通なので、

合成抵抗は、

1/ (1/R1 + 1/R2 +++++ )

になるってまず覚える。

計算を繰り返すうちに、その意味や感覚が分かるようになる。
すると、電流を水流に見立てたり、電圧を高低差に見立てたり、抵抗を水道管の本数に見立てたり出来るようにもなる。

意味を先に理解して、あとで公式を覚えるのは、新しい話題に対しては効率がわるいのです。

Q電磁誘導についてなのですが、 長さa導体棒が中心を基準として一定の速度ωで地面から水平に回転してい

電磁誘導についてなのですが、

長さa導体棒が中心を基準として一定の速度ωで地面から水平に回転している。
このとき、回転面に垂直に磁場Bをかけると導体棒に生じる起電力は

という解説で答えの求め方が
回転面を考える→導体棒が通過した面積Sを考える→そこからファラデーの電磁誘導を考え、式は

S=(1/2)πa^2ω×Δt
ΔΦ=B×ΔS=(1/2)Bπa^2ω×Δt

ファラデーの電磁誘導
V=(ΔΦ)/(Δt)に代入し
V=(1/2)Bπa^2ω

となる

との事でした。
そこで質問なのですが、
1、http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/dennji/dennji.html
の一番下の方にも書いてあるのですが、一様な電磁の中で電磁に垂直に一定の速さで導体を動かしているだけなのでそもそも磁束が時間的に変化せず起電力が生まれないのではないのでしょうか。

2、導体棒は回路ではなく、またコイルでも無いのでループが無く電流が流れない→起電力も生じないのではないのでしょうか。
(起電力が生じ電流が流れる、ではなくファラデーの法則はコイルの電磁誘導により磁束を変化させると電流が発生し、結果電圧が発生すると習いました)

電磁誘導についてなのですが、

長さa導体棒が中心を基準として一定の速度ωで地面から水平に回転している。
このとき、回転面に垂直に磁場Bをかけると導体棒に生じる起電力は

という解説で答えの求め方が
回転面を考える→導体棒が通過した面積Sを考える→そこからファラデーの電磁誘導を考え、式は

S=(1/2)πa^2ω×Δt
ΔΦ=B×ΔS=(1/2)Bπa^2ω×Δt

ファラデーの電磁誘導
V=(ΔΦ)/(Δt)に代入し
V=(1/2)Bπa^2ω

となる

との事でした。
そこで質問なのですが、
1、http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/dennji/dennji.h...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

>今回の場合:導体棒しか回転しておらず、回路もなく、導体棒そのものの面積は増えてもないし、磁場も変化していないので、導体棒だけで考えなければならず、そもそも磁束が変化しない養う起電力が生まれないのではないのかと考えました

今回の場合も「コイル」として考えれば、図を「上から」見ると分かるとおり、「磁場に垂直な断面積」は変化しています。

前の質問のNo.3で、

「ただ、質問の場合に、回路全体を「コイル」とする考え方だけでなく、磁場中を動く「直線の導体棒」(この中に、電子などの荷電粒子が存在する)に起電力が生じる(荷電粒子に力が働く)、という考え方もできることを、頭の片隅にでも置いておくとよいかもしれません」

と書いたのはそういうことです。

電磁誘導の「ファラデーの法則」と、磁場中を運動する電荷が力を受ける「ローレンツ力」(フレミング左手の法則)とは、同じものだからです。
今回の問題は、「コイル」ではなく「導体棒」の中で、「磁場中を運動する電荷が力を受けて起電力(電子が動こうとする力=電場=電圧)を発生する」と考えればよいのです。
ちょっと混乱するかな?

No.2です。

>今回の場合:導体棒しか回転しておらず、回路もなく、導体棒そのものの面積は増えてもないし、磁場も変化していないので、導体棒だけで考えなければならず、そもそも磁束が変化しない養う起電力が生まれないのではないのかと考えました

今回の場合も「コイル」として考えれば、図を「上から」見ると分かるとおり、「磁場に垂直な断面積」は変化しています。

前の質問のNo.3で、

「ただ、質問の場合に、回路全体を「コイル」とする考え方だけでなく、磁場中を動く「直線の導体棒」(この中に、電子...続きを読む

Q円筒導体の磁界

今、勉強していて、疑問に思っているのですが、無限長の直線状電線が作る磁界の強さは、Hを磁界の強さ、Iを電流、rを半径とすると、H=I/2πrとなると思うのですが、無限長の円筒導体の磁界は、どういう式で表せばよいのですか、ちょっと困っています、アドバイスがあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

無限長パイプ状の円筒導体に直接電流を流したときにできる磁界を求めることになります。
>無限長の直線状電線が作る磁界の強さは、Hを磁界の強さ、Iを電流、rを半径とすると、H=I/2πrとなると思うのですが
を求めた時と同様にMaxwellの方程式を境界条件を考慮して解けばよいわけです。磁界は軸方向には0、周方向の磁界Hについては

  (1/r)δ(rH)/δr=i

(1) i=0 0<r<a
(2) i=io a<r<b
(3) i=0 b<r

aはパイプの内半径、bはパイプの外半径
io(πb^2-πa^2)=I

という境界値問題を解くことになり、(1)~(3)の順に解いていけばとけます。答えはH=I/2πrに似た形になります。(1)ではH=0です。

Q電磁誘導と磁石について

電磁誘導で、磁石の磁力(磁界?)が強いと、多くの電流が流れるんですよね?

Aベストアンサー

>電磁誘導で、磁石の磁力(磁界?)が強いと、多くの電流が流れるんですよね?

基本は、そう事です。
ただ、磁界が変化する速度、コイルの巻き数も関係するので、磁力の強さは一つの要素になります。

Q回路の導線中の電界はあるのか。

電池と抵抗が導線で接続された回路で、抵抗の両端の電圧は電池の端子電圧と等く、それを抵抗の長さで割って抵抗中の電界を求めます。電子が電界から受ける力とイオンからの抵抗力のつりあいを考えたりします。ところで、抵抗と電池を接続する導線は等電位ですよね。すると、電流が流れているときこの導線には電界がないのですか?コンデンサーの極板間に電気力線をかくときは+から-へ書くので直感的にわかるのですが、抵抗に電気力線をかくとき、抵抗の端から端までかくのは、+,-が帯電しているわけではないのでしょうからわかりにくいのですが、上記の回路の電気力線はどうかけばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

理想的な電気抵抗0の導線だと、導線内での電界強度は0です。
が、実際の導線では電気抵抗があって電圧降下があり、それに相当する電界があります。

Q電磁誘導

次の場合、電磁誘導の誘導障害による誤動作の恐れはありますか?またその対策はどのようにするのが正しいのでしょうか?

・AC440V、150kWの三相誘導電動機の動力ケーブルとAC220Vの電磁弁用のケーブルが同じラック内で特に遮蔽物なしで布設されています。150kWのモータの動力ケーブルから発生する磁界による電磁誘導障害で電磁弁が誤動作するのでは??と懸念しております。このような状況で実際に誘導障害で電磁弁が誤動作してしまったら、どのように対処するのが良いでしょうか?考えているのは、「動力ケーブルと電磁弁配線用のケーブルをできるだけ引き離す」、「電磁弁配線用のケーブル(AC220V)のケーブルに遮蔽のためのラッピングをして防ぐ」などですが、正しい対処なのか分かりません。

また、誘導障害は交流の場合のみ発生すると思いますが、電磁弁をDC(直流)タイプにした場合は誤動作に関しては変わりませんでしょうか?
440V系統の磁界があるのは変わらないので電磁弁をDCラインに変更しても、変わらず誘導障害は起きるのでしょうか?

Aベストアンサー

電気技術基準的に問題ありません。弱電流電線ではないからです。
AC220V用電磁弁は、動作電圧220V動作電流数ミリAから数Aと思いますが、ここは電磁弁メーカーに確認してください。
AC440Vで150KWで300Aを超える電流が流れ、その誘導電流はファラデーの法則により、ご存知の通り、誘導電流が流れます。しかしその電流はたかが知れたものです。通信用には雑音など弊害があります。弱電機器にも誤作動します。
質問は200V級の電磁弁であります。そんな誘導電流で動作しません。200V電圧の誘導は考えられない。400Vケーブルも数キロmもないでしょう。
ただ問題は電磁弁の動作信号電流の供給する側に、誘導電流が流れる場合ですね。どこかに迷走電流が流れないように制御機器接地の確認を必要とします。そのぐらいです心配するのはです。まあ~とりあえずケーブル間離隔を最大とれるだけとったほうが無難ですね。以上です。

Q磁石が同時に棒Aと棒Bの中に落下される。しかし、棒Aの磁石が棒Bの磁石

磁石が同時に棒Aと棒Bの中に落下される。しかし、棒Aの磁石が棒Bの磁石より早めに到達する。それは何故ですか?
物理的に説明してください

Aベストアンサー

アクリルのほうは、何も起らず、まっすぐ磁石が落ちる。
銅のほうは、断面の部分に渦電流が生じる。
これがどう働くか?

(1)渦電流により、磁石の磁界と逆向きの磁界を発生させ、磁石にブレーキがかかる。
(2)アラゴの円盤では、円盤が回転するが、銅の棒は重くて回転できないため、磁石が移動しようとするので、まっすぐ落ちずに曲線を描くため遅れる。

このどちらかではないかと思いますが、如何でしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報