人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

義父が前立腺ガンです。
骨に転移しているということで、今はホルモン療法と自宅で食事療法をやっています。
脇や腰は転移が原因で痛み、最近痛みはやっとひいてきたようです。
ただ膝が痛み始め、歩くのも困難なようです。
医者によると、大腿骨にはあっても膝への転移はないと言われたようで、ひたすら良くなるのを待ってます。
本当に膝への転移はないのでしょうか?
整骨院へ行くように勧めているのですが・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

父が前立腺癌です。

背骨のほぼ全部と腰骨に転移しています。始めは痛がり動けない状態でしたが抗がん剤の錠剤とナイキサン、ピーガード20の痛み止めの服用と月一度のホルモン治療をはじめ3ヶ月で痛み止めを飲まなくても痛くなくなりました。ただ少し歩きすぎたりすると足の付け根が痛くなります。先生はそのときは無理せずにナイキサンだけを胃薬と飲むように言われいて本人も調整しながら今のところ痛みのない生活をしています。整骨院はやめたほうがいいと思います。転移している骨はとてももろいという説明を医師から受けませんでしたか。まずは担当医に相談してみませんか。お互い大切な人の為に頑張りましょう。
    • good
    • 0

とても心配ですね。


でも、整骨院は根本の解決にはならなそうですね。

年をとるとガンなどの他の病気とは関係なく、膝関節症などで膝の痛みが出る場合があります。
その場合の整骨院は多少効果があるかもしれませんが、やはり整形外科がよろしいのではないでしょうか。

膝の転移はないとのことですが、大腿骨の下端(膝に近い方)への骨転移の場合は、膝の痛みとして症状が出る人がいるかもしれませんね。

何よりも、主治医と話された方がよろしいのではないでしょうか?もしくは、セカンドオピニオンをあたってみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

整骨院に行っても、なんの役にも立ちません。


担当医ともう一度、よく話し合って下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • がんの骨転移<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    どんな状態か  骨の内部には血管の豊富な骨髄(こつずい)があり、血液細胞を作っています。血管に富む構造のために、ここに体のほかの部分のがん、たとえば肺がんや乳がん、前立腺がんなどが血管を通って移動してきて、がん病巣を形成します。骨で増殖しますが骨にもともと発生した(原発性)ものではなく、ほかの組織のがん腫からがん細胞が移動してきたもので、これを骨転移といいます。  骨は、いろいろながん腫、たとえば...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺癌です、転移しているとのことです教えて下さい

私は77歳男性です、仕事面では建築設計で活躍中です、3ヶ月前に貧尿で町の秘尿器科を訪れた
時点でPSAの検査をしました、85.82大きな数値に驚き大病院で生検をしました、4本中3本に悪性癌
グリ-ンスコア8と診断されまいた。 尚関連病院にて骨シンチの検査をしました、内容的には私には
良く理解できませんでしたが、コピ-を頂きました、内容は ・軽度の集積増加あり ・その他全身に
転移を疑う異常集積は明らかでない、  腹部CTで ・前立腺肥大あり ・右葉に30mmほどの早期
濃染結節を認める ・前立腺外側に突出しており被膜外進展の可能性は否定できない ・神経血管
束へのあきらかな浸潤は指摘できない ・周囲にリンパ節腫大なし ・肝内に転移を疑うSOLなし
・胆嚢、膵、脾、に異常なし ・両賢嚢胞あり ・腹水なし ・心広大あり。  以上のことで3月中旬に
ホルモン治療を始めました、この時点のPSAは27.86です、4月中旬にはPSA 2.87に下がりました。
4月下旬に腰骨の一部にかげが骨シンチの時点でありましたので放射線を3gy ×10回かけました。
 (放射線の病院ではこの治療はナンセンスと言われました、) 今現在のPSAは0.42です。
2月中旬に検査を始めて現在に至るまで 以前と変わりなく 痛み、不自由さ、は有りません 有るものはホルモン治療の副作用だけです。 先日 主治医に前立腺に放射線治療をお願い致しましたが
「初期のPSA85.82が身体に転移を示しているので放射線治療は出来ません」(体中に癌細胞が) と
言われました、「ホルモン治療を続けて薬が効かなくなったら、抗癌剤治療になります」 私は30年
~40年もの心房細動がありますが主治医はこちらの病気で天寿をと思って居られるのでは。
私は放射線治療を願っているのですが、ネットで見ますと、PSA が200以上、300以上の方が居られ
ますが転移していないと決まり放射線治療を受けられたとのこと、羨ましい限りです。私は本当に
転移しているのでしょうか。おいそがしい中 申し訳有りませんが助けて下さいお願い致します。
セカンドオピニオンと思っておりますが 主治医と同じ事になるのかなと思うと前に進めません。
以上宜しくお願いいたします。

私は77歳男性です、仕事面では建築設計で活躍中です、3ヶ月前に貧尿で町の秘尿器科を訪れた
時点でPSAの検査をしました、85.82大きな数値に驚き大病院で生検をしました、4本中3本に悪性癌
グリ-ンスコア8と診断されまいた。 尚関連病院にて骨シンチの検査をしました、内容的には私には
良く理解できませんでしたが、コピ-を頂きました、内容は ・軽度の集積増加あり ・その他全身に
転移を疑う異常集積は明らかでない、  腹部CTで ・前立腺肥大あり ・右葉に30mmほどの早期
濃染結節を認める ・前立腺外...続きを読む

Aベストアンサー

前立腺癌は最初に骨転移が一般的です
<4月下旬に腰骨の一部にかげが骨シンチの時点でありました>
このことは骨転移していると思われます
骨転移している以上手術は不可能ですが
<腰骨の一部にかげが骨シンチの時点でありましたので放射線をかけてPSAは0.42>ということで
一応寛解に入っている感があります
普通は2ヶ月ごとにPSAを測定します放射線治療での場合は
1.0を越すと再発となります
新たな治療を考えることになります
しばらくPSA監視ではないでしょうか

QPSA数値について

先日父が、泌尿器科にてPSA数値が40と出て、精密検査が必要と言われました。
エコー検査では薄い影があるそうです。本屋さんなどで色々「前立腺がん」について読みましたが、30以上の数値は「末期状態」と書いてあり、前立腺肥大でも数値が上がりますが、肥大では10以下の数値しか出ないと書いてありました。
40なんて数値は本でも目安として書いてないぐらいでした。
父は末期を覚悟してるみたいですが、逆に精密検査を受けに行くのが怖く、忙しいと言っては、病院に行こうとしません。
私自身も覚悟をしてるんですが、信じたくないです。
病院に行って、末期のガンと診断されるのが怖いです。
PSA数値で前立腺ガンが発見された方は、どれくらいの数値だったのでしょうか??
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

PSAの正常値は、一般的には4.0といわれていますので、確かに40というのは、非常に高い数値です。

ただ、PSAは非常に感度の良いマーカーで、癌だけでなく炎症にも大きく反応します。例えば自転車をこいで病院に行くというだけで、その刺激で数値が大きくぶれるほどですから、40だから癌だと決め付けてはいけません。

それに、前立腺は摘出も可能ですから、前立腺がんはなんとなく怖くないというイメージをお持ちのかたもあるのですが、比較的転移しやすいという意味では、やはり早期発見、早期対処が非常に大切です。

膀胱に尿をためた状態での超音波(エコー)検査、それに直腸からの医師による触診の3点セットの早期診断が必要です。手遅れが最も怖いこと、お父様だけでなく、家族のためでもあることを、お父様に認識させてあげてください。

Q前立腺癌で死亡するとはどういうことが考えられるの?

前立腺癌で65の若さで他界されたようです。
想像上ですが、再発や骨・内臓に転移していたのかもしれません。
それにしても亡くなるにしては若すぎるように思います。
この癌は治療の選択肢が多いと聞いていますが、実際のところ手の施しようがないという場合は,
どんな時ですか?ご存知の方おられましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の父は59歳で亡くなりました。
前立腺がんが元で、全身転移でした。

私の父の場合はがんが見つかる前に脳梗塞を患っており、脳梗塞の薬の関係で手術は無理だと言われ、薬や放射線治療でがんの進行を遅らせることはできましたが、最終的にはがんが全身に転移して亡くなりました。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q前立腺がんと腰痛

前立腺がんの場合腰痛があるものでしょうか?腰痛は普段はありませんが歩くと痛くなります。前立腺のPSA検査で3,8くらいあります。
生検はかなり痛いものでしょうか?
前立腺肥大症の場合もPSA値は高くなるものでしょうか?

Aベストアンサー

PSAの数値が3.8程度でしたら骨転移は考えにくいのですが、前立腺癌の可能性が無いとは言えません。進行して骨転移した場合には腰痛になる場合もあるそうです。生検は特別痛くはありませんがバチンと勢いよく器具で針を刺すので感じの良いものではありません。最近では検体を採取する箇所が増えてきているようですね?。多くの箇所から採取した方が正確な検査が出来るのかもしれませんが、病院によって針を刺す数に開きがあるようです。検査後は一泊の入院が一般的なようです。肛門から前立腺に針を刺す訳で腸にも穴が空くことから最初の排便の際にかなり出血することがあります。前立腺肥大でもPSAの数値は高くなりますよ。自転車で病院に行ったりした場合、前立腺を刺激してPSAの数値は高めになってしまい正確な検査が出来ない場合があります。

Q腎不全の猫に関して

腎不全の猫なのですが、カリウムの数値が3.1で獣医師の先生にカリウムを与えた方がいいと言われました。美味しくて飲ませやすいというカリウム液を購入しましたが、うちの猫には駄目なようで、すごく嫌がり、無理に与えていましたが、逆に頻繁に吐くようになり、与えるのをやめました。別の獣医師の先生は無理に与えなくてもいいということでした。それでも与えるべきでしょうか?どうしたらいいのか悩んでいます。また、粉末のカリウムなどはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

慢性腎不全の猫では低カリウム血症になりやすいためカリウム製剤は投与し続けたほうが良いという意見もあります。
実際低カリウム血症になっていますのでできれば投薬はしたほうが良いと思いますが、今後さらにカリウム値が低下し3未満になる、もしくは低カリウム血症の症状(分かりやすいところでは骨格筋の筋力低下で首がうなだれる、後ろ足が開帳してくるなど)が出現するまでは必須項目ではないと思います。

粉末のカリウム製剤は人体薬で存在するので動物病院経由なら入手は可能です。
ただ現在使っているカリウム液がフィットケアK60ならこの製品は苦味成分などをマイクロカプセルに包むことで抑えていますのでこれをフードにかけて食べないようだと粉末はさらに食べない可能性が高いと思います。

遮光と希釈に少し注意しなければならないので処方してくれるか分かりませんが、塩化カリウム溶液を自宅での点滴に混ぜるのが現状では一番楽だと思います。

Q前立腺がん ホルモン療法の効果について

PSA:18
GS:7
ステージ:D1(リンパ節転移あり)
年齢:56歳


ホルモン療法を開始しました。
個人差はあるでしょうが、目安として何年ぐらい効果あるものでしょうか?

リンパ節転移の場合は、5年~7・8年ぐらいが目安(その頃に効かなくなってくる事が多い)でしょか?(個人的な勝手な予想)

例えば、リンパ節転移がある場合に限定すれば、5年後には50%ぐらい、7年後には70%ぐらいの方が効かなくなる。といった統計が載ってるサイトがもしあれば教えて下さい。


また、再燃した場合には薬を替えるようですが、これは数ヶ月~半年が効かなくなる単位になりますか?
再燃した場合には、抗がん剤は現時点では長期間効かないと考えてた方がよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

(Q)ホルモン療法を開始しました。
個人差はあるでしょうが、目安として何年ぐらい効果あるものでしょうか?
(A)2~3年ぐらい
しかし、効かなくなったら終わりという訳ではない。
http://www.tmd.ac.jp/med/uro/practice/advanced/deferred.html

転移があるからホルモン剤が早く効かなくなるということは
ありません。癌の性質、患者本人の体質の問題の方が
大きいと思ってください。

(Q)再燃した場合には薬を替えるようですが、これは数ヶ月~半年が効かなくなる単位になりますか?
再燃した場合には、抗がん剤は現時点では長期間効かないと考えてた方がよろしいでしょうか?
(A)ケースバイケースです。
再燃した場合、短期間で効かなくなるということはありません。
色々な治療方法を順次試していくということになります。

http://www.gan-pro.com/public/cancer/urol.html

まずは、悲観的にならずに、治療に専念してください。

Q前立腺がんD1(リンパ転移)の場合の治療法。

世話になってる知人が、前立腺がんD1(リンパ節転移)なのですが、病院では内分泌療法(ホルモン療法)しか無いと言われたそうです。
D1リンパ節転移の場合、ホルモン療法となるのは理解しているのですが(ネットで調べて理解した)、
PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(尿の出が悪くて人間ドックの際にPSA検査したら16台、その後病院でPSA17台でした)
CTやらPETやら検査してるみたいなので間違いないとは思うのですが、どうしても本当にリンパに転移しているのか疑問なのです。
グリーソンスコアは7か8だそうです。
骨には転移無いみたいです。

大学病院では無いのですが、泌尿器科医師6名以上、年間手術件数500件以上(うち前立腺がんの手術は40件ぐらい)の大きな病院での診断です。

IMRTなど他の治療は出来ないものでしょうか?

何かやり残しというか、調べたり確認した方が良さそうなことが残っていたら教えて下さい。

患者の年齢は50才半ばです。

Aベストアンサー

(Q)PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(A)あります。
PSA値と癌の進展度とは、必ずしも一致しません。

PSA値というは、前立腺特異抗体の略称で、そのまま検査値の
名前になっています。
というのは、前立腺特異抗体は、そもそも血液中に漏れ出しては
ならないからです。
これが血液中で検出されるということは、
前立腺の組織が壊れている証拠となるわけです。
主な原因は、前立腺肥大と前立腺がん。
なので、組織が壊れているか、どうか、という検査値であって、
転移しているかどうかは、関係ないのです。

もちろん、数値が高ければ、転移している可能性も高くなりますが、
高くても、転移しているとは限りません。
逆に、低くても、転移をしている場合もあります。
低くて、転移をしている場合は、運が悪いとしか、
言いようがないです。

ご友人の場合、すでにリンパ節転移があるということは、
TNM分類でいえば、N1ということです。
ステージで言えば、IVとかD1と呼ばれるレベルです。
手術や放射線による根治治療は適用外です。
ホルモンか抗がん剤による化学療法となります。
骨転移をして、痛みを伴う場合には、緩和療法として、
放射線を使う場合があります。
IMRTは、放射線療法なので、適用外だと思ってください。

なぜ、リンパ節転移があると、手術や放射線療法が
適用外となるのか?

放射線や手術で治療するのは、病巣を取り除くのが目的
ではなくて、命を救うのが目的です。
でも、癌は、それ自体が、毒素を発生するわけでもないので、
癌があっても、死にません。
「人は、癌では死なない」という逆説的な言葉があるのは、
このためです。

では、どうして、癌で死ぬのか?
それは、肝臓、腎臓、肺などの重要臓器に浸潤・転移して、
その臓器を破壊するからです。

早期に、手術や放射線治療をするのは、この「転移防止」に
他なりません。
転位を防止することで、命を救うのです。
なので、すでに転移してしまったのでは、手術や放射線治療を
する意味がないのです。
だから、適用外なのです。

すでに、リンパ節に転移していると言うことは、
他の臓器にも目に見えない転移があると考えた方が良いです。

化学療法(ホルモン、抗がん剤)しかないというのは、
このような理由からです。

最後に……
民間療法では、ザクロジュースが有名です。
ただし、一部の業者が言っているような
特定のザクロジュースでなければならないとか、
効果がない、ということはありません。
「前立腺がん ザクロ」で検索すればヒットします。

(Q)PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(A)あります。
PSA値と癌の進展度とは、必ずしも一致しません。

PSA値というは、前立腺特異抗体の略称で、そのまま検査値の
名前になっています。
というのは、前立腺特異抗体は、そもそも血液中に漏れ出しては
ならないからです。
これが血液中で検出されるということは、
前立腺の組織が壊れている証拠となるわけです。
主な原因は、前立腺肥大と前立腺がん。
なので、組織が壊れているか、どうか、という検査値であって、
転移している...続きを読む


人気Q&Aランキング