人気雑誌が読み放題♪

今大会の日本のワールドカップが終わりました。
選手の皆さんお疲れ様でした。

さて、今回の大会で日本はまだまだ力が無いなぁと痛感しましたが、日本の若い選手は育っているのでしょうか?

世界の強豪国はピラミッドのような育成システムが完成されているとニュースで聞いたことがあります。
日本が強くなっていくために実力の底上げがされるような行いがされているのかどうかが心配です。

*私がこの先期待できそうと感じた選手は田中達也選手、トゥーリオ選手、森本選手、あとはフランスで頑張っている松井選手です。
Jリーグのことはあまり詳しくないです。
世界を驚かすような選手が出てくることに期待!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今のところ、目だった形で出てはいないけど育てているという感じだと思います。



ワールドユースやオリンピックの成績だけでは判断できませんが
20歳前後の国際大会はぱっとしていないのは事実です。
今回のW杯でも下からの突き上げがなかったように感じます。
期待はしたいですけど、今後10年間はどうなるかちょっと心配ですね。

ただ、確実に下からの育て上げはしています。
私の知り合いで小学生に教えている人がいるんですが、その人と話した時に
「一昔前と違って、子供たちに目標とするものが色々と出てきていて、意識が変わってきているし
(高いレベルを意識してやっているとのこと)
身体能力の高い子がサッカーをやるようになった。(今までは野球にとられていた)
更に親の目も確実に肥えてきている。小さなことだけど、そういうことが重要なんだよね」
と、言ってました。
なので、そう悲観的になることはないと思います。
大切なのは、たとえ悪い流れ(W杯予選落ち等)になっても、周りが応援し続けることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます^^

そうですね。ユースの大会であまり良い結果を聞いたことがないです。
子供の意識が変わってきたのはすごいです。確かにこのことが一番大事かもしれないですね。
大人たちが目の色変えて必死に応援する姿が子供たちにも影響を与えていたのでしょう。
日本サッカーの歴史はまだまだ浅いです。これからもずっと応援し続けたいです。

お礼日時:2006/06/25 18:09

> 若い選手は育っているのでしょうか?



答としては、間違いなく育っています。

ただ日本サッカー協会としては、次の二点については、システムが確立されていないように思います。

(1) 長身ストライカー養成システム
(2) レフティのMF育成システム

(1) 長身ストライカー
プロの歴史が70年を越える日本のプロ野球ですが、長身選手育成のシステムが完成したのは、この十数年のことです。 仙台にある東北福祉大学で、若手の育成に当っておられた伊藤監督(故人)が苦労して構築されたものです。 

この大学からは佐々木(横ベイ、マリナーズ、)、 斎藤隆(横ベイ、現ドジャース)、門倉と長身投手が多くプロで活躍。 大阪の中学生だった195cmのダルビッシュ君が、わざわざ東北高校に進学したのも、それと無関係ではありません。 

残念ながら、サッカー選手には、まだ190cmを越える大型ストライカーをどう育成したら良いかというプログラムが出来ていません。 数年前、新潟でプレーしている195cmの船越選手が長身選手用のフィジカルトレーニングプログラムを導入して1年間やったと聞いたことがあります。 

しかし、当時彼はもう20代の中盤に差し掛かっていました。 こういうプログラムは十代の半ばから始めないと、効果は出て来ないと思います。 

(2) レフティーのMF
これも決して自然発生的なものではありません。 はっきりとレフティーを育てる高い目標を持っていないと育たないものです。 ヨーロッパでも、特定の国にはレフティーのMF,FWが良く育ちます。 (クロアチア) 日本サッカー協会が左利き選手の養成にどれくらい熱心なのかわかりません。 今の日本には、左利きの選手が少ないのも事実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます^^

具体的な事を挙げていただきとても参考になりました。
船越選手のような例を教訓としてどんどん改善されていく事を望みます。
ただ、日本サッカー協会のお偉いさんたちが柔軟な頭を持っているかどうか心配です。
ダルビッシュ君の件は良いと思いましたが、確かプロ野球選手が高校生の指導をしていけないような両者の確執があったと思います。
こういうような意味のない事は避けてほしいものです。

お礼日時:2006/06/25 18:22

ある程度は育っていると思いますよ。


鹿島でプロ1年めからレギュラーのDF内田篤人(18歳)、
清水でプロ1年めから背番号10のMF藤本淳吾(22歳)、
マリノスの身長194cmのFWハーフナー・マイク(19歳)(←日本国籍です)、
名古屋で1年めからレギュラーのMF本田圭佑(20歳)
福岡でレギュラーのMF中村北斗(20歳)、
大宮で今季リーグ戦12試合で6得点6アシストでチーム総得点16点のうち4分の3に絡んでいるMF小林大悟(23歳)、
大分ではユースのうちからJリーグの試合に出ていたDF福元洋平(19歳)に去年のJリーグ優秀新人賞のGK西川周平、
新潟でレギュラーになっているMF田中亜土夢(18歳)にDF中野洋司(22歳)、
などは今後かなり期待できると思います。
あと、松井、田中達也、トゥーリオ、それに平山も非常に楽しみな選手です。(森本はちょっと伸び悩みのような・・・)

日本のユースやJr.ユースに詳しい人なら「いや、他にこんな選手もいる」と、また違う名前を挙げてくると思います。
なんとなくですが、去年あたりからJリーグに、新人のうちからレギュラークラスの実力を持った選手が増えているように感じます。

あとは、プロで通用する選手を育てる、各クラブのユースチームがカギを握ると思います。
たとえばガンバ大阪ユース出身の現役日本人選手は、現在Jリーグに20人、海外に2人、計22人います。
これはあの高校サッカーの有名校である鹿児島実業出身の現役選手人数と同じです(Jリーグ21人+海外1人)。
92年のJリーグユース発足から、ピラミッド型の育成システムのひとつは、歴史ある高校サッカーとも肩を並べるくらいになったといえるわけです。

底上げは確実に行われていると、私は確信します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます^^

たくさんの名前が挙がってきて一安心です。プロ1年目から背番号10なんて選手もいるんですね。驚いてます。
森本は伸び悩んでいるんですか。15歳ぐらいの時に初めて見て、
この年でこれだけのプレーをするのだから将来がとても楽しみだと感じましたが、なかなか難しいものですね。
平山は海外での姿を見るとすこし頼りなさを感じてしまいますが、
フィジカル面をもっと鍛えて代表にくい込んできてほしいです。

お礼日時:2006/06/25 17:54

回答がつきませんね?それだけこれはって選手が育ってないってことでしょうか?



選手を育てるのは、やはりその国の総合的なサッカー環境です。
高度な育成システムを持つ国もあるでしょうが、あくまで補完的な役割だと思います。JFAでも古くはトレセン制度、最近はアカデミーを作ったりしてるようですが、やはり選手育てる基本はリーグを頂点としたピラミッドであり、クラブチームです。十数人を集めて英才教育すれば解決するものではないですからね(一時的に良くても)
スポーツの世界は厳しい競争を勝ち抜く超エリート社会ですよね。エリートも居ていいし、地道に努力してきた選手もどん底から這い上がってくるようなサクセスストーリーがあってもいい、要は優れた才能にどれだけ多くのチャンスを与えられか、多様な可能性を認めることが重要ではないでしょうか。
ちょっと目立った若手をすぐにスター扱いにするのもどうかと思いますが・・・

平山や松井はこのまま厳しいヨーロッパで伸びてほしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます^^

ジーコ監督は色んな選手を試さなかったことがよく指摘されてました。
大会が始まるまではそれほど気にもしませんでしたが、今となってはもっと他の選手にチャンスを与えてほしかったなと感じます。

お礼日時:2006/06/25 17:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカーブームなのか日本代表ブームなのか

ここ数年サッカーの話題がどんどんテレビで取り上げられるようになりましたが
Jリーグの人気はテレビの報道ほど盛り上がっていませんよね


サッカーで報道されるのは日本代表70%海外組10%Jリーグ20%のように感じます


そう思ってよく考えてみると視聴率も
日本代表サッカーのほかにも日本代表と名のつくもの
(WBC バレー等)はすべて視聴率が高くなっている気がします


現在のこの風潮はサッカーブームなのでしょうか
それとも日本代表(国際戦)ブームなのでしょうか

Aベストアンサー

明らかに日本代表ブームでしょ。
サッカーファンではないはずです。

本当のサッカーファンなら、サッカーそのものが好きなわけですから
日本対オーストラリアなんかよりイタリア対イギリスとかフランス対ブラジルの方が面白く感じるはずです。
日本があのワールドカップの予選リーグ敗退でがっかりなんかしません。むしろ実力のない日本なんかがベスト16、8にいくより本来の実力を持ったヨーロッパ、南米のチームが揃った方がサッカーそのものは面白いはずです。

つまり青いユニホーム着て騒いでいる方々は
日本代表ファンであってサッカーファンではありません。

従って、Jリーグも本来のサッカーファンだけが
応援しているわけですからそうそう盛り上がることもありません。

スポーツはなんでもそうですが、大きなイベントがあると
そのスポーツのにわかファン、いや日本チームファンとか
そのスポーツをする個人のファンは急激に増えますが
そのままそのスポーツのファンになる人は非常に少ないです。
佑ちゃんだってそうでしょ。本当の高校野球ファンは「佑ちゃ~ん!」なんて騒ぎませんよね。
あれは佑ちゃんファンであって高校野球ファンではありません。

またスポーツそのもののファンというのは急激に増えることは一般的にまずありません。だいたい決まっています。
ですので、サッカーもだいたいファン数は決まっており
サッカーのブームではありません。
単に日本代表ブームですね。

やはり健全な愛国心の表れかと思います。
自分が日本人なのですから日本人を応援するのでしょう。
悪いことではないと思います。

国の威信を背負っての試合と単に商業ベースでの
単一チームのためにだけする試合とでは熱の入れ方は
違っちゃいますよね。質も違えばスケールも違うし・・。

明らかに日本代表ブームでしょ。
サッカーファンではないはずです。

本当のサッカーファンなら、サッカーそのものが好きなわけですから
日本対オーストラリアなんかよりイタリア対イギリスとかフランス対ブラジルの方が面白く感じるはずです。
日本があのワールドカップの予選リーグ敗退でがっかりなんかしません。むしろ実力のない日本なんかがベスト16、8にいくより本来の実力を持ったヨーロッパ、南米のチームが揃った方がサッカーそのものは面白いはずです。

つまり青いユニホーム着て騒いでいる...続きを読む

Qサッカーワールドカップ、日本選手の動きは迫力がない?

サッカーワールドカップ、日本選手の動きは迫力がない?

サッカーを楽しみに見ている方には申し訳ありません。

あまりサッカーに詳しくありませんが、テレビでワールドカップみています。

外国人と比較した場合、日本選手のシュートはどうも迫力に欠けます。

シュートしたと思ってもゆっくりしたボールで
だいたいゴールポストの上や横を通過する精度の低いものばかりです。

ヘディングシュートもしないし、足も遅いし、ボールは奪えないしで
ちょっとがっかりしました。

外国選手は日本よりもずっと精度よい、高速シュートをどんどん決める、
走れば早い早い、ゴール前まで走って自ら無理矢理でも決める。

どうして日本は外国人選手のような動きができないのでしょうか?


あと、
日本チームはゴール前までボールを運んでシュートするスタイルが基本なのでしょうか。
サイドからセンターにボールを上げるのって時間かかかるし、早く打てばいいのにというのが素人の思うところでもあります;;

詳しい方教えてください

Aベストアンサー

シュートに関しては、やはり速筋の質とつき方が一番大きく影響すると思います。ワールドカップに出てくるチームで、身体的に近いとも思われるメキシコは、ほとんどロングシュートを打ちません。打っても、ゴールすることは期待してません。シュートで終わって、カウンターを食らわない、あわよくばコーナーという目的です。メキシコいつもいい成績ですけど、ショートパスだけでゴール前まで運んでいきます。
ヘディングとデイフェンスも同じような理由+身長です。しないというより、できません。遥かに大きく、パワーの有る選手がのしかかってくるわけですから。DFは足で取りに行くわけではないので、日本の場合は相手のパスを、どっかでひっかけるかこぼれ球を拾うというのがメインになってきます。
サイドに運んで・・・というのも、同じように身体的な要素に起因します。圧倒的に不利な身体接触を避けて、裏のスペース(誰もいないところ)に出して、DFを振りきってボールを上げる&シュートしたいというのが意図です。

ちなみに、日本が身体的に有利な東南アジアとの対戦では、「外国の選手」がやるようなサッカーをします。あまりサッカーを見ない人なら,そっちの方が面白いかも。日本無双まではいきませんが、日本対ヨーロッパでのヨーロッパがやるような試合が見れます。

シュートに関しては、やはり速筋の質とつき方が一番大きく影響すると思います。ワールドカップに出てくるチームで、身体的に近いとも思われるメキシコは、ほとんどロングシュートを打ちません。打っても、ゴールすることは期待してません。シュートで終わって、カウンターを食らわない、あわよくばコーナーという目的です。メキシコいつもいい成績ですけど、ショートパスだけでゴール前まで運んでいきます。
ヘディングとデイフェンスも同じような理由+身長です。しないというより、できません。遥かに大きく、パ...続きを読む

Qサッカーワールドカップ予選について質問します。思ったんですがワールドカ

サッカーワールドカップ予選について質問します。思ったんですがワールドカップ予選はヨーロッパ選手権やアジア選手権などの大陸選手権で上位何チームかにワールドカップの切符を与えてもいいんじゃないですかね。ただでさえサッカー選手はオフが実質一ヶ月くらいしかないですから、こういう所から削って行くのも有りかと思います。皆さんの意見をヨロシク!

Aベストアンサー

 私も同感です。もしそれをやるなら、大きな問題が3点浮かび上がります。
 ・大陸別選手権の主管調整(ワールドカップ FIFA、ヨーロッパ選手権 UEFA)
 ・選手の年俸抑制
 ・クラブチームと選手の契約
 2点目については、例えば、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA主催)に出場しただけでチームには出場給が与えられ、これらの収入がヨーロッパ選手権などの運営費に当たります。という事は、下手に試合数を減らすという事は選手の年俸が減収していくことになります。
 現在不況で、各国クラブチームが運営に苦戦している中、さらに打撃を与えられます。
 3点目については、クラブ>代表 の契約が多く、代表戦への試合数も限定されている選手もいると聞きます。
 このあたり、特に『収入源』の保証ができれば良いと思います。

Q現在行われているサッカーワールドカップ南アフリカ大会で、明らかに”審判

現在行われているサッカーワールドカップ南アフリカ大会で、明らかに”審判の誤審”と思われる場面が続出し、大騒動になっている。
特に負けた国は、マスコミが非難の大合唱、当該審判が身の危険を感じる事態である。
今に始まった事ではなく、これだけ問題になると、ビデオ判定を導入すべきだと思うが?
なぜFIFAはビデオ判定を導入しないのか?

Aベストアンサー

一番現実的な解決策は、第4審判によるビデオ判定と、ゴールラインにセンサーを着けること。
後者は、テニスにおいて、ウィンブルドンでは「チャレンジシステム」といって、基本は人間の判定に従うのだけど、セット中に3回までセンサー判定による再判定を仰げるというものにサッカーも倣おうというものです。
ただ、野球やテニスは、「間」があるスポーツですが、サッカーは中断を前提としていないので、チャレンジシステムは難しいでしょう。

又、FIFA(国際サッカー連盟)は全カテゴリーにおいて同じ運営と同じ基準で試合を行うことを原則としています。すると、U-16等の試合や、例えばサッカー未開拓地の小さな試合までそんな審判と判定システムを導入せねばならず、これはコスト等で非現実的だという判断があるのではないでしょうか?

Q【A3】 浦和レッズが韓国と“因縁”の乱闘騒ぎの詳細をTVで見た人に質問!

新聞を読んでいてビックリしました。
浦和レッズがKリーグのチームと乱闘を起したらしいじゃないですか!
TVでほとんどニュースになっておらず、乱闘が起きたことは知りませんでした。
(以下全文)
浦和乱闘騒ぎ!やっぱり起きた“因縁”対決…A3杯
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/etc/news/20070611-OHT1T00083.htm

【1】TVで見た人に質問ですが、乱闘の原因は韓国側にあるのですか?浦和側にあるのですか?


【2】浦和はこの日を含め韓国クラブとの3試合がいずれも乱闘に発展したことになる。
とありますが、なぜレッズは韓国クラブと戦う時だけ乱闘率100%なんでしょうか?
韓国クラブに原因があるのでしょうか?
韓国のクラブと戦う時だけ乱闘率100%なんておかしいですよね。


【3】済南は04年アジア杯準決勝バーレーン戦でジーコ・ジャパンがブーイングまみれになった因縁の舞台。
中国人主審は韓国寄りのジャッジを繰り返し続けた。
城南支持に回ったスタンドも興奮。
日本人記者が背後から水をかけられる事件も発生した。

とありますが、主審の中国人と観客の中国人は韓国を勝たせようとしたらしいですが、
どうして中国人は日本が負けることを望んでいるのですか?

新聞を読んでいてビックリしました。
浦和レッズがKリーグのチームと乱闘を起したらしいじゃないですか!
TVでほとんどニュースになっておらず、乱闘が起きたことは知りませんでした。
(以下全文)
浦和乱闘騒ぎ!やっぱり起きた“因縁”対決…A3杯
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/etc/news/20070611-OHT1T00083.htm

【1】TVで見た人に質問ですが、乱闘の原因は韓国側にあるのですか?浦和側にあるのですか?


【2】浦和はこの日を含め韓国クラブとの3試合がいずれも乱闘に発展したことに...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

わたしも【3】についてのみ・・・。
端的に言ってしまえば、「日本及び日本人を憎悪している」からです。
では、なぜ憎悪しているのか・・・?
正当性を有しない共産党独裁政権の、国の外に外敵を作って自らの存在意義を保持しようとする対日政策もありますが、それを別にしても、中国人一般にとって、数々の面で日本の後塵を拝していることが悔しいのです。

中国は、永い間、東アジアに君臨してきました。
しかし、明治維新によってアジアで初の近代国家の建設に成功した日本は、この百数十年間、常にアジアNo.1であり、頑迷固陋な中華思想に毒された中国は取り残されて今に至ります。
このことが、中国人にとっては悔しいのです。
「日本に負けて悔しい」→「面白くない」→「業腹だ」
こういう心理状態に陥るとストレスが溜まります。なんとか、鬱憤を晴らしたくなるのが人間というものです。

スポーツの国際大会は、その絶好の機会です。戦争をして叩きのめすことのできない相手でも合法的にやっつけることができます。
韓国が対日本戦で、選手は勿論、国民までがあれほどに躍起となるのも、正にこういうことなのです。(昨春、アメリカで開催された「ワールド・ベースボール・クラシック」の準決勝戦で韓国チームが0-6で日本チームに完敗した際、アメリカ在住の韓国人婦人が人目も憚らず大泣きしていたことが、今でも目に浮かびます。)

憎悪する相手が負けると大喜びする。憎悪する相手が敗れると楽しい。嬉しい。鬱憤が晴れる。カタルシスを感じることができるのです。
だから、日本チームは負けてほしい。
そういうことなのです。

数年前、中国で開催されたサッカー・アジア大会で日本が優勝しましたが、あの時の中国人は暴徒化し、会場周辺が大混乱に陥りました。
負けてほしい日本が優勝した。
中国人にとっては、決して認めたくない結果でした。
日本が勝ってしまい、カタルシスを感じるチャンスを失った中国人は、ホスト国であるにも拘わらず、負の民族感情の捌け口を求めて暴れ回るしかなかった・・・。
日本開催の国際大会では決して起こりえないことなのですが・・・。

今回の件も、全く同じ民族心理、民族感情が根底にあることは間違いないでしょう。
中国人も韓国人も、日本人に比べれば民度が低く、国際的なイベントを開催するには、まだまだ、十分な資格を有していません。ホスト国としての品格に問題があるのです。
1988年のソウル五輪や2002年の日韓共催のサッカー・ワールドカップ大会での韓国の、ホスト国にあるまじきマナーの欠如は国際的に大きな顰蹙を買いましたが、来年の北京五輪も思いやられるところです。

こんにちは。

わたしも【3】についてのみ・・・。
端的に言ってしまえば、「日本及び日本人を憎悪している」からです。
では、なぜ憎悪しているのか・・・?
正当性を有しない共産党独裁政権の、国の外に外敵を作って自らの存在意義を保持しようとする対日政策もありますが、それを別にしても、中国人一般にとって、数々の面で日本の後塵を拝していることが悔しいのです。

中国は、永い間、東アジアに君臨してきました。
しかし、明治維新によってアジアで初の近代国家の建設に成功した日本は、この百...続きを読む

Q1974年サッカーワールドカップ西ドイツ大会ではなぜ西ドイツが優勝したのですか

1974年のサッカーワールドカップ西ドイツ大会では、なぜ西ドイツが優勝したのですか。

Aベストアンサー

当時、ダイヤモンドサッカーで見ていました。

やはり、チームを統率するベッケンバウアーのリーダーシップとストライカー、ゲルト・ミュラーの神懸かり的な活躍に帰すでしょう。
その後、バイエルンでの来日時のミュラーにはそのときの輝きはありませんでした(それ以来、ミュラー姓に対する疑惑が生じ、ハンジ・ミュラーやディーター・ミュラーは信用できなかった)。

私がこの大会で一番良かった思うチームはラトー、ガドハを擁したポーランドで、三決ではブラジルの汚いプレーの前に三位がとれなかったのは残念。お気に入りのプレーヤーはスウェーデンのGK、ロニー・ヘルストレームです。

クライフ率いるオランダはドイツとアルゼンチンの二つのW杯の中間に頂点を迎えたのに、74年のユーロでは、ゴルゴン、オンドルーシュのチェコスロバキアに優勝を攫われるなど結局運に恵まれませんでしたね。アルゼンチンでもケンペスの神懸かりに優勝を阻まれました。

Qサッカーのイラク戦で、引き分けてしまいました。失点は防げたのではないでしょうか? ゴール前のボールは

サッカーのイラク戦で、引き分けてしまいました。失点は防げたのではないでしょうか?

ゴール前のボールは、無条件でクリヤーするべかではなかったでしょうか?

この基本的な事を、怠った結果、失点したように思います。

日本選手には、基本的な事が欠けているように思います。そうは思いませんか?

Aベストアンサー

今に始まったことじゃないです。

「この失点はしょうがない、相手が素晴らしかった」という失点はないですもん。

フォワードは何度ミスしても点を取ればいいんです。
ディフェンダーは1度のミスで失点するんです。

ディフェンダーとしての意識が低いんだと思います。

Q2010ワールドカップサッカー南アフリカ大会シード

フランス、ドイツ、イタリア、イングランド、オランダ、スペイン、アルゼンチン、ブラジルがシードかと思ってたのですが南アフリカがシードされるとどこか一カ国シード落ちなりますよね。どの国がシード落ちになりそうでしょうか

Aベストアンサー

過去の優勝経験がある国とFIFAランキングを考慮するとオランダがシードから外れる可能性が高いですね。以前は優勝経験国がシードされましたが、FIFAランキングの重要性を高めるために無条件にシードになる傾向は薄れてきました。その観点から質問者さんが書いていない優勝経験国のウルグアイもシードから間違いなく外れるでしょう。回答についてはスペインは優勝経験がありませんが、EUROの現王者でFIFAランキングも最近ではTOP3の常連なので、恐らく外れるのはオランダになるかと思います。

ちなみに日本にチャンスが訪れるのは南アフリカと同じ組になった場合のみだと思います。多分日本はプール4になり各組最後の4カ国目を決める国に割り当てられる可能性が高いでしょう。

Q好きなサッカーチームは「日本代表」と答えるのは変?

好きなサッカーチームは「日本代表」と答えるのはおかしいでしょうか?


わたしはサッカー観戦が好きです。

なかでもわたしは日の丸を背負って戦う「日本代表」が大好きで、
テレビでもスタジアムでも、日本代表戦を観るときは
1番夢中になって応援しています。
きっかけは2002年にワールドカップのロシア戦を観に行ったからだと思います。
持っているユニフォームやグッズは全て日本代表のものですし、
サポーターとまではいきませんが
遠方のスタジアムまで遠征してゴール裏で応援することもあります。

かといって日本代表しか興味がないわけではありません。
Jリーグや欧州の各リーグ、他国同士の国際試合まで観ています。

わたしとしては日本代表を中心として国内から世界まで幅広い視野で観ている、
日本代表以外は各チーム・各国とも中立的な視点からサッカーの試合を観ているつもりです。


本題ですが、


「サッカー観戦が好きだ」と話すとたいていの人から
「どこのチームが好きなの?」と聞かれるのですが、
わたしはもちろん「日本代表が好きだ」と答えます。

すると

・鹿島アントラーズだとかバルセロナだとか答えるのがふつうじゃない?
・好きなチームを聞いてるのに「日本代表」じゃ答えになってない
・日本人なら日本代表が好きなのは当然
・サッカー好きなら応援しているクラブチーム1つくらいあるでしょ

といわれることがよくあります。


「どこのチームが好き?」という質問はやはりクラブチームのことを聞いているのでしょうから
たしかに「日本代表」という答えはピントがズレているのかもしれません。

また、日本代表ファン=にわかサッカーファン、ミーハーだという見方があることも
このようにいわれることに関係しているような気がします。


ともあれわたしは何といわれても好きなチームは「日本代表だ」と答えます。

慣れたというのもあって、いわれることに悩んでるわけではありませんが‥


やはり変なのでしょうか?

ぜひ一度みなさんの意見を聞かせていただけませんか?

好きなサッカーチームは「日本代表」と答えるのはおかしいでしょうか?


わたしはサッカー観戦が好きです。

なかでもわたしは日の丸を背負って戦う「日本代表」が大好きで、
テレビでもスタジアムでも、日本代表戦を観るときは
1番夢中になって応援しています。
きっかけは2002年にワールドカップのロシア戦を観に行ったからだと思います。
持っているユニフォームやグッズは全て日本代表のものですし、
サポーターとまではいきませんが
遠方のスタジアムまで遠征してゴール裏で応援することもあります。

か...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは^^

全然変ではありません。

ファンやサポーターのサッカーへのアプローチや対象は多様です。特に近年急激に「サッカーの魅力にとりつかれた」人が増えている日本では。

欧州のサッカー先進国ならば長い歴史の中で、誰もが地元のチームへすごい愛着を持ちます。日本はまだまだ成長期、まだまだ地元にJを目指すようなクラブがない地域も多いです。Jリーグが50年100年と歴史を積み重ねていけば欧州のようになるかとは思いますが。

私がサッカーを夢中に見だした頃のお気に入りのチームは74年ごろの「ユーゴスラビア」と72年前後の「西ドイツ」でした。「日本代表」は弱すぎたし、何より自分の理想とのギャップがあって応援はしましたがこころのどっかで「どうせ負ける」とあきらめていたところがありました。

今は違います。今の日本サッカーはまだまだ伸び白があります。どれだけ伸びていくか分からない。その象徴としての日本代表への思いは「少し冷めて」いながらも「得体の知れない未来」に心が高揚します。

今の私なら、「応援しているのはすべてのカテゴリーの日本代表・Jなら〇〇」と答えます。〇〇はJ創設からのチームで毎週通った記憶と思い入れ、それにそのスタイルが好きだからです。地元にもJ1チームあるのですが、今は暖かく見守っている感じ。将来的には地元チームに心が移っていくだろうなあって思いながら。

代表を応援しているからこそ、そこに誰が入ってくるのか。所属チームでどんなプレーをしているのか興味が湧きます。クラブレベルでお気に入りの選手を「発見」して、その選手が代表まで駆け上るのはファンにとってすごい醍醐味です。

クラブへの興味は必ず代表への興味につながります。逆に、日本代表が入り口でそこからJクラブや大学・高校サッカーへ、さらに少年サッカーや女子サッカーへ、あるいは海外サッカーへと興味や知識が広がっていくこともあるでしょう。「広がり」は限りありません。

それこそがサッカーワールドの特徴であり可能性の大きさだと思います。

ファンは、あるいはサポーターは「こうあるべき」ということなど一切ありません。

大阪のおばちゃんが、代表戦の翌日「あのパス回しがよかったねえ~」とかTVで言っているのを見たことがあります。微笑ましくて・・嬉しかったです。

「多様性」こそサッカーの支える「生命線」です。

こんにちは^^

全然変ではありません。

ファンやサポーターのサッカーへのアプローチや対象は多様です。特に近年急激に「サッカーの魅力にとりつかれた」人が増えている日本では。

欧州のサッカー先進国ならば長い歴史の中で、誰もが地元のチームへすごい愛着を持ちます。日本はまだまだ成長期、まだまだ地元にJを目指すようなクラブがない地域も多いです。Jリーグが50年100年と歴史を積み重ねていけば欧州のようになるかとは思いますが。

私がサッカーを夢中に見だした頃のお気に入りのチームは74年ごろの「...続きを読む

Q94年のFIFAワールドカップ アメリカ大会の大会テーマソング

2002FIFAワールドカップ 日韓大会の大会公式テーマソングは
Voices of KOREA/JAPANの「Let’s Get Together Now」

98年のFIFAワールドカップ フランス大会の大会公式テーマソングは
リッキー・マーティンの「ラ・コパ・デ・ラ・ヴィダ(カップ・オブ・ライフ)」

だったと思うのですが、このようなワールドカップの大会テーマソングはアメリカ大会の時もあったのでしょうか?
あったのなら、その曲名と歌っているアーティスト名を教えて下さい。

Aベストアンサー

ダリル・ホール&サウンド・オブ・ブラックネス
「グローリーランド」
です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報