住宅金融公庫の融資の審査について教えてください。
公庫の融資審査は銀行が行うものなのでしょうか?
住宅メーカーの営業マンである友人は申し込みをした銀行で行ので総返済負担率20%以上になると審査が厳しくなるのでと申しておりました。
また別の工務店の営業のおばちゃんはブラック歴が有っても総返済負担率30%以下だったら審査は公庫で行うのでそんなに厳しくないのでと話しておりました、だから公庫が廃止になると困るのよねと・・・・かなりやり手のおばちゃんなのですが本当なのでしょうか。

gooで検索してみたのですがいろいろな事例があるようですが本当のところどうなんでしょう銀行系のローンだけで信販系、サラ金系は審査しないものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

審査は住宅金融公庫で行いますが、信用調査は当然行います(そのため、申込みにあたっては個人情報を利用しても良いという承諾書を書く必要があります)。



つまり、申込書にウソを書いてもバレるということです。

民間の銀行ローンの方が審査が厳しい、という印象は彼らが掲げる条件、つまり「勤務先が中小企業だとダメ」「3年以上勤務していないとダメ」「自営業だとダメ」といった、いわば「理不尽」(銀行側の言い分は違うでしょうが)な理由から来るものであり、借入金に対する目が厳しいのは公庫だろうと銀行だろうと同じことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返信ありがとうございます、そうですよね私もそう思います。

お礼日時:2002/02/24 22:04

審査は住宅公庫でしています。

ところが、公庫はお役所ですから=お役所仕事している。
従って、書類上の要件を満たしていればOKなんです。

民間は個人信用情報センターと言うところがありローンの履歴を登録・検索
出来るものを利用して総合的に?(怪しいところあるけど)判断して貸出を
決定しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返信ありがとうございます、そうだとしたらやはり民営化したほうが良いと思いませんか。

お礼日時:2002/02/24 22:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシロアリ被害かどうか

家がシロアリ被害にあってるかもしれません…。
シロアリ業者は押し売りされそうな気がしてこわいので、
まず近くの工務店に見てもらって判断してもらえないかなと思ってます。

工務店の人が見にきてシロアリ被害かどうかを判断できない場合もあるのでしょうか?
もちろんその工務店によるのかもしれませんが…

Aベストアンサー

シロアリの実物を発見できれば見間違う事は無いと思いますが、シロアリ被害を受けた木材と、腐食などが進んでいる状態の木材を見極められるかは、工務店と言うよりも、もぐった人の経験によるものでは無いでしょうか?
また、工務店は何らかの補修工事をすることが仕事ですから、その発生事由に関わらず補修工事を勧めるでしょうね。

知り合いにシロアリ業者がいますけど、長年やっている業者であればあくどい商売はしないと思いますよ。
その人からの受け売りですが、昔(昭和50年代以前)はかなり強い薬を使用していたので、一度施工すると、10年保証どころか建物が使用可能な年月くらいはシロアリが寄り付かなかったそうです。その後、強い薬が環境保護の名目で使えなくなった後は5年程度の保証になりましたから、良心的な業者は5年毎の再施工を貰った方が商売上は良いでしょうからね。
逆に、シロアリ業者は、シロアリ被害かどうか、防蟻工事が必要かどうかは見分けられますけど、木部の補修工事が必要かどうかまでは判断できないでしょう。

『木部に何らかのトラブルがあると思うが、シロアリが原因かどうか、また、トラブルについて補修工事が必要かどうかを、一か所に判断を委ねることのメリット・デメリット』という観点から考えられては如何でしょうか?

シロアリの実物を発見できれば見間違う事は無いと思いますが、シロアリ被害を受けた木材と、腐食などが進んでいる状態の木材を見極められるかは、工務店と言うよりも、もぐった人の経験によるものでは無いでしょうか?
また、工務店は何らかの補修工事をすることが仕事ですから、その発生事由に関わらず補修工事を勧めるでしょうね。

知り合いにシロアリ業者がいますけど、長年やっている業者であればあくどい商売はしないと思いますよ。
その人からの受け売りですが、昔(昭和50年代以前)はかなり強い薬を使用...続きを読む

Q公庫融資実行前に転職したら、融資が取り消される?

住宅金融公庫の審査に通り融資が決定した後、融資実行前に転職、あるいは退職して一時的に無職になってしまった場合、融資が取り消されることはあり得るのでしょうか?

ここを含め、ネットで色々と調べたのですがどうもはっきりした答えが得られません。

実情をご存知の方、回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 融資承認から実行まで、建物の工程などによっては半年ぐらいの期間がある場合がありますので、イマドキその間に意に反しても転退職などの事情変更が起こる可能性があると思いますが、そのような場合でも工事が進行するなど現実はどんどん進行していきますので、そこで融資が出ないとなると物議をかもし出すことになります。その点から考えると、公庫の書類をみてもそのケースの注意等は見当たらないようなので、その限り、そのような問題は想定しないでおいて(公庫の性格上)、必要に応じて個別対応するものと思われます。融資実行までは仕事を辞めません、などという念書もなく、他方、融資実行後仕事を辞めても、勿論ローンはそのまま継続することから考えると、直近2年度の課税証明中心に、それをもってその人の先も含めた与信をするという意図ではないでしょうか。

Q中古住宅購入におけるシロアリ被害の瑕疵責任担保について教えたください(長文です)

築40年の木造二階建で住宅および土地を昨年10月に購入しました。
引き渡し前に不動産会社はシロアリの防除を施し、室内のリフォームをして引渡しになりました。その時、「シロアリがいたから駆除したんですか?」と聞いたら、「中古物件売買時には防除工事が義務付けされているのでしただけで、シロアリはいません」という回答でした。
今年5月、室内にシロアリが発生しました。
保障期間内だったので駆除してもらいましたが、二週間ぐらいで違う所からシロアリが発生しました。(その後、3回出ました)
和室の床柱は何箇所も穴が空き、敷居に一部はボロボロで指で押したらつぶれてしまう状態になってしまいました。家族一同、呆然の状態です。
業者も信用出来なくなり、自分で床下を見てみると、柱の一部がシロアリに食われ1/3程スカスカになっていました。また土台の柱等、各部に古い蟻道が見られました。
担当者に瑕疵担保責任について確認しましたら「住宅に重大な欠陥があった場合に適用させる」と言われ、今回のようなケースは重大な欠陥では無いようなことを言われました。
私どもからすれば十分瑕疵担保責任が発生すると思うのですが、解釈的にはどうなのでしょうか。
また、不動産会社には瑕疵担保責任においてどんなことが要求出来るのでしょうか。
教えてください。
素人考えですが
1)損害賠償として購入金額の何%か金額を返還してもらう。
2)外部の第三者に床下を確認してもらう。(不動産会社は自分のところの大工さんに見てもらうと言っていました)
3)シロアリ被害の場所の完全な修復
(補修ではなく床柱等を新しく交換を要求する。)
4)シロアリの保障期間の延長、及び何年後かに再度、防除工事を約束
5)担保責任期間の延長
等を要求するつもりです。
長文で支離滅裂な文章で申し訳ございませんがよろしくお願い致します

築40年の木造二階建で住宅および土地を昨年10月に購入しました。
引き渡し前に不動産会社はシロアリの防除を施し、室内のリフォームをして引渡しになりました。その時、「シロアリがいたから駆除したんですか?」と聞いたら、「中古物件売買時には防除工事が義務付けされているのでしただけで、シロアリはいません」という回答でした。
今年5月、室内にシロアリが発生しました。
保障期間内だったので駆除してもらいましたが、二週間ぐらいで違う所からシロアリが発生しました。(その後、3回出ました)
和室...続きを読む

Aベストアンサー

専門家ではないので、個別のケースには当てはまらない可能性もありますが、参考までに回答します。

1)損害賠償は受けた被害に合わせて要求できるものですから、購入金額の何%というのは無理だと思います。

2、4,5は話し合いで決められることです。でも今までの経緯からすると売り主側業者の信用は低いと思いますので、2は強く要求してよいと思います。

3)完全な修復は質問者が費用負担する必要があります。
よく交通事故で廃車になっても新車購入費は出してもらえないと言われていますが、まさにそれと同じです。
一般的に築40年程度の住宅程度の状況に回復するレベルまでは瑕疵担保として要求できると思いますが、新築同様のレベルまでは、要求できないと思います。
基本的には「しろありの損害賠償保証書」で定められた範囲内では請求可能と思います。

担保期間の変更というのは一般的にありませんので、
5はかなり難しい要求ですね。

売買契約書に瑕疵担保期間2年と記載されているということは、売り主が宅建業者でなければ、築40年の物件ではかなり、買い主に極めて有利な条件ですね(現状引き渡しということが多い)。特約「しろありの損害賠償保証書」もかなり買い主に有利なものに思います。

シロアリの回答に対して、これが故意に隠していたものか、過失によるものか、過失の場合、事前の調査などがどれくらい行った結果見逃されたものかにより、売り主の過失責任が代わり、瑕疵担保の責任が変わってきそうです。

おそらくかなり買い手に有利な条件になっていますので、売り主が宅建業者なのでしょう。この場合宅建協会や役所の宅建指導課に相談してみるとよいのではないでしょうか?

専門家ではないので、個別のケースには当てはまらない可能性もありますが、参考までに回答します。

1)損害賠償は受けた被害に合わせて要求できるものですから、購入金額の何%というのは無理だと思います。

2、4,5は話し合いで決められることです。でも今までの経緯からすると売り主側業者の信用は低いと思いますので、2は強く要求してよいと思います。

3)完全な修復は質問者が費用負担する必要があります。
よく交通事故で廃車になっても新車購入費は出してもらえないと言われていますが、ま...続きを読む

Q公庫か銀行どちらを繰り上げ返済すべき?

期間35年で公庫と銀行から融資していただいてます。今、6年払い終わったところです。
夫の定年までに完済する予定で、支払いも負担になっていないのですが、貯蓄があるので繰り上げ返済した方がいいのかなぁと考えています。

【銀行】
・35年間金利が変わらない(3.45%)
・繰上げ返済手数料は21000円

【公庫】
・10年目まで2.75%+3.75%
 10年目からは4%+4%
 (金利区分が2つに分かれています)

金額は100万円から200万円くらいを考えています。
借入額の多い公庫優先すべきでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方の借入額を明確にしないと、正しい答えは出てこないのでは
ないでしょうか。
EXCEL等お使いになられるのでしたら、色々とシミュレーションもあるので
利用するのも1つです。

ざっくりと判断するには、
(繰上げ返済分を全て期間短縮に回す場合のみですが)
お手元に最終返済までの一覧表はありますか。
その返済表でそれぞれ最後の返済から、返済元金の合計が100万、200万になる
返済回数を計算してみてください。
(元金均等なら簡単ですが)
例えば、100万返済の場合で、元金が最終返済から遡って20回分とします。
繰上げ返済でお得になるのはその20回の金利分となります。
質問者様の場合、
・銀行に回す
・公庫に回すA
  →金利区分を気にせずどちらも同じ回数分に充当
・公庫に回すB
  →金利区分の3.75%に集中(100万以上の残高があればですが)
・公庫に回すC
  →金利区分の2.75%に集中
の4つのパターンかと思われます。
公庫の返済の場合、期間短縮ならどのパターンでも手数料は同じ(3,150円)はずです。あとは、元の借入額次第ですね。
ちなみに私は公庫のみで借り入れていますが、シミュレーションの結果、
私の場合はAタイプで返済するのが一番効率がよかったです。
参考になれば。

両方の借入額を明確にしないと、正しい答えは出てこないのでは
ないでしょうか。
EXCEL等お使いになられるのでしたら、色々とシミュレーションもあるので
利用するのも1つです。

ざっくりと判断するには、
(繰上げ返済分を全て期間短縮に回す場合のみですが)
お手元に最終返済までの一覧表はありますか。
その返済表でそれぞれ最後の返済から、返済元金の合計が100万、200万になる
返済回数を計算してみてください。
(元金均等なら簡単ですが)
例えば、100万返済の場合で、元金が最終返済から遡っ...続きを読む

Qシロアリ 白蟻

シロアリが出ました~。本日一階の和室の掃除をしていて、タンスの後ろを見ると、畳に穴が開いており、壁の下部分の木がボロボロになっていました。
ビックリしてあわてて壁の下部分の木をシロアリごと、めくり取り、畳にはゴキブリ用スプレーを吹きかけました。この対応で大丈夫でしょうか~。
残ったシロアリがまた繁殖するでしょうか?
業者に頼むのは、お金がないので不安です。

Aベストアンサー

シロアリは今や人間の敵ではありません。
食べて持っていってもらうタイプの脱皮阻害剤入りの餌を使いますが
効果を理解して確実に餌を持って行かせられれば2ヵ月後には
完全に全滅です。
発生場所に餌を置くのですが
その際は丁重にお持ち帰りいただくのが目的ですので
殺虫剤は絶対使ってはいけません。
まずは餌を手に入れて新たな発生現場を探して仕切り直しです。
駆除業者が暴利をむさぼっていますので
「脱皮阻害剤入りの餌」のみを商品として探すのは大変ですが
見つけることができたら費用は驚くほど手頃です。

Q銀行の住宅ローン審査で、国民生活金融公庫からの借入はわかるのでしょうか。

銀行の住宅ローン審査で、次の借入実績は調査機関等で明らかになるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示願います。
(1)国民生活金融公庫からの事業資金の借入れ(無担保)
(2)信販会社の自動車ローン
ちなみに当方自営業です。

Aベストアンサー

国民生活金融公庫も、信販系のローンもすべてわかります。信用情報は金融関係の会社すべてが共有していると同じことですのですぐにわかってしまいますよ。

Qシロアリ被害

私の家は築47年以上です。(私の家は実家です。私は亡父から受け継ぐ=相続)
この家はかなり古くて家全体がシロアリ被害が多い。さらに柱、床、壁などボロボロになり、家が少し傾けていた。又は雨漏りもひどい。
この家にリフォームするか建て替えするかと迷っています。シロアリ被害大の家にリフォームするのは無理ですか?
建て替えするお金がありません!
どう方法に教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1960年代は高度成長期ですが、まだ戦後の貧しい時代の標準で建てられて家も多いです。
その意味では47年間人が住めたのは立派に役割をはたしたと言えるかもしれません。

さて本題ですが、木造住宅にとって雨漏りは致命的です。見える部分だけでなく、壁の中など見えないところを伝わって柱や土台を腐らせ、またシロアリが大好きな「湿った木材」になっているからです。

雨漏りは家中のいたるところでしょうか?もし、雨漏りや白蟻の被害が台所や風呂場などの水回り中心で、南の縁側や座敷は無傷というケースなら、無傷の部分を温存して駄目な部分だけを作り直す方法もあります。

ホームメーカーや建築士などはこのような儲からない仕事はやりませんが、街の大工や棟梁は、現場を見ながら駄目な部分を作り直すという仕事もやりますよ。47年前の設計なら「水回りが下屋」になっている可能性もあります。
日本家屋の伝統的なこの構造は、下屋の部分だけ建てなおしながら本体を100年も使い続ける、昔の人の知恵です。

家全体にまんべんなく雨漏りがする、まんべんなくシロアリにやられているという状況ならば、これは寿命です。
「上物あり」という条件付きの土地として換金処分して、同じぐらいの値段の中古住宅を買うのが正解です。

1960年代は高度成長期ですが、まだ戦後の貧しい時代の標準で建てられて家も多いです。
その意味では47年間人が住めたのは立派に役割をはたしたと言えるかもしれません。

さて本題ですが、木造住宅にとって雨漏りは致命的です。見える部分だけでなく、壁の中など見えないところを伝わって柱や土台を腐らせ、またシロアリが大好きな「湿った木材」になっているからです。

雨漏りは家中のいたるところでしょうか?もし、雨漏りや白蟻の被害が台所や風呂場などの水回り中心で、南の縁側や座敷は無傷というケースなら...続きを読む

Q住宅購入された方へ銀行融資審査の件で

最近住宅を購入された方へ質問です。
住宅購入にあたって、銀行等の民間機関から融資を受ける際に
審査が必要とされていますが、その審査項目の中に勤務先関連が
あると思いますが、勤務先からどのような証明書を貰う事に
なるのでしょうか?
在職証明書や源泉徴収票が思い浮かびますが、それ以外にも
ありますか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅購入で、融資を受けるのは不安なものです。わたしの経験から何かの足しになれば幸いです。
●勤務先からの書類
(1)源泉徴収表
(2)給与証明書
(3)在籍証明書
以上が勤務先から提出できる書類です。
(1)課税証明書
以上が役所から提出できる書類です。
融資を受ける金融機関によっては、以上全てが必要な場合があります。
●書類意外では質問される事項も(借主の)状況によってあります。
(1)現勤務先の勤続年数が3年未満、過去に転職が多い
(2)給与が毎年変動制(年棒制)である
(3)外資系に勤務
●自分が貸す立場になって、相手を説得・説明すると良いかもしれません。
(1)銀行さんは、どうしてもかたちとかを重要視しています。長い勤続・基準以上の年収・現在までの借り入れと返金状態など。
(2)現状に不利な条件あれば、これからのことや、人生設計がキチントしていることを話せばよいでしょう。
●融資を受ける銀行に提出させられる書類数に差があります。
(1)住宅ローンに力をいれているところと、そうでないところとの差は大きくなっています。審査基準の厳しい銀行はまだまだ多いようです。
(2)販売会社の提携ローンは通常販売会社に手数料を支払うようになっています。自分でやるともちろんかかりません。
(3)インターネットを使える環境なら、自分で数多くの銀行さんのホームページで商品(内容)を比較して、ネットで質問をしてみると良いです。銀行間の違いが明確になります。申し込みもネットでOKです。自分の体験では、ネットでアクセツしてから結果の通知書が手元に届くまで、約2週間でした。一度もその銀行に行くことも、取引もない銀行でしたが。

                               以上

住宅購入で、融資を受けるのは不安なものです。わたしの経験から何かの足しになれば幸いです。
●勤務先からの書類
(1)源泉徴収表
(2)給与証明書
(3)在籍証明書
以上が勤務先から提出できる書類です。
(1)課税証明書
以上が役所から提出できる書類です。
融資を受ける金融機関によっては、以上全てが必要な場合があります。
●書類意外では質問される事項も(借主の)状況によってあります。
(1)現勤務先の勤続年数が3年未満、過去に転職が多い
(2)給与が毎年変動制(年棒制)である
(3)外資系に勤務
...続きを読む

Q土中のラティス用の杭などのシロアリ被害について

ホームセンターに販売されているラティス用の茶色の杭を現在、土中に埋めてあります(コンクリートで一部を固めて固定してはありますが、土とこの杭は接しています)。

この杭はコンクリートの家の基礎から一番近いものは、接しています(外壁にひっつけて立てている杭が一本あるのです)。

あと、生垣の切り株も一個、基礎から50センチ程度の距離に放置されています。

よく、敷地内の土中杭や放置して切り株から、シロアリが家屋の床下に侵入すると聞いたことがありますので心配しています。

家屋は3年前にシロアリ消毒をしてあります(五年間の保障あるので、昨年、一度、確認をしてもらいましたら、玄関に一箇所、シロアリがいたらしいのですが、消毒をしてもらいました。

で、半年前に、文中の杭を打ちました、このとき、気を切って、切り株を作ってしまいました。

この状態で、家屋のシロアリ被害は大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

シロアリの生態

先ず土に接して居ない限り その木材の被害は有りません

昔の田舎の家・あるいは神社などでも見られますが
置き石の上にただ漠然と並べられた石
その上にどっかりのっかかった太い柱

これらは土から離れた場所に立っているからシロアリから防げたものです

反対に土の中に打ち込んだ杭などは
よほどの防虫加工をしていない限り
シロアリの餌食になります。

公園などで桜などの木の根元に
倒木防止のために添え木がなされていることを見かけると思います。
桜の幹の太さが何倍にも成長して居るのにもかかわらず、その添え木は残ったままで
まれに成長した木に食い込んでいたりします。

この添え木に関しては、よほどの防虫剤が染み込ませてあるとしか言いようがありません
今は そのような有毒性物質は使えませんから 直にシロアリの餌食になってしまうのです。

木は土に埋めると被害にあいますが
それを伝って家屋の柱などに来ない限り シロアリの被害は無いと確信できます。

反対に考えれば
これらの不要になった公園の添え木の杭を拝借して
再利用すれば ほとんど彼らからの被害は防げるということになります。

シロアリの生態

先ず土に接して居ない限り その木材の被害は有りません

昔の田舎の家・あるいは神社などでも見られますが
置き石の上にただ漠然と並べられた石
その上にどっかりのっかかった太い柱

これらは土から離れた場所に立っているからシロアリから防げたものです

反対に土の中に打ち込んだ杭などは
よほどの防虫加工をしていない限り
シロアリの餌食になります。

公園などで桜などの木の根元に
倒木防止のために添え木がなされていることを見かけると思います。
桜の幹の太さが何倍にも成長して居る...続きを読む

Qマンション購入(公庫融資×)

今、頭金0とか月々の支払が家賃以下だったりしますよね?

友人夫婦が何年後かにマンションを購入したいらしく
しかし、ダンナさんは有限会社で勤めてるのですが
給料明細をみると税金も引かれてないそーです。
しかしながら、確定申告もしていないみたいです。

ですから公庫融資はもちろん無理ですよね?

今後、購入にあたってどのようにしていいか
わからないらしく、私自身も無知の為アドバイスできません

どなたか良いアドバイスありましたらおねがいします

やっぱりキャシュで購入するしかないんでしょーか?

Aベストアンサー

まず、友人の旦那さんの税金が引かれていない事については
ご年収が課税最低額(年収がある一定以下の場合の経済的負担考慮の為の
税金の免除)に達していない事も予測されますね。
つまり、ご年収が低い事も予測されます。
給与収入が一定以上あれば、公庫融資は受けられますし、勤務先や物件内容
の審査は銀行に比べたらいくらか緩やかかと思います。
(最近うるさいですが・・・)
しかしながら、注意点としては年収により借り入れ額が決められる為
希望額まで借入できるかどうかと、今年度より特殊な場合を除き購入費の
8割まで(年収800万円以下)しか融資が受けられない為、残念ながら頭金0では
資金計画はなりたちません。
ちなみに銀行ローンについては、100%+諸費用も融資なんて言う
金融商品も出てますが、多くの場合、年収や物件購入金額の他
勤務先内容・物件評価まで公庫以上に審査内容が厳しいため
多くは望めない場合も多いですし、融資にまつわる諸費用も公庫に比べ
割高になるケースもあります。(火災保険料・保証料)
かと言って高額の買い物ですからオールキャッシュで購入と言うのも
かなり厳しい場合が多いと思います。

何年後かの購入との事でしたので、それまで可能な限り自己資金をお貯めになって、マイホーム取得の期が熟す段階で改めて希望物件の営業マンなどに
その時勢に合わせた資金相談をされてみると良いと思います。

まず、友人の旦那さんの税金が引かれていない事については
ご年収が課税最低額(年収がある一定以下の場合の経済的負担考慮の為の
税金の免除)に達していない事も予測されますね。
つまり、ご年収が低い事も予測されます。
給与収入が一定以上あれば、公庫融資は受けられますし、勤務先や物件内容
の審査は銀行に比べたらいくらか緩やかかと思います。
(最近うるさいですが・・・)
しかしながら、注意点としては年収により借り入れ額が決められる為
希望額まで借入できるかどうかと、今年度より特殊な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報