とても天気の良い本日、外の物干しに洗濯物を干したのですが、
物干しの竿に無数の1mm位の小さなクモがいる事に
気がつきました。
注意深くクモがいないことを確認して洗濯物は取り込みましたが、気持ち悪くてどのような名前なのか?この様な大発生は今後も続くのか・・・など生態を調べたかったのですが、検索かけても種類が分かりません。
ご存知の方おりましたら、何でも良いので分かる事をお聞かせ下さい。お願いします。

A 回答 (1件)

クモではなく、ダニの一種で「タカラダニ」というものでしょう。


特に害はありません。

http://www.city.chiba.jp/hokenjo/kankyou/5p22/5p …

参考URL:http://www.city.chiba.jp/hokenjo/kankyou/5p22/5p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます!
確かにこんな感じです!
クモじゃ無いのですねぇ・・・気持ち悪いことには変わりないですが・・・
時期的にも合ってるし、そのうちいなくなるようなのでこのまま時が経つのを待とうと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2006/06/25 14:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雲の種類と動きの関係

こんにちは!さっそく質問なのですが、雲の動きと種類には何か関係があるのでしょうか?風の向きなど複雑に関わっているのでしょうが、何か規則性はあるのでしょうか?専門家ではないので、分かりやすく説明してくれると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雲の動きと種類・・・。
求めておられる回答とは違うかもしれませんが、書いてみます。

雲、種類によっては高さが違います。低い雲は比較的動きが早く見えます。上空の雲は、風が速くて雲そのものの動き早くても、距離があるため、ゆっくりした動きに見えます。
また、高度により風の強さ、向きが違うのが普通です。このため、動く早さや向きも違ってきます。

また、見かけ上動かない雲もあります。
たとえば富士山などの頂上付近には、傘をかぶったように雲が見えることがありますが、これは風が山を乗り越える際、上昇して温度が下がることにより雲が出来、乗り越えて下降する際に消えてしまいます。このため、雲は流れているのですが、風上で雲が次々に出来、風下で消えるため、動かないように見えてしまいます。
これと同じように、上空で風が上下に波打っているようなとき、見かけ上動きが少ない雲もあります。

以上によりくもの種類により、動く早さや向きは違って見えますが、それは雲の高さの違いが大きい、といってよいと思います。
慣れると雲の形で高度が分かります。これについては、雲の写真が載っている本、Webなどを参照してください。

雲の動きと種類・・・。
求めておられる回答とは違うかもしれませんが、書いてみます。

雲、種類によっては高さが違います。低い雲は比較的動きが早く見えます。上空の雲は、風が速くて雲そのものの動き早くても、距離があるため、ゆっくりした動きに見えます。
また、高度により風の強さ、向きが違うのが普通です。このため、動く早さや向きも違ってきます。

また、見かけ上動かない雲もあります。
たとえば富士山などの頂上付近には、傘をかぶったように雲が見えることがありますが、これは風が山を乗...続きを読む

Qいつも物干し竿の端に蜂がとまっています。

何ヶ月か前から物干し竿の端に蜂が数匹とまっています。
巣はなさそうなんですが、2~3匹は常にとまっています。10匹ぐらい固まってとまっていたこともありました。ベランダが使えなくなってしまうので、キンチョールをまいて追い払うのですが数時間後にはまたとまっています。物干し竿に何か付いてるのかと思い、雑巾で拭きましたが効果はありませんでした。
ちなみにうちは木造アパートの2階で、ベランダにある物干し竿の端(いつも同じところ)に蜂がとまっています。
うちの目の前は空き地で雑草が生えていて、大きな木もあります。その木の周りを蜂が飛んでいます。
巣は見当たらないのですが洗濯物がベランダに干せずに困っています。
なぜ物干し竿の端に蜂がとまっているのか見当も付きません。どなたか撃退法などわかる方、教えてください。
※蜂はあまり飛び回らず、決まって物干し竿の端にとまっています。

Aベストアンサー

物干し竿に数匹とまっていると言う蜂は、監視役の蜂だと思われます。素人の目には蜂の巣はないように思えても必ず毎日のようにとまっているのでしたら巣は確実にありますので、お住まいを管轄している役所の環境課などに問い合わせて、専門家に見てもらい除去して頂くことが必要です。また、むやみに攻撃すると集団で襲ったりしてきますので、絶対触れたりしないことです、専門家以外は触れない攻撃しないことです。蜂は常に集団で行動しておりますので、甘く見ないことです。一匹から刺されたとしても死に至ることも十分にあり得ます。

Q自由研究 雲の種類

私は、中学1年生の女子です
自由研究に困っています。

私は自由研究で雲の種類について調べてまとめようと思っています。
ですが、実験がない調べるだけなので、まとめ方がわかりません!

まとめる手順を参考にさせて頂きたいです。
できれば細かくどのようなことを書いたらいいかも教えてください!

Aベストアンサー

自由研究なら 雲の種類についてで無く

雲が出来るまでの仕組みの方が面白いですよ

循環の仕組みは 結構 話題性に富んでます

Q公園の遊具の撤去工事について質問です。今日、天気が良かったので大量の洗濯物と布団、毛布を干していた

公園の遊具の撤去工事について質問です。
今日、天気が良かったので大量の洗濯物と布団、毛布を干していたのですが、家に帰る途中、家のすぐ近くの公園を通ると遊具の一部が撤去されていました。
正直、洗濯物や布団を干したのを後悔しています。
洗濯物に、ゴミや鉄粉がついていたりしないでしょうか?よく払っても気分が悪いです。
また、そういった工事は日程などを書いた紙を貼ったりしないのですか?

Aベストアンサー

大工事なら 貼り出しでもあるかもだけれど
少しなら当日とか??
気になるようなら 今後のことを考えて
市とかに言ってみるとか

うちも国有地の草刈りとか急にあって たまに嫌ですね

Q雨を降らせる雲と降らせない雲

雲はどれも氷や水の粒で出来ているはずです。そうすると、どの種類の雲も、雨を降らせる能力があっていいような気がしますが、実際は雨を降らせる雲と、降らせない雲があるようです。このちがいの原因は何でしょう?教えてください。

Aベストアンサー

雲が雨を降らせるようになるのは、どれだけ水蒸気の粒が大きくなるかによります。雲は、塵や埃などの核に水蒸気がついたものの集まり(雲粒)であり、霧のような存在や小さな氷のような存在です。

では、なぜ雨や雪にならないのかというと、それは粒が小さすぎ、水蒸気飽和度が低いためです。雲から雨が降ってくる条件には、次のような条件が必要です。
上昇気流などによって、湿った空気が地上からどんどん吹き上げてくること。
(この上昇気流が発生する場所を低気圧や気圧の谷と言います。低気圧の下で雨が降りやすいのはそのためです)
そして、雲が大きく成長し水蒸気の固まりがぶつかりあって成長できるだけの湿気が連続して供給されることです。

水蒸気飽和度は小学校高学年ぐらいの理科で習うはずですが、低温であれば1平方センチ辺りの空気がもてる水蒸気の量は少なくなります。高温であれば多くなります。上空の温度は100mで0.6度の温度降下があるため、一定以上の湿度があれば上空では飽和が発生しやすくなり雲ができるのです。
よって、地上が寒い熱いに関わらず湿気を絶えず供給できる環境があれば雨や雪になるのです。

雨や雪を降らすことが出来ない雲は、その供給がなく雨として落下できるほど大きな水の固まりがありませんから、結局雨にはならず空を漂います。そのうち、消えてしまう場合も多くありますし、そこから成長して雨を降らせるものに変化することもあります。

代表例として飛行機雲は誰もが見たことがある雲です。これは、飛行機の排気ガスと水蒸気がくっつくことで発生します。これは、しばらく時間が経つと消えてしまいますよね。雨にならないのは、上昇気流と湿った空気を伴わないためです。

雲が雨を降らせるようになるのは、どれだけ水蒸気の粒が大きくなるかによります。雲は、塵や埃などの核に水蒸気がついたものの集まり(雲粒)であり、霧のような存在や小さな氷のような存在です。

では、なぜ雨や雪にならないのかというと、それは粒が小さすぎ、水蒸気飽和度が低いためです。雲から雨が降ってくる条件には、次のような条件が必要です。
上昇気流などによって、湿った空気が地上からどんどん吹き上げてくること。
(この上昇気流が発生する場所を低気圧や気圧の谷と言います。低気圧の下で雨...続きを読む

Q古い本とか雑誌を開くと小さい赤いクモみたいなダニみたいな虫が

古い本とか雑誌を開くと小さい赤いクモみたいなダニみたいな虫が
最近良く見かけるようになったのですが…。
これはダニ何でしょうか(「・・)ン?
クモ何でしょうか(「・・)ン?
人に何かしてくるのでしょうか(「・・)ン?
ちなみに潰すと赤くなります…。

Aベストアンサー

タカラダニの仲間です。
この季節でてきます。

別に血を吸ったりしませんし、病気の元にはなりません。

放っておいても2週間位でいなくなりますよ。

Q世界各地の雲について

雲は季節や状況に応じて発生する種類が変わると思うのですが、一般的な発生種類を知りたいと思っています。
いろいろなサイトを探してみたのですが、雲の種類や発生する条件、季節などの説明はされていますが、地域については特殊なものを除けばあまり触れられていないようなのです。

そこで、世界各地の1年を通した雲の種類を知ることが出来る文献またはサイトをご存知であれば教えていただけないでしょうか?
この1年というのは、実際の観測データというよりも一般的?(この場所はあまり雲が出来ない。この場所は晴れる事が殆ど無いなど)な感じです。
できれば、国や地域での分類では無く、緯度経度的な分類が好ましいのですが・・・

Aベストアンサー

地域による違いを知りたいなら国際気象図を見ればいいです。
気象台に行けば見せてくれます。
一般に雲は地域によるよりも高度による違いが顕著で高度による十種雲形で分類されています。
雲量の違いはあっても世界中どこでも雲形に大差はありません。

Q夜、洗濯物を干すのは悪い?

私の聞き間違いかもしれないのですが、以前にそう聞いた覚えがあり、干す度に気になります。もしそうなら、何故いけないのでしょうか?

Aベストアンサー

言い伝えであるのですが、
「夜に赤ちゃんの産着を干したり、取り込むのを忘れて干しっぱなしにしていると、夜にウブメと言う妖怪がやってきて、赤ん坊の命を奪う」
と言うのがあります。
ウブメという妖怪は鳥のような姿であるとも、
死んだ赤ん坊を抱えた母親の姿をしているとも言われています。

Q均一に一面グレーの空は何雲ですか。

その敷き詰めたビロードのようにきれいな雲の名前を教えてください。ただの層雲ですか?なんかそれ一種類では退屈です。色調の差は太陽の高度の差によるものかも知れませんが白層雲とか二三種類設定する方が無機的なグレーの空を楽しめると思うのです。
さらにまたそれが少し毛羽立った雲や明らかにモコモコした雲もあります。私にはモコモコ具合の差であり一面グレーの雲は同じグループにして整理したいのですが間違いですか。前者は何ですか。後者は乱層雲ですか。
乱層雲と間違い安い雲があったら教えてください。乱層雲認定を乱発してしまうような気がするのです。乱層雲はものすごく恐ろしいくらいにモコモコしてなきゃダメですよね?そうなるとその手前のモコモコの名前が欲しいのです。
一面グレーの空だが雲間から更に高い雲(層雲?)と青空が覗けている空模様もいいですよね、そこだけベールが剥がされたみたいで。呼び名とかないんですかね。毎日異なる雲は全て素晴らしいです。
雲好きの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 敷き詰めたビロードのようにきれいな雲
となると、厚い「巻層雲」か、「高層雲」でしよう。

> 色調の差は
概ね雲の厚さの違いでしょう。
もちろん、順光か逆光かの違いもあるでしょう。

Q東京は洗濯物を夜、外に干すのですか?

カゴメ野菜ジュースの弁当編を見て思ったのですが

CMです。
http://www.kagome.co.jp/present/tvcm/ys100-201104_cm_a30.html

男性がこれから出勤する所のCMなんですが
窓の外に干してあった作業着を取りました

東京は夜、洗濯して外に干すのですか?

夜洗濯をする→仕事で忙しいからというならわかります。
外に干す→昼間ならわかります。

夜洗濯したのに部屋干しではなく、外に干すのが不思議です。
東京はそうなんですか?

勝ってに、あのCMを東京だと思い込んでいますが
東京以外でもそうですか?

Aベストアンサー

自分もよく夜洗濯物しますね。仕事柄そういう人も少なくないと思います。

夜干して、丸一日置いて、次の夜取り込むというのはありますね。
でないにしても、季節によっては夜の屋外でも充分乾きます。夜でもやはり室内よりは、風通しの良い屋根付の屋外の方が乾き易いですし、部屋干しのように臭くなったことは一度もありません。雨に降られることは時々ありますが・・・それでも臭くはならないのでマシですね。


人気Q&Aランキング