ftpを使用してデータを伝送しているのですが、80回ほど
実行するとcoreを吐いて実行がとまってしまいます。
その止まる個所は、接続先ディレクトリを変更しようとしたところです。(ログをテキストにおとして確認)
ちなみに、OSはSystemV同士です。
また、ftpはアプリケーション内で実行するようにしています。
何故、一定の回数の接続にてとまってしまうのかがわかりませんどなたか、ご教授願います。

A 回答 (3件)

そのSystemV UNIXの具体的なOS名を書いたほうが良いと思います。



coreを吐くアプリケーションは、ftpでしょうか?それとも
そのftpを呼び出す側のプログラムでしょうか?

ftpが死んでいているのであれば、関連するパッチでまだ適用していないパッチがあるか確認したほうがよいと思います。

ftpを呼び出す側のプログラムが死んでいる場合は、(自分で作っているのであれば)デバッガやprintf等で問題を絞りこめると思います。

その他、純粋にネットワークに絡む問題だと考えられる場合はtcpdumpやそれに類するプログラムでやりとりしているパケットを監視すると良いかもしれません。

この回答への補足

SystemV UNIXの具体的なOS名はunix 4.2.0 V20L10 Y98051です。
また、coreを吐くのはftpです。

補足日時:2000/12/28 20:46
    • good
    • 0

初めて見る名前(V20L10)だったんですが、検索をかけてみたら富士通のUNIX実装のようですね。



やはり、富士通の関連部署に問い合わせたほうがよいと思います。(パッチの存在の確認と、パッチが無ければ調査依頼)

あと、参考URLにwu-ftpというフリーのftpサーバのソースがあったのでそれに入れ換えてみるとか...。(おそらくroot権限が必要です。)

参考URL:http://www.fujitsu.co.jp/hypertext/granpower/ds9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
問い合わせをしてみようと思います。
参考URLへ行き確認してみます

お礼日時:2000/12/29 09:36

ポインタの操作が不正か、スタックを使い切ってるような


気がします。ソースコードからコンパイルしたやつでデバッグ
シンボルが含まれてるならデバッガ内から実行すればどこで
落ちているかがわかります。

 gdbがインストールされているなら

% gdb `which ftp` core

とかで落ちた番地を場合によっては関数まで特定できます。

 ソースコードがあり、stripされてなければ更にCのどの行か
まで特定可能です。

# SYSVの場合は、ベンダーに問い合わせればパッチが出ている可能性大です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
確認してみようと思います。

お礼日時:2000/12/27 07:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q窓の杜のFTPサーバーソフト(Tiny FTP Daemon 日本語FTPサーバー)ですが、

窓の杜のFTPサーバーソフト(Tiny FTP Daemon 日本語FTPサーバー)ですが、、一応、FTPクライアントソフト(FFFTP左右分割型の日本語FTPクライアント)とつながったのですが、どうも、、、FTPクライアントソフトの側には、左右両方に、交信している、共有ファイル群が表示されています、、しかし、FTPサーバーソフトの方の、どこで、共有ファイル群の指定をしていいのかが、わかりません。ご教示いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

Daemonの設定方法ということでしょうか?
今は使用していないので、手元の資料と記憶で説明します。
起動したら、アイコンが並んでいる左から3番目の「ユーザー設定」から、とりあえず「anonymous」を選択。上から2つ目の「編集」をクリック。「名前」のタブをクリック。ユーザー名の右の四角にチェックを入れ、同じ画面のホームディレクトリが初期設定はC:\になっているので、その右の「参照...」をクリックして公開したいフォルダを選択し「OK」をクリックでは??

Q伝送速度と伝送周波数帯域の違いは?

ツイストペアケーブルにおいて、カテゴリで伝送速度[Mbps]と伝送周波数帯域[MHz]の規格項目がありますが、伝送速度の意味は何となくわかるのですが、伝送周波数帯域の意味が全くわかりません。
例)1000Base-T(カテゴリ5e)の場合
  伝送速度:1000Mbps  伝送周波数帯域:100MHz以下
となっています。
回答の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

伝送速度は信号を伝送する速度でbps、つまりbit/秒(bit per seconds)です。

伝送周波数帯域とは信号を送るために用いる電気(交流)の周波数のことで、これが100MHz以下ならこの線を使っていいですよ、ということです。

QFFFTPでFTPサーバーに接続しようとすると

FFFTPで他社のFTPサーバーへファイルをアップロードする事になりました。相手方は、ftp2.*****.co.npです。
当方はCATV回線を使っています。相手はISDNです。FFFTPでFTPサーバーに接続しようとすると「ログインできません。正しいパスワードを入力して下さい。」の表示が出て接続できません。
CATVに問い合わせると、パスワードを求められているという事は、相手のサーバーには行っているのでこちらの問題はありません、と言われました。
サーバーの会社へ問い合わせると、IDとパスワードは合っているし、設定も間違いありません。CATV回線の場合、その様な問題がよくありつながらない事がほとんどだ、とも言われました。
パスワードとIDは再度確認しましたが間違いありません。何が原因でしょうか?
どこか設定する所があるのでしょうか。
OSはWindows98です。ftpソフトについては初心者なのでよく分かりません。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ホストの設定、拡張で
PASVモードを使うをチェックして試して見ては。

あとは、PROXY関係でしょうか。
参考URLのサイトはもう読まれてますか?

参考URL:http://web.fu-sen.net/FFFTP/Help/qanda.shtml

QダイナミックDNSを使用して自宅PCの実行ファイルを遠隔で実行したい

ダイナミックDNS(DDNS)で自宅PC(サーバ)にアクセスできるドメインを取得しました。
会社のPC(クライアント)からサーバにアクセスしてサーバのメーラをクライアント
で起動させ、クライアント上でサーバのメールの送受信をしたいと考えています。

クライアントにサーバへのアクセス用のツールをインストールせずに、クライアント
からサーバの実行ファイルを起動させ、その結果がクライアントの画面に出力させる
ということは可能でしょうか?たとえばクライアントのDOSプロンプトで、UNIXで言う
rlogin <サーバを指定>してログインし、リモートのマシンにある実行ファイルを実行
するといった感覚です。

一方、サーバにhtmlファイルを置いてクライアントのwebブラウザでサーバにアクセス
するとサーバのhtmlファイルが見れました。
これを応用し、サーバのhtmlファイルに、サーバのメーラが起動できる命令を書いておき、
クライアントからサーバのhtmlにアクセスするとクライアントの画面にサーバのメーラ
が立ち上がるといったことは可能でしょうか?
もし可能な場合、一般的な話、実行ファイル(たとえばc:\…\outlook.exe)を実行させ
るhtmlの命令を教えてください。

上にも書きましたが、クライアントにはDDNSによってサーバにアクセスするためのツール
をインストールしないことが条件です。

なお、サーバはWIN XP、クライアントはWIN2000です。

ダイナミックDNS(DDNS)で自宅PC(サーバ)にアクセスできるドメインを取得しました。
会社のPC(クライアント)からサーバにアクセスしてサーバのメーラをクライアント
で起動させ、クライアント上でサーバのメールの送受信をしたいと考えています。

クライアントにサーバへのアクセス用のツールをインストールせずに、クライアント
からサーバの実行ファイルを起動させ、その結果がクライアントの画面に出力させる
ということは可能でしょうか?たとえばクライアントのDOSプロンプトで、UNIXで言う
rlogin <...続きを読む

Aベストアンサー

>サーバにアクセスするためのツールをインストールしないことが条件です。

ということなので…
自宅サーバにVNCサーバをインストールして、クライアントからWWWブラウザを使ってコントロールすることは可能といえば可能です。VNCを使えば自宅PCの画面がそのままWWWブラウザ上に出現しすべてのコントロールが可能です。

しかし普通、会社のネットワークにはファイヤーウォールが設置してあって、限られたポートしか開けてないので実際には難しいでしょう。管理者に言って5800、5900番のポートを開けてもらいましょう(笑)。たぶん開けてもらえないと思いますが…。

>これを応用し、サーバのhtmlファイルに、サーバのメーラが起動できる命令
>を書いておき、クライアントからサーバのhtmlにアクセスすると
>クライアントの画面にサーバのメーラが立ち上がるといったことは可能でしょうか?

htmlでなく ASPやJSPを使えば「サーバ上」にメーラを立ち上げることは可能です。
ただ立ち上がるだけで、その後は何もできませんが…。
クライアント画面にサーバのメーラを立ち上げることはできないでしょう。


今ひとつ何がしたいのかよく分からないんですが

>クライアント上でサーバのメールの送受信をしたいと考えています。

会社PCのメーラに送受信設定するのでは、まずいんでしょうか?
SMTPとPOPのポートは開いてそうな気がするんですが…。
あるいはWEBメールや転送設定など組み合わせるとか…。

>サーバにアクセスするためのツールをインストールしないことが条件です。

ということなので…
自宅サーバにVNCサーバをインストールして、クライアントからWWWブラウザを使ってコントロールすることは可能といえば可能です。VNCを使えば自宅PCの画面がそのままWWWブラウザ上に出現しすべてのコントロールが可能です。

しかし普通、会社のネットワークにはファイヤーウォールが設置してあって、限られたポートしか開けてないので実際には難しいでしょう。管理者に言って5800、5900番...続きを読む

Qベースバンド伝送の信号

ベースバンド伝送では単にケーブルを接続するだけでデータ伝送できる、とあります。確かにRS-232Cインターフェースでパソコン同士を直結するとこれはベースバンド伝送です。このときの信号レベルはMAX+15V~-15Vの複流RZの直流電圧パルスです。これはベースバンド伝送の説明としては私のような通信ビギナーにもわかりやすい。ところがものの本に「ベースバンド伝送とは元の信号波形の周波数スペクトルをほかの周波数に移動することなく、ある周波数帯域全部を使用してひとつのディジタル信号を伝送する方式」などと、厄介なフーリエ変換の理論を使って説明されたりします。ベースバンド伝送の信号形態はは単なる直流のパルス信号だ、と思っていた質問者はこの説明の前に困惑するばかりです。そこでご質問です。
・ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号とは違う信号形態である。(とすると なにものか?)
・ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号であるがこれを専門的に説明すると周 波数スペクトルのお話になる。
質問者としては後者の答えを期待しますが、そんなに簡単なお話でもないような?どなたかご回答いただけたら幸甚です。

ベースバンド伝送では単にケーブルを接続するだけでデータ伝送できる、とあります。確かにRS-232Cインターフェースでパソコン同士を直結するとこれはベースバンド伝送です。このときの信号レベルはMAX+15V~-15Vの複流RZの直流電圧パルスです。これはベースバンド伝送の説明としては私のような通信ビギナーにもわかりやすい。ところがものの本に「ベースバンド伝送とは元の信号波形の周波数スペクトルをほかの周波数に移動することなく、ある周波数帯域全部を使用してひとつのディジタル信号を伝送する方式」など...続きを読む

Aベストアンサー

No.2の回答者:anisolさんの回答に同調します。

ベースバンド伝送の要件は
(1)(直流)パルス信号の直接伝送(変調は掛けない)
(2)1チャンネルだけの伝送(多重化しない:出来ない)
だと思います。
もう一つ付け加えると(言いかえると)、「直流を含めた全周波数帯域を使った伝送」と言えるでしょう。理由は無限の高調波があるから。ただ、符号設計によっては直流成分ゼロも可能ですから直流成分の有無は必須条件ではないでしょう。

本題に戻って、質問者:sm123さんの質問に対して答えれば、ご期待通り、後者が答えでしょう。

もともと矩形波のパルスは無数の高調波を含んでいますよね。これをそのまま遠距離伝送すれば波形が崩れるのは当たり前です。ここでフーリエ変換の登場となります。

次に周波数帯域の話ですが、パルスの直接伝送よりも変調したほうが占有周波数帯幅が狭いのですね。逆説的ですが、直接伝送では矩形波の伝送が前提です。ところが変調した場合、基本波成分の伝送に中心が移り、高調波は軽視されます。

ベースバンド伝送は(直流)パルスの伝送でフーリエ変換と無縁だと思いたいが、結局は波形の崩れや、変調を掛けたときの話で、フーリエ変換から逃れられない。
そんな気がしています。

つまり、「ベースバンド信号とは、単なる電圧パルス信号であるがこれを専門的に説明すると周波数スペクトルのお話になる」と言うことだと思います。そして、パルスの遠隔伝送時の波形の崩れに対しては(一つの方法として)フーリエ変換に登場してもらうしかないと言うことでしょう。

私も過去に、質問者と同じ疑問を持っていて、伝送時の波形の崩れはLCR回路の充放電でも感覚的な解釈は可能だったのですが、フーリエ変換で疑問は全て氷解しました。

No.2の回答者:anisolさんの回答に同調します。

ベースバンド伝送の要件は
(1)(直流)パルス信号の直接伝送(変調は掛けない)
(2)1チャンネルだけの伝送(多重化しない:出来ない)
だと思います。
もう一つ付け加えると(言いかえると)、「直流を含めた全周波数帯域を使った伝送」と言えるでしょう。理由は無限の高調波があるから。ただ、符号設計によっては直流成分ゼロも可能ですから直流成分の有無は必須条件ではないでしょう。

本題に戻って、質問者:sm123さんの質問に対して答えれば、...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報