二本の試験管に水酸化鉄((3))コロイド溶液を3mlずつとり、一方にはゼラチン溶液2ml、他方には純水2mlを加えて振り混ぜる。さらに両方に硫化ナトリウム水溶液を5滴ずつ加える。
という実験で『ゼラチンはどういう作用をしているか?』という問いなのですが、実験結果ではゼラチン溶液の方は変化せず、純水の方は濁りました。よく分かりません。おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

保護コロイドとして機能しているという解答で良いと思います。



身の回りで保護コロイドが役に立っているのはインクの類であることを
書き加えてみてはいかがでしょうか。

インクや絵の具などの色を出しているものは金属ですが、金属の
コロイドは疎水コロイドなので、少量の塩で沈殿してしまう。
でも、保護コロイドを加えることで少量の塩では沈殿しなくなり
使いやすくなっています。

以上、教育実習の時の指導教官の受け売りでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

インクのお話まで教えていただきありがとうございました!

お礼日時:2002/02/24 18:20

ゼラチンはどのような性質の溶液かというと、いわゆる親水コロイド溶液です。

従って、ゼラチン溶液を水酸化鉄(3)のコロイド溶液(疎水コロイド)に加えると保護コロイドとなり、水酸化鉄の周りを取り囲み、硫化物イオンと一部遊離した鉄イオンとが直接接触できなくなるため、変化しないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

感激です!こんなに詳しくありがとうございます。

お礼日時:2002/02/24 18:18

「溶質の拡散防止」でしょう。

ゼラチンは塩橋(半透膜)など使われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2002/02/24 18:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼラチンについて

板ゼラチンと粉ゼラチンについてお願いします。

板ゼラチンを使用するに当たって
粉ゼラチン10g = 板ゼラチン 10g
でしょうか?

粉ゼラチンは規定量の水でもどしますが、板ゼラチンをもどす水は
分量外とあります。

粉ゼラチン : 板ゼラチン の割合をどなたか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同量でOKです。
ただし出来上がりは板のほうが口当たりなめらかに仕上がります。

水については、板は多めの水につけても必要な分しか吸収しませんので余分な水を捨てることができますが、粉はそういうわけにいかないので必要最低限の水が明記してある、ということです。

うちでは繊細な舌ざわりがよければ板ゼラチン、とくに気にしなければ安価な粉ゼラチンと使い分けています。

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q手作り化粧水のゼラチン

最近、手作り化粧水にチャレンジし始めたばかりなのですが、
次回は薄め液にゼラチンを入れるタイプを作ろうと思っています。

私の教えてもらったレシピは板ゼラチンを切手大に切り、
水道水300ccを加え鍋で加熱するというものなのですが、
我が家にも近所のスーパーにも粉ゼラチンしかありませんでした。

今まで一度も板ゼラチンというものを見たことも触ったこともないので、
粉ゼラチンと何か違いがあるのか、ないのかもわかりません。

板ゼラチンの変わりに粉ゼラチンを使っても問題はないのでしょうか?
また、粉ゼラチンを使うとしたらどのくらい入れればよいのでしょうか?

御回答、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

板と 粉との違いは無いと思います。
形状の違いと言うだけです。
粉の方が溶けやすく お料理に便利なので 今は粉が主流になっていますよね。

古いお料理本などはいたゼラチンでなどとよく書いてあったりします。

Q化学 0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか

化学

0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか?

解き方教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

0.25 mol/Lの硫酸溶液200 mLの中に含まれる溶質の硫酸の物質量は、
0.25 mol/L×(200/1000) L = 0.05 mol
です。
これが溶液となって、体積が500 mLとなるので、そのモル濃度は
0.05 mol / (500/1000) L = 0.1 mol/L
となります。

硫酸は2価の酸なので、規定度の数値はモル濃度の2倍になります。
したがって、
0.2規定(0.2 N)
となります。

Q板ゼラチン

生クリームでデコしたいんですが、板ゼラチンを入れてまぜるようなんですが、近所には板ゼラチンが売っていません

なので、粉ゼラチンを買ったのですが、どうやって生クリームに混ぜたらいいでしょうか?

板ゼラチンだと水でふやかして、絞って使うと書いてあるのですが、粉の場合はそのまま混ぜるんでしょうか?

粉ゼラチンと泡立てた生クリームをうまく混ぜあわせられる方法を教えてください

Aベストアンサー

No.3です。

粉ゼラチンは、ゼラチンの分量の5倍の冷水を入れ混ぜて、ふやかします。
ふやけたら、湯銭で溶かし食材に混合します。

生クリームなどの冷たいものに、ゼラチンを混ぜる時は、まずゼラチンを湯銭などで溶かし45度くらい熱を付けます。
次に、生クリームの一部(1/3~1/4程度)を取り、その溶かしたゼラチンに入れて混ぜます。
(ゼラチンに生クリームを合わせた時に固まってしまったら、加熱不足ですので少し熱を付けて溶かします)

混ざったら、それを元の生クリームへ戻し手早く混ぜ合わせます。
※固まったものを無理やり混ぜるとゲル化が壊れて固まらなくなりますので、注意してください。
(固まったものを混ぜるということは、豆腐を砕くと同じことです。砕かれた豆腐は、そのままでは固まりませんよね?)

冷たいものに暖かいものを混ぜる時は基本的に、この方法で混ぜます。

コツとしては、生クリームが暖まらず、ゼラチンが固まらない温度にすることですね。

45度と記載しましたが、大量に作る場合はもっと熱を付けないと固まってしまう場合もありますのであくまでも参考ということで。。。

No.3です。

粉ゼラチンは、ゼラチンの分量の5倍の冷水を入れ混ぜて、ふやかします。
ふやけたら、湯銭で溶かし食材に混合します。

生クリームなどの冷たいものに、ゼラチンを混ぜる時は、まずゼラチンを湯銭などで溶かし45度くらい熱を付けます。
次に、生クリームの一部(1/3~1/4程度)を取り、その溶かしたゼラチンに入れて混ぜます。
(ゼラチンに生クリームを合わせた時に固まってしまったら、加熱不足ですので少し熱を付けて溶かします)

混ざったら、それを元の生クリームへ戻し手早く混ぜ合わせます。...続きを読む

Q1番の問題です。答えはア 解答では加えた希硫酸10mLを無視して溶液が10mLのまま計算していたの

1番の問題です。答えはア

解答では加えた希硫酸10mLを無視して溶液が10mLのまま計算していたのですが、なぜ無視しているのでしょうか?問題には希硫酸の体積は無視できるとは書いてありませんでした。

Aベストアンサー

希硫酸の体積を考慮するのは勝手ですけど、面倒なだけです。
結局、そこで調べているのはシュウ酸の物質量であり、濃度ではありません。硫酸の体積を考えても考えなくてもシュウ酸の物質量は同じです。

つまり、そこで、10.0 mLをつかって計算しているのは単にシュウ酸の物質量を計算するだけのためであり、それ以降に濃度が変わっても、溶液に含まれるシュウ酸の物質量は不変なので無視できます。

Q粉ゼラチンと板ゼラチンについて

粉ゼラチンで書いてあるレシピを板ゼラチンで作る場合は、そのまま同量gで置き換えて問題はないのでしょうか?
粉ゼラチンの場合は、ふやかす際に水をより多く吸う感じが単純にしますが、その分変ってきたりするのでしょうか?

どちらかを少なめにするなどなにかきまった計算式(目安)などあれば教えてください★

例;
粉ゼラチン 小さじ1+1/2 →板ゼラチンだと ???

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

質問にお答えします。

>粉ゼラチンで書いてあるレシピを板ゼラチンで作る場合は、そのまま同量gで置き換えて問題はないのでしょうか?
☆同量のgで大丈夫ですょ。

>粉ゼラチンの場合は、ふやかす際に水をより多く吸う感じが単純にしますが、その分変ってきたりするのでしょうか?
☆確かに粉ゼラチンのほうが吸水が多いと思います。
しかし粉ゼラチンは分量の液体に直接入れるので、一度ふやかしてから湯銭で溶かす板ゼラチンとそれほど変わらないと思います。

この2つのゼラチンは主に戻し方と特徴が多少異なるので、自分の好みによって使い分けると良いと思います。
またゼラチンを多めに入れると丈夫なお菓子が出来ますが、食感が悪くなります。
冷やす時間や気温によっても変わってくるので色々試してみてください。

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。

Qゼラチン溶液中でのAgClやAgBrの結晶成長

ゼラチン水溶液中で,AgClやAgBrを結晶成長させるとき,
結晶成長をゼラチンは阻害しないのでしょうか.

ゼラチンが結晶の表面に吸着し,結晶成長が起こらなくなると思うのですが・・.
よくゼラチン溶液中で結晶の成長を行っている論文を見かけるのですが,
成長に関し理解できなくて質問しました.

Aベストアンサー

阻害します.ただし,適度な阻害があるからこそ,粒子の成長をコントロールでき,単分散な粒子が作れるのです.
そして,ハロゲン化銀結晶については,現実的にはゼラチンしかこの目的に適合するような保護コロイドはみつかっていないのです.
なので,ゼラチン溶液中の論文しか見つからないのは,ある意味当たり前です.
もちろん,他の保護コロイドを試みた論文もありますが,結局のところそれらはゼラチンに及ばなかったという結論になっているはずです.書き方はいろいろあるかもしれませんが.
ゼラチンがどのように結晶成長を阻害するかについては膨大な研究があり,以前はゼラチン中の不純物,具体的には核酸,核酸塩基類が一番の要素でした.
その後,ゼラチンの高純度化が進み,不純物由来の成長阻害は非常に抑えられるようになりましたが,それでもゼラチン自身のもつ吸着性などのため,一定程度の阻害がおこっていることがわかっています.ただ,その本態については必ずしも明確とは言えない部分もあるようです.
そして,この阻害効果と,強力な保護コロイド効果とは表裏一体でもあるので,ゼラチン溶液中で作るというのがスタンダードであり続けているのでしょう.

阻害します.ただし,適度な阻害があるからこそ,粒子の成長をコントロールでき,単分散な粒子が作れるのです.
そして,ハロゲン化銀結晶については,現実的にはゼラチンしかこの目的に適合するような保護コロイドはみつかっていないのです.
なので,ゼラチン溶液中の論文しか見つからないのは,ある意味当たり前です.
もちろん,他の保護コロイドを試みた論文もありますが,結局のところそれらはゼラチンに及ばなかったという結論になっているはずです.書き方はいろいろあるかもしれませんが.
ゼラチンがど...続きを読む

Q1滴は何mLですか?

常温常圧での水の1滴は何mLですか?教えてください。辞典などで調べても見つからなくて、困ってます。

Aベストアンサー

こんばんは
0.04ml位です。
滴定時にビューレットから落ちる一滴の容量です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング