産経新聞が今後、部数を伸ばして、
3大紙が、4大紙と呼ばれるようになる可能性はどのくらいありますか?

大手新聞の中ではいちばん右よりの論調が、受けて
最近、堅調だと聞いたことがあるのですが。

また一方では、ナベツネとかが包囲網を引いている?

ローカルなネットワークが弱い?
とかあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

可能性は30%、産経はこれに掛けているようです.



地方の中央指向が高まった為、地方紙がどんどん淘汰されています。
で、4大新聞(日経か毎日を忘れて居ませんか?)に
集中しています。
その中でも毎日は一度負けましたが。

産経にはもともと2つの顔があります。
ひとつは、産業経済新聞の流れ。
もうひとつは、大阪の地方紙としての流れです。
でも、経済新聞としてはあまりにも弱く、
地方紙は淘汰されている最中です。

そこで、地方紙として生き残っている大阪では
朝夕刊セットで一番安い新聞として頑張り、
その他の地域では、夕刊を廃した、
安くて現代人の生活に合わせた新聞としての
他の全国紙、それも家庭紙との差別化を図ろうというのが
今の戦略ですね.

ただ、紙面は相変わらずだし、
(通信社ニュースに頼っているので、他の全国紙よりも
ニュースが数時間遅い。これが夕刊廃止の一因らしい)
インテリが作ってヤクザが売る
の「やくざ」の部分に問題があるのも確かです.
勝てるかどうか、微妙ですね。
    • good
    • 0

最近、夕刊やめてで話題になっている産経ですね。


そこまでしなくてもって感じですが、これが業界に
与える影響はかなり大きいらしいです。

あとここは新聞のレイアウトをそのままでネット配信しており
端末で新聞を読む時代が来つつある今、一歩進んだ産経には
部がありそうです。
    • good
    • 0

会社で全国紙すべてに朝、目を通しています。

産経新聞は、これ以上は変わらないでしょう。
1.印刷の色が、一面のロゴの色に影響されて、カラフルな紙面にならない(暗い感じが残る)
2.特集紙面が充実していない
3.論調が変(右、左というだけではない)
4.産業・経済面が劣っている
5.求人広告も、有名企業は出していない
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞の読み方

就職活動のための新聞の読み方を教えてください

Aベストアンサー

 就職活動に限らず新聞を読む事は社会にでてとても、重要なことですね。
 面接官の立場になったと思ってください。広く浅く新聞読んできました!みたい
な人材をほしがるでしょうか? ほんの1つ2つでも自分の興味のある情勢や事件
を他の人に負けないくらい答える事が出来たなら・・・面接官はあなたへの関心を
ぐっと高めるでしょう。

 新聞は情報の宝庫です。読みながら自分の価値観を照らし合わせたり人とある出
来事について語り合ったり、そう思いながら読んでいけば結構、朝がたのしかったりしますよ。

Q公明新聞に論調が似ている一般紙

公明新聞に論調が似ている一般紙は何がありますか?
出来れば民進党や共産党を批判している内容で。

Aベストアンサー

まあ、産経新聞がちかいでしょう。
もっとも産経新聞が近いのは自民党の機関紙「自由民主」ですが。
かっての公明党が言っていたのは何だったんだろうて思いますね。

公明党結党宣言
日本出世の大聖哲、日蓮大聖人、立正安国論にいわく「所詮天下泰平国土安穏は君臣の楽う所土民の思う所なり、夫れ国は法に依って栄え法は人に因って貴し」と。この仏法の絶対平和思想、すなわち王仏冥合の大理念のみが、世界を戦争の恐怖から救う唯一の道なりと、われらは強く確信する。ここにわれわれは、公明党の結党を内外に宣言するものである。公明党は王仏冥合・仏法民主主義を基本理念として、日本の政界を根本的に浄化し、議会制民主政治の基礎を確立し、深く大衆に根をおろして、大衆福祉の実現をはかるものである。しこうして、ひろく、地球民族主義の立ち場から、世界に恒久的平和機構を確立することを最大の目標として勇敢に戦うことを、国民のまえに堅く誓うものである。右 宣言する。

政界の浄化といってもリクルートや砂利汚職で国会議員が逮捕されているし、大衆福祉の実現もしているようにも思えないし、世界的に恒久的平和機構といっても安保法制(戦争法)に賛成してるし、武器輸出の緩和にも賛成しているしね。

まあ、産経新聞がちかいでしょう。
もっとも産経新聞が近いのは自民党の機関紙「自由民主」ですが。
かっての公明党が言っていたのは何だったんだろうて思いますね。

公明党結党宣言
日本出世の大聖哲、日蓮大聖人、立正安国論にいわく「所詮天下泰平国土安穏は君臣の楽う所土民の思う所なり、夫れ国は法に依って栄え法は人に因って貴し」と。この仏法の絶対平和思想、すなわち王仏冥合の大理念のみが、世界を戦争の恐怖から救う唯一の道なりと、われらは強く確信する。ここにわれわれは、公明党の結党を内外に宣...続きを読む

Q新聞の読み方 教えてください

実は新聞の読み方がわかりません。社会に関する興味に欠けてます。
これはまずいと思いまして、社会に出る前に新聞を読んで自分の言葉で自分の意見を言えるように新聞を読もうと思います。
どんな読み方が効果的でしょうか?
今私がやっているのは、朝のモリタクさんのラジオをノートにとりながら聞いて、新聞を読むという方法です。
経済が好きなので経済雑誌も読んだほうがいいでしょうか?
辞書を引いたり、図にしたり、マーカを引いたり、スクラップにしたりしますかみなさま。著書が書いてあったらその本まで読みますか?

Aベストアンサー

人それぞれ、何のために新聞を読んでいるか、によって違うのではないでしょうか?

私は、新聞と言うのは「読み物」だと思っています。
雑誌や小説と同じような捉え方です。
なので、質問者さんの仰るような、肩に力の入った読み方はしません。

毎朝、コーヒーを手に、ざっと一面から見て、大きなニュースをチェックして、後は、各面を斜め読みして、気になった記事を見つけたら細かく読み、面白い記事や残しておきたい記事があったら、たまにメモをとったり、そのことについてネットで調べてみたり、本を読んだりすることもあります。

でもこれは、しなくてはいけない!と義務感で読んでいるのではなく、TVやネットのニュースでは読めない「余りの部分」が読めることと、朝の忙しい時間、新聞を読むというゆとりが好きなのでやっているだけです。

>経済が好きなので経済雑誌も読んだほうがいいでしょうか?

お好きでしたら、お読みになってはいかがですか?
他人が決めることではありませんので、ご自身の好きなようにされてはどうでしょうか?

Q本日の産経新聞朝刊・産経抄

本日の産経新聞朝刊・産経抄の、
「先週末のある新聞夕刊『リーダーな女たち』に登場していた女流漫画家」
というのは誰なのでしょうか?

「リーダーな女たち」は毎日新聞の記事だと思うのですが、
ネットで検索しても誰なのかは分かりませんでした…。
分からないとよけい気になる~!
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けないでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

石坂 啓さんじゃないですか。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/women/action/leader/2003/0428.html

Q新聞の読み方

新聞は何紙も出てますが、一通りいくつかのもに目を通した方がいいのでしょうか?
でも一日に起る事件なんて限られているんで、主な記事はどの紙面も大差は無いと思うのですが。
今現在僕は、図書館で読まれてないものを手に取り、一面→朝日なら天声人語みたいの→社説→順番にめくっていって気になるもの→スポーツ、と読んでいます。
新聞の読み方のコツ、と言うと幼稚な気もしますが、自分なりの読み方があれば教えてください。

Aベストアンサー

よく「新聞を読め」と大威張りで言う人がいますが、私の意見はまったく逆です。

新聞なんて見出しだけ見れば十分。下手に編集者の意見を読んでしまうと「洗脳」されてしまいます。世の中で起こった「事実」のみ知れば良いわけで、記事まで読まなくてもいいと思います。

※このような批判的意識をもって読む場合は害にはならないと思いますが、時間がもったいない。

Q産経新聞は朝日新聞や読売新聞より折り込み広告が少ないですか?

長年 朝日新聞をとっていましたが、新聞の論調に疑問を感じることが増えてきました。
記事もそうですが、
特に、投書欄 かつては、「そうだよ」「それそれ」と思うような投稿が多かったと感じています。

企業内労働組合(ユニオンショップ制)の専従役員を2年間経験したこともあります。
赤旗振って団結! その後は昇進し管理職としての道を歩みました。
時々でいろいろなことがありましたが約40年一つの会社に育ててもらったと感じています。
バブル期に本業以外のスケベ根性を出さなかったので(と言うより、悪く言えば、硬直した組織のおかげで、意思決定ができなかった。)企業体力を減らさずに済んだのだと思います。
 
最近の投書欄は「そんなの無理だろ」「そんなこと言ったら経済がつぶれる。」
「馬鹿なこと言うなよ」「あなたの頭の中はお花畑か?」と感じるものが多いような気がしてきました。

★投書欄は記者が書いた記事ではなく読者が書いたもので、これだけで新聞の論調の判断には適切ではないでしょうが、『投書を書くと言う行動をに起こす読者層』のプロフィールが現れていると思います。
また、採否に記者側の意図を感じることがあります。
 
日経新聞も朝刊のみずっととっています。(当地ではこれは朝日と読売の販売店が取り扱い。)
月に8000円以上かかる新聞代もバカにならないので、定年リタイアを機に日経新聞をやめようと思います。(電子版はお試しもしてみましたが読んだ気がしません。)
出張などに行ったとき、読売、産経、毎日新聞を読んでみますが、産経新聞の論調に 
うん そうだ と思うことが増えたように感じます。(若いときはそう感じなかった。)

夕刊はもともとほとんど読まない(読むような記事もない。)ので、産経には夕刊がないのも良いと感じています。

産経新聞だけ購読するようにした場合、折り込み広告が少ないのでは? と言う心配をしています。
家族は、新聞の中身より、折込広告を重要視しています。(日経新聞だけの購読だと広告が少なくなるらしい。)

質問

1.加齢と共に新聞の好みが変わるのですか?
  それともこの40年ほどの間に、新聞の論調が変わっているのですか。

2.産経新聞の折込広告は、朝日新聞や読売新聞のそれに比べて少ないですか?
  (毎日新聞は考えていません。)

長年 朝日新聞をとっていましたが、新聞の論調に疑問を感じることが増えてきました。
記事もそうですが、
特に、投書欄 かつては、「そうだよ」「それそれ」と思うような投稿が多かったと感じています。

企業内労働組合(ユニオンショップ制)の専従役員を2年間経験したこともあります。
赤旗振って団結! その後は昇進し管理職としての道を歩みました。
時々でいろいろなことがありましたが約40年一つの会社に育ててもらったと感じています。
バブル期に本業以外のスケベ根性を出さなかったので(と...続きを読む

Aベストアンサー

先に、2についてですが、
産経新聞が強い地域(といっても、ほとんどありませんが)、や産経販売店が多い地域は概ね他紙と同等かそれ以上に折り込まれます。
小生の不動産時代の広告作成の経験ですが、企業が折り込み広告を広告会社と検討するさい、提示された新聞販売店の部数および取り扱い新聞種類の一覧表を見ながら決定していきます。
この場合、新聞種類はあまり関係なく「この販売店の地域は厚めに、ここは配布少なめ」というように決めていました。
つまり、売りたい物(物件)に応じて販売店単位で配布量を調節する事にはかなり注意を払いましたが、種類についてはあまり留意していませんでしたね。
ただ、私としては読売新聞だけは、読売新聞一紙だけしか取らない家庭が多いので優先させましたが、同業他社の考えでは読売の購読者層は購買能力が低い、と独自の考えで敬遠していたケースもありました。
まあ、折り込み広告を行なう地域企業というものはこんなものでしょうが、全国的に折り込みをやる企業(たとえば、ジャパネットたかたのような)は、大新聞は敬遠して県紙を優先させるようです。
ですので、この質問はなかなか一概には言えないですね。
ただ、折込は紙面広告と違い新聞社はタッチしておらず、販売店の収益ですので、長く懇意にしている販売店に依頼して折込数をMAXにしてもらう事が可能な販売店サービスをしてもらえる事があるようです。
その逆に折り込みゼロ依頼は聞き入れてもらえない、と知人が言っていました。

1、の質問ですが、
>加齢と共に新聞の好みが変わるのですか?
>40年ほどの間に、新聞の論調が変わっているのですか。

小生の場合で恐縮ですが、祖父の代(戦前)から朝日一筋で購読しておりましたが、慰安婦問題での言論機関にあるまじき不潔な対応を機会にやめてしまいました。
やめたのは慰安婦問題がきっかけでしたが、ここ十年というもの地域欄や書評欄以外ほとんど読んでもいませんでした。
若い頃はそれは熱心に読んでいましたが、社会を経験し若干ながら体感として世の中が理解出来るようになると、朝日を読むのがつらくなってきましたね。
なんだか「浮世離れ」しているような感じがするんです。
それと朝日の文章がいやになりました。
会社でビジネス文書や法律に関する文章に接したり作成したりする機会が多くなると同時に、朝日の社説などに頻繁に現れる「ひん曲がった解釈」、そこに導くための過程に必ず挿入される情緒性、こういうものに真実性を感じられなくなりました。
およそ新聞というものは誤報をするもので、朝日の救われない欠点は誤報にあるのではなく、読者を「こういうふうに導こう」というような教条性にあると思います。
それは記者諸君やデスクのエリート意識もあいまっての事でしょうが、読者教育のためには白いモノを黒い、と強弁して憚らない。
朝日は文章の力を用い事実をねじ伏せようと必死になるのですが、そうすればするほど文章(あるいは言論)本来の役割や意味、価値を低下させる非常に悪質な行為だと思います。文章への冒涜だ、とすら思います。
一方、産経新聞は朝日のようないやらしさは皆無で、ほとんどの記事が直球勝負です。そこには「読むこと」そのものの満足感が得られない、といううらみがあります。ですが、読売に比べ書きづらい事も本当に良く書くようになりました。

こういうふうに小生が考え至ったのはやはり年と共に多くの文章を読み、引き比べ、文章の意図を意識して読むようになったせいでもあると思います。
それは文章をより深く読む、あらゆる人生経験をもって読む事が(いまだ拙くも)少しは出来るようになった、という意味で「加齢のせい」とも言えましょうが、「このみ」ではなく、練達の問題だと思うのです。
また、質問者様のなかで、「自分の頭で考えたい」という欲求も強くなって来たんじゃないかと思います。
そうであれば、新聞は直球勝負の産経で十分だし、むしろ産経のほうが有利と思います。どうせ新聞は間違えるものだし、それを修正する手段(たとえばネット)を我々は既に持っています。
情報はできるだけ赤裸々で多いほうがよく、オピニオンは偏らず参考にして咀嚼して読む。最後は自分の頭で考える事ですよね。
もう朝日は必要ありません。

先に、2についてですが、
産経新聞が強い地域(といっても、ほとんどありませんが)、や産経販売店が多い地域は概ね他紙と同等かそれ以上に折り込まれます。
小生の不動産時代の広告作成の経験ですが、企業が折り込み広告を広告会社と検討するさい、提示された新聞販売店の部数および取り扱い新聞種類の一覧表を見ながら決定していきます。
この場合、新聞種類はあまり関係なく「この販売店の地域は厚めに、ここは配布少なめ」というように決めていました。
つまり、売りたい物(物件)に応じて販売店単位で配布...続きを読む

Q新聞の読み方

毎日、新聞を読みますが、忙しくて全部目を通すことはできません。ポイントだけ(といっても難しいでしょうが)を押さえて読みたいのですが、「まず何面を読んで、その後社会面」とか上手な読み方、お勧めの読み方がありましたら教えてください。

ちなみに私は日経新聞を読んでいます。

Aベストアンサー

まず、1面から順に、見出しだけ読んでいけば良いのではないでしょうか。その後、自分に関係しそうな記事、自分の興味のある記事を読む。あと、日経であれば、解説記事や連載ものなども、結構情報として有用ですので、興味があればそこに時間を割いても良いかもしれません。

Q公明新聞に論調が近い新聞

公明新聞に論調が近い新聞は何があるでしょうか?
しんぶん赤旗に近いのは東京・中日新聞ですが…。

Aベストアンサー

学会員んです。
公明新聞は読む気がしない。
良い所だけ。
聖教新聞もしかり。
へそ曲がりかもしれませんが、反対を考えていて十分です。

Q新聞の読み方

新聞を読めるようになりたいのですがおすすめの読み方はありませんか?
どういう順番で読むと読みやすいかご教授お願いします。

もしよろしければ新聞を読んだ事によるメリットや
あればデメリットもお願いします。

Aベストアンサー

No.1のアドバイスが適切だと思います。

記事の内容がわかってもわからなくても
1面から順に目を通していくと、「記事の解説」や「ちょっとしたコラム」のような
門外漢にもわかりやすく説明してくれる囲み記事で勉強できることも多いです。
私は記事自体読み飛ばしてココだけ読むこともあります。
また一覧性という点ではデジタル版より紙媒体のほうが優れていると思います。

できれば全国紙と地方紙。経済紙など2紙以上を読み比べてみると面白いです。
毎日や毎週定期連載記事も多いのである程度の期間読み続けていくと
おもしろさや良さがわかってくるのではないでしょうか。

購読しているメリットは
連載小説、連載コラム、特集記事などが本になる前に読めること。
関心が無い分野のことも目に止まる可能性がある。
デメリットは購読料と読むために費やす時間でしょうか・・・
あとテレビ欄や紙面広告もけっこうな情報量だと思います。

Q産経新聞以外のまともな新聞

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/587.html
母はネットをやらないのでテレビと新聞だけが情報源なので本当は産経新聞を取りたいのですが、図々しい朝鮮顔の父方の伯父が来てたま新聞を持って行くのですが、伯父には産経新聞は読ませたくありません。
上のページを参考に産経新聞以外でまともな新聞を購読したいのですが、どの新聞が一番まともでしょうか?

Aベストアンサー

産経は右ですね、だったら読売でしょうか。
ただ、産経が好きならば継続して、伯父さんに持っていかれないような算段をした方がいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報