ドイツの、美術教育の研究者の、ルドルフ プリンツ ツァ リッペという人について情報がもし、あれば欲しいです。 ドイツのルール地方、カッペンベルク城公園のためにキュッケルハウスが設計した、感覚の学校というところに深く携わっている人です。

身体感覚を鍛えることで人は可能性をもっと広げることができる。という考えのもと、それを行うのは美術教育がもっともふさわしいとして、美術の教育の中でそれを行っています。

10年以上もまえに、オルデンブルク大学の教授で、今年でおそらく63歳くらいです。 

感覚の学校というところについても、また、ルドルフ ツァ リッペが、今も生きているかどうかもわかりませんが、

この人の教育観に深く心を動かされました。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  お探しの人は、Rudolf zur Lippe, または Prinz Rudolf zur Lippe という綴りの人だと思います。「ルドルフ・ツア・リッペ」または「プリンツ・ルドルフ・ツア・リッペ」です。
 
  日本語のサイトにはないようです。
  「Rudolf zur Lippe」「Rudolf zur Lippe school of sense」とか「Rudolf zur Lippe school of feeling」などで、検索すると、ドイツ語サイトがたくさん出てきます。英語サイトも出てきますが、どうも見当が付きません。
 
  Amazon.com で検索すると、"Rudolf zur Lippe" という名の英語の本がありますが、中古本で、z-Shop というころにあります。ここは確か海外シッピングはしなかったように思うのですが、いまは分かりません。(別の中古ショップから、洋書の中古本を注文して、今日、届いたのですから、海外向けにも発送するかも知れません。下の amazon.com のURLで、検索窓に、rudolf lippe と入れると、z-Shop に繋がります)。
 
  アマゾン・アメリカのURL
  http://www.amazon.com/
 
  アマゾン・ドイツで調べると、おそらくドイツ語の本があるはずです。または、アマゾン・イギリスに本があるかも知れません。アマゾン・ドイツもイギリスも、アマゾン・アメリカのトップ・ページの下のリンクから入れます。
 
  検索エンジン・AltaVista
  http://www.altavista.com/
 
  参考URLは、検索エンジンGoogle
 
  何か「書名」などがあれば、検索できます。
 

参考URL:http://www.google.com/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教育実習(美術)

今度、教育実習を受けるものなのですが相談があって質問させていただきました。
教員を目指している方には大変失礼な内容かと思いますが、ご回答よろしくお願いします。
私ははっきりいって教員を目指しているわけではなく訳ありで美術の教員免許が必要なため教育実習を受けることになりました。
しかし、、過去に自分が学生だった時に美術の教育実習生にあったことがなかったので、美術の実習生がどういうものなのか想像できず実習先の中学校へ行くのがものすごく不安です。何をするのか、しなければならないのかが全然わかりません・・・。
唯一、音楽の実習生にあったことがありましたがその方は最終日は英語の授業をなさってました。
正直、対人コミュニケーションも下手ですし、勉強ができるわけではないし美術そのものも優秀ではないので自信も何もありません。
なのでせめて事前準備だけはしっかりとしたいので美術の教員(もしくは関係者)の方にアドバイスを願いたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでにお分かりになっていらっしゃるので、蛇足ですが、
受け入れ先の中学校や担当の教員にとって、正直困った存在です。

実習の内容は教員のお仕事の体験です。
あなたが今までに習ってこられた美術や担任の先生を想定なさればいいわけです。
今までの教育実習生のことはむしろ考えなくていいかと思います。

あなたがなぜ美術方面にすすまれて、教員免許が必要かわかりませんが、
少なくとも美術に興味がお有りで、それを生徒に伝えたい思いで実習に臨まれたらどうでしょうか。

教科学習指導以外に学級指導(朝の会やHR,道徳など)も実習します。
こんな見知らぬ他人より、当該学校の担当の先生に相談されるのがもっと具体的でしょう。
老婆心ながら、その際「教員になるつもりはない」は禁句です。
少なくとも教員採用試験は受けます、ぐらいは心づもりすべきです。

ご存じかと思いますが、実習担当教員は無償で「余分な仕事」を、引き受けます。
自分もこの道を先輩教員のお世話になり教員になったその恩返しの気持ちからです。

Qルドルフ・シュタイナー氏と渡部昇一氏

私は、ルドルフ・シュタイナー氏も渡部昇一氏も両方好きなんですが…
先日渡部氏の『日本人の品格』という本を読んだとき、(P104に)「ルドルフ・シュタイナーというオカルティストがこういうことを言ってます。」と、言う一文が御座います。渡部氏は何故ルドルフ・シュタイナー氏の事を『オカルティスト』ということになったのでしょうか?
私にとっては、大変興味深いことなので、渡部氏がそのことについて記されている本などをご存知でしたら教えていただきたいと思います。
ご存知の方、宜しく音w階いたします。

Aベストアンサー

> 渡部氏がそのことについて記されている本などをご存知でしたら~

ではなく、直接シュタイナーの方を調べられた方が良いかと。
教育論では必ずシュタイナーをの著作を学びますが、神秘学者としてのシュタイナーはまず教えてくれませんから、びっくりされることと思います。
もっとも有名な著作(だと思いますが)は、『アカシャ年代記より』で、シュタイナーによれば、宇宙には過去のことを全て記録した「アカシック・レコード」というものがあり、それを霊視(?)して、アトランティスを含めた壮大な宇宙史を組み立てました。
オカルトの方では、希有の神秘学大系を作り上げた人として、ものすごく有名です。(たぶん、そちら側の人の多くは、教育論のシュタイナーを知らないでしょう)

Q【ドイツ語と英語】ドイツ語で瓦のことをチーゲルと言うそうですが、ドイツにも瓦ってあるんですか?チ

【ドイツ語と英語】ドイツ語で瓦のことをチーゲルと言うそうですが、ドイツにも瓦ってあるんですか?

チーゲル瓦ってどんなものですか?

英語だと瓦はルーフ??それは屋根か。。

英語で瓦って何と言うのでしょう。

チーゲル瓦とw英語の瓦を教えてください。

Aベストアンサー

ドイツにも瓦ありますよ。というか、ほとんど瓦屋根です。
英語ではroof tile(ルーフタイル)です。

Q原発の放射能廃棄物は水深が深い海中に捨てたらダメなんですか? 何か国際条約でもあって海底深くに捨て

原発の放射能廃棄物は水深が深い海中に捨てたらダメなんですか?

何か国際条約でもあって海底深くに捨てることは禁止されているのでしょうか?

アメリカや中国やロシアは黙って捨ててる気がします。

日本も黙って捨ててもバレないのでは?

日本は国際ルールを守りすぎて小さい国土なので地中に埋めるより太平洋側にちょっと出て深い海域のところに投下する方が日本国内の人間が掘れるしょぼい深さに埋めるよりよっぽど安全でしょう。

人間が作れる頑丈な容器って言っても数百年レベル。その後は漏れる。

人間が住んでる家なんか100年でボロボロ。家電製品なんか10年でボロボロ。そんな頑丈な容器作れない。

1万年持つ容器すら無理な話でしょう。

100年ごとに容器を入れ替える方が危険です。

素直に海底深くに不法投棄しましょうよ。

世界に黙って捨ててもバレないですって。

Aベストアンサー

廃棄物その他の物質の投棄による海洋汚染の防止に関する条約=通称ロンドン条約 というものがあり、日本は1980年これに批准しています。この条約の中で海洋投棄を禁止するものとして高レベル放射性廃棄物(高レベルの定義については,国際原子力機関に委託)が指定されていますので、現状放射性廃棄物を海洋投棄はできません。
日本がロンドン条約から脱退すれば可能です。技術的にコンクリートで固めて日本海溝の1万mの海底に沈めることはできますが、政治的に実行に移すことはなかなか難しいです。

Q学校法人や、それ以外の教育産業たとえば予備校・塾・習い事の教室・資格学

学校法人や、それ以外の教育産業たとえば予備校・塾・習い事の教室・資格学校などは統合したらどうなるでしょうか?
友人が医学部を受験するために高校卒業後は予備校に通っているところを見たり、私の属する大学の科目履修生という制度を知って思うようになりました。
公的な教育機関はあるものの、民間の物も多いですよね。生涯学習という言葉のある時代、例えばもっと色々な役割を果たせる大きな教育機関になったらどうなるでしょうか?
・中学校・高等学校などが予備校や塾などの役割を同時に果たす
・別の学校の先生の授業も受けられるようにする
・特殊な学科の先生が資格予備校のような講義を開き、学校に関係ない人も受講できる
などなど


多分、そんな手を伸ばす力はどこにも無いとか、法律上無理など問題がありそうですね。
荒唐無稽な事を言っていると自分でも思っているので、気軽にお願いします。

Aベストアンサー

・中学校・高等学校などが予備校や塾などの役割を同時に果たす
 「同時に」とはどういうこと?人としての資質を養うことを目的とする学校の授業と受験合格を目的とする予備校や塾のカリキュラムとはそもそも内容が違います。別のものをいっしょくたにしておこなうというのでしょうか。そんなことはどちらの面からみても質を下げるだけでナンセンスだと思います。そういう矛盾があるからこそ分業化が進んで今の状態になったのでしょう。

・別の学校の先生の授業も受けられるようにする
 それは人事交流の問題でしょう。このことが表題の質問(「統合」)とどのような関係があるのか意味不明です。少なくともそのことが統合することの理由には成り得ないでしょう。

・特殊な学科の先生が資格予備校のような講義を開き、学校に関係ない人も受講できる
 「特殊な学科の先生」の講義を聞きたい人がどれだけいるでしょうか。スケールメリットがなければ民間では経済的に成り立ちませんし、社会的な有意性も希薄でしょう。また、予備校がやっていることと何の違いがあるというのでしょうか。そもそも「学校に関係のない人」を受け入れる意味は?有償なら商売としては有りかなと思いますが、それなら予備校と何の違いもないでしょう。わざわざ「統合」する意味が不明です。

・中学校・高等学校などが予備校や塾などの役割を同時に果たす
 「同時に」とはどういうこと?人としての資質を養うことを目的とする学校の授業と受験合格を目的とする予備校や塾のカリキュラムとはそもそも内容が違います。別のものをいっしょくたにしておこなうというのでしょうか。そんなことはどちらの面からみても質を下げるだけでナンセンスだと思います。そういう矛盾があるからこそ分業化が進んで今の状態になったのでしょう。

・別の学校の先生の授業も受けられるようにする
 それは人事交流の問題で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報