よく受動態は『「be+pp」で「~される」』と教科書に書いてありますが、
例えば、『by以外の前置詞を使う受動態』という範囲には
I was satisfied with the present.
(=私はそのプレゼントを気に入った)
みたいに「能動態」のように訳されているのがのってます。

これは
「物+satisfy+人:物が人を満足させる」という3文型の目的語をSにした
結果の文だと思うのですが、受動態というものはそもそも「~される」という
意味・訳の問題のものではなく、能動態の目的語を主語にした結果できる文と
解釈したほうがつじつまがあいませんか?
interest,disappointなどもそうだと思うのですが…。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

by presented」に関するQ&A: presented byって

A 回答 (2件)

こんにちは。



I was satisfied with the present.
の、訳が、能動態のようだということで、「~される」と一概に受動態をとらえるのはどうか、ということでしょうか?

おっしゃるとおり、受動態は能動態の文の目的語を主語にした結果できる文です。
ただ、それだけの説明では、英語を習い始めの人は、どれだけ理解できるでしょうか。
そこで、「~される」という、意味合いだと、教えるのだと思います。

ただし、いつもそう訳すと、日本語として、不自然なケースがでてきます。
例として挙げられたsatisfy,interest,disappoint,は、「~させる」という意味のものなので、受動態だと「~させられる」となり、不自然なことが多いのです。
受動態の直訳、「私はそのプレゼントによって満足させられた」では、へんな日本語ということになり、「私はそのプレゼントに満足した」と、訳を工夫するわけです。
また、良く使う表現だとその良い訳のまま覚えるという手もあります。

余談ですが、能動態と受動態は、目的語と主語を入れ換えただけですが、その使い分けは、意味があるようです。
The present satisfied me.
I was satisfied with the present.
前者は「プレゼント」がクローズアップされる感じです。
これは、意味というより、ニュアンスかな。
英語はだいたい強調したいことを始めにもってきます。
だから、そのニュアンスを尊重して、訳文も「私」を主語にしたのでしょう。
    • good
    • 0

日本語訳と英文そのものの本来の意味とは違うものです。


「受動態」の文章をネイティブはあくまで「受動態」として話し、聞いているわけですから、
I was satisfied with the present
は元々「私はそのプレゼントで満足させられた」という風に解釈されてきたはずです。つまり be + pp (+ with or by~)。これは言語表現の文化的背景が英語圏と日本では違うからです。
ただ、pp は、永い歴史のなかで「形容詞」化してくるので、satisfied も現在では adj として解釈した方がいいと思います。実際に元々 pp である動詞の変形が adj として辞書に載っている例も多くあります。ですから、この場合の satisfied も「満足させられた状態にある」という意味から「満足している状態にある」という意味の adj として解釈した方がいいのです。
辞書で satisfied を引くと adj としての意味が載っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報