パソコン初心者です。
MS-DOSモードでscanreg/fixを実行すると途中で次のメッセージが出ます。
「メモリ不足です。空きコンベンショナルメモリが不足しています。CONFIG.SYSを編集し、デバイスドライバのいくつかにREMを付ける必要があるかもしれません。またはEMM386.EXEドライバを読み込みDEVICE=ステートメントを使ってほかのデバイスドライバを上位メモリブロックに読み込む必要があるかもしれません。」
以前scanreg/fixを実行したときは、何もなくて完了できました。
これを解消するにはメモリーを増設しないといけないのでしょうか。しかし、現在のメモリは128MBありますが、WINDOWS98では128MB以上増設しても意味がないと聞いたこともあります。
なお、scanreg/fixを実行している理由は、最近スクリーンセーバーの画面でフリーズするようになったのですが、以前同様の症状のときに質問したらscanreg/fixするとよいと教えていただいて解決したからです。
長文になってしまいましたが、よきアドバイスをおねがいします。
SOTEC PC STATION M355V
PENTIUM III 550MHz
メモリ 128MB(64MB+64MB)
HDD 20GB

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 scanreg /fixを実行するにあたって「Windowsの終了」から「MS-DOSモードで再起動」をしていませんか?.



 ここからMS-DOSモードに入った場合は,パソコン起動時にCTRLキーを押して起動メニューで「Command Prompt Only」を選択した場合よりも,コンベンショナルメモリが少なくなります.おそらく,日本語変換ドライバなどが組み込まれているからだと思いますが.

 「再起動」→「BIOS起動画面が終了する当たりからCTRLキーを押しておく.」→「起動メニューが出たら,『Command Prompt Only』を選択.」→「scanreg /fix実行」

 というのを試してみてください.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

stanakaさん、ご回答ありがとうございます。
ご指摘のとおりの起動をしておりました。

教えていただいた方法でscanreg /fixを完了することができました。

このような状態になったのは、パソコンを使用するたびにレジストリが肥大化しているからでしょうか。

どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 21:49

コンベンショナルメモリは、0B->128MBのメモリの始めの0->640KBを使用します。


ですからいくらメモリを増設しても増えません。
DOSの時にはこの640Kにシステム他諸々のプログラムを読み込みPCを動作させていました。この重要な設定は「config.sys」と「autoexec.bat」という二つのファイルで行います。
DOSの知識があれば質問は無いかと思いますので本題に入ります。

「スタート・ボタン」から「ファイル名を指定して実行」をクリック、表示されるダイアログに「msconfig」と入力し「OK」ボタンをクリックします。
「システム設定ユーティリティ」が表示されタグに「config.sys」と「autoexec.bat」が有りますのでクリックし、エラーメッセージに有るようなEMM386.exeやメモリ設定に必要なhimem.sysのチェックが外れていないか点検してみてください。

過去の質問で私のPC(WIN98)の「config.sys」と「autoexec.bat」を記したことが有りますので参考URLに入れておきました。
Win98ではPC間の違いあまりありません。
この、設定を使用している私のPCでは正常にscanreg/fixが実行出来ます。

次にWin98での128MB以上のメモリについてですが。
64MB=>128MBに増設時程その効果が実感出来ないだけです。私は192MBで使用しています。不具合なければ128MBでもかまわないと思います。

なお、起動ディスクにはscanreg.exeは入っていません、実行しても「無効なコマンド」となります、起動ディスクから実行するならc:\windows\commandフォルダよりscanreg.exeをコピーしてから実行してください。

エラーメッセージが正しければ「msconfig」で設定しなおせば直ると思いますが・・・。(ちょっと心配です)

不明な点は補足致します。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=188811
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yan2014さん、ご回答ありがとうございます。
#2の方法で解決できました。
丁寧なご説明をどうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 21:52

コンベンショナルメモリが不足している場合、メモリの増設は意味ありません。



コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」から起動ディスクを作成。
起動ディスクで立ち上げて、scanregを実行。

これでどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答あのがとうございます。
起動ディスクを作成してscanregを実行してみましたが、「コマンドが無効」となり実行できませんでした。
また、アドバイスがありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/24 15:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイドンの交響曲

今まで、ベートーヴェン、マーラー、ブラームス、ブルックナー、その他の交響曲を聞いてきましたが、「交響曲の父」といわれる、ハイドンの交響曲を聴いたことがありません。

ハイドンは交響曲だけでもかなり作曲していてどれから聴いたらわからないので、最初の1曲としていいなあと思うものを教えていただきたいです。

また、ハイドンを得意としている指揮者も教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

最初の1曲というのなら,
第96番《奇跡》
がおすすめです。
すでに候補として挙がっているロンドン交響曲のうちのひとつです。
第94番《驚愕》,第100番《軍隊》,第101番《時計》のように特に有名なフレーズはないし,どちらかというと地味な曲ですが,何度聴いても飽きない,むしろ聴けば聴くほどに味わいが深まる曲です。
標題の由来はハイドン自身が付けたものではなく後から付けられたものですが,その由来は,この曲の終演後,ホールのシャンデリアが落下したが,聴衆はその曲の素晴らしさゆえハイドンを一目見ようとステージに駆け寄っていたため“奇跡”的にケガ人は出なかったというものらしいです。

【おすすめ】
交響曲第93-104番
フランス・ブリュッヘン指揮
18世紀オーケストラ

交響曲第96-99番
ニコラウス・アーノンクール指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

その他,既に候補に挙がっているものはどれもハズレがないと思われます。標題の付いているものから聴いてみてはいかがでしょうか。

それ以外では第6・7・8番でしょうか。
それぞれ《朝》《昼》《晩》という標題が着いています。原題はドイツ語でも英語でもなく,フランス語です。

【おすすめ】
第6・7・8番
ニコラウス・アーノンクール指揮
ウィーン・コンツェルトゥス・ムジクス

最初の1曲というのなら,
第96番《奇跡》
がおすすめです。
すでに候補として挙がっているロンドン交響曲のうちのひとつです。
第94番《驚愕》,第100番《軍隊》,第101番《時計》のように特に有名なフレーズはないし,どちらかというと地味な曲ですが,何度聴いても飽きない,むしろ聴けば聴くほどに味わいが深まる曲です。
標題の由来はハイドン自身が付けたものではなく後から付けられたものですが,その由来は,この曲の終演後,ホールのシャンデリアが落下したが,聴衆はその曲の素晴らしさゆえハイド...続きを読む

QWIN98SEでscanreg /fix 実行後

レジストリ修復結果
システムファイルにエラーが発見されましたが、問題を修復できませんでした。不要なファイルをいくつか削除してWINDOWSドライブの空き領域を増やして下さい。それでも問題が解決しない場合はWINDOWSを新しいディレクトリにインストールし直して下さい。

このようなメッセージがでました。
HD(WINDOWSドライブ)は80GBで、空きは50GBあります。
インストールし直し、は技術的にできそうもありません。
どのように対処したらいいでしょうか?教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>サポートされていないのに、モバゲーやアメーバピグやyoutubeなど、やっていまして、フリーズばかりで動作も遅いので、なんとかならないかと思いまして、ネットで調べてやってみました。

サポートされていない物は動作しなくて当たり前ですから、遅くても動くだけマシです。つか、そもそも論としてWin98の頃のPenIIIとかのCPUだと、今のゲームなどは重すぎてまともに動かないですから、動作そのものは正常だ、とも言えます。

ということで、サポートされていないものをやらない場合、「それなりに」動作していますか? それなりに動作しているなら、放置したまま「サポートしている物だけ」を使えば大丈夫は大丈夫です。

ただねえ・・・。Win98はセキュリティソフトのサポート対象外なんですよね。

まあ、今時Win16OSでマトモに動作するウイルスがあるかどうかは疑問ですが、動作するなら感染し放題ですから、多分ちゃんとスキャンすると山ほどウイルスが出てきますよ。ウイルスが正常に動作していない(最近のウイルスは正常動作していると驚くほど軽い)ので、PCも遅くなった可能性もかなり高いと思いますけどね。

それなりに動作していない場合、再インストール以外に方法はありませんし、再インストールしてもネットには繋げないですから、ま、「即座に利用を中止して廃棄」が正しい態度・・・ということになるでしょうね。何せ再インストール用のCDが無いと、通常はにっちもさっちもいかないのが、その頃のOSですから。

これがWinNT系のOSだと、「C:\i386以下にOSのインストーラーのバックアップがある」ので何とかなるんですが・・・。

>サポートされていないのに、モバゲーやアメーバピグやyoutubeなど、やっていまして、フリーズばかりで動作も遅いので、なんとかならないかと思いまして、ネットで調べてやってみました。

サポートされていない物は動作しなくて当たり前ですから、遅くても動くだけマシです。つか、そもそも論としてWin98の頃のPenIIIとかのCPUだと、今のゲームなどは重すぎてまともに動かないですから、動作そのものは正常だ、とも言えます。

ということで、サポートされていないものをやらない場合、「それなりに」動作してい...続きを読む

Qハイドンの93番~104番までの交響曲選集が、有名指揮者のもので、複数

ハイドンの93番~104番までの交響曲選集が、有名指揮者のもので、複数出ていますが、もし最初に買っておくべきものがあるとすればそれでしょうか?

Aベストアンサー

私はハイドンのロンドンセットは大好きで、いろいろ聞いていますが、お薦めは、ギュンター・ベルビッヒ&ドレスデンフィルですね~。ハイドンのSymphonyというと、やっつけ仕事感のある録音も少なからずありますが、この録音は実に音楽が活きているように思います。古楽系なんかもいろいろ聞きましたが、結局、これに戻ってきました。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail/1973431

QWin98の「scanreg /fix」について

DOSから「scanreg /fix」でレジストリの再構築を行えますが、
それについての質問です。使用OSはWin98SEです。

再構築の際、いらないキーを削除されるのですが、
明らかに使ってないキーが消されていない場合が
ありますが、キーの削除は何を基準に消されてるのでしょうか?

CleanSweap等のユーティリティーを使えば、良いのでしょうが
scanregについて教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「いらないキーを削除される」の意味がちょっと違いますね。
レジストリの更新の仕組みを説明します。
まず,最初次のようにデータがあったとします。
12345
この中の2番を更新したい場合
1x3452
と元の2番は廃棄し(X),新しい2番は一番後ろに付け足します。
これが続いてゆくと
xxxxxxx3xxxxx4xxxxxx21xxxx5
と無駄な(X)だらけになってしまいます.
「scanreg /fix」はこの無駄を消し,
34215
と間を詰めるだけなんです。

Qベルリオーズの幻想交響曲でおすすめのCD

お詳しい方、できればデジタル録音のもので、ベルリオーズの幻想交響曲のおすすめのCDをお教えいただけないでしょうか?
特に第4楽章の「Marche au Supplice」が、痛快に聞こえるものを聴いてみたいです。
現状では、ダニエル・バレンボイム指揮のものを聴いております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あまりにも有名なものかもしれませんが、私のお奨めは以下の3点です。

●シャルル・ミュンシュ指揮/パリ管弦楽団(1967年)

個人的にはこれが一番好きです。全体的にスピード感と力感を感じます。第4楽章でギロチン
が落とされる前に「固定観念」の主題の最後がフッと消えるところや、第5楽章の「怒りの日」
の主題のあたりで鐘をクリアに強く叩かせているところが印象的です。


●アンドレ・クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団(1964年)

1964年の東京文化会館でのライヴ録音。ライヴなので瑕疵はあるし、野蛮で乱暴にも感じ
るような演奏ですが、「幻想交響曲」だったらこのぐらいの「狂気の沙汰」があってもいいです
ね。第5楽章は後ろから何かが迫ってくるような緊張感を感じます。「怒りの日」もスリルを
感じます。


●小林研一郎/日本フィルハーモニー交響楽団(2000年)

ちょっとひねるとこの演奏も面白いです。この演奏は第3楽章が聴き所ですね。2人の羊飼いが
角笛を吹きあいながら、相手の角笛が雷鳴によってかき消され、やがて聞こえなくなるところの
表現が叙情的で美しいです。目を閉じながら聴くとその情景が目に浮かびます。ちょっと細部に
こだわりすぎて第5楽章は物足りない感じもしますが、「柔」の演奏だったらこれが好きです。

あまりにも有名なものかもしれませんが、私のお奨めは以下の3点です。

●シャルル・ミュンシュ指揮/パリ管弦楽団(1967年)

個人的にはこれが一番好きです。全体的にスピード感と力感を感じます。第4楽章でギロチン
が落とされる前に「固定観念」の主題の最後がフッと消えるところや、第5楽章の「怒りの日」
の主題のあたりで鐘をクリアに強く叩かせているところが印象的です。


●アンドレ・クリュイタンス/パリ音楽院管弦楽団(1964年)

1964年の東京文化会館でのライヴ録音。ラ...続きを読む

Qscanreg.exe /fixを実行したのですが...?

まず、ファイル名から実行で『scanregw /fix』を実行しようとしたのですが、「MS-DOSモードで再起動してからscanreg.exe /fixを実行してください」というメッセージが出ました。その後、MS-DOSで再起動し、上記を実行したところ、チェッカが23%ぐらい進んだところで下記のようなメッセージが現れて中止されました。

<表示メッセージ>空きコンベンショナルメモリが不足しています。
CONFIG.SYSファイルを編集し、デバイスドライバのいくつかにREMをつける必要があるかも知れません。またはEMM386.EXEドライバを読み込みDEVICEHIGH-ステートメントを使ってほかのデバイスドライバを上位メモリブロックに読み込む必要があるかも知れません。<以上>

このような表示が出た場合は、どう対処すればよいのでしょうか?マシンはソニーバイオデスクトップ、OSはWin98 Ver.4.10.1998です。購入は3年半ほど前、搭載メモリは64MBで、IEやその他のアプリが不正な処理で強制終了されることが多く困っているのです。パーテーションを切ったC(3GB、空き300MB)とD(7GB、空き3.5GB)のドライブがあるのですが、メインのCのほうが残り300MBぐらいになってしまい、スワップファイルはDに移し、仮想メモリもDから2GB使用するように設定してみました。このあたりをいじったことも影響しているのでしょうか?

どなたかアドバイスをお願い致します!

まず、ファイル名から実行で『scanregw /fix』を実行しようとしたのですが、「MS-DOSモードで再起動してからscanreg.exe /fixを実行してください」というメッセージが出ました。その後、MS-DOSで再起動し、上記を実行したところ、チェッカが23%ぐらい進んだところで下記のようなメッセージが現れて中止されました。

<表示メッセージ>空きコンベンショナルメモリが不足しています。
CONFIG.SYSファイルを編集し、デバイスドライバのいくつかにREMをつける必要があるかも知れません。またはEMM386.EXEドライ...続きを読む

Aベストアンサー

常駐プログラムが多いみたいですね。
基本的にconfig.sysをいじることは余りお勧めできないので、
レジストリを再構成するツールをご利用されたらいかがでしょうか。
こちらのregconは手軽な上安定しているのでお勧めです。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se106300.html

Qハイドン ピアノソナタの作品解説

娘の夏休みの宿題(中学校)で、実技の曲である
ハイドンのピアノソナタ Hob.ⅹⅵ:37 について
作曲者と作品についてのレポートを書かなければなりません。
作曲者のハイドンについては、インターネットで調べて何とかわかったのですが、
作品についてわかるHPがいくら探しても見つかりません。
交響曲の解説のHPはいくつかあったのですが…
どなたかこの作品についての解説をおわかりになる方、お教えください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

図書館のレファレンスサービスに電話をして関連する本があるか聞いたうえで見に行かれたらいかがでしょうか?

きちんと訓練を受けた司書ならきちんと答えてくれると思いますし、大きな図書館なら蔵書に載っていそうな質問だと思います。

一例として山梨県立図書館のレファレンスの事例のページのURLを書きます。
都道府県立級の大図書館ならどこでもこのくらいのサービスを行っていると思います。

本来なら、すべての公立図書館でこのようなサービスが提供されるべきなのでしょうが…。

参考URL:http://www.lib.pref.yamanashi.jp/tosyokan/refjirei/refjirei03.html

Qscanreg/fix

MSDOSモードからscanreg/fixを実行するときに「メモリー不足です。Config.sysファイルを編集しディバイスドライバーのいくつかにREMを付ける必要があるかもしれません。またはEMM386.exeドライバを読み込みDEVICEHIGH=ステートメントを使って他のディバイスドライバーを上位メモリーブロックに読み込む必要があるかもしれません。」とのメッセージが表示されてスキャンディスクが実行できません。

Aベストアンサー

#6では、
>何の変化も見られません。
>変更前のコンベショナルメモリーは、合計636k・使用330k・空き306kでした。

#7では、
>合計636k・使用205k・空き431k

使用メモリが125KBも減り、空きがその分増えてますね。
どういうことなんでしょう?
あなたに振りまわされてるような気がしますので、詳しい説明がなければ
これで打ちきりにしたいと思います。

空き431kでだめなら、どうにかしてシステムの119Kを減らすことですね。
やり方によってはシステム分を減らせると思いますが、どうなっているのか
わかりませんのでコメントできません。

それでは。

Qハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンの作品個数

ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンの生きた時代の音楽の変遷について研究中ですが、これを定量的に議論するため
に、この3人の協奏曲・弦楽四重奏曲・ピアノソナタの作品の「個数」を調べたいのですが今手元に資料が無いため解りませ
ん。交響曲に関しては、ハイドン108曲、モーツァルト41曲、ベートーヴェン9曲で、またベートーヴェンのピアノソナタは
32曲と記憶しています(これに間違いがあれば御指摘お願いします)。また関係するURLなどもあれば教えてください。

Aベストアンサー

ハイドン:
協奏曲→資料なし(チェンバロ、ヴァイオリン、チェロ、トランペット、ホルン、リラなど)
弦楽四重奏曲→83曲
ピアノソナタ→52曲
モーツァルト:
協奏曲→ピアノ27曲、ヴァイオリン7曲、その他2台ピアノ、3台ピアノ、フルート2、フルートとハープ、クラリネット、ファゴット、ホルン4など。
弦楽四重奏曲→23曲。
ピアノソナタ→18曲。
ベートーヴェン:
協奏曲→ピアノ5曲、ヴァイオリン、ヴァイオリンとチェロとピアノ。
弦楽四重奏曲→16曲。
ピアノソナタ→32曲。

手元の資料ではこんなところです。
若干の違いはあるかもしれません。

Qメモリ容量が128MB以上必要なのですが

欲しいプリンターがあるのですが、メモリ容量が128MB以上必要なようです。
varsaproNX VA40J というノートパソコン、OS win98 を頂いたのでそれに接続したいのでメーカーでスペックを調べたら64MBとありました。マイコンピューターのシステムのプロパティのパフォーマンスをみると{メモリ RAN:191.0MB}とありますがこれは別のものなのでしょうか?初心者でよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>前の持ち主も詳しくないらしく、わからないと言うことでした。


 ということは、前の持ち主の方が誰かに増設してもらっている、ということです。ただ、メモリを128MB以上必要とするプリンタって何でしょうねぇ。

 レーザープリンタで、解像度を上げて印刷する場合(300dpi→600や1200dpi)は98やMEだと対応できずに「メモリ不足です」と表示されることもあるので、ご注意ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報