上記の質問の回答願います。

A 回答 (4件)

ドモホルンリンクルを使って7年になる女性です。

効果はばっちりなので、今後も愛用予定です♪

主成分はコラーゲンですが、下のほうの回答者さまは豚由来と書かれておりますが、これは間違いですね。

数年前から、ハモの皮からとれる海洋性のコラーゲンに変わっています。

再春館製薬さんは、他のメーカーと違い、同じ商品の中身を、毎日新しい有効成分(もちろんすべて天然のものだけ)やら効果が最大限に出せる抽出方法、材料の配合を研究して、基本の4点はもとより、プレゼント品の補足的な基礎化粧品などもすべて、年替わり月替わりで進化させています。
ですので、コラーゲンも、豚由来から新化しているんです。

化学構造式ですが、そういった構造について解明される目的がわからないのですが、私は構造云々ではなく、成分となっている二ケタ代の数の天然由来の素材を知ることのほうが、ドモを理解するうえで、とても役立つと思います^^

ほかの基礎化粧品は、化学物質ばかりで、成分表の真ん中とかおわりあたりに、(含有量が少ないという証)一ケタだけ天然成分を書いてあるだけですよね。

主成分はやっぱり化学物質。それでいて、含有量が少ないのに、天然成分の名称を、あたかも大量に使ってるかのように、宣伝コピーで書いてて、なんだかだまされちゃいけないな~と思って、みています。

構造式ではなく、成分の名前も見てくださることをおすすめします^^
    • good
    • 0

 既に回答されている皆さんの答えで正解かと思います。

主成分(有効成分なのかどうかは私は知りません)は豚から抽出のコラーゲンだと思いますので、下記のページ(残念ながら豚の例ではありませんでしたが)は参考になりますでしょうか。

参考URL:http://www.tuat.ac.jp/~x-ray/collagen.html
    • good
    • 0

ドモホルンリンクルは単一の物質ではないのでそれ自体の構造式はありません。


参考URLに成分が載っていますのでそれぞれ構造式を調べて見てください。多分いやになりますよ。

参考URL:http://www.saishunkan.co.jp/domo/other/ichiran.h …
    • good
    • 0

自信はないのですが、あれだけコラ-ゲン、コラ-ゲンと宣伝しているので




Gly-X-Y

X:プロリン
Y:ヒドロキシプロリン

のα鎖の三重らせん構造ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 少し解かりました。

お礼日時:2002/02/24 14:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報