ムーアの法則って何ですか?具体的に教えて下さい。

A 回答 (2件)

具体的にというより、現状での技術進歩が項であるというだけのことですが、半導体大手インテルの創業者のゴードン・ムーア氏が1965年に発表した半導体の進化論です。


(ちなみに、彼は当時インテルではなく、Fairchild社という半導体企業にいました)

「半導体の性能と集積率は18ヶ月ないし、24ヶ月で倍になる」
という法則で、現在もその法則に基づいて半導体は開発されています。

2010年から20年まではこのムーアの法則に基づいて生産できるとされますが、それ以降の近い内に現在の集積強化での性能向上などでは限界が来るであろうとされています。
    • good
    • 0

半導体は18ヶ月たつと倍になるという法則で、いつか限界がくると言われつつもそのたびに技術革新によって、この法則が守られて、もう数十年経ちます。



言い始めたのが、ムーアというINTELの初期の創設者の一人だったこともこの法則が有名でありつづけるひとつの理由だと思います。

参考URL:http://japan.cnet.com/Help/manual/0422.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ