左利きなのですがテニスは右で始めました。そのせいか両手バックハンドの方が得意で片手フォアは苦手だったのですが、最近思い切って両手フォアに変えました。
思っていたよりはそれなりに打てるのですが、全くと言っていいほど回転がかかっていなく、高いボールになると力が入りづらく緩い球しか返せません。
基本的にはある程度スピンをかけて、緩い球や高い球はフラット気味で速い球を返したいと考えていますが、何か良い練習方法などありましたら教えてください。
ちなみに素振りや壁打ちなどはやった方が良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 まず、フォア・バック共に両手打ちは、利き腕のこともあって、rocuさんの選択は間違っていないと思います。


 また、フォアのトップスピンについてですが、片手と異なり両手ではラケットスイングの半径が小さくなります。その分、重量感のあるトップスピンを打つことは困難になります。
 しかし、両手打ちですとラケットスイングの半径が小さいことで、驚くほど早いスイングが可能となり、高回転のスピンが打ち出せます。
 また、片手より両手の方がラケットを構えることが素早くできますので、相手からの深いボールや低く早いボールへの対処が素早くできます。
 こうした両手討ちの利点をうまく利用し修得することが大切です。
 ご質問の高いボールをトップスピンで返球したいとのことですが、これは両手打ちの方がリーチが短くなるので不利です。
 ただし、片手打ちであっても高いボールをトップスピンで返球することは難しいことです。言い方を変えれば「ストロークで深く高いボールを、相手に打たされてはいけない」ということです。
 できれば、両手打ちの特性を活かして、少し前に出て、ライジング・ボールをヒットするようにして下さい。片手打ちでライジング・ボールを打つと引っ掛ける感じで不安定になりがちですが、両手打ちですと、腰を落としてしっかりと打ち込めます。
 また、前に出て打つことは、両手打にとって賢明なことです。なぜならば、両手打ちにとって左右に振られることは、苦手なはずだからです。
 つまり、高いボールをトップスピンで打つ練習より、低いボールをトップスピンで打つ練習をした方が賢明です。高いボールはスライスで角度をつけて返球しましょう。
 具体的に練習方法としては、友人に「極めて短く低く弱くボール」をフォア側にトスをしてもらいます。それをワンバウンドしたら直ぐに打ち返します。これを2秒間に1ボールを連続してトスしてもらい、休まず連続して打ち返します。
 ポイントは、ひざを低くして構えること、ラケットスイングはコンパクトに素早く、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
知っているようで知らないことがたくさんあってとても参考になりました。
両手打ちにしたことで不利な点も生まれるかと思っていましたが、
利点を伸ばすように頑張ってみます。

お礼日時:2002/02/25 15:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォア、バック両手打ちでフォアはスライス、バックで攻撃する選手って誰?

フォア、バック両手打ちでフォアはスライス、バックは非常に安定していて、バックで攻撃する選手がいるそうです。
ランキングは100位かな?年は30過ぎ?で男性です。
雑誌に載っていて名前を忘れてしまいました。
誰があの選手じゃないかなって思い当たる外国の選手がいたら教えてください。

Aベストアンサー

フランスのサントロですね。

ダブルスの名手で、ミッシェル・ルードラと組んで、2003年全豪ダブルス優勝、去年の世界ダブルス選手権で優勝しています。

選手名鑑にありました。ファブリス・サントロ abrice Santoro

参考URL:http://news.tennis365.net/news/tour/players/details/index.html?id=men00088

Qバックのシングルハンドのトップスピンが打てる人にフォアのトップスピンについてお聞きします

私はバックのシングルハンドのトップスピンが得意です。
(一応コーチのお墨付きです)

出来る方ならお分かりでしょうが、
何も悩むことなく、ラケットを思いっきり振り上げれば
トップスピンの効いた速いボールが打てます。

ところがフォアハンドになると、急に苦手になります。
思いっきり振ると回転が掛からず、オーバーするか、
回転が掛かってもスピードのないボールになります。

フォアだろうがバックだろうが、肩を中心としたスイングをすれば、
ラケットが弧を描いてボールをこすり上げ、トップスピンが掛かるはずです。

同じような悩みがあって解決された方や、
私の言ってることが実感として分かる方で
フォアのトップスピンをうまく打つコツがお分かりの方の
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私の場合はバック(ダブルハンド)が得意でした。  私もフォアハンドが嫌いというか、まったくまともな球が打てなくて極力バックにまわりこんでました。 そこを中級者の方に見てもらい、ゴンザレスのようにラケットの面を反対側?(すいません、いい表現ができません)にして打ってみたらどうだと言われて試してみたらものすごく良い回転がかかって深いところに入りました!その方の話によるとプロは大概そうしているらしいです。大振りなので慣れるまで大変だと思いますが、慣れると簡単にトップスピンロブまで打てますよ(^-^)  ちなみにゴンザレスは今年のウィンブルドンで準々決あたりまでいってたと思います。(フェデラーに負けました)実際にゴンザレスの試合を見た方がいいと思います。

Q両手バックと片手バック

片手をやっているとセンスやフィジカルの強さなどが必要だとわかり両手バックに変えてみたんですが、片手のほうがボールに当てたときの感度がよく、打感だけでどこに飛ぶかわかります
しかし、ラケットヘッドのダウンが下手でスピンがあまりかかりません
個人的には両手のほうがその点が楽だと思います
自分にとって良い点は片手だとリーチが長いことと、打点がつかみやすいことと、感度がいいことです
悪いところだと打点の入りが遅れるとすぐ終わる、打球がフォアから見て明らかに弱め、ひじに悪い
両手はまだやってから日が浅いので、はっきり言えませんが、打点が捕らえにくい(両手初日では最初だけスカなどあったもののある程度のコントロールはつけられました。これは直せると思います)、左手が邪魔で(右利きです)強打が完全にできない(スイングスピードが全然)、スピンがかかりすぎて弱弱しい、体重移動が下手(練習で直せると思います)

私はどちらに向いていると思いますか?

Aベストアンサー

まずは両方の特徴から、

両手、片手は両方同時に使えるほど似ていなくて、むしろ体の使い方から、体重移動の仕方、打点の位置などほとんどが違います。簡単にまとめますと…

両手:右手よりも左手で主導
   力の源は主に臀部(お尻らへん)でためた力を腰で回転させること
   でんでん太鼓みたいなイメージです

片手:もちろん右手主導
   力の源は肩を支点とした振り子運動
   イメージはそのまま振り子

また打点も両手と片手でボール2~4つくらいの違いがあります。

どちらにした方が良いのかというのは個人次第で僕からは断言はできないのですが、今後軸にしたいショットから選んでみてはどうでしょうか?

感度が良いことで片手のコントロールショットを軸とするのか、両手のスピンとあたり負けしないことで粘り強い両手を軸とするのか。

今上げたのは私が考えた例ですが、プレースタイルによって優先したいものが出てくると思います。たぶん弱点としてあげられたものはすべて練習次第なので、何とも言えません。将来の自分に必要なショット、優先したいショットを考えれば、自ずと答えが出ると思います。

偉そうで申し訳ありませんでした。僕もどちらかで迷ったことがあり、結局左手の怪我でやむなくという形で片手で打っています。十分に悩んで良いと思います。ただ決断は迷いなくすることで、上達も早いかと思います。

   

まずは両方の特徴から、

両手、片手は両方同時に使えるほど似ていなくて、むしろ体の使い方から、体重移動の仕方、打点の位置などほとんどが違います。簡単にまとめますと…

両手:右手よりも左手で主導
   力の源は主に臀部(お尻らへん)でためた力を腰で回転させること
   でんでん太鼓みたいなイメージです

片手:もちろん右手主導
   力の源は肩を支点とした振り子運動
   イメージはそのまま振り子

また打点も両手と片手でボール2~4つくらいの違いがあります。

どちらにし...続きを読む

Qフォアの両手打ちをする学生の選手は非常に多いですか?

インターネット上にテニスの試合の様子を写真で紹介している
サイトはたくさんあります。
学生の大会の写真を見ていたら、体の右側のボールを両手打ちで
打っている写真が非常に多く見られました。
いくらなんでの左利きの人がこんなに多いわけないし、そうだとすると
右利きの人がフォアを両手打ちで打っていることになりますが、
今の学生さんはそういう傾向にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

高校時代にテニス部でしたがその写真は男と女どちらでしょうか。私は男ですが学生時代にフォアを両手で打っていた人は見たことがありませんでしたね。女子は割と見ましたがそれでも片手打ちがほとんどで少数だった気がします。団体で全国ベスト4に行ったチームの試合も間近で見ましたがバックハンドも全員片手でしたね。(男子ですが)

両手打ちは片手打ちに比べると打ち返す前の行動が遅れますよね。片手で打てるなら試合では不利な気がしますが。ただ女性なら力がない分より強いボールを打ち返せるのでフォアも両手で打っているんだなと解釈していました。

たまにですが男子プロの試合をテレビで見ますが両手でフォアを打つ人は見た記憶が無いです。(私が知らないだけかもしれませんが)

基本的なことはプロがモデルになると思うのでプロでそういう傾向になっていないことから両手フォアハンドが主流とは思えませんね。(男子ですが)

Q両手フォアに変えるのは時間がかかるのか&休養中にすべきこと

今、わたしは肘を故障していてまともに片手でフォアで打つことができません。
医者には1ヶ月~1ヵ月半休んだほうがいいと言われました。
しかし大会が近く、2,3週間休んだら練習に復帰したいと考えています。
しかし片手で打ち続けていれば症状は悪化しそうです。
なので、両手フォアでとりあえずその大会まではしのぎたいと考えていますが、両手フォアに慣れるのにはどれくらい時間がかかるのでしょうか?
また、2,3週間休んでいるあいだにやっておいたほうがいいトレーニングがあったら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします_(._.)_

Aベストアンサー

まず、この手の質問はネットでは答えづらい問題です。
何をいってもあなたの性格を分からなければ良いアドバイスにはならないと思いますし、
お医者さんがおっしゃった事を聞かないならシロウトの言葉でも逆に自分のいい様に解釈しかねないです。

その上でお話します。
まず、けがを早く治したいのならなるべく、運動はひかえたほうがいいです。
血流が早まれば故障、ケガをした所を治す物質がその場所にとどまれなくなり、
しかも疲労物質が血液中に増えるので回復が遅れるだけです。
この時期はからだが暖まるまでアップするだけでも相当な運動量になってしまいます。
食事と睡眠をしっかりととり、試合の3日前くらいまで出場の最終決定は延ばしほしいです。

スコンチョさんも言われましたが、その場しのぎが出来たら誰も苦労はしないのと
身に付いたテニスの技術はそう簡単に失われません。ウン十年テニスをして自分も仲間も故障、ケガで休養した期間はありましたが、(長ければ数年)直ってしまえばブランクすら感じないものですよ。

それと、もう一つ考えてほしいのは、たとえ団体戦であっても、故障、ケガをした人を相手に試合をするのは、気持ちのいいものではありません。何であんな状態で出てくるのだろう?という気持ちはとても強く感じますよ。イヤな気持ちです。
勝敗よりも長く心に残ります。相手の気持ちも考えないと…

状況的にあなたが団体戦のナンバーワンだとしても、この場合(出場しない事に)文句を言う方がおかしいと私は考えます。
はやる気持ちは何かにそらしておいて、試合の3日前に練習を再開して問題ナシとなっていることを祈ります。

まず、この手の質問はネットでは答えづらい問題です。
何をいってもあなたの性格を分からなければ良いアドバイスにはならないと思いますし、
お医者さんがおっしゃった事を聞かないならシロウトの言葉でも逆に自分のいい様に解釈しかねないです。

その上でお話します。
まず、けがを早く治したいのならなるべく、運動はひかえたほうがいいです。
血流が早まれば故障、ケガをした所を治す物質がその場所にとどまれなくなり、
しかも疲労物質が血液中に増えるので回復が遅れるだけです。
この時期はからだ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報