20℃における食塩の溶解度は36.0である。20℃における25%の食塩水200gには、食塩はさらに何g溶解するか。
答えは 36.0*200(1-0.25)/100=200*0.25+x   x=4g

なぜ 36.0*200/100+36=200*0.25+x だとだめなのか分かりません。
教えてください
                        

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

36.0*200/100+36=200*0.25+x


 
この式は、136gの飽和食塩水には36gの食塩が含まれているから、200gの飽和食塩水には(200*0.25+x)gの食塩が含まれている。ということですよね。

でも、溶質がXg増えた分、溶液もXg増えるので(200+x)gとする必要があります。

36.0*(200+x)/100+36=200*0.25+xこの式を解けばx=4g と出ますよ。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見落としてました。すごく、分かりやすい説明有難うございました。

お礼日時:2002/03/10 20:07

20%食塩水200グラムは


200(1-0.25)=150gの水に
200*0.25=50gの食塩が溶けています。
20度における水150gに溶けることのできる食塩は溶解度より、
36.0*150/100=54gとなります。
従って、さらに溶ける食塩量をxとすると
36.0*200(1-0.25)=200*0.25+x
となります。

あなたの考えた
36.0*200/100+36=200*0.25+x 
この式の意味がよく分からないので
なぜ、この式が出てきたのかがわからないので
どうしてダメなのかと言うのには答えてはいませんが、
正解の意味は上記の通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な説明、有難うございました。

お礼日時:2002/03/10 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶解度とPH

ある本の問題に
「水にCa(OH2)を溶解させて飽和に達した時の、その水溶液のCa2+濃度とPHをそれぞれ概算せよ。ただしCa(OH2)の溶解度積Ksp=5.5×
10-6(mol3/L3),水のイオン積Kw=1.0×10-14(mol2/L2)とする」という問題があるのですが、その問題を解く過程で,起こっている反応は
Ca(OH)2<=>Ca2+ +2OH-

    H2<=>H+ + OH- である。…(1)

この水溶液の電荷収支を考えると
2[Ca2+]+[H+]=[OH-]とあります。…(2)
そこで、質問なのですがなんで(2)のところで[Ca2+]の前に2がかけられているのですか?よく分からないので、教えてください。
ちなみにこのことを自分なりに調べたら類似問題があって、そこを参考にすると「Ca2+は2価の陽イオンなので、イオン1個につき、2倍の正電荷をもつため」とあるのですが、いまいちよくわかりません。
わかりやすく教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

ある本の問題に
「水にCa(OH2)を溶解させて飽和に達した時の、その水溶液のCa2+濃度とPHをそれぞれ概算せよ。ただしCa(OH2)の溶解度積Ksp=5.5×
10-6(mol3/L3),水のイオン積Kw=1.0×10-14(mol2/L2)とする」という問題があるのですが、その問題を解く過程で,起こっている反応は
Ca(OH)2<=>Ca2+ +2OH-

    H2<=>H+ + OH- である。…(1)

この水溶液の電荷収支を考えると
2[Ca2+]+[H+]=[OH-]とあります。…(2)
そこで、質問なのですがなんで(2)のところで[Ca...続きを読む

Aベストアンサー

電荷収支というのは,電荷の数を数えているものだから.
Ca2+ は2価の陽イオンなのだから,1個あれば水素イオンとかの2倍の電荷を持っているので2倍する,それだけのことです.そうしないと,電荷の総数を数えたことにならないからです.
リンゴを2個持っている人が10人,リンゴを1個持っている人が40人います.リンゴは全部でいくつありますか.

Qy=a*ln(x)+bのxを求めたい

ど素人というか原理はわからないけどとにかく結果を求めたいです。
うまく説明できてるかもわかりませんがどうかお助け下さい。
EIA測定してキットのマニュアルに従い、吸光度(B/Bo%)をy軸に,濃度をx軸(対数目盛)にとってExcelを使ってグラフを作成。
対数近似曲線を引いたらタイトルの式が出ました。
知りたいのは測定物質の濃度なのでxを求めなければなりませんよね。
式がy=ax+bだったら、x=(y-b)/aで簡単に求められるのですが
タイトルの式ではln(x)をどうあつかっていいのかわかりません。
y=a*ln(x)+bの式をx=○○・・・に変換するとか、Excelのこの機能で求められるとか、何か方法を教えてください。
文章を読んで察しがつくと思いますが、数学ぜんぜんわからないので
理屈抜きで「この式のここに吸光度の値をいれるとこれが求める濃度だ」というような単純明快なお答えをお待ちしています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

グラフを作るときに、「吸光度B/Boをyとおく」からまずいのです。

吸光度から濃度を知りたいのなら、どうして、「吸光度B/Boをx,濃度をy」とおかないのですか?

これでx,yデータをエクセルプロットすれば、ANo.2さんのような近似式が求まります。
ただし、このとき、前回は「対数近似」をしましたが、y,xを入れ替えていますので、今回は「指数近似」をしなければなりません。
(対数近似/指数近似のどちらが適当かは、グラフの形を見て判断します)

ANo.2さんの式は正しいですが、もう少し変形できます。
  y=e^((x-b)/a)=e^(x/a)/e^(b/a)=e^(-b/a)*e^(x/a)
e^(-b/a)を引っ張り出してきた理由は、これが定数項だからです。

e^(-b/a)をエクセル上で求めるには、例えば
A1セルにa,B1セルにbをおいたとすると、C1セルに[=exp(-b1/a1)]と入れれば、C1セルに演算結果が表示されます。

Q溶解度積と溶解度の違いについて

CaCl2の溶解度積が4.0×10^(-11)であるのに対し,
CaCl2の溶解度が何であるか?という問題が解けず,困っております。

溶解度積の公式は承知しておりますが,
溶解度積から同様の物質の溶解度を解く方法などあるのでしょうか?
お力を貸して下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

Ksp値から察すると多分「CaF2」でしょうか。


CaF2(固) ⇔ Ca^2+ + 2F^-

ここで注意する点は「HFが弱酸だから、F^-が無視できない程度加水分解する」可能性がある事です。

しかし問題がその点に触れていないから無視できるとして求めると、

[Ca^2+][F^-]^2=s*(2s)^2=4s^3=Ksp=4*10^(-11)

∴ 溶解度:s=(Ksp/4)^(1/3)=2.2*10^(-4)M


(計算してみると実際に無視できるようです)

Q70℃のお湯が 60℃になるのと、 60℃のお湯が 50℃になるのだっ

70℃のお湯が 60℃になるのと、 60℃のお湯が 50℃になるのだったら どちらが早いですか?

Aベストアンサー

お湯の温度が下がるということですから熱を失うすべての道筋の合わさったものが効いてきます。

(1)お湯から空気へ
(2)お湯から容器へ、容器から空気へ

熱が伝わるのはこの2つです。
ビーカーに入ったお湯でしたら(2)の道筋の方が伝わる熱量は多いでしょう。
ガラスが熱を伝えやすいことと空気と接している面積が大きい事が理由です。
でも二重構造になったステンレスのコップのような場合でしたら(2)が起こりにくくなりますので冷めにくくなります。
どちらの場合でも温度差の大きい方が速く冷めます。
もうひとつお湯が熱を失う仕組みがあります。
温度の高い方が水蒸気の発生量が多いです。
気化熱は水1gで600calに近い値になりますから影響が大きいですね。

Q見かけの溶解度とはなにか

見かけの溶解度とは, いわゆる溶解度と何が異なるのでしょうか。
具体例で教えていただけるとうれしいです。

シクロデキストリンを使って、化合物Aの見かけの溶解度が.....
というような文章がありました。

何卒お願い申し上げます。

Aベストアンサー

水に溶けにくい物質(親油性、疎水性の物質)をシクロデキストリンに包接すれば、見かけ上水に溶けたようになります。シクロデキストリンに包接させたときに溶ける溶解度を見かけの溶解度といいます。普通の溶解度は、シクロデキストリンなどの補助剤を使わないときの溶解度ですね。
シクロデキストリンは、グルコースが環状に結合したもので、空洞部分が親油性で、外周部分は親水性です。親油性物質がこの空洞部分に入り込んで(包接)水に溶けるようになります。

いわば、1mしか泳げない人が浮き輪を使って10m泳げたというようなもので、1mが溶解度、10mが見かけの溶解度ということですね。


http://www.cyclochem.com/cd/o_001.html

Q水100gを20℃から100℃まで温めるのに必要とする熱量はいくら?

水100gを20℃から100℃まで温めるのに必要とする熱量はいくらですか?

また、水が200g、300g、400g…と増えていった場合はどうなりますか?

Aベストアンサー

学校の課題ではないですよね?

水1ccを1℃ 上げる為に必要なエネルギー(熱量)を1calと言います
これ定義です 1ccは1gですが温度で少し違いますから補正すれば良いでしょうけれど

10℃上げるなら10倍の10calになる訳です 同条件で10ccなら100calです
単純な比例で考えれば良いでしょう 計算して下さい

Q溶解度積

物理化学の溶解度を求める問題で、分からない所があるのでお聞きします。

水に対する塩化銀の溶解度は1.3×10^-5mol/Lであるが、0.10MのNaCl(aq)を加えれば2×10^-9mol/Lしか溶けず・・・。という文があります。

水に対する溶解度については理解できたのですが、0.10MのNaClを加えたときの溶解度がどうして2×10^-9mol/Lになるのかが分かりませんでした。
0.10Mは式にどう利用すればいいのでしょうか?
(塩化銀の溶解度定数は1.6×10^-10です。)

知識不足なのは承知しておりますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 水に対する塩化銀の溶解度は1.3×10^-5mol/L

  AgCl → Ag(+) + Cl(-) Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]

> 塩化銀の溶解度定数は1.6×10^-10です。

  Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]=1.6X10^-10

> 0.10MのNaCl(aq)を加えれば

  NaCl → Na(+) + Cl(-)

 NaCl は完全に解離するとして良いですから [Na(+)]=[Cl(-)]=0.10 (M)。

 この状態でも AgCl の溶解度積は Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]=1.6X10^-10 ですから,[Cl(-)]=0.10 を代入して [Ag(+)]=(1.6X10^-10)/[Cl(-)]=(1.6X10^-10)/(0.10)=1.6X10^-9 (M)。

 有効数字2桁なら 1.6X10^-9 (M) ですが,有効数字1桁ならお書きの 2X10^-9 (M) になります。

問題の答えは有効数字1桁で求めよとかなっていませんか?

QL*a*b*表色系の「*」の意味

L*a*b*表色系の「*」の意味が分かりません。どなたか、簡単に説明して下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

古くからあったLab(Hunter Lab)と区別するためです。
バージョンアップしたLabとでも考えておけばよいでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/L*a*b*%E8%A1%A8%E8%89%B2%E7%B3%BB

ちなみに、あまり関係がありませんが、No.1さんが挙げられている例え話は、
300K ⇒ 300°K(Kが温度の単位であることをわかりやすくするため)
あるいは
300°⇒ 300°C(摂氏温度を明示)、300°K(華氏温度を明示)
の方がいいような・・・

Q溶解度積と一致する場合…

化学で
[Ag+][Cl-]>溶解度積→沈殿する
[Ag+][Cl-]<溶解度積→沈殿しない
と習いました。では
[Ag+][Cl-]=溶解度積
となる場合は沈殿しないのでしょうか。
もし沈殿しないなら、なぜ[Ag+][Cl-]≦溶解度積→沈殿しない
と教えないのでしょうか。

どこにもそのことが記載されておらず納得がいきません。
教えてください。

Aベストアンサー

厳密なことを言うと、
AgClの沈殿が生じているとき、[Ag+][Cl-]=Kspです。(Kspは溶解度積)
AgClの沈殿が生じていなければ[Ag+][Cl-]≦Kspです。
[Ag+][Cl-]>Kspになることはありません。

では[Ag+][Cl-]>Kspとなる場合を考えるのか。
これは、仮にAgClの沈殿が生じず全て溶けていると考えたとき、矛盾が出ないかどうかを考えています。背理法のようなものですね。
AgClの沈殿が生じていない(⇔[Ag+][Cl-]≦Kspのはず)のに、
計算してみると[Ag+][Cl-]>Ksp、これは矛盾
よって初めの前提の「沈殿が生じていない」が誤り、故に沈殿が生じている。

Q100℃の溶解度について

こんにちは。小学生相手に理科を教えている者です。
基本的なことかもしれませんが、溶解度について質問させてください。

溶解度の測定方法が調べても今ひとつ分からないので、根本的に間違った考えなのかもしれませんが、100℃の時の測定って、かなり手早くやらないと水がどんどん蒸発して、正確に測定するのが困難な気がするのですが、その辺りはどうやって解決しているのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

高校生相手に理科を教えてるものです。

私も測定しているところを見たわけではありませんが、
次の事が考えられます。

(1)加圧している
(2)かなりの濃度の溶液なので、沸点上昇によって沸点が100℃を超えている。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報