日本では、就学年齢に一斉に小学校入学しなければならないですよね。それはなぜなんでしょうか?子供の発達は個人差があって、例えば、発達の早い4、5月生まれと、ゆっくり発達している2、3月生まれとでは、かなり差があると思うし、外国では入学を1~2年、早めたり、遅らせたりすることが認められている国もあるようですが、日本で認められていないのはなぜなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 No2です。

学校教育法の規程による就学年齢に達した場合には、病弱や発育不全などの理由により教育委員会が就学の猶予・免除を承認した場合以外は、全員小学校に就学することになっています。その際に、病弱や発育不全などの理由以外で、心身に障害がある子供の場合には、普通学校の特殊学級か養護学校に就学することになります。以前は、養護学校への就学は親の希望で入学をしていましたが、昭和53年頃からは法律が改正になり、病弱や発育不全り就学が猶予・免除された子ども以外で、普通学校の特殊学級では対応が難しい場合は、養護学校へ入学することを教育委員会が事務を取り扱って行うこととされました。

 お子さんに障害がある場合、普通学級、特殊学級、養護学校のどこに就学するかは、市町村の教育委員会の機関として、「就学指導委員会」という組織があり、学校長や特殊学級の教員などで構成されていて、障害のあるお子さんにとってどのような教育方法が最適かを、保護者の意向も含めて相談をして教育委員会に結果を報告します。その結果を受けて、教育委員会では、お子さんの保護者に対してお子さんの学ぶ最適な方法を通知します。

 ご質問にあるように、単に発達がちょっと遅れ気味、のような場合には、上記の就学指導委員会で判断をして教育委員会が最終決定をしますが、普通学級でも大丈夫と判断する場合もあるでしょうし、特殊学級で勉強をして集団で勉強をするときは普通学級と一緒に勉強をする、というような場合もあります。例えば、体育や音楽、図工などは普通学級で勉強をする、という方法です。いずれにしても、そのお子さんの一生の問題ですので、最良の方法を保護者と共に相談をして、決めることになります。又、発達に応じて、毎年見直しをしますので、最初特殊学級にはいっても、途中から普通学級になる場合もありますし、その逆の場合もあります。養護学校は、障害の重いお子さんが入学しますので、養護学校から普通学校に戻るということはありません。小中学校の特殊学級は、精神薄弱、情緒、言語、肢体不自由などの区分になっています。

 病弱で長期入院をしなければならない場合、大きな病院では「院内学級」という病院の中に学校の教室を設けて、入院しているお子さんを対象に病院内で勉強をすることも、最近では出来るようになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しい回答をどうもありがとうございました。
いろいろ勉強になりました。

お礼日時:2002/02/25 19:03

 学校教育法第22条に保護者は満6歳になった子ども小学校(盲・聾・養護学校の小学部を含む。

)に就学させる義務を負うという内容の規定があり、これが根拠になっています。
 ただし、同法の第23条に病弱、発育不全その他やむを得ない事由のため就学困難と認められる場合には就学の猶予又は免除をすることができる規定がありますので、認められていないわけではありません。ただ、判断するのは市町村教委ですから、ほとんど認めてくれないのが現状のようですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。
法律には就学の猶予が認められているのですね。そうですか~
でも、ほとんど認めてくれないのはなぜなのでしょうか??

お礼日時:2002/02/25 13:32

 教育を受けさせる義務、教育を受ける権利は憲法で保障されていますし、教育基本法では教育の機会均等が補償されています。

そのような観点から、一定年齢に達すると、全員が期養育を受ける権利を有することになります。しかし、ご質問のように、身体の発達などの事情がある場合には、そのようなお子さんを受け入れる教育施設の、養護学校等があります。昭和52年頃までは、身体の発達等の事情があるお子さんは、入学を遅らせたりすることが可能でしたが、養護学校への入学が義務化されたことで、一定年齢のお子さんは全員同時に、義務教育を受けることになり、お子さんの発達に応じて、一般の学校と、養護学校、一般の学校の特殊学級、に入学することが義務となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。
以前は、入学を遅らせる事もできたのですね。
もう一度回答いただけるとうれしいのですが、「養護学校への入学の義務化」「一般の学校の特殊学級に入学する義務」って、どういうものなのですか?
障害とかと関係なく、単に発達がちょっと遅れ気味、という場合は、普通はどうしているのでしょうか?

お礼日時:2002/02/25 13:26

//じだいどりーむ//です。



 そういうことを研究しているわけではないので、
僕の個人的な考えとして、書きます。予め、ご了承の程。

 16歳になれば、バイクの免許や女性なら結婚も出来ます。
そうなると、最低限の知識だけは、逆算して、ある程度の学齢に達すれば、
教えるというか、学ばなければならないと思います。

 個人差は子ども時代にとって無視の出来ない「大きな差」でありますが、
脳の発達が一番いいのは5歳からです。そうなると、最低でも5歳を過ぎた
頃から、物事を習得するのが良いとされています(よね?)。
小学校の入学時期を2回(4月と10月とか)に分けることが無理であれば、
結局どこかで一線を引いた4月に、満5歳を超えた人が学校に入学すると
いうことで、物事は、うまく解決するような気がします。

 こんなんじゃ、回答にならないか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。
「どこかで一線を引いた」というところはとても納得がいきます。
でも、大部分のお子さんの場合、それでいいのですが、ごく一部に、ちょっと遅らせた方が(あるいは早めた方が)その子にとって、より良い結果をもたらすことがあるのではないか、そういう融通がきかないのはなぜなのだろうか、という疑問が私の中にあります。

お礼日時:2002/02/25 13:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    言語発達障害および学習障害(特異的発達障害)とはどんな病気か  ともに、子どもの発達段階の早期、主に幼児期に明確になってきます。明らかな知的遅れ(精神遅滞(せいしんちたい))がないのに、学習面のある特異な領域に明らかな遅れが認められることを総称して、特異的発達障害といいます。特異な領域とは、言葉の表現や理解、文字を書くこと、文字を読むこと、計算すること、運動することなどで、遅れはそれらのひとつ、あるいは複数の領域にわたります。  遅れを示す主な領域によってそれぞれ、言語発達障害あるいは発達性言語遅滞、発達性書字(しょじ)障害、発達性読字(どくじ)障害、発達性計算障害、発達性協調運動障害などと呼ばれ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急お願いします (満年齢)

今、願書書いているのですが、年齢記入欄に「満○才」とあります。
満年齢とは例えば今18歳だとして、今年19になる人は満19才になるのですか?それとも満18才でしょうか?
よろしくお願いします

まんねんれい 3 【満年齢】
誕生日を迎えるごとに一歳を加える年齢の数え方。また、そうして数えた年齢。

って書いてあるから後者の方だと思いますが。。。

Aベストアンサー

誕生日来てからカウントアップです
>今18歳だとして
誕生日が来るまで18歳です。

Q発達障害児 中学入学にあたり何を準備すれば?

発達障害を持つ小学6年生男児の母親です。特別支援学級に籍を置いています。来年は公立の中学校に入学予定でいます。やはり特別支援学級にいれようと思っています。

学校での様子は交流学級では分かりづらい教科(国語、算数)を、特支の方で受けています。

まだ少し先の話ではあるのですが、中学校入学にあたり、こういう勉強や準備をすると、役に立つなどのアドバイスが頂けると心の準備も出来て大変助かります。


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

特別支援学級(中学)の場合、基本的には自主通学に
なりますよね。その為の練習を何回かしておくといいと
思います。学校の時間割はどうなっているのでしょうか。
朝は体操とかマラソンとかをしている場合もありますので、
ある程度の体力は必要になると思います。あと、中学の
体験入学などがあれば、参加して授業の様子を見学すれば
必要なことなどもわかると思いますよ。中学との話し合い
(面談)をこれから密にしていく必要があると思います。
また、中学の3年間はあっという間です。ですので、今から
卒業後のことも考えていくのは、早過ぎることではないです。
特別支援学校の高等部、高等養護学校、受け入れ可能な学校
などを今から調べておいて損はないです。

私の子どもは中学から特別支援学校に入りました。地域の中学の
特別支援学級も考えましたが、より手厚くしっかり見てもらえる
特別支援学校を選択しました。中学部は高等部と似たような授業が
あるので、3年かけて慣れていけば、という思いもありました。
高等部卒業後は働く、ということがありましたので、家の中で
できること(料理、掃除、洗濯など)は学校と連携を取りながら
できるようにしていきました。公共の乗り物を使えるようにする
のが今の目標の一つです。

特別支援学級(中学)の場合、基本的には自主通学に
なりますよね。その為の練習を何回かしておくといいと
思います。学校の時間割はどうなっているのでしょうか。
朝は体操とかマラソンとかをしている場合もありますので、
ある程度の体力は必要になると思います。あと、中学の
体験入学などがあれば、参加して授業の様子を見学すれば
必要なことなどもわかると思いますよ。中学との話し合い
(面談)をこれから密にしていく必要があると思います。
また、中学の3年間はあっという間です。ですので、今...続きを読む

Q位牌や墓誌に記載する享年(行年)は満年齢? 数え年齢?

私は数えで記載すべきと思うのですが、もっと柔軟に考えて満年齢でもいいのでしょうか? 又その他の書類(たとえば個人の追想録など)には、当然満年齢だと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

「享年」と「行年」では意味がちがいます。

「享年」の”享”の字は「享受」などの熟語でわかるように”いただく”という意味です。ですから「享年」は「仏さまやご先祖さまからいただいた今生の年数」ですから、実際に生きた年数になります。結果的に”数え年”と同じになる場合が多いです。
「行年」は、「彼岸に向かって旅立って行った年齢」ですから、故人の「年齢」を書きます。この場合は、”数え年”でも”満年齢”でも、どちらでもかまいません。地域やお家の習慣、菩提寺さまのお考えによって決められてかまいません。

Q先日、発達支援センサーに行き、広汎性発達障害に該当するといわれました。

先日、発達支援センサーに行き、広汎性発達障害に該当するといわれました。
娘は、現在5歳4ヶ月です。2歳6ヶ月検診で言葉が遅いということを検診の時に言われて、
さまざまな検査をして、現在は発語遅滞障害ということでSTの先生のところに月1回のペー
スで通院しています。通院している病院からは、はっきりとは広汎性発達障害とは言われてい
ませんでしたが、たぶんそうかなぁとは思っていました。

来年は小学生ということで、市の就学相談を受けた方がよいとのアドバイスで発達支援センタ
ーに行き、そこでWPPSI検査の結果が「VIQ:55、PIQ120、IQ84」でした。
VIQがかなり低く、PIQとの差が大きすぎる、話しを聞き取り理解する能力が低いなどな
ど・・・。現在は保育園に通っていて集団生活の中ではパニックになったり、こだわりなども
なく、自分のことは自分でできるので、生活面に関しては問題はないけれども、普通学級での
学習(話しを聞いて理解する)は無理ではないかとのお話しでした。
たしかに、質問の意味が理解できずぜんぜん違う回答をしたりするので、質問の仕方を変えた
りして回答できる時もあれば、できない時もあります。他のお子さんや上の子に比べれば、か
なりの遅いペースでしたが4歳前後から言葉も増え、まだまた2、3歳児のようなしゃべり方
ですが、会話でのコミュニケーションもできます。最近は、ひらがなに興味を持つようになり
「私も○○ちゃんみたく読めるようなになりたい」と少しずつ練習もするようになりました。

親としては、できれば普通学級で補助の先生がついてくれる形が娘にとってはいいような気が
しますが、そんなのはこちらのわがままというか、エゴというか・・・。「支援学級」という
もの自体がよくわからないのです。上の子の学校にも支援学級はありますが、ダウン症のお子
さんのみで、いまちいイメージがわかないのですが、支援学級でゆっくりと娘のペースに合わ
せてという形の方がいいのか・・・。
「どうすればいいんだろう」が頭の中でグルグルしている状態です。

同じような経験をされた方などいらっしゃいましたら良きアドバイスをお願いいたします。

先日、発達支援センサーに行き、広汎性発達障害に該当するといわれました。
娘は、現在5歳4ヶ月です。2歳6ヶ月検診で言葉が遅いということを検診の時に言われて、
さまざまな検査をして、現在は発語遅滞障害ということでSTの先生のところに月1回のペー
スで通院しています。通院している病院からは、はっきりとは広汎性発達障害とは言われてい
ませんでしたが、たぶんそうかなぁとは思っていました。

来年は小学生ということで、市の就学相談を受けた方がよいとのアドバイスで発達支援センタ
ーに行き、そ...続きを読む

Aベストアンサー

小学3年の長男が高機能自閉症で、地域の小学校の支援学級に通っています。参考になるかわかりませんが、長男のことを少し書かせていただきます。
長男の学校の支援学級には20人以上の児童が在籍し、正式には情緒2・知的2の4クラス編成ですが、実質的には3教室を使って、5人の担任が4~5人の児童を担当するような形になっています。(かなり大規模な支援学級だと思います)

長男の就学前のセンターでの判定は「支援学級」で、親の希望も「支援学級」だったので、入学当初から支援学級に在籍しています。私たち夫婦が支援学級を希望したのは、長男には言葉に遅れがあるため、1対1でじっくり取り組める課題はできても、集団の中に入って話を聞いたり理解することが難しく、普通学級で学習することが長男にとって苦痛になると思ったからです。(話を理解できない→集中できない→立ち歩き・脱走、話を理解できない→勉強ができない→自信喪失など)
実際に支援学級に在籍して、生活面では非常に落ち着いていて、学習面でも非常に意欲的に取り組んで、理解も進んでいるようです。

ただ、どなたかが書かれているように支援学級では「集団で学ぶことの良さ」を学ぶことは難しいかもしれません。幸い長男の支援学級は大人数なので、日常の中で「集団」を通して学ぶ事はできるのですが、理科や社会などのグループ学習をするのはやはり支援学級内では難しいです。(長男は交流級へ行って理科・社会を学んでいますが、今ちょっとつまづいています・・・)

質問者様のお子さんは来年入学されるのですね。いろいろ悩まれると思いますが、まずは地域の小学校の支援学級を見学されることをお勧めします。(私は入学前に支援学級と特別支援学校を数校見学しました) 上のお子さんの学校にはダウン症のお子さんしかいないということなので、もしで可能なら、周辺の学校で、同じようなタイプのお子さんがいる支援学級も見学されるとイメージしやすくて良いかもしれません。学校の雰囲気や先生の対応、お子さんたちの様子などは、実際に見てみないとわからないものです。
あとこれは先輩ママから聞いたアドバイスなのですが、見学する時は、そこで自分の子が楽しく過ごしている姿が想像できるかどうか、考えながら見ると良いです。(私もそうしました!)

あと少し気になったのが、上のお子さんのことです。学年が近い場合、もし下のお子さんが支援学級に通うことになった時に、上のお子さんに少なからず影響があると思うので・・・。
上のお子さんの気持ちなども考慮して決められると良いと思います。

小学3年の長男が高機能自閉症で、地域の小学校の支援学級に通っています。参考になるかわかりませんが、長男のことを少し書かせていただきます。
長男の学校の支援学級には20人以上の児童が在籍し、正式には情緒2・知的2の4クラス編成ですが、実質的には3教室を使って、5人の担任が4~5人の児童を担当するような形になっています。(かなり大規模な支援学級だと思います)

長男の就学前のセンターでの判定は「支援学級」で、親の希望も「支援学級」だったので、入学当初から支援学級に在籍しています。私...続きを読む

Q記入日における満年齢の書き方

提出書類がせまってるため、どうかお助け下さい。

今回、提出書類に満年齢の記入がありまして、どちらの
年齢をかいたらいいのか悩んでいます。

わたしの誕生日が7月27日であり、
書類の記入日が7月26日であった場合、

民法の法律どおり 誕生日前日に年齢を加算する方法で
書くのが常識でしょうか?
それとも 一般的に 誕生日がきてから年齢繰上げなんだからと
現在の年齢で書くのがよろしいでしょうか?

わたしの年齢は7月23日の時点で 19歳とし、
できれば 下の 3パターンをコピーペーストして
お答えいただければ幸いです。
どうかよろしくお願いします。

誕生日7月27日(7月23日現在19歳)
・書類記入日7月26日(満●●才)
・書類記入日7月27日(満●●才)
・書類記入日7月28日(満●●才)

Aベストアンサー

誕生日7月27日(7月23日現在19歳)
・書類記入日7月26日(満19才)
・書類記入日7月27日(満20才)
・書類記入日7月28日(満20才)

>民法の法律どおり 誕生日前日に年齢を加算する方法で
書くのが常識でしょうか?

これが間違いです。民法および年齢計算に関する法律に従って歳をとるのは「出生の日に応当する日(以下単に誕生日)の前日が終わった瞬間」なので「誕生日の前日はまだ歳を取っていません」。あくまでも、誕生日前日の終わった瞬間、便宜的に分かりやすく言えば、誕生日の前日の24時に歳を取るのです。
そこで実際の計算では「誕生日の前日が終わった瞬間(24時)」と「誕生日になった瞬間(0時)」は事実上同じなので「法律的にも一般的にも歳を取る瞬間は同じ」になります。

以下は参考なので読まなくてもいいです。

ところで余談ですが年齢計算に関しては「誕生日」という概念は使いません。年齢計算で使う概念は、「出生の日」とその「応当日」だけです。「出生の日」とはまさに生れた日で一生に一度しかありません。「応当日」とは年齢計算の場合は「年に一度来る出生の日と同じ日付の日のこと」です。これが世間一般で言う「誕生日」に「ほぼ相当」します。
そこで閏日(2/29日)に生れた人は、「応当日がない」方が多いのですが、応当日がない場合には「その月の末日の終了をもって期間が満了する」ので(2/29日がない年は)2/28日が終わった瞬間に歳を取るということになります。しかし、これは閏日生れの人の閏日のない年の誕生日が3/1であるということを意味しません。
年齢計算においては誕生日など法律的には全くどうでもいいのです。ちなみに、道路交通法などでは、閏日生れの人の誕生日(こちらは条文上誕生日という表現を使っています)は閏日のない年では2/28日とみなすことになっています。

なお、「時刻」は年齢計算には「全く関係がありません」。上の説明で「24時」とか言っていますが単なる便宜上の表現で、正確にはあくまでも「終了した瞬間」です。仮に24時に閏秒を設定したならば、実際の「終了した瞬間」は24時1秒ということになります(実際には夜中の24時に閏秒を設定するということはない)。

誕生日7月27日(7月23日現在19歳)
・書類記入日7月26日(満19才)
・書類記入日7月27日(満20才)
・書類記入日7月28日(満20才)

>民法の法律どおり 誕生日前日に年齢を加算する方法で
書くのが常識でしょうか?

これが間違いです。民法および年齢計算に関する法律に従って歳をとるのは「出生の日に応当する日(以下単に誕生日)の前日が終わった瞬間」なので「誕生日の前日はまだ歳を取っていません」。あくまでも、誕生日前日の終わった瞬間、便宜的に分かりやすく言えば、誕生日...続きを読む

Qこんにちわ。娘が来年から小学校に入学するのですが、入学金にどれくらいかかるんだろうと思って調べたら、

こんにちわ。娘が来年から小学校に入学するのですが、入学金にどれくらいかかるんだろうと思って調べたら、公立小学校の学費のことばかりでよく分かりません。福岡市の公立小学校に入学しますが、ランドセルは別で入学時にかかる費用はどれくらいなんでしょうか?教材費や体操服、入学金、その他込みで…
また毎月はいくらくらいですか?給食は3.4千円だと調べましたが…授業料や雑費など。

Aベストアンサー

学費はいりません。
公立の義務教育であれば、授業料と教科書は無料です。

用品については、地域差があります。うちは福岡ではありませんが
参考までに

うちはお道具箱(ひきだし)
給食用の白衣
文房具(クーピー、クレヨンなど)
防災頭巾とカバー
体操服
さんすうボックス
はさみ、のり、カスタネット(幼稚園のものをそのまま使った)
チェアカバー(荷物入れにする)
サブバッグ(低学年は指定のもの)
折り畳みのミニ椅子(応援席用)
ハーモニカ、鍵盤ハーモニカ(幼稚園のものをそのまま使った)
体操服などの洗い替えをどれぐらい支度するかでだいぶちがいます
うちはいろいろいて準備費用は1万7千円ぐらいだったかと。

後は細かい巾着類とか、給食の時机に敷くナプキン(幼児のときとサイズが違う)
ふでばこ、したじき、鉛筆などの文具…
という細かいものを入れたら、ランドセル別で2万5000円ぐらいかかったのではと思います

月6~7000円。諸経費と給食費、PTA会費です。高学年になると修学旅行の積み立てが始まります
ノートは学校指定のものなので、年度初めはその中から用意されます。
買い足すのは毎回。
副教材の全員買うもの(ドリルその他)は諸経費からまかなわれます

低所得者の場合は各自治体で支援があります
福岡市の場合
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kyoiku-iinkai/gakkoshien/ed/shuugaku-enjo.html

ちなみに、福岡市の小学生の支援金
小学校入学予定のお子様20,470円となっていますので
最低でもこれ以上はかかるとおもっていいと思います
ほかにも給食費の支援、減免、修学旅行や社会科見学その他諸費用に支援があります。

地元の学区の小学校のことなので
幼稚園、保育園のお母さんか近所の人を何かの機会に捕まえて聞くのが一番確実ですよ。

今年の4月じゃなくて、来年の4月、ということですよね?
来年度、学校のバザーなどチェックしておくと
用品など安く手に入る場合もあります

学費はいりません。
公立の義務教育であれば、授業料と教科書は無料です。

用品については、地域差があります。うちは福岡ではありませんが
参考までに

うちはお道具箱(ひきだし)
給食用の白衣
文房具(クーピー、クレヨンなど)
防災頭巾とカバー
体操服
さんすうボックス
はさみ、のり、カスタネット(幼稚園のものをそのまま使った)
チェアカバー(荷物入れにする)
サブバッグ(低学年は指定のもの)
折り畳みのミニ椅子(応援席用)
ハーモニカ、鍵盤ハーモニカ(幼稚園のものをそのまま使った)
体操服...続きを読む

Q満年齢の数え?方は…

恥ずかしながら、満年齢の数え方が未だにわかりません^^;数え方の決まり等教えてくださいm(_ _;)m また、私は1966年7月生まれなのですが、私の場合、満何歳になるのでしょうか?

Aベストアンサー

満とは 簡単に言えば 誕生日が何回きたか
貴方の場合 7月がきているので 満40歳です。

Q就学援助について

現在小学校2年の息子がおります。1年生の時に経済的理由で就学援助の申請をいたしました。(母子家庭、低収入)
今年の4月から給食費が口座から引き落とされている事に気がつきました。
就学援助は毎年更新をしなければいけないのでしょうか。
そのような通知が来ていた覚えもないですし。。

問い合わせは学校ではなく役所に問い合わせてみたらいいのでしょうか。

ご回答宜しくお願いいたします。

地域は京都の宇治です。

Aベストアンサー

>就学援助は毎年更新をしなければいけないのでしょうか。

その通りです。何故なら、就学援助は前年の収入を審査するものだからです。通知については決まった書式はありませんが、学校では前年度就学援助を受けた方には、個別に封筒で申請用紙を配布するのが普通です。

もう6月ですから、そろそろ用紙が届かないとおかしいですね。一度問い合わせをしてみたらいかがでしょうか?
なお、給食費の口座引き落としについては、心配しなくても大丈夫です。申請が通った場合には、さかのぼって返還されます。なお、お子さんが二人通学されている場合には、二人別々に申請用紙が必要です。

Qエクセル生年月日から満年齢を出したい

一難去ってまた一難…
E2セルに今日の日付、C4セルに生年月日で、

=DATEDIF(C4,$E$2,"Y")

の式で今日現在の年齢を出すことはできたのですが、今日現在の年齢ではなく満年齢を出す方法はあるでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>今日現在の年齢ではなく満年齢
今日現在の年齢が満年齢だと思いますので、数え年齢のことでしょうか。
もしそうであれば、
=DATEDIF(C4,DATE(YEAR($E$2),12,31),"Y")+1
でできますが。違っていたらごめんなさい。

Q就学サポートについて

この4月より新一年生になる高機能自閉症の男児の母です。
一人っ子で最近の学校の現実は把握していません。
息子は人見知りが激しく、集団行動に入る前、かなりの時間を要します。
言語理解に問題もあり、通常の指示で行動することもなかなかできません。.
就学サポートの申請をしていますが、実際の現場でどのように子供をサポートしていただいているのか教えてください。
子供の状態、学校、自治体により違いがあるとは思いますが、経験者の方、専門家の方、ぜひ教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>子供の状態、学校、自治体により違いがある

まさにその通りで、一般論はありません。ただ、いくつかの「段階」はあります。以下の話は、お子さんにきちんと診断(高機能自閉症という)が出ていること、教育委員会・学校にその診断が伝わっていること、就学時健診その他の機会に教委・学校と意思の疎通があること、自治体にある程度の予算措置があること、の4点が前提です。

>人見知りが激しく、集団行動に入る前、かなりの時間を要します。言語理解に問題もあり、通常の指示で行動することもなかなかできません

ということですと、まず個別の教育計画に基づき、学習・生活面でサポートをする方が付く可能性があります。ただし、この方は「お子さん専任」ではありません。したがって、学校生活の全てをサポートしてくれるわけではありません。また、多くの場合、教員ではありません。

次に、お子さんの様子によっては、別室での個別指導(学習)ということもあり得るでしょう。これは特別支援学級ということではなく、クールダウンをするための別室で、先に述べたサポートの方と一緒に過ごす、ということです。この措置の場合、特に週何回とか何時間と決まっているわけではなく、お子さんの様子を見ながら(他の児童の学習への影響も考えて)適宜そうします。

また、同じくお子さんの様子次第で、特別支援学級への通級を勧められることもあります。所属は原学級のまま、週に何日か特別支援学級で授業を受けるという形です。

通常学級に入った場合、概ね上記の3つのどれか、またはその組み合わせで対応がされるのが普通です。ただし、これは自治体の予算の問題があります。通常学級に入るmild disabilityのお子さんは、たくさんいます。全ての子供にサポートできるほど自治体の予算は潤沢ではありません。

もちろん学校は「サポート要員を派遣してくれ」と、常に教育委員会には要請しています。でも、それはどこの学校も同じことなのです。
そうなると、変な話ですが、A小学校のBさんにはサポート要員が割り当てられたけれど、C小学校のD君には人が付かないということも普通にあります。

どのお子さんに人を付けるか、というのは教委の「さじ加減」(本人の障害の重さ、その学校にいる軽度発達障害の子供の数、周囲の子供たちへの影響、など)の部分です。したがって、最初から「サポートがある」という前提でものを考えてはいけません。もっと言えば、サポートしてくれる人が付いたら「もうけもの」くらいの心構えの方が良いくらいです。

>子供の状態、学校、自治体により違いがある

まさにその通りで、一般論はありません。ただ、いくつかの「段階」はあります。以下の話は、お子さんにきちんと診断(高機能自閉症という)が出ていること、教育委員会・学校にその診断が伝わっていること、就学時健診その他の機会に教委・学校と意思の疎通があること、自治体にある程度の予算措置があること、の4点が前提です。

>人見知りが激しく、集団行動に入る前、かなりの時間を要します。言語理解に問題もあり、通常の指示で行動することもなかなかできま...続きを読む


人気Q&Aランキング