先日、女子ゴルフで優勝した藤田幸希選手ですが、
プロテストを受けていないようです。
アマチュアでトーナメントにでて優勝してプロ宣言すれば、
プロになれると聞いたことがあるのですが、
プロテストを受けずにプロになれるのでしょうか?
プロテストを受けずにプロになれるのなら、プロテストは何のためにあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

JLPGAには、クォリファイ・トーナメント(略;QT)と言う仕組みがあります。


これは、本番のトーナメントに出場できる優先順位を決めるためのものです。
即ち、前年度の賞金ランクで50位以内の人(それ以外にも永久シード保有者等々)は全トーナメントに出場できますが、
それ以下の人はQTに出て成績上位者から順番に出場優先権が与えられる仕組みです。
このQTは、JLPGA会員(即ち、プロテスト合格者)以外にも開放されていて会員以外の人も出場できます。
但し、会員はファイナルQTにいきなり出れますが、会員以外は、1~3次まであるQTをパスした者だけが出場できます。

藤田幸希選手は、会員ではありませんが2005年のファイナルQTで15位になり、その資格で本番トーナメントに出場しているものです。
添付のLPGA・HPでは藤田選手は、非会員として記載されています。

質問者が記しておられるのは、トーナメント優勝者が云々は、
アマが優勝した場合、手続きをすればプロテストを経ないで会員になれる仕組みで、宮里藍選手は、この仕組みでプロ転向して会員になってます。

前回答への補足まで。

参考URL:http://www.lpga.or.jp/
    • good
    • 0

JLPGAが正式なものです


JAPAN LADIES PURO-GOLFERS ASSOSIATION

先のアドバイスで間違えて「JPLGA」としている所がありました
ごめんなさい
    • good
    • 0

「プロ」であると宣言すれば、優勝の実績が無くても


誰でもプロになれます
しかし、トーナメントに出られる資格は別のものです

プロテストとはJPLGA日本女子プロゴルフ協会)の認定する資格で
出場する事が出来るようにプロテストがあります
詳しくはJPLGAのホームページを参照ください

今回の藤田選手もJPLGAの資格が無い為マンデートーナメント
(トーナメントに出場できる資格をJPLGAの資格を持っていない
ゴルファーにも与える為に上位何人かを出場枠を設けている)
から勝ち上がって出場したと放送されていました

JPLGAの資格は協会を作ることにより
女子プロゴルファーの身分を安定化させることが出来るようにと
言う発想から出来上がったもので、USLPGAに習ったものです

藤田選手もゆくゆくはプロテストを受けて正式にJLPGAのメンバー
になると思われます
アメリカのツアーに参加するにしてもJLPGAの成績の結果で
推薦が受けられるので何かと有利になります

十分ではないかもしれませんが判った所まで

アドバイスまで
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報