土地の売却を不動産屋さんに依頼して、 買い手がついて、 契約の時に
手付金が入りますが 不動産屋さんは、その時に 手数料がほしいと言って
います。
 
普通は 登記や残りのお金の受け渡しが完了して、 手数料支払いではないでしょうか?

どうぞ教えてください。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

普通、とかいう決まりはないのではないでしょうか?


不動産屋さんとの間で手数料をどの時点で支払うかについて、文書で取り決めてなかったのですか?
それが文書になって契約書をあなたとの間ですでに交わしている方が普通だと思います。不動産屋との物件売買仲介の契約書を確認してみてはどうでしょうか?小さい文字でそのことが書いてありませんか?

受け渡し完了後の手数料支払いとなっているのにそれをくつがえして請求すると言うことであれば、あなたはつっぱねればよいだけです。
そうだとしたらなぜ今か?なのですが、不動産屋が今、お金に困っているか、あるいは担当者が自分の成績の都合上年度内にぜひお金が欲しいか、怖いのは不動産屋さん自身が買い手のことを信用していないか、ということも考えられますが。
あなたが契約書に逆らおうとしているのであれば、何かはっきりした正当な理由がない限りやめておいた方がよいと思います。契約優先です。

全く決めていなかったのであれば、慣例に従うと言うことになると思いますが、これはわかりません。お金が絡むことなのでここで匿名の意見に頼るよりは、無料法律相談所に相談するのがよいのではないでしょうか。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この質問は自分のことではなく友人の代理で質問をさせていただいたものでした。 
kyotomouseさんのアドバイスをいただいて友人に連絡を取り、契約書をみてもらい
ましたら kyotomouseさんのおっしゃるように契約書に(契約時半金・最終時半金)とあるようです。
不動産屋さんが言う手数料は契約時半金のことだったようです。
契約書を良く読む! 話は良く聞く!ですよね。

ご親切にありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 23:34

仲介依頼を受託した際には、不動産屋は媒介契約を作成し、依頼者に交付する義務があります(宅地建物取引業法34条の2)。

それには報酬(=仲介手数料)に関する事項(額と支払い時期)も記載されます。従って、#1の回答の通り、先ずこれを確認なさることです。

なお、書面の交付がない場合は、業法違反となりますので、当該業者の監督官庁(都道府県、若しくは国土交通省)の担当部局にご相談なさるとよいかと存じます。その前に、その旨を当該業者に告げると、代金支払いと登記完了まで報酬請求権を留保させて欲しいと提案あるかも…。

まぁ、仲介手数料を、売買契約締結時に50%、残代金決済時に残り50%を支払うとするならば、業者も喜ぶと思いますよ。大切なことは、安心して取引できるように、その業者に頑張ってもらうことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この質問は私の質問ではなく友人からのものでしたが 契約書を見るようにいいましたら契約時半金・最終時半金と書いてあったそうです。
不動産屋さんが言った手数料は契約時の半金だったのかもしれません。
確認してみるそうです。
契約書は良く読む! 話は良く聞く!ですよね。
ご親切にありがとうございました。



 

お礼日時:2002/02/25 00:15

 一般的には、契約時に手数料を支払っていいと思います。


 なぜならば、契約しても、まれにキャンセルが発生するからです。キャンセルになって、不動産屋さんに手数料が一切入らなかったら、かわいそうでしょ。
 なお、契約時と引き渡し時(全額支払い時)で2回に分けるのが(今までの私の経験では)通常でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産屋の手数料

私の持ち家の隣の売り地を購入検討中です。
もともとそこには家がありが10年ほど前に取壊しました。持ち主がまだ近所に別の家を構えておられます。
近所にお住まいなので顔を合わせることも多く、安値での打診があったので購入を前向きに検討しております。
取壊した当初から不動産屋を仲介にたてて売り地の看板が出ております。
不動産屋を仲介して購入すれば当然不動産屋に手数料を払う義務を負うと思いますが、売主から直接購入する場合も、この不動産屋に手数料を払う義務があるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問に関する回答はすでに出ていると思いますので、デメリットについて少しだけ…


不動産業者を介す場合、重要説明事項等の売り手の責任として売主の代わりに不動産屋が責任を持つ形になります。
しかし、個人売買であれば何か問題(瑕疵)があった場合には、個人間で解決をしなくてはいけません。当然、売り手も個人ですから補償するには限界があるでしょうし、責任逃れをするかもしれません。
また、個人売買の場合は不動産ローンは組めません。つまり、現金で支払うかフリーローンを組み事になります。

これらの事は理解をされているのでしょうか?

Q建物賃貸の際の不動産屋に支払う仲介手数料について

現在、空いている店舗を持っております。

前の方が店を閉店された直後から不動産屋さんから借りたいというお客さんがいるからと問い合わせが次々とあり、今借主を検討中です。

仲介手数料は貸主から広告料として1ヶ月、借主から仲介料として1ヶ月支払うことになっているようです。

でも実際、広告依頼はしておらず、お客さんが不動産屋に「あそこを借りたいから家主さんと交渉して欲しい」という経緯です。

私は1ヶ月も支払う必要ありますか?
不動産屋からは1ヶ月分頂きますと言われました。
交渉するつもりですが、やはり1ヶ月支払うのが普通なんでしょうか?

Aベストアンサー

法律上は支払う義務がありませんが、店舗として貸す場合、借主が色々なトラブルを生じさせることがあります。そのときに、不動産屋と仲良くなっておくと、家主側に有利にトラブルを解決してくれる可能性が高くなります。わずか1ヶ月分の費用をケチると後で後悔することにもなりかねませんので、お支払いになることをお勧め致します。なお、このような形で双方に1ヶ月分の事実上の仲介手数料を支払うことは、むしろ一般的です。

Q登記(1)「判決による登記」不動産登記法第 六十三条

権利に関する登記は,不登法第 六十三条の規定に基づき確定判決を受ければ単独登記が可能とされていますが、表示に関する登記(分筆登記)は,確定判決を受けなくても単独登記が可能なのでしょうか。
よろしくお教え願います。

Aベストアンサー

>表示に関する登記(分筆登記)は,確定判決を受けなくても単独登記が可能なのでしょうか。

 できません。分筆登記を申請することができるのは、表題部所有者か所有権登記名義人だけです。また、土地の一部の地目が変更になったとか、地図作成のためといったような場合ではないと、登記官が職権で分筆をすることはできません。
 ですから、一筆の土地の一部分につき、被告である所有権登記名義人に対して所有権移転登記登記手続を命じる給付判決がなされ、それが確定したとしても、分筆登記をしなければ、所有権移転登記を単独申請することができません。
 そこで、所有権登記名義人に代位して原告が分筆登記を申請することになります。(この場合、確定判決正本が代位原因情報となります。)分筆登記が完了すれば、所有権移転登記を単独申請することができます。

不動産登記法
(分筆又は合筆の登記)
第三十九条  分筆又は合筆の登記は、表題部所有者又は所有権の登記名義人以外の者は、申請することができない。
2  登記官は、前項の申請がない場合であっても、一筆の土地の一部が別の地目となり、又は地番区域(地番区域でない字を含む。第四十一条第二号において同じ。)を異にするに至ったときは、職権で、その土地の分筆の登記をしなければならない。
3  登記官は、第一項の申請がない場合であっても、第十四条第一項の地図を作成するため必要があると認めるときは、第一項に規定する表題部所有者又は所有権の登記名義人の異議がないときに限り、職権で、分筆又は合筆の登記をすることができる。

不動産登記令
(添付情報)
第七条  登記の申請をする場合には、次に掲げる情報をその申請情報と併せて登記所に提供しなければならない。
一  申請人が法人であるとき(法務省令で定める場合を除く。)は、当該法人の代表者の資格を証する情報
二  代理人によって登記を申請するとき(法務省令で定める場合を除く。)は、当該代理人の権限を証する情報
三  民法第四百二十三条 その他の法令の規定により他人に代わって登記を申請するときは、代位原因を証する情報
以下略

民法
(債権者代位権)
第四百二十三条  債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の一身に専属する権利は、この限りでない。
2  債権者は、その債権の期限が到来しない間は、裁判上の代位によらなければ、前項の権利を行使することができない。ただし、保存行為は、この限りでない。

>表示に関する登記(分筆登記)は,確定判決を受けなくても単独登記が可能なのでしょうか。

 できません。分筆登記を申請することができるのは、表題部所有者か所有権登記名義人だけです。また、土地の一部の地目が変更になったとか、地図作成のためといったような場合ではないと、登記官が職権で分筆をすることはできません。
 ですから、一筆の土地の一部分につき、被告である所有権登記名義人に対して所有権移転登記登記手続を命じる給付判決がなされ、それが確定したとしても、分筆登記をしなければ、所...続きを読む

Q不動産の仲介手数料?

不動産売買の仲介手数料について、どうぞ宜しくお願い致します。

・質問1
売主・買主いづれかが仲介業者を立てた場合、相手方は必ず仲介業者を立てないと取引できないものなのでしょうか。
特に買主の場合、売主の仲介業者と「仲介業者を立てずに」取引することは不可能なのか疑問に感じています。売主が仲介業者に依頼するのは勝手ですが、そのために、買主に仲介業者との契約が求められるのも不自然な気がしてなりません。

・質問2
買主の場合、売主の仲介業者とは別の仲介業者に買主が依頼することは可能なのでしょうか。どうせ払うのであれば、知り合いの業者に払ってあげたいのですが。

Aベストアンサー

1.
いずれかが仲介業者を立てている場合、その相手方も仲介業者を立てないと取引できないというルールは一切ありません。

なぜこの様な疑問が生じたのか?が気になります。

>売主が仲介業者に依頼するのは勝手ですが、そのために、買主に仲介業者との契約が求められるのも不自然

仲介業務の入口部分の大きな役割の一つは、「取引の相手方を検索すること」です。
買主が、売主が立てている仲介業者、及びそこから情報を得て客を探している仲介業者など、そういう媒体とは一切係わらずに、自力で売主の売物件を見つけたならば、仲介業者を挟む必要は特にないです。

ただし、仲介業者を挟んでくれないと契約したくない、と売主が主張すれば取引は成立しないでしょう。又、売主と仲介業者が専属専任媒介契約を結んでいる場合には、自己発見相手との取引も出来ませんので、この場合も成立しないでしょう。

2.
買主側が後付けで仲介業者(知人)をかませることを、売主側業者(及び買主に物件情報を提供した業者)が納得するかどうかが課題です。売主買主のマッチングに対して、何ら関与していなかったくせに、後から仲介に割り込んでくるというのは業界的には不義理な行為なのです。働かずして報酬だけを得ようとするわけですから。

後からかませるよりも、知り合いがいるならば最初から知り合いに依頼して物件を探せば良いだけかと思いますが・・。

1.
いずれかが仲介業者を立てている場合、その相手方も仲介業者を立てないと取引できないというルールは一切ありません。

なぜこの様な疑問が生じたのか?が気になります。

>売主が仲介業者に依頼するのは勝手ですが、そのために、買主に仲介業者との契約が求められるのも不自然

仲介業務の入口部分の大きな役割の一つは、「取引の相手方を検索すること」です。
買主が、売主が立てている仲介業者、及びそこから情報を得て客を探している仲介業者など、そういう媒体とは一切係わらずに、自力で売主の...続きを読む

Q不動産の手数料について

不動産の売買・賃貸の契約で宅建業でない者が、事務手数料や不動産コンサルタント料などの名目で不動産契約締結成功後、金銭をもらう行為について、問題点やそれに伴う罰則はありますか?

Aベストアンサー

>問題点やそれに伴う罰則はありますか?

事務手数料やコンサルティング料という報酬名目の問題ではなく、実質的に何を行うのかが重要です。

宅建業法においては無免許者が宅建業(宅地建物の売買、賃貸等の媒介、代理等)を行うことを禁じています。(第12条1項)
罰則もあります。(第79条2項)

宅建業免許の無い者が宅建業を行えばそれは違法です。しかし、例えば土地の有効活用に関してアドバイスやバックアップ等をしてコンサルティング料を得る、又は融資等の手続代行をして事務手数料を得るなど、宅建業に該当しないことを行うのであれば問題はありません。

>不動産の売買・賃貸の契約で

これだけでは詳細不明ですが、もし契約の仲立ちを業として行うのであれば媒介になりますので違法行為です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報