強力ハロゲンライトをあてて 植物に光合成をさせたいと思うのですが・・・・
ライトの光でも光合成は成立するものでしょうか。
困っています どなたか 教えてください><

A 回答 (5件)

どんな光でも光合成は起こりますが、特に起こりやすい光の色(波長)があります。

具体的には赤や青です。
植物工場では赤や青のLEDを使用して植物を栽培しています。
    • good
    • 0

ハロゲンは300nmから近赤外線までの光を出しますので、光合成の光源としては大丈夫だと思います。

強力がどれぐらいか分からないのですが、あまり強い光をあてると、光を吸収する色素が壊れてしまいます。目でちょっとまぶしいかなという程度なら多分大丈夫だと思いますが、、、あと熱も出ますので温度コントロールも考えないといけないかもしれません。
    • good
    • 0

#1の回答を頂いた上で#3さんの回答も踏まえて補足です。



白色光にはほとんどの波長の光が含まれていますので光合成は起こります。#3さんの回答の通り、植物が利用できる光の波長は決まっていますので、その波長以外の光は植物にとっては利用できない光となり、光合成に関してはムダになります。

植物工場などでは植物が利用できる波長の光を集中的にあてて効率化を図っているわけです。
    • good
    • 0

それほど強力じゃなくても大丈夫です。


メタルハライドランプが理想的ですが、気中ならば
普通のハロゲンで全然OKです。
ポインセチアとかは昔から蛍光灯で光合成させて
育成してましたよ。
    • good
    • 0

人工光でももちろん、光合成は起こりますよ。


「植物工場」なることばをお聞きになったことはありませんか? あれは人工光で栽培をしているわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答 ありがとうございます!

植物工場は テレビで 映像を見た事があります
でもそのライトは 赤や緑色でした。
私の手元にあるのは白のハロゲンライトなんですが
大丈夫でしょうか??

お礼日時:2006/06/27 22:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主根側根タイプの植物とひげ根タイプの植物を教えてください!

主根側根タイプの植物とひげ根タイプの植物を教えてください!

Aベストアンサー

単純に分けるとひげ根タイプは単子葉植物で、主根側根タイプの植物は双子葉植物となります。
Wikiの単子葉植物:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E5%AD%90%E8%91%89%E6%A4%8D%E7%89%A9
同じく双子葉植物:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8C%E5%AD%90%E8%91%89%E6%A4%8D%E7%89%A9
必ずしも当てはまるのでありません。
植物といえば裸子植物もありますので、それに含まれる針葉樹は主根側根タイプ。

QC3植物、C4植物の光合成能力について

こんにちは。
C4植物はC3回路だけでなくC4回路も持っていて、高温乾燥条件下でも効率よく光合成を行えますよね。C3植物での大きな限定要因は二酸化炭素の濃度なので、この限定要因が取り除かれるくらいCO2濃度を上げ、C3植物に最適な条件にして、C4植物も最適条件下においたとき、光合成速度はどちらのほうが早くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

最大光合成速度は,C4植物はC3植物の2倍と言われています。

○C4 植物の紹介 比較があります。
http://www2.accsnet.ne.jp/~yyoshi/C4base.html

Q南米ペルーに育つ「根なし草」とよばれるパイナップル科の植物の正式名を教

南米ペルーに育つ「根なし草」とよばれるパイナップル科の植物の正式名を教えてください。
聖地カラル・スーペの記録映像中で、根を持たず、霧や空気中の水分を吸収して育っている「根なし草」を目にして興味津津です。その植物の正式名を教えてください。同じように根を持たない植物が他にあれば合わせてお教えください。以前、砂漠を転げまわる枯れ草の円塊ような植物を映像で見たことがありますがそれは別の種類でしょうね。

Aベストアンサー

>南米ペルーに育つ
>パイナップル科の植物
>根を持たず、霧や空気中の水分を吸収して育っている

の特徴を満たしているコチラでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A2

カラルには行きましたが、その植物を見た記憶はありません。
でも、日本ではよく見かけます(笑)。

>以前、砂漠を転げまわる枯れ草の円塊ような植物を映像で見たことがありますがそれは別の種類でしょうね。

「砂漠 転がる 植物」でGoogle検索したら出ました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%92%E3%82%B8%E3%82%AD%E5%B1%9E

何故かオーストラリアだと思い込んでいましたが、思い違いだったようです。

Q植物の光合成について

光合成について勉強しているのですが
問題集の解説を見てもわからない箇所があります。

この文はどこが間違ってますか
「チラコイドで光エネルギーによって生じた水素はチラコイドでおこなわれる反応で電子伝達系に
受け渡されブドウ糖に合成される」

Aベストアンサー

葉緑体の内部は、チラコイドとストロマに分けられます。
光合成の時、それぞれでどんな反応が起こっているのか、確認してみてください。

チラコイド→光エネルギーを使って水が分解され、水素が生じる(NADPH2という形で)。また、その過程でチラコイドの内腔に水素イオンが取り込まれ、濃度差が生じ、ATPが合成される。
ストロマ→チラコイド膜でつくられた水素とATPによってCO2を還元し、ブドウ糖が合成される(カルビン・ベンソン回路)

↑は手元にあった図説の光合成のところに書いてあった文章をだいぶ端折ったものなので、ご自分の教科書をよく読んで確認してください。丸々うつすのは大変なので…ごめんなさいね。

化学反応式で覚えるとわかりやすいかもしれません。
私の図説には、
チラコイド膜での反応:12H2O+12NADP→12NADPH2+6O2
ストロマでの反応:6CO2+12NADPH2→C6H12O6+6H2O+12NADP
と書いてあります。(小さい数字は一応半角にしてみましたが、わかりづらいので教科書で確認してください)
おそらく、その化学反応式を文章にしたものが質問文の答えになっているようです。

ということで、質問文の中で間違っているのは、後半部分ですね。
チラコイドで光エネルギーによって生じた水素は、『ストロマでおこなわれる反応でカルビン・ベンソン回路に受け渡されブドウ糖に合成される』
いかがでしょう?

最後に…私の持っている図説は10年前のなので、ちゃんと自分の教科書を見てくださいね!!

葉緑体の内部は、チラコイドとストロマに分けられます。
光合成の時、それぞれでどんな反応が起こっているのか、確認してみてください。

チラコイド→光エネルギーを使って水が分解され、水素が生じる(NADPH2という形で)。また、その過程でチラコイドの内腔に水素イオンが取り込まれ、濃度差が生じ、ATPが合成される。
ストロマ→チラコイド膜でつくられた水素とATPによってCO2を還元し、ブドウ糖が合成される(カルビン・ベンソン回路)

↑は手元にあった図説の光合成のところに書いてあった文章を...続きを読む

Q中一の理科で、手根側根の植物と、ひげ根の植物教えてください!テストに出るような感じの教えてくれるとあ

中一の理科で、手根側根の植物と、ひげ根の植物教えてください!テストに出るような感じの教えてくれるとありがたいです。(さくらやイネなど)

Aベストアンサー

身近なところでは、アブラナ科の植物(アブラナ、キャベツ、大根etc.)は、比較的主根・側根がハッキリしてたと記憶してます(大根が一番典型例?)。
ひげ根の代表的なのはイネ科の植物(イネ、ススキ、オヒシバetc.)ですね。

QC3型光合成とC4型光合成について

C3型光合成とC4型光合成の類似点について教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

類似点ですか?? 相違点ならいくらでも説明できますが・・。
あえて言うなら
チラコイドでの光化学反応・H2Oの分解・NADPH2,ATPの合成は共通でしょう。
カルビン・ベンソン回路も共通です。ただC3型とC4型とでは場所が違います。

Q植物の根の緑色

最近植物の水耕栽培をしています。すると、育てている植物のいくつかの根が緑色になりました。
初めは藻が生えてしまったのかと心配していたのですが、まったく緑色にならずに白い根をしているものもあるので、藻ではないと考えるようになりました。

植物にある緑色のものといえば、葉緑体が思い浮かぶのですが、根に葉緑体があるというのは一般的でしょうか?
また、それは植物の種類によって生成されたりされなかったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

> 葉緑素は光さえ受ければすべての植物の根で生成されるのでしょうか

それはないと思います。植物種によるのでしょうが、どんな種でありえるのかわかりません。ただ、光を受けずに葉緑素が合成されることはありえません。これは葉・茎でも同様です。

Q植物プランクトンが使う光合成色素

今学校で植物プランクトンについて勉強してるのですが、
植物プランクトンが使う光合成色素で、藍藻以外が使っている色素の種類について説明してあるホームページを探しているのですが、見つかりません。もし見つけたら教えてください。

Aベストアンサー

光合成色素については、

藍藻の持つ光合成色素は
 クロロフィルa
 フィコビリン類
  フィコエリトリンとフィコシアニン
なので、それ以外を見れば良いのでしょうか?(汗)

ご要望の色素は、
 クロロフィルb
 クロロフィルc
 カロチノイド(カロチン,キサントフィル)
あたりでしょうか。

とりあえず、以下のページをご覧になってはいかがでしょうか?

●植物は色とりどり(色素)
http://www1.fctv.ne.jp/~tanr/study/bun0002.htm

●光合成色素について
http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/sonoike/shikiso.htm

●葉緑体:構造と色素組成の多様性
http://www.biol.tsukuba.ac.jp/~inouye/ino/etc/chloroplast.html

▲なぜ,もみじは秋に青色ではなく赤色になるのか
http://www.toshinao.com/vague/physics/momiji.html

▲植物の世界「紅葉と落葉」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/13/1317.htm

お役に立てば幸いです。

光合成色素については、

藍藻の持つ光合成色素は
 クロロフィルa
 フィコビリン類
  フィコエリトリンとフィコシアニン
なので、それ以外を見れば良いのでしょうか?(汗)

ご要望の色素は、
 クロロフィルb
 クロロフィルc
 カロチノイド(カロチン,キサントフィル)
あたりでしょうか。

とりあえず、以下のページをご覧になってはいかがでしょうか?

●植物は色とりどり(色素)
http://www1.fctv.ne.jp/~tanr/study/bun0002.htm

●光合成色素について
http://www.biol.s.u-tok...続きを読む

Q深く根をはる植物

家の敷地内に崖があり、雨のたびにがけ崩れが心配です。
深く根をはる植物を植えようと思っています。背の高い木はわりと埋まっているのですが、背の低い植物で、土の露出している部分を埋めたいと思っています。背の高い植物、そして低い植物ともに、根を深く、広く張る種類を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。専門家ではないのですが、良かったら参考にして下さい。
 背の高い木ではブナの木はどうでしょうか。以前崖崩れの映像をニュースで見た事があるのですが、杉や檜などの木がズルズルっと土ごと流されてました。それを見るとそんなに深く根が張ってない印象を受けました。ブナ等の木を切って、杉や檜をばっかり植えるので土砂災害が多いとも聞いた事があります。ブナの木が売られているかは分かりませんが。
http://www.bunawouerukai.jp/bunatte/02_buna.html
 背の低い植物としては、道路の法面なんかを覆っている植物で、わざわざ業者が植えているのは、根が張るのではないかと検索してみましたらヒメダイワレソウという花が法面に適しているそうです。またチガヤという植物も土壌の保全に適しているようです。
http://www.nakajima-kikai.com/tabid/615/Default.aspx
http://www.skr.mlit.go.jp/yongi/syokusei/kaisetsu/chigaya_himejyon/
 根深いかは分かりませんが、一度生えるとやっかいなスギナも地下茎でドンドンはびこりますし、ミントもすごいです。
 ご参考までに。

 こんにちは。専門家ではないのですが、良かったら参考にして下さい。
 背の高い木ではブナの木はどうでしょうか。以前崖崩れの映像をニュースで見た事があるのですが、杉や檜などの木がズルズルっと土ごと流されてました。それを見るとそんなに深く根が張ってない印象を受けました。ブナ等の木を切って、杉や檜をばっかり植えるので土砂災害が多いとも聞いた事があります。ブナの木が売られているかは分かりませんが。
http://www.bunawouerukai.jp/bunatte/02_buna.html
 背の低い植物としては、道路の法...続きを読む

Q植物が光合成する波長領域を教えてください。

植物が光合成する波長領域を教えてください。

Aベストアンサー

>http://www.google.com/intl/ja/を検索エンジンGogleで試みるのですよね。

「Google」というのは、インターネット上の検索エンジンの一つです。
そのアドレスが「http://www.google.com/intl/ja/」です。
参考URLにアドレスを入れましたので、そこからアクセスして下さい。
文字入力の枠があるので、その中に

クロロフィル 吸収スペクトル nm 光合成

と書くか、これをこのままコピー&ペーストして下さい。
直接書くより、コピー&ペーストの方が、誤字、脱字、半角全画のミス、等がないので安全でしょう。
PDFファイルですので、それを読むためのソフト「Acrobat Reader」が必要になります。
もし、インストールされていないのなら、
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html
からダウンロードして下さい。

それと、光合成の有効波長域は、大雑把には400~700nmです。

参考URL:http://www.google.com/intl/ja/

>http://www.google.com/intl/ja/を検索エンジンGogleで試みるのですよね。

「Google」というのは、インターネット上の検索エンジンの一つです。
そのアドレスが「http://www.google.com/intl/ja/」です。
参考URLにアドレスを入れましたので、そこからアクセスして下さい。
文字入力の枠があるので、その中に

クロロフィル 吸収スペクトル nm 光合成

と書くか、これをこのままコピー&ペーストして下さい。
直接書くより、コピー&ペーストの方が、誤字、脱字、半角全画のミス、等がないので安...続きを読む


人気Q&Aランキング