HBs抗体は予防接種をした後、一生続く終生免疫とはならないのですか?
学生時代に予防接種を二回受け、春の会社の健康診断では抗体価(+)だったのが
秋には(-)となっていました。具体的な数値としてはでてはいないのですが、
(-)ということは全く抗体価がなくなってしまったのでしょうか?
詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

B型肝炎の有効性は70%程度です。

効果を過大評価しない方がよいと思います。 遺伝的に抗体かのあがらない人は決まってます。それに、3回の注射が必要です。 まず2回(1カ月間隔)注射を行い、6カ月後に3回目の注射を行います。 予防接種の有効期間は数年~10年ぐらいといわれています。 数年たったら抗体検査を受けましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/02 09:17

全く無くなってしまったわけではないでしょうが、検出されないくらい抗体価が低くなっていると思われますので、発病を防ぐのには十分でないかもしれません。

No.1の方も書かれていますがもう一度接種をうけるのがよいでしょう。多分(二回でなく)一回の接種で(人にもよりますが)数年間免疫が持続すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/02 09:17

終生免疫ではありません。


抗体価は希釈法によって調べればでますが、実際問題として抗体(-)と出たのであれば再接種するべきです。
全くあるかないかと臨床上有用な量があるかどうかは別問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/02 09:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ