DNAマイクロアレイのような、ゲノムの全遺伝子の発現量を同時に測定できる
ような実験器具が開発され、大量のデータが蓄積されてきたことによって、
ついには遺伝子の制御ネットワークにの推定についての研究さえ、広く
本格的に始められてきている事をご存知かと思います。
私もそのような研究分野に興味を持つ1人なのですが、この遺伝子の
制御ネットワークを推定する事には、どの様な意義があるのでしょうか。
勿論、ある生物の遺伝子の制御ネットワークについての解明は、それ自体で
非常に意義があることはわかっていますが、その解明によってどの様なことが
できるようになるのか、商業的にどの様な適用分野があるのか、知りたいのです。

遺伝子の制御ネットワークの研究についてのWebページなどに行っても、
その推定自体が目的であるとあるだけで、ある他の目的があって遺伝子の
制御ネットワークを推定する、という様な記述は見つけることができません
でした。
一般的過ぎて説明する必要がないのか、まだその応用対象自体をこれから
模索していくところなのか、どちらなのか又どちらでもないのか分かり
ませんが、どなたかご存知方、ご助力いただけるとありがたい限りです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

A 回答 (1件)

遺伝子欠陥に起因する病気を防いだり、疫病や害虫をやっつけたり、薬を作ったり、収穫量が多い野菜とか、おいしい肉の家畜、悪環境でも養殖できる魚介類などetc...etc...人間に都合のよい生物や人間を作ることができるようになります。



>商業的にどの様な適用分野があるのか
 当面は医療・製薬と食品・農業・水産業かな。

いま思いつくのは、こんなとこです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。

できればもう少し、具体的な例を出していただけると嬉しいのですが...
例えば、一番直感的に分かりやすい、薬を作る話の場合、薬を作るのに
どのような面で役に立つのでしょうか?
また、そのように役に立つのは何故なのでしょうか?
更に、遺伝子の制御ネットワークをどのように利用して、そのように役に立つ
のでしょうか?

せっかく答えていただいたのに、注文をつけて申し訳ないですm(_;_)m

お礼日時:2002/02/25 01:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ