50才の主婦です。今はパートで働いています。
いままで自営業のため年金をかける余裕が無く年金をかけていませんでした。
今から10年ぐらい厚生年金をかけて、年金は受け取ることができるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

かなりきつい方法ですが,


昭和27年4月1日以前に生まれた方ならば,厚生年金だけで20年あれば,老齢年金を受けることができます。
要するに,70歳まで休みなく働き続けなければなりません。つらいですね。
厚生年金の高齢任意加入には年齢制限がありませんので,途中休めばその分余計に働くことになります。
でも,70歳の女性を厚生年金に加入させてくれる事業所はないでしょうね・・・。

とにかく,今までの加入期間等をキッチリ調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。。。70歳まできっちり働くのはきっとたやすいことではないでしょうね。
今までの加入年月を調べて、ぎりぎり70歳まで働かなければならないなら、他の方法を考えて見ます。たとえば積み立ての保険とか。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 14:15

年金は各種の年金制度(国民年金・厚生年金など)を通算して25年以上の加入期間がある場合に、受給資格が出来ます。


今までに、何らかの年金制度に加入していた場合は、今後の加入期間と過去の期間を合算して判断します。

年金は60才まで保険料を支払いますが、そのままでは25年の加入期間にならない場合、希望すれば70歳まで延長することが出来ます。

今まで、いずれの年金にも全く加入していない場合は、加入期間を延長しても20年にしかなりません。
社会保険事務所か市の国民年金の窓口で、過去の加入期間を確認して、相談されたらよろしいでしょう。

又、国民年金は2年間に限り遡って保険料を納めることが出来ますから、それを利用すると加入期間は2年間増えます。
この、遡っての納付は市役所で手続きが出来ます。
(4月1日からは社会保険事務所になります)

パートの場合、勤務時間や勤務日数が、正社員の4分の3以上の場合は勤務先で社会保険に加入しますが、それ以下の場合はご自分で市役所で国民年金に加入することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
国民年金と厚生年金などは一緒に計算して25年でいいんですね。過去どのくらい払っていたのか市役所で調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 13:57

 年金は、国民年金、厚生年金、共済年金等の年金を、合計して25年以上保険料を納めた場合に、年金の受給資格があります。

今後、60歳までの10年間で受給要件の25年を満たす場合には、年金の受給権がありますし、60歳まで納めても25年に満たない場合には、70歳まで任意加入をすることによって、25年間の要件を見たすばあいには年金が受給できます。

 なお、パートの場合には、正職員の3/4以上の勤務日数と勤務時間の雇用形態の場合には、社会保険・厚生年金に加入することになります。

 過去の年金を納めた経歴は、管轄している社会保険事務所か役所の国民年金担当に確認をすると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。受給要件は25年なんですね。。。では過去のを調べてみないとわかりませんが70歳まで働かなければいけないんですね。
わかりやすいご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 13:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高額療養費の70歳以上とは具体的にいつから?

高額療養費の自己負担限度額を考えるときに、70歳以上と未満に分かれますが、70歳以上とは具体的にいつからでしょうか?

例えば、今年の5月20日に70歳の誕生日を迎えた場合6月分の診療費から高額療養費70歳以上に該当するのでしょうか?高齢受給者証は6月から使えるようなのでこれと同じように70歳に達した日の翌月からでしょうか?

Aベストアンサー

高額療養費は、70歳以上でも70歳未満であっても健康保険制度から給付されるものですが、70歳以上の高齢受給者と70歳未満ではその給付の基準が異なってきます。

70歳以上の高額療養費の基準が適用されるのは、70歳になる誕生日の翌月(1日が誕生日の方は当月)の診療分から、高齢受給者としての高額療養費が適用されます。

Q厚生年金から国民年金へ・・・

知人のことで質問があります。彼女は今年の3月いっぱいで仕事をやめました。現在は求職中で失業保険を受け取っています。この間厚生年金から国民年金への切り替えを行わずにいたところ社会保険庁から『年金の切り替えの手続きはお済みですか?』という手紙が届いたそうです。彼女はあと1ヶ月くらいで仕事が決まる見込みがあるそうで、4か月分くらいは年金を納めないでも大丈夫だろうという気持ちでいるようですが、やはり短い期間でもちゃんと切り替えて納める必要があるのでしょうか?また納めなかった場合、将来的に督促のような形で支払いを迫られる通知などが届いたりするものでしょうか?ご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

雇用保険者証を区役所等に持参して、失業による免除申請をしてください。
正当な理由があるのですから、失業期間全額免除が受けられます。免除が認定されれば、3分の1が年金をもらう際にカウントされますので、無視せずにきちんと手続きすれば、老後不利にならなくて済みますよ。
4ヶ月間だけだからと手続きせずに放置すると、督促なども来ますし、嫌な思いをしますので、免除手続き、してくださいね。この制度を知っているかどうかで得することもあるのです。
知らない人は、そのままほったらかして、3分の1ももらえないんだから申請した方が得ですよ。当然ですよね。

Q70歳以上でふらふらせず歩ける人はいないでしょうか

70歳以上でふらふらせずに、しゃきっと歩ける人はいないでしょうか。

Aベストアンサー

沢山いますよ!
僕の参加しているジョギングクラブのみなさんは
75歳でフルマラソン4時間半で完走してます。

今やフルマラソン80歳でも3時間切るかみたいな
そんな時代ですよ!
70歳以上でふらふらしてるなんて昔です。

Q厚生年金と国民年金

前々から国民年金に加入するよう役所から通知が来ていたのですが、国民年金については不安も多く、民間の生保の年金タイプの保険に加入してました。
しかし最近、年齢的なせいだと思うのですが、いきなり年金手帳が送られてきて、年金番号も勝手に登録されてしまいました。(32歳です)
去年結婚したんですが、私も働いているので、ダンナさんの厚生年金の扶養家族にはなれません。
そこで質問なんですが、
国民年金に加入していた人で、結婚後仕事をもたなかったら年金支払いをストップするものなのでしょうか?ダンナさんの厚生年金にかかわるということは、具体的にどういうことなんでしょうか?国民年金は最低25年支払うことと聞きましたが、25年以下の人でも、たとえ数年の人でも、年金はいくらかでるのですか?
普通、仕事をもたない主婦の人が、将来60過ぎてダンナさんをなくした場合、
保証とか、どうなるんでしょうか?

Aベストアンサー

 皆さんも言っているように、国民年金って20歳から60歳までの人は、必ず入らないといけないもののようです。
 国民年金にも3つの種類があって、一般的に国民年金と言われている、自営業者とか学生、仕事をしていない人が入る1号被保険者と、会社につとめていて厚生年金等に加入している人を指す2号被保険者、2号被保険者の扶養になっている人が入る3号被保険者と3つあり、すべて国民年金という枠でくくられています。このため、国民年金には国民全員が加入しないといけませんという言葉が成り立つのです。
 回答ですが、今まで国民年金を納めていて(1号被保険者が)結婚後仕事を持たない、ということは御主人の扶養になるということだと思うので、3号被保険者となります。もちろん3号被保険者になる手続きを役場でしないといけませんが、3号被保険者になると国民年金保険料を納めなくても、御主人の加入している年金組合(例えば厚生年金とか)が奥さんの分の保険料を納めてくれるので、自動的に奥さんは年金の保険料を払っていることになります。よく勘違いされるのは、御主人の給料から毎月その分ひかれているのでは、と思いがちですが、そんなことはないのです。ただ、奥さんの場合は扶養になれないようなので、3号被保険者にはなれず、保険料を自分で納める1号被保険者になってると思います。
 国民年金のメリットは老後の年金の他にも、病気や怪我で障害者となったとき、障害基礎年金を受けられることがあるようです。国民年金は25年以上ないと年金はもらえません。ただしこの25年には、厚生年金の期間とか、扶養である3号被保険者の期間も含むのです。
 将来御主人を亡くされた場合、御主人が厚生年金加入者であれば、遺族年金がきちんとでます。ただ、自営とかで御主人も1号被保険者であれば、遺族年金は18歳未満の子供がいないとでませんが、自営の場合は奥さんも1号被保険者なので、自分の年金でやりくりするということになると思います。
 以上手元にパンフレットがありましたので、参考にしました。

 皆さんも言っているように、国民年金って20歳から60歳までの人は、必ず入らないといけないもののようです。
 国民年金にも3つの種類があって、一般的に国民年金と言われている、自営業者とか学生、仕事をしていない人が入る1号被保険者と、会社につとめていて厚生年金等に加入している人を指す2号被保険者、2号被保険者の扶養になっている人が入る3号被保険者と3つあり、すべて国民年金という枠でくくられています。このため、国民年金には国民全員が加入しないといけませんという言葉が成り立つのです。
...続きを読む

Q万博 トヨタ館の70歳以上整理券配布について

愛知万博のトヨタ館は70歳以上の方は優先入場整理券があると聞いたのですが同伴者は何名までいいのでしょうか?

Aベストアンサー

本日4度目の万博に行ってきました。トヨタ館の70歳以上の整理券を配っている時間で、その中に20代の女の子がいたので、スタッフの人に聞いたら「同伴者は1名までOKです」と言われました。前回時と変更になったのか(前回の後、次の日にマンモス館が付き添い3名までOKになった)スタッフ間の連絡ミスかわかりませんが、1名まではよいと言う事でした。

Q厚生年金と国民年金の支給額

将来厚生年金と国民年金のもらえる支給額というのは、同じ年数払ってもだいぶ違うのでしょうか?

うちの父は厚生年金をはらい終わり、月々年金16万円ぐらいもらってるようです。
ばぁちゃんは国民年金で月々6万円ぐらいもらってるようです。

すごく差があるようにみえるんですが・・
会社に就職するとしたら、厚生年金があるところの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

もらう金額の差は、払っている金額が違うからです。

厚生年金は給料に連動して金額が決まり、さらに同じ金額を会社がプラスして払っています。給料の多い人は、たくさん払い、もらうのも多くなります。

国民年金は全員一律の払いで、もらうのも同じになります。

どちらがいいとはいいきれませんが、単純にもらう金額のみでしたら、厚生年金の方が多いです。

払う金額ともらう金額の比率で比較しないと正確ではないですね。

今、国会でさわがれている、消えた年金問題は、誰がいくら払ったかが、正確にきろくされていなかった為、払ったのにもらっていない人がいるし、社会保険庁の人達が過去真面目に仕事をせず、いいかげんな仕事をしてきたのに、高級な給料をもらってきた、ということです。

Q同居子供3人(小学生以下)、 別居老人3人(70歳以上)を扶養している

同居子供3人(小学生以下)、 別居老人3人(70歳以上)を扶養していると、
月給70万円は月々いくらの源泉税になりますか?

Aベストアンサー

平成22年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 (下記)に記入して提出しているのなら
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h22_01.pdf
総支給額から、社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料)を引いて、
その金額を下記の表の左側の金額に当て嵌めて、
扶養親族の所の人数と合わせて交差した所の金額が、月当りの源泉徴収額になります
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2009/data/02.pdf

Q国民年金と厚生年金との違い

国民年金と厚生年金では、国民年金の方が将来、困るのですか?老後など。

Aベストアンサー

国民年金(自営業者などが加入)と厚生年金(会社員が加入)では、基礎年金部分は共通なのですが、

厚生年金は給与に応じて、将来受け取る年金額が加算されます(いわゆる2階建て部分)。

よって基礎年金部分だけの国民年金は受取額が少なく、困るおそれがある、ということです。

Q70歳以上の健康保険

70歳以上の人が病院にかかる場合の健康保険ですが、老人保険になり例えば市町村の健康保険に加入する必要はなくなるのでしょうか?老人2人だけ(無職)で70以上の場合はどのような保険に加入することになるのでしょうか?
またこれとは別に例えば子と同居する場合は子供の会社の健康保険の扶養者として健康保険に加入することになるのでしょうか?

Aベストアンサー

老人保健(保険ではないです)制度は、「健康保険に加入している満75歳以上の方または
一定の障害のある65歳以上の方」が対象になります。
ただし昭和7年9月30日以前のお生まれの方は、70歳から74歳までの方も対象になります。
(平成14年10月1日に制度改正があったため、ややこしいのです。)

70歳以上で老人保健医療対象外の方は、前期高齢者という区分になります。
健康保険に加入している昭和7年10月1日以降にお生まれの70歳以上75歳未満の方が
対象となります。ただし、既に老人保健医療制度の対象になっている方は除きます。
(一定の障害がある満65歳以上)

老人保健の対象となっても健康保険は加入しなくてはなりません。
老人保健の場合は本人負担分(1割または2割)を除いて全て老人保健の負担になりますが、
その老人保健制度の財源(老人医療費)は、3:7の割合で公費(税金)と保険者(健康保険)
が負担しています。

前期高齢者の場合は、引き続き健康保険法が適用されます。
高齢受給者証と健康保険証を窓口で提示して一部負担金(1割または2割)を支払います。

お子様と同居の場合の加入保険に関しては、選択の余地があります。
家族と同居していても、高齢者を単体世帯にする(世帯分離)ケースも増えているようです。
税金や保険料の算出など様々な要因があると思いますが、介護保険が世帯単位で負担能力を判断
するため、というのも大きい様です。
(世帯分離によって世帯収入額が減り、負担額が下がるため。)

老人保健(保険ではないです)制度は、「健康保険に加入している満75歳以上の方または
一定の障害のある65歳以上の方」が対象になります。
ただし昭和7年9月30日以前のお生まれの方は、70歳から74歳までの方も対象になります。
(平成14年10月1日に制度改正があったため、ややこしいのです。)

70歳以上で老人保健医療対象外の方は、前期高齢者という区分になります。
健康保険に加入している昭和7年10月1日以降にお生まれの70歳以上75歳未満の方が
対象となります。ただし、既に老人保健医療制度の対象...続きを読む

Q国民年金、厚生年金の無駄遣い

国民年金や厚生年金のお金を無駄に使っているという話を聞きます。どういう例があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>一種の賭けに使用した
「かけ」なんて物ではありません。あのときの株価をおちついて眺めれば.恐慌相場で.12000円が予想されました。ただ.年金を使って救済したので.8000円まで暴落しましたけど(今10000円をふらついていますが.2-4月にどれだけ下がるか.予想が立ちません)。
恐慌相場を押さえるために.年金を使った(年金を捨てた)のです。

相場が安定したから受益者負担として.損害分は.企業が払うべき内容です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報