最新閲覧日:

私はよく、その時になって的確な言葉が出てこないのですが、皆さんが無くしたくない言葉、
知的だな~と思うもの(ことわざとか、例えでも)、いざという時に使いたい言葉、
こんな時に使ったら、かっこいいだろうなと思う言葉を、ぜひ教えてください!
カタカナでも、構いません。

・・ちなみに今、私がどこかで使いたいと思っている言葉は、「~~は、○○の“草分け的存在”」。
使う機会、無いかな(笑)。
こんな感じの言葉(限定ではないです)を、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

「なかんずく」とかはどうでしょうか。

とりわけ、とか、中でも、とかいった意味に使われます。
例文:モー娘。は好きだが、なかんずく加護ちゃんが好きだ。
(回答者本人のことではありません)

「草分け」と同じ意味の言葉でもっと渋いのを挙げると、「嚆矢」(こうし)なんて言葉があります。戦のはじめに射るかぶら矢ですね。とすると、「火ぶたが切って落とされる」なんて言い回しも雅趣に富むものではないかと。あとは「濫觴」(らんしょう)なんて言葉もあります。盃から酒が溢れる瀬戸際といったところで、これもはじまりを意味します。

蔵書が多いことを「浩瀚」(こうかん)といったり、よく読むことを「熟読玩味する」とか「韋編三絶するほど読む」とか言ったりしますね。

この質問、なかなかよい質問なのですが、「うってつけな」表現ってそうやすやすと思いつかないものですね。「灯台元暗し」って感じで、「手垢のついた言い回し」を想起するのに手間がかかります。

「女性」を「にょしょう」と読むようになったら渋い言葉使いの達人クラスでしょうか……
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nabayoshさん、お礼が遅くなってしまいごめんなさい!

「なかんずく」、初めて聞きました。わざわざ、意味と分かりやすい例文も書いていただき、ありがとうございますm(__)m
これは逆の意味とかそういう、ややこしい表現では無いので、使いやすそうですね。響きも好きです。

「嚆矢」これで、“こうし”って読むのですね!ちょっと私には、難しすぎますっ(--;。
私の場合、聞いたことはあるけど、意味が分かりそうで分からない、という様な「微妙」な言葉が好きなんです(笑)。ちょっとギャグにも取れるような。
難しいですねっ(^^;・・自分でも分からない(笑)。

でも、「火ぶたが切って落とされる」という表現は、良いなと思いました。正に聞いたことはあるけど、意味が分からない言葉(笑)。
機会があれば、使わせてもらいます。

「濫觴」も、やっぱり難しすぎる(^^;ただ、この漢字を書けるだけで感心されそうですっ。

蔵書が多いことを「浩瀚」というのですね。これも字数が多いですね~。でも勉強になりました。
「熟読玩味する」「韋編三絶するほど読む」という表現はなかなか良いですね。
昔の文学者とか、普通に使っていたんだと思います。これは是非覚えたいです。

nabayoshさん、この質問に共感を持ってくださって有難うございます!自分でも実は、良い質問だと思います(笑)。
でもおっしゃる通り、その時の状況にピッタリの言葉を探すのは、難しいですよね。喉の辺りまで出かかっているのに、
その言葉が出なかったりすると、本当にもどかしい気持ちになりますね。
実況アナウンサーが言葉につまずいていたりするのを見ると、何やってんだとか思ってしまいますが(おいおい)。

「手垢のついた言い回し」っていう表現も良いですね。
これはこの言い方を読むだけで、意味が分かりそうです。

「女性」を“にょしょう”と読む。ちょっと、やらしいなと思ってしまいましたっ(^^;。何故か頭には、中尾彬さんが・・。

ご回答、本当に有難うございました。

お礼日時:2002/03/21 15:31

こんばんは。

はじめまして、toroimeraiさん。

知的な言葉、格好良くさらりと使ってみたいものです。
でも、ここで字面にして格好良くても、日常生活のふとした場面で口にすると、
周りから「引かれてしまう」恐れもアリかもしれませんね。(笑)
どんなに教養がある方でも、書く言葉と喋る言葉との違いというか温度差というか、それを常に意識していないと「とんでもない勘違いクン(さん)」になってしまう気がします。

さて私が好きな言葉は「遍く」ですね。
”世の中に遍く知れ渡る”みたいな使い方がよくされていますよね。

あとカタカナで使ってみたいのが「モチベーション」!
ビジネスの最前線にいる方にとっては当たり前かもしれませんが、家庭の主婦にとっては縁遠い言葉でなかなか使う機会がありません。

最近の人ってことわざが通じないんですね~。
パート先で年上の人に「紺屋の白袴、医者の不養生だから~」と言ったら「そんな難しいこと言わないで頂戴!」と怒られました。(涙)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

gomuahiruさん、初めまして~。ご回答有難うございます!

私も、勘違いでは使いたくないです・・。
さっき、映画のアカデミー賞を見ていたんですが、皆ノミネートされた方達は、ほとんど物を喋らず黙っていたんですけど、
多分感動のあまり喋れなかったんだと思います。
言葉を言わなくても、そういう風に何かをさとれる事ってありますよね。感動を誘ったり、心が通じ合ったり。
またあんまり喋りすぎても、逆に嘘くさく見えてしまう事もありますからねっ(^^;
それほど俳優の人にとって、重くて憧れの賞なんだと思います。
・・でもそんな事言っちゃー、古館伊知郎さんなどの商売上がったりだな(笑)。

「遍く」ですか~。「あまねく」って読むんですよね?gomuahiruさんはこの言葉、好きなんですね!
漢字は間違えそうだけど(汗)、響きは良いなと思いました。また勉強になりました。

「モチベーション」、たまに聞きますね。 サッカーの話をする時によく聞く気がするので、試合を観ながら言ってみるのはいかがでしょう?(^^;
「~~ション」って言葉、沢山ありますよね。今頭にあるのは、「べネルケーション」(教育)。CMの影響です(笑)。

それとことわざって為になるし、面白いですよね~。年上の人に言って、怒られてしまったんですね・・(^.^;
「そちらこそ、辞典読んで覚えて下さい」って言いたくなりますね(--;
とかいう私も、分からないので調べましたっ(すいません)。
“他人のためにばかり忙しく、自分のことには手がまわらないこと”と載っていました。
テンポが良いのが、面白いです。
職人が染色の液を扱いながら、自分の白い袴(はかまって読むんですね・汗)にはシミひとつ付けなかったという
職人の意気から来た言葉だそうですね。またひとつ勉強。

ご回答、有難うございました。この機会に、教えて頂いた言葉を覚えようと思います。
あと今、国語辞典を見て使えそうな語、忘れやすい語をメモしているんですよ~。小さな辞典が傍にあると、すごく便利♪
それではm(_ _)m

お礼日時:2002/03/09 00:56

知的・・・かな?


「おっと、その手は桑名の焼き蛤!」「お~お~、恐れ入谷の鬼子母神」といったところがポンポンっと出ると、かっこいいなぁと思います。
まぁ、言われた相手がきょとんとしていたり、あまつさえ「何それ」なんて訊き返されるとかっこわるいので、使う機会がありません^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

endersgameさん、ご回答ありがとうございます!

寅さんみたいですね!下町の伝統溢れる言葉って感じです。確かにこれだけの言葉がぱっぱと出てきたら、かっこいいですね~。
ちびまる子ちゃんとかも言ってそう・・。あの年で?って感じもしますけど(笑)。
私も、昔ふざけて「お達者で~」とかよく使っていました。

でも言った時のインパクトがあって、初対面の人にもはっきり顔を覚えてもらえそうですね(笑)。
多分、最初の印象は「変わった人だな~」(笑)←スイマセン\(__ )
でもみんな一緒じゃ、つまらないですもんね。個性がないと。ちょっと言うのに、勇気がいりますが(^^;

“あまつさえ”も、「何それ?」って相手が思うかもしれないけど、スパッと言い切ってしまえば、意味は分からなくとも
「あ、この人、知的だな~」って思われるんじゃないでしょうかっ。・・言い切ってしまえば(笑)。

endersgameさん、ご回答有難うございました。

お礼日時:2002/03/06 09:58

 なかなか盛況ですね、No.3 の samarukando です。

再びこんにちは。
「アイデンティティー(idetity)」というのをイッペン使ってみたいです。まあ、日本語には適当な訳語が無いみたいだし、概念さえも存在しないような、まさに外来語ですね。しかしコンピュータ関係では ID といって自分を証明するのにパスワードと一緒によく使いようになりました。
 Gooの「新語辞典」で検索すると下のようにでました。
【同一性】
〔identity〕
(1)物がそれ自身に対し同じであって,一個の物として存在すること。
(2)人間学・心理学で,人が時や場面を越えて一個の人格として存在し,自我の統一をもっていること。自我同一性。自己同一性。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

samarukandoさん、二度目のご回答ありがとうございます!
ハイ、こんなにも私と同じ事を思ってらっしゃる方が居るなんて、非常に嬉しいですっ。

「アイデンティティー」、最近よく聞く気がします(意識しているせいもあると思いますが・・)。
椎名林檎の歌とか、前に読んだ本にもありました。意味も正しく“同一性”と載っていました。
でも、コンピュータ関係でも使っていたんですね。これが「ID」のことだったんですか!(勉強になりました)

私も一度、使ってみたいです。
「アイデンティー」なのか「アイデンティティー」なのか、ちょっとややこしいですが(笑)。

わざわざ意味も調べてくださって、有難うございました。

お礼日時:2002/03/01 22:09

 はい、たまには気取った言葉を使ってみたいな~と私も密かに思うことがあります。

特に異性や商談相手の前では。

 けれども知的で粋な言葉は、知的で粋な人間から出てくるのが自然です。私のような人間が無理をして使うと前後の文脈から浮いてしまうし、参考URLで指摘されるような恥をかくことになります。

 私は聞きかじりのフレーズを振りかざすよりは、たとえ稚拙でも自分らしい言葉、自分の実感がこもった言葉を大事にしたいです。

 しかしいつまでも稚拙ではいられないので、先人が残してくれた言葉の宝庫(下のサイト)を覗いてみようかなとも思います。

http://www.aozora.gr.jp/

参考URL:http://hpcgi1.nifty.com/~naotosi/zatubun.pl?s=5& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

amajunさん、アドバイスありがとうございました!

私も同じことを考えました。でも、amajunさんもお書きになっていますが、昔の無くしたくないステキな言葉を私達が伝えていくのも、良いかな~と思ったのです。
それに、こういう言葉を使っている人たちも、最初は文学で親しんだり、もしくは傍にそんな言葉を使う人が居たりして、覚えていったのだと思うのです。
私の場合、そんな粋な人たちは傍に居ないけど、たくさんの本を読んで覚えていきたいな~思っています(って皆さんに、簡単に聞いちゃっているけど・汗)。
でも、皆さんに教えて頂いた言葉をここで使っているのが見つかったら、ちょっと恥かしいなぁ・・(笑)。

とても参考になりました。
また、良いサイトを教えて頂き有難うございます!
参考URLは、偶然にも先日私が覗いたサイトでしたっ(^^;

お礼日時:2002/02/26 14:33

おととし、上司があまりにも筋の通っていないことを言って私にキレてきたので、父親に泣きをいれてしまった時のことです。



父:「おまえな、そういう時はおまえの方が負けてやれ。おまえが(筋の)通らんこと言うわけないのは俺が一番よくわかっとる。誰の娘や。『負けてやったわ。』ぐらいの気持ちでやればいい。」

と、いうわけで「負けて勝て」が私の座右の銘となりました。

あとは、どうにも忙しくてテンテコマイになってしまった時は、「ピンチの時こそ平常心」と心の中で唱えています。マジで。(マンガ「スラムダンク」より。)
この言葉はかなりの頻度で私のピンチを救ってくれています。

こんなもんでどうでしょう?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

rushanさん、ご回答ありがとうございます!

すごく理解のあるお父さんですね~。私の父親もrushanさんのお父さんのように、優しくて理解のある人です(色々世話をかけてます・・)。
「負けて勝て」、素敵な座右の銘ですね!私もこの言葉、見習いたいです(頭の隅に入れておきます)。

「ピンチの時こそ平常心」、この言葉も見習いたいけど、実行するのはなかなか難しいです(--;
でも私も忘れないようにしよう..。
良い言葉を教えて頂き、有難うございました。

お礼日時:2002/02/26 14:14

2度目の投稿失礼致します。


具体的な例がなかったので、さびしく思い...

インスピレーションって言葉がありますよね。
それを象徴的な意味で用いているとかっこいいと思ってしまいます。
例えばサッカー日本代表に中田英寿選手がいますよね。
彼を評して「中田は日本代表のインスピレーションだ!」なんて使われたらしびれます。(アレ、私だけ?)

…悪しからず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ykkkkkkkさん、2度目のご回答ありがとうございます(嬉しいです)!

「インスピレーション」とか、私もたまに使いたいなと思うのですが、その時になって、出てこないんですよね~(涙)。
そういう言葉も、皆さんにぜひ教えて頂きたい・・。
「中田は日本代表のインスピレーションだ!」、何だか抽象的でかっこいい表現ですねぇ。
感覚で受けとめる、みたいな。そういう表現も、良いなと思います。

ご回答、有難うございました。

お礼日時:2002/02/26 13:59

 


  「なにはともあれ(閑話休題)」。これは、読み方が色々説があって、「それはそれとして」「それはおいておいて」「はなしはかわって」など、適当にルビを振ると、それらしい感じになります。
 
  「それは重畳(ちょうじょう)」「重畳に存じ上げます」「(まことに)痛み入ります」……ありがとうございます、ということです。
 
  「いとど奥ゆかしきことです」「奥ゆかしいです」……高床式ではありません。
 
  「(瑠璃)玲瓏の美しき(悲しき)様にて、心も澄む思いに存じ上げます」……何のことか分からないでしょう。「玲瓏たる心持ちにございます」……綺麗ですが、意味不明です。
 
  「麗しき心映えにて、讃歎の思いでございます」
 
  「秋冷の候、皆様にはいかがお過ごしのことでしょうか」……昔、秋になると手紙の最初に書いていた言葉です。
 
  「くさぐさの(事事)甘き思いに過ごし来た、この幾星霜にございます」……「色々な楽しい希望や思いで経過してきた、この長い何年もの歳月です」の意味です。「くさぐさ」は「草草」ですが、「事事」のルビです。「星霜」は歳月のことです。
 
  「たまさかの思いに存じます」……ときたまの、ふとしたの意味です。
 
  「たまゆら(玉響)の心地に存じ上げます」……何のことかよくわかりません。「たまゆら」は辞書で引いてください。音も意味も綺麗な言葉です。
 
  「心長閑に、心豊かに、心麗しく、心ある御言葉に……」
 
  「むらさきの匂へる君の言葉こそ 忘れまじとこのいくとせか」……短歌になってきますね。
 
  「君が言の葉のあでやかに料紙(かみ)に流るれば 流麗なるその手蹟(て)の華やぎに 我がこころ仄かなる光に満たされ……」……意味不明。
 
  「四字熟語」の載っている本を使うと、色々表現が出てきます。
  ファッション雑誌を見ると、意味不明なカタカナを多用して、綺麗で無意味な表現がたくさんあります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

starfloraさん、色々教えて頂きありがとうございます!
まず、「なにはともあれ」。何かこの言葉を使うと、言った本人が融通の通じる、頭の柔らかい人に見える気がします(頑固な人は、使わないでしょう・笑)。
これは私もたまに、使っていますっ。

「それは重畳~」・・、とても丁寧な言葉ですね(謙譲語ってやつかな)。ヤクザの人とか、使っているような気がします(そんなイメージか・笑)。

「奥ゆかしいです」・・、高床式ではないのですね!(笑)
枕草子みたいな、昔のきれいな日本語でよく出てきますよね。これはちょっと他の語と比べて、使いやすそうです。
あと、これを聞いて思い出したんですが、「おこがましい」って言葉もありますよね。最近よく聞きます。

「玲瓏の美しき様にて~」「玲瓏たる心持ち~」・・はい、何のことか分かりません(涙)。でも文面から見て、きれいな表現だという事は分かります。

「麗しき心映えにて~」「秋冷の候~」、starfloraさんはすごいですねぇ。こんな言葉を手紙で使っていたのですね。どうりで、昔の美しい表現をいっぱい知っているな~と思いました。きっとたくさんの文学を読んでいることだと思います。知的な言葉を自然に覚えるには、たくさんの文学に触れることが一番ですよね。私もたくさんの本を読んで、starfloraさんのように色々な言葉を勉強したいです。

「くさぐさの甘き思いに~」、丁寧に教えて頂き有難うございます。“くさぐさ”という響きが、色々な意味が想像できて面白いなと思いました。それもこの言葉の意味が、素敵ですね。ぜひ、使いたいです。

「たまさかの思いに~」、これも意味を聞かないとなかなか分からない言葉ですね。こういう言葉、好きです。

「たまゆらの心地に~」、「玉響」古語辞典で調べてみました。“少しの間、ほんのわずかな間”という意味なんですね。本当に響きも意味も、きれいな言葉ですね。

「心長閑に~」うっ、読み仮名がないと読めない..(笑)。
全部に“心”という字が付いているのですね。何だか、素敵です。

「むらさきの匂へる~」、紫色が好きなので、すごく良いなと思いました。切なそうな短歌ですね。

「君が言の葉のあでやかに~」、私も意味を聞かないと全然分からない(笑)。でも“言の葉”って所は、言葉のことですかね。料紙という字も、良いなと思いました。
何か、源氏物語などで源氏が月に向かって、言っている所が想像できました。ちょっとポーズとって(笑)。

私も、「四字熟語」とか「ことわざ」好きです。面白いですよね(勉強にもなるし)。
ファッション誌も、ぜひ参考にさせて頂きます。綺麗で意味のない表現、良いですねぇ。

ご回答、有難うございました。何だかちょっと、きれいな心になった気がしますっ。

お礼日時:2002/02/26 13:47

「そこはかとなく」


なんて文章には良く出てくるけど実際に聞いたことはないですよね。
さらりと言えたらちょっと知的かもしれませんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

remonpakiraさん、ご回答ありがとうございます!

そうですね、私も文章では何度か見たことあるけど、言っている人を見たことはないです。
俳優の山崎努さんとか、言ってそうだなぁ。あの、迫力がある感じで・・(笑)。
この言葉がすっと出てきたら、確かに良いですね。

皆さんの回答を見させてもらったら、私もひとつ思い出しましたっ(いつか使いたかったのが)。
「首の皮一枚で」。すご~くギリギリの様子。これも言った時の、周りの反応が気になる言葉です(笑)。

ご回答、有難うございました。

お礼日時:2002/02/25 23:44

約束の時間に遅れた時とかに、「のっぴきならない用事ができまして・・・」って言ってみたいんですけど、


でも、言い馴れないことばをむりに言おうとすると、舌がもつれそう。

昔、小林薫が舞台で「のっぴきならないときには、のっぴきのねずみが~」ってつばをとばしながら言ってたのが忘れられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

RINGO-TAMAさん、ご回答ありがとうございました!

何だか、コミカルな響きの言葉ですね。確かに、言いづらそうです。
かっこよくサラっと言おうとして噛んじゃったら、ちょっとかっこ悪いですよねっ(^_^;
でもそれも勉強..。きっと何度も言ってれば、慣れますよね。それかまずは、文章で活用して慣れようかな~。

小林薫さんが、言っていたんですね。かっこいいですよね~、あの人。声も、好きです(12チャンネルでやってる「美の巨人たち」の時の声とか)。
それ、早口言葉みたいですね。きっと前の方に座っていたお客さんには、一杯つばが飛んできた事でしょう(笑)。
もしかして、RINGO-TAMAさんもそのひとり!?

ご回答、有難うございました。ぜひ、覚えて使わせて頂きます。

お礼日時:2002/02/25 18:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報