働くために遊ぶのですか?
遊ぶために働くのですか?

某掲示板で職業がランクづけされています。これは、「働く」ことを基本とした考え方だと思います。なぜなら、「遊び」を基本とするならば、どのような職業も関係ないからだと思うからです。

何が「遊び」になるのかは、曖昧なので「遊び」の考察もよろしければお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

私は、働くために遊び、遊ぶために働いてます。


働くばっかりだときついし、遊ぶばっかりもきついです。
ぷう太郎生活をしてる時に思ったんだけど、毎日休みが続くと、何にもすることながくなるんです。遊ぶことを探すのが大変。毎日同じような日が続きます。お金をもらっても、たぶん、そのうち退屈します。できないことを夢見たり、前々からやりたいと思っていたことができる、達成感とか満足感って、満たされない気持ちからのスタートだと思います。仕事も遊びも、自分の存在価値や生きがいみたいなものを探す手段かなあ。どっちを基本に置いても、求めるものは「満足感」とか「充実感」だと思います。

仕事にやりがいやおもしろさを求めるのは、「せっかくやるんなら」という気持ちがあるんじゃないのかなあと思います。仕事って毎日のことだし。
毎日のことと言えば、たとえば食事。食欲だけを満たすためなら、食べられるものならなんだっていいんだろうけど、人はたいてい「おいしいもの」を食べたがります。「おいしいもの」の基準は人それぞれだと思うし、それでも他の人がおいしいと思うものを聞いてみたくなると思います。「働くこと」も同じかなあと思います。

「遊び」って、「本気」があるから「遊び」なんじゃないかなあ。
私の友達にソムリエがいます。お酒が好きだそうで、好きなことで仕事できてるからいいなあなんて思うけど、それなりに苦労があるそうです。彼は、遊びでのお酒と仕事でのお酒って、気持ちが違うそうです。当たり前だと思われるかもしれないことだけど、仕事と遊びってそういうものなんじゃないかなあと思います。相反する二つがあって、意味があるものなのかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

usapさん、ありがとうございます。

仕事に対する負荷が強い場合はどうなると思いますか。
遊びを補完するために働けるとは思いますか。

お礼日時:2002/02/27 06:24

●遊びと仕事(働く)を区別するとしたら。



 社会活動であるかどうかに まず着目します。
 社会活動であるならば仕事です。

 次に「ゆらぎ」に着目します。ゆらぎとは自然の摂理のひとつで
 人間の行動もゆらぎのあることを「快」とします。
 ゆらぎのある活動は遊びです。仕事にはゆらぎがない場合が多いです。

 それでも 仕事を遊びでできる人もおります。
 遊びを仕事にしてしまう人もおります。
 ゆらぎのない活動はスポーツだったり趣味だったりします。
 もちろん仕事と趣味の中間の活動も存在します。例えばボランティアなどです。

 働くために遊ぶのですか?遊ぶために働くのですか?
 それは 人それぞれでしょう・・・。
 わたしは 人生すべて遊びになるようにコントロールしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihokoさん、ありがとうございます。

>人間の行動もゆらぎのあることを「快」とします。
なぜ、「快」とできるのですか。

お礼日時:2002/02/27 19:02

遊ぶために働くという定義は外国人がよく口にすることでしょう、恐らく。

何の為に働くかって最も基本的な考えは食べていくためでしょう。例えばあなたが働いている状況を想像して下さい。あなたにはなにか特別な趣味や特技みたいなものがあってその為に働いていますか?恐らくほとんどの人が労働は労働、遊びは遊びと割り切って生きているのだと思います。そこに所詮仕事は仕事いう所詮という言葉が付随すれば労働と遊びは点と線でつながるでしょう。日本という国からはこの所詮という観念がなかなか見えてきにくいもので、ゆとりがある人なら別ですが、そうでない人はその場を一生懸命働いてるはずです。それは素晴らしいことでもあると思いますし、所詮と自分の中で割り切ってしまえればまあその人にもよると思いますが 自分の労働という一つのカテゴリ-の中に隙間ができて遊びのことを考える余裕もできてくると思います。そこで自分は遊びのために働いているんだと考えるかどうかはその人の精神的な部分が問われてくるわけで一概に余裕のある人達がそうだとは正直言えないと思います。
 遊びに関しては色々あると思います。お金をかけてそこに自分がストレスを感じずなにもかもその瞬間だけは忘れて快楽があればそれはその人の中では遊びにはいるかもしれません。もし遊びというものが知りたければ子供に聞いてみてはどうでしょうか?これはふざけているのではなく
子供は遊びに関しては精神的な部分ではプロだと思います。あの頃に一瞬だけでも戻って楽しめれば人生もっと面白く生きがいもできると思います。そのために年齢とともに忘れ去られたあの古き頃の経験を思い出すべく子供に接触して、その次に自分にとってそれは何なのか考えてみてはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

007yamiさん、ありがとうございます。

>恐らくほとんどの人が労働は労働、遊びは遊びと割り切って
生きているのだと思います。

について。では、何のために、遊ぶのですか。子供とは何を子供
とするのですか。

お礼日時:2002/02/27 06:15

本来「仕事」ってやりたくないことだと思うんですよ。


だって、多くの人が「やりたくない」と思うような、
「危険な仕事」や「汚い仕事」は、たくさん給料がもらえるじゃないですか。
(芸能人やスポーツ選手で、その人以外には出来ないという
「希少価値」という意味で、高給な場合もありますけど)
ということは、
「お金がもらえる」という時点で、基本的にはやりたくないことなんだと思います。
逆を言うと「お金もらえないけどやる」というような仕事は、
まずめったにないと思います。
とすると、仕事は、出来るならしたくないわけです。
そうしたら、仕事と遊びで、
仕事が基準となることはありえないのではないでしょうか。
つまり、「遊ぶために働く」だと思います。

この回答への補足

すみません。
↓「仕事のために遊ぶ」です。

補足日時:2002/02/26 22:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tomikou0000さん、ありがとうございます。

そして、仕事のために働く…
ループですね。

tomikou0000さんは、どちらの方が大切だと思いますか?

お礼日時:2002/02/26 22:07

遊びの定義は私の場合、「えり好みが出来るシチュエーション」にいることかな。

人にしても場所にしても。仕事はどうしても我慢しないと行けない場面がでてくる。ので、遊びに行く・・となると思いっきり自己中心的になって、好きな人だけの中で、好きな場所に遊びに行く、と言う感じ。

仕事と遊びの関係は・・・療法がバランス取り合っていると言う感じでしょうか。どちらがどちらの為というわけじゃなく。忙しいときに限って精力的に遊びに行くし、逆に仕事が暇で時間があっても遊ぶ気にならないんですよね・・・。そういうときは、暇な時間は何にもせずにボーッとしてる(笑)。どっちもお互いのカンフル剤になってるのかナァと思います。はい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tweetieさん、ありがとうございます。

かもめのジョナサンを思い出します。
「満足について」http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=215081
(No.16以降参照)

お礼日時:2002/02/26 21:51

こんにちは。


わたしは遊ぶのも働くのも、自分におもしろいことを選ぶように
心がけています。
わたしの遊びと仕事のボーダーラインは、「報酬」でしょうか。
あとは、仕事なら「納期やノルマ」が存在することくらいでしょうか。

遊びだって自分の感情や教養を豊かにしてくれたり、人脈を広げて
くれたりして、まわりまわって仕事にプラスになってくれるものと思います。
仕事のように遊び、遊ぶように仕事するなんて形で生きていたいなあ…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mimosa2001さん、ありがとうございます。

仕事に対して、何らかの負荷はないのでしょうか。
遊びにも負荷はあると思いますか。

お礼日時:2002/02/26 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遊ぶ金欲しさの

遊ぶ金欲しさの

お金というのはどういう理由だと支給されたりするんでしょうか。

医療費は役所持ちなんてのもそうしようと判断して決めたからですよね。こども手当や地域振興券、各自治体に一億円ばらまいたこともあったとか。黒石の純金こけしなどニュースでやっていました。

Aベストアンサー

【あそぶかねがほしかった】(少年少女動機語)
少年少女が罪を犯し、逮捕・補導された時に、動機として使用されるベタ語。
この語を使用されたとき、大人はお手上げ状態であるとベタ度は高まる。

類)まじめに働くのがばからしかった
類)バレなきゃいいと思ってた。
参考URL
困ったときのベタ辞典http://veta.seesaa.net/article/6384701.html

これから推測すると公共制度で配布されたお金がこれにはいるのかは不明です。
たとえ結果がどうあれ本気で社会や地域のためになると判断して配布し使われてしまえばこの範疇ではないと思います。
「黒石の純金こけし」なども客寄せや地域シンボルになると使う側が判断しては「遊ぶ金」ではないですので・・・結果だけをみれば「無駄」になることはよくあります。
「遊ぶ金」は犯罪者の言い訳でしか使われません。

Q遊ぶ事の哲学をお聞かせください。

 人生は、遊ぶ事を天国は望んでいらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

人間がより人間らしくなること。
これは仏に近づくことであり、神様の下へ近づくことでもあります。
この階段を踏み外さない限り、その道のりは幸福にあふれているはずで、したがっておおいに遊ぶべきです。

欲望や快楽におぼれることを楽しみと勘違いする不幸な人も多いようですが、これらの人々は遊ぶことを知りません。

Q人はなぜ遊ぶのですか?

僕は人は子孫繁栄のために生きていると思っています
それなのに人はなぜ遊ぶのですか?
なぜ遊ばずに本来の目的のために行動しようとしないのですか?
人以外の動物は遊ぶのですか?
いつから人は遊ぶようになったのですか?
(この質問は反語ではありません)
教えて下さい

Aベストアンサー

人は子孫繁栄のために生きる以外にも何かの能力が備わっており、そのために「遊び」という行為が必要なのではないでしょうか。

子孫繁栄するためには子孫を残すまでの間に生き延びることが必要で、「食物を得る」とか「身を守る」とか「仲間を得る」とか「結婚相手を探す」行為のために、「遊び」が何かの形で予行演習のように作用するため、人は遊ぶのではないでしょうか。

Q【タイやミャンマーの仏僧は働かずに物乞いをして働かずに働く時間を修行に費やしてまで悟りを開こうとする

【タイやミャンマーの仏僧は働かずに物乞いをして働かずに働く時間を修行に費やしてまで悟りを開こうとする者が多いが、こんなに物乞い仏僧が多いのだから数撃ちゃ当たる寸法で誰か1人くらい奇跡的に的を得た悟りを開いても良いと思う】

まだ悟りを開いていないのか、それとも悟りを開いたら、他者にその至高の悟りを語らずに悦に入ってしまうのでしょうか?

タイやミャンマーでは新しい悟りを開いている人が無数にいるのでしょうか?

どうなんでしょう?

私にもタイやミャンマーで新しい悟りを開いた方の新しい悟りとやらを聞いてみたいです。

最新の悟りをいくつか紹介してくれませんか?

Aベストアンサー

こんなに物乞い仏僧が多いのだから数撃ちゃ当たる寸法で
誰か1人くらい奇跡的に的を得た悟りを開いても良いと思う
   ↑
これ、面白いですね♪



悟りを開いたら、他者にその至高の悟りを語らずに
悦に入ってしまうのでしょうか?
   ↑
上座部仏教は、己の悟りが第一義ですから、
そういうことになるのかも
しれません。



タイやミャンマーでは新しい悟りを開いている人が
無数にいるのでしょうか?
   ↑
タイやミャンマーは上座部ですから、
あるいはそうかもしれません。



私にもタイやミャンマーで新しい悟りを開いた方の
新しい悟りとやらを聞いてみたいです。
   ↑
昔、悟った人に訊いたことがありましたが、
言葉では語れないそうです。
悟りとは、理論や理屈ではなくて、直感
だそうです。
だから自分で修行しないと悟れないそうです。



最新の悟りをいくつか紹介してくれませんか?
   ↑
言葉で表せないから無理でしょ。

Q人間どもへの考察をすると精神に悪い 

いろいろと普段思うところがありますが、人間そのものについて考察すると精神を病んでしまうのではないかというほどの無力感とか、失望感嫌悪感に襲われます。若干長くなりますが、いろいろと書き連ねてみます。

ここでの質問ねたと言うことではないのですが、いろいろと思いつきまして、実際質問しているのと人の質問を参考にしているのとありますが、例えば

☆もう実情に沿わなくなっている駅名をなぜそのまま残すのか(東急の「学芸大学」「都立大学」など)

と言うような問題があります。これはどうも地元民の反対とか、変更にかかわる費用の問題とか、そういうところに理由があるらしいのですが、それは情けないじゃないでしょうか?地元民の反対とかイメージの崩れがあるからと言うのは、たしかにそうで、その地域の「ブランド名称」的な特権が失われるとか混乱を招くとかそういう、なんとしても経済活動的低下を避けるためなら駅名の実情などどうでもいい、という浅ましいと言うか、過度に保身的な欲求からきていると感じられます。また、そう考えるほうにも幾分か妥当性があって、実際、それを受ける消費側のほうも「ん、何だこの駅名は?聞いたこともないぞ」で、そのあたりに宅地や家を探している人が宣伝を見ても捨てられてしまうという可能性が大いにあるからだろう。その「ブランド思考」の頭が一般人に根付いている。イメージの桎梏にどっぷり使ってる人間がほとんどだと言うことです。その結果30年かもっとか、大学がなくなっているのにいつまでも「大学」の駅名を冠することになる。

また、例えば「自転車を雨の日にかささして乗りますか」というアンケート質問したとすると、こういう質問にもきっと「はーい!私は傘さしで乗ります。だってそのほうが合理的でしょ?片手でちょっと危ないけど、合羽なんて買うの面倒だし着るのも面倒で、実際おおくのひともやっているし」と得意げに答える人は少ないと予想しています。なんらかの後ろめたさから、「そうよ、乗ってるけどいいじゃない、でもずっと黙って隠れながらやってやる」という、いい加減さに達観したような精神でそのくせ心の底では罪悪感を感じながらという状況の人間がいかにも多いのでしょう。

そういう、後ろ向き思考、ブランド名の無反省的無批判的崇拝思考、保身的なつじつまあわせに徹し、悪いことでも黙っていりゃいい的ずうずうしさとせこさ、そういうものに支配されている人間の多いことに、どうしても絶望感とか嫌悪感を禁じえないわけですね。

で、私とてこれらのものから逃れられているとは言えず、少なからずその要素を持って生活しているわけで、その自己嫌悪感というものもあります(なるべくそのようなものからはなれるよう心がけています)

というわけで、長くなりましたが、そういう人間どもの世の中に生きていて、嗚呼という気持ちなわけですね。

そういうことを達観して生きるべきなのか、いい加減さに浸って生きるべきなのか、どうするべきなんでしょうね。

いろいろと普段思うところがありますが、人間そのものについて考察すると精神を病んでしまうのではないかというほどの無力感とか、失望感嫌悪感に襲われます。若干長くなりますが、いろいろと書き連ねてみます。

ここでの質問ねたと言うことではないのですが、いろいろと思いつきまして、実際質問しているのと人の質問を参考にしているのとありますが、例えば

☆もう実情に沿わなくなっている駅名をなぜそのまま残すのか(東急の「学芸大学」「都立大学」など)

と言うような問題があります。これはどうも...続きを読む

Aベストアンサー

garcon2001さんの主張読ませていただきました。
よく考えていますね。考えることはとても大切で無駄にはなりませんが、度が過ぎるとリミットが外れてしまいそうですよ。ですから自分の許せる範囲で問題に当たったり考えたりするのがよろしいのではないでしょうか?と私はそう思います。これは一つの参考意見ですのでどうぞご自由に。そして達観して生きるのが最良だと思いますよ。生きてくことにおいて理性にしたがってゆけば間違いはありません。→間違わないってことは正しいってことにもなりそうですが先のことは分かりませんね!(^^)!気楽が良いと思いますよ。参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報