免疫力がないときにサイトメガロウィルスにかかると、どんな症状がでるのでしょう?

A 回答 (2件)

kougakubuです。


次のHPにサイトメガロウィルス(CMV)についてありました。ご参考まで。

参考URL:http://members.tripod.co.jp/yutasin/infe.htm
    • good
    • 0

免疫力がないとき とは、どういうときのことかによります。


エイズや移植を受けた後であれば、かなりの免疫低下状態です。
そのときはサイトメガロは致命傷になるかもしれません。
通常の生活をしている人であれば肝炎で症状が出ることもあるでしょう。
知らない間に感染していることもあります。
日本人の大多数はしらない間に感染しているのではないでしょうか。
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妊婦のサイトメガロウィルス危険性

私の妻は去年の5月にサイトメガロウィルスの陽性反応がありました
(性行為の際に、陰部に白いカスみたいなのがたくさん出てきたので
検査を受けたところサイトメガロウィルスと判断されました)

妻は日本人では無い為、自国での検査・治療となりましたが
膣内洗浄、膣内への座薬挿入で治療しました

現在私の妻は妊娠しており、11週目に入っています
妊娠した時期にも陰部に白いカスみたいなのが出てきたので
再発したのではと心配しています

現在、血液検査にてサイトメガロウィルスの判定を行っていますが
日本ではない為、対応が非常に遅く、胎児にどのような影響を
及ぼすのか心配でたまりません

既に妊娠11週ということもあり、胎児に悪影響が出る確率が
高い場合、今回の妊娠は諦めようかと考えています

このような状態の場合、胎児にどのような悪影響が出るか
また、その確率はどのくらいのものなのか教えて頂けませんでしょうか

Aベストアンサー

サイトメガロウィルスは妊娠中に初感染すると、胎児に小頭症、難聴、黄疸、肝脾腫などをおこす可能性があります(はっきりした数値は覚えていません…1割弱くらいだったような…)。ただ、多くの人が成人するまでに既に感染して抗体を持っている状態であり(日本人で75~90%、抗体があれば問題ありません)、poiuytさんの奥様も昨年指摘されたなら初感染ではないので、それほど問題にはならないかと思います(再賦活化されることも稀にはありますが)。もし日本で検査を受けれるのなら、抗体の値によって初感染か過去の感染かわかるのですが・・・。

ただ、疑問なのはサイトメガロウィルスの症状としてはだるさ、発熱、喉の痛みなどであり、陰部に白いかすみたいなものがでることはありません。しかも治療する場合は抗ウィルス剤を使用するのであり、腟内洗浄、腟剤では治りません。「陰部の白いカス」「腟洗浄、腟剤での治療」を考え合わせると、「外陰カンジダ症」だったのではないでしょうか?(その時にたまたまサイトメガロも測ったら陽性だったとか?妊婦でなければサイトメガロは殆ど問題ないので自己治癒するのを待ちます。)「カンジダ」は妊娠中にも再発しやすいですが、奇形などはおこしませんし、また洗浄などで治療可能です。

参考URL:http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_15.html

サイトメガロウィルスは妊娠中に初感染すると、胎児に小頭症、難聴、黄疸、肝脾腫などをおこす可能性があります(はっきりした数値は覚えていません…1割弱くらいだったような…)。ただ、多くの人が成人するまでに既に感染して抗体を持っている状態であり(日本人で75~90%、抗体があれば問題ありません)、poiuytさんの奥様も昨年指摘されたなら初感染ではないので、それほど問題にはならないかと思います(再賦活化されることも稀にはありますが)。もし日本で検査を受けれるのなら、抗体の値によって初感染か過去...続きを読む

Q教えてください! 膝の半月板を損傷したらどんな症状が出ますか?

教えてください!



膝の半月板を損傷したらどんな症状が出ますか?

Aベストアンサー

私は、膝の手術4回してます!
もともと生まれつき半月板異常で、
両膝手術しました。
左膝だけ3回しました。
縫合手術したんですけど
無理しすぎて損傷してしまい、
切除手術しました。
症状としては
膝をねじった時に痛みが出て、痛みがずっと続きました。
あと膝が引っかかったような痛み
膝が痛くて力が入らなかったり
膝の曲げ伸ばしできない
膝関節部が、腫れて水がたまりました。
MRI検査すればすぐわかりますよ

Qサイトメガロウィルスについて

妊娠五ヶ月です。
最近、サイトメガロウィルスの存在を知りました。
今まで検査したことはありませんが、
自分が感染していたらどうしようと不安になってきました。
妊娠初期に初感染すると胎児に影響がでると聞きました。
今からでも検査したほうがよいのでしょうか。
検査した場合、妊娠してから感染したのか、もっと前なのか
わかるのでしょうか。
不安でしょうがないです。

Aベストアンサー

答えにならないかもですが...。
知識だけ;

サイトメガロウィルスは、ごくありふれたウィルスです。
ほとんどの方が感染して抗体をもっていますが、
約5パーセントの女性が感染しておらず、
免疫抗体をもっていません。

免疫がない女性が妊娠中にはじめて感染すると、
胎児が肝炎などを起こして、小頭症や知的障害、運動障害のある子として生まれてきます。

サイトメガロウィルスは母親にはほとんど症状が現れませんが、
免疫のない胎児にとっては致命的になることがあり、
流産する可能性もあるのです。

ウィルス感染の予防には生ワクチンを使用しますので、
医師に相談した方がいいです。

Q教えてください! 膝の前十字靭帯を損傷したらどんな症状が出ますか?

教えてください!



膝の前十字靭帯を損傷したらどんな症状が出ますか?

Aベストアンサー

損傷の程度にもよるけど激痛で一歩も歩けません。
車椅子OR松葉杖が必須ですね。

うちの息子は靱帯再建手術をして6ヶ月のリハビリ中です。

Q空気感染と飛沫感染の違いは微生物の大きさの違い?

空気感染と飛沫感染の違いをおしえていただけないでしょうか?

空気感染は、排出された微生物が小さい飛沫粒子(5μm以下)の中に存在し、麻疹・水痘・結核が空気感染する。
また、飛沫感染は、排出した微生物が大きい飛沫粒子(5μm以上)の中に存在し、インフルエンザ・風疹などが飛沫感染する。
ということですが、小さい飛沫粒子の中に存在するか、大きい飛沫粒子の中に存在するかはウィルスや細菌のもともとの大きさに関係するのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 獣医師です。ウイルスについての専門的知識を持つ者です。

 元々「空気感染」という感染様式の細分類で「飛沫感染」や「飛沫核感染」があり、その飛沫核感染のことを一般に「空気感染」と呼んでいるという、ちょっとややこしい言葉の使い方になっています。

 その区別は、質問にあるとおり飛沫粒子の大きさなのですが、これは別に「そうでなくてはならない」というものではなく、条件によってはどちらでも感染するものが大部分です。結核はあまり聞きませんが、麻疹や水痘は飛沫感染もしますし、インフルエンザや水痘も空気感染はあり得ます。
 普通は経口感染するような病原体でも、極端な話、霧吹きでエアロゾルを作ってやれば飛沫感染や空気感染をするものも多いです。

 なので空気感染が主か飛沫感染が主か、という区別は、自然な状態での「発病→感染」のサイクルで、どの状態が主体か、ということになります。

 とりあえず病原体の大きさとは関係ありません。質問に挙げられた病原体の中では結核だけが細菌病で他はウイルス病なのですが、細菌とウイルスの大きさはケタが違うほどウイルスが小さいです。
 まあ細菌もウイルスもいろいろ大きさがあるのですが、私は人に説明するときは、「飛行機とその乗客」とか「この部屋とそのダンボール箱」みたいな言い方をしています。

 一般的に上部気道(咽喉頭や気管)に感染してそこで増殖する病原体は、粘膜が病変を起こすとその組織片や病原体そのものを吐き出そうとする反応が起きます。その時粘膜は粘液をたくさん分泌します。
 その粘液と一緒に組織片や病原体を体外に吐き出す反応が咳やクシャミなのですが、当然粘液(あるいは浸出液)が主体ですから飛沫の粒子は大きくなる→飛沫感染、というわけです。

 上部気道に病変を起こさない病原体は、呼気によって体外に排出されるときも多量の浸出液を伴いませんから、飛沫粒子は小さい→空気感染、ということになるわけです。
 結核も肺に病変を作りますが、上部気道には特に悪さをするわけではないので、肺から咳によって排出されるときも多量の浸出液は伴いません。

 で、その結果として飛沫感染と空気感染では、「排出された粒子が飛ぶ距離」が違ってきます。当然、粒子が小さい空気感染の方が遠くまで飛ぶわけです。
 そのことと、排出された環境中での病原体の生存性が、「このウイルスは飛沫感染はよく起きるが空気感染は起きにくい」などということになるわけです。
 インフルエンザウイルスなどは環境中では極めて不安定ですから、もし回復期の患者などから「乾いた咳」によって遠くまでウイルスが飛ばされても、元々回復期だからウイルス量も少ないということも関係して「空気感染」は成立しにくい、ということです。成立しないわけではないですが。

 獣医師です。ウイルスについての専門的知識を持つ者です。

 元々「空気感染」という感染様式の細分類で「飛沫感染」や「飛沫核感染」があり、その飛沫核感染のことを一般に「空気感染」と呼んでいるという、ちょっとややこしい言葉の使い方になっています。

 その区別は、質問にあるとおり飛沫粒子の大きさなのですが、これは別に「そうでなくてはならない」というものではなく、条件によってはどちらでも感染するものが大部分です。結核はあまり聞きませんが、麻疹や水痘は飛沫感染もしますし、インフ...続きを読む

Q半月板損傷を疑われているのですが、具体的に半月板を損傷したらどんな症状が出ますか?

半月板損傷を疑われているのですが、具体的に半月板を損傷したらどんな症状が出ますか?

Aベストアンサー

日本整形外科学会様のHPです
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/meniscal_tear.html

Qノロウイルスの飛沫感染について

ノロウイルスには、手や食物に付いたウイルスが口から入る経口感染と空気中に散った飛沫を吸い込むことによる飛沫感染があると聞きました。

経口感染には手洗いで対処できそうですが、飛沫感染にはどのように対処すれば良いでしょうか?

また、路上や駅のホームに吐瀉物がある場合や公衆トイレ等、どのくらい飛沫は飛び散るのでしょうか?
普段外出するときはマスクをしていることが多いのですが、予防効果はあるのでしょうか。

教えてください!

Aベストアンサー

ノロウイルスが飛沫感染するのには条件が有ります
嘔吐物が有るだけでは感染しません
それが乾燥すると、風邪等で舞い上がり、それが体内に入って感染します
つまり嘔吐したてでは、感染しません
問題はその処置を間違えると、後が乾燥して、残っている菌が風などで舞い上がり、感染します
ノロの嘔吐物が乾燥する前に、ティッシュなどをかぶせ、上から次亜塩素酸ナトリウムの溶液をかけてから拭いとり、綺麗にしてから、再度ティッシュをかぶせ、次亜塩素酸ナトリウムの溶液をかけて15分以上置いてから綺麗に拭き取るなど
ノロウイルスを如何に殺してから処置をするかを考えた処置をしないと、飛沫感染してしまいます
嘔吐物に含まれているノロウイルスを含む嘔吐物が飛び散るかというと嘔吐する体制にもよりますが
2,3mの範囲と考えます嘔吐物に次亜塩素酸ナトリウムをかける前に、スプレーなどを使って周りにもかけないと
靴底などについて他の場所に飛散させてしまう事もあり、
処置者の服装や手袋、マスク等嘔吐物の処置は非常に神経を使います
とにかく素人は近づかない事で発見した時には店員などに教える程度にしてください
マスクに関しては、風邪ウイルス対策用のマスクでしたら大丈夫と思いますが
シッカリ囲って菌が入らないようにしないと意味が有りません
とにかく気が付いたら手洗い、うがいをしてください
ノロウイルスはアルコール消毒が効かないのでその分手洗いなどをシッカリしないと、感染してしまう事が有るので注意してください
他の菌でしたら、アルコール消毒も有効ですので手洗いとアルコール消毒はして居てください

ノロウイルスが飛沫感染するのには条件が有ります
嘔吐物が有るだけでは感染しません
それが乾燥すると、風邪等で舞い上がり、それが体内に入って感染します
つまり嘔吐したてでは、感染しません
問題はその処置を間違えると、後が乾燥して、残っている菌が風などで舞い上がり、感染します
ノロの嘔吐物が乾燥する前に、ティッシュなどをかぶせ、上から次亜塩素酸ナトリウムの溶液をかけてから拭いとり、綺麗にしてから、再度ティッシュをかぶせ、次亜塩素酸ナトリウムの溶液をかけて15分以上置いてから綺麗に拭...続きを読む

Q教えてください! 膝の症状からみてどんな怪我だと思いますか? 半年前に膝を突っ張ってしまいました

教えてください!


膝の症状からみてどんな怪我だと思いますか?
半年前に膝を突っ張ってしまいました
それから今まで我慢してきました
病院には行きましたが、はっきりとはわかっていません
・たまにゆっくり歩いていると膝がパコパコする
・違和感を感じる
・半年たったのに腫れている
・正座ができない
・完全に伸ばしたら何かひっかかる感じがある
どーでしょうか??

Aベストアンサー

それ、私と同じかも知れません。
私は十字靭帯の損傷と診断されました。
固定した方が良いですよ。
10万くらいするけど(後で何割か返ってくる)

Q空気感染と飛沫感染の違い

空気感染と飛沫感染の違いがよくわかりません。

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

空気感染と飛沫感染は、混同して使用されています。飛沫感染を起こす病原体は、水分を含んでいて遠くまで飛びません。1m位の距離までした飛ばないので、感染距離が短いということです。また病原体の大きさも5マイクロメーター以上ということです。

一方、空気感染する病原体は、小さく(5マイクロメーター以下)で水分を含まないので遠くまで飛ぶことができるので感染範囲がひろくなります。

詳細は、参考URLを閲覧してください。

参考URL:http://yutasin.at.infoseek.co.jp/transmission.htm

Q亀裂骨折(骨のひび)とはどんな症状ですか?

3ヶ月前に足の甲にパイプ椅子を落としてしまいました。
休日前の夜だったため、休み明けに病院に行けばいいやと思っていましたが、当日になったら痛みがなにげにひいてしまったので通院しませんでした。
ところが、3ヶ月たった今も鈍痛がひかないどころか、1週間ほど前からなにかに触ったかのようなピーンとした痛みが走るようになりました。
これはもしかして亀裂骨折でしょうか?
なお、数年来に渡って不妊治療中です。(失敗続きですが。)できればレントゲンを撮りたくないのですが撮らないと診断はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

足の撮影をしたくらいでは、妊娠に影響はありません。
整形外科を受診して下さい。


人気Q&Aランキング