以前テレビを見ていましたら、次のようなことを言っていました。
「DNAが複製されるとき、希に複製ミスが起こる。このミスをP53というタンパク質が修理する」
この「ミス」がどういうものなのか良く解りませんが、例えば本来なら「「A-T」と言う組み合わせにミスが起こって、「A-C」となってしまった。このミスをP53が直す」というものだった場合、P53タンパク質は、「A」が正しいのか「C」が正しいのか、どうやって見分けるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

おそらく


「DNAが複製されるとき、希に複製ミスが起こる。このミスをP53というタンパク質が修理する」
というのは、少し違っていると思います。

p53タンパク質は、癌抑制タンパク質と呼ばれるタンパク質で
細胞が無意味に、リミッターが外れ増殖しつづける
癌という状態にならないように、ブレーキの役割をするタンパク質です。

p53タンパク質は、この癌抑制タンパク質の中で
とても有名なものです。他にも数々ありますが。

正確には、複製のミスによって、p53タンパク質をコードする
遺伝子が変異した場合、p53が損傷することで
癌を抑制する機構が失われて、ガンになりやすいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。良く解りました。
以前NHKで「驚異の小宇宙・人体」という番組があり、そのなかで、CGで描いたP53タンパク質(と勘違いしました)がDNAを修復するシーンがありました。これは私の思い違いだったようです。
細胞分裂の時、DNAが間違ってコピーされた場合、修復はしない(できない?)と言うことなのでしょうか?

お礼日時:2002/02/27 12:58

>このミスをP53というタンパク質が修理する


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「癌化因子と癌発現のメカニズム」
http://www.p.kanazawa-u.ac.jp/life/matsunaga.html
(遺伝子傷害に対する細胞応答に関する研究)

>このミスをP53が直す
自信がありませんが、この表現は誤りがあるのでは・・・?
http://medical.tampa.co.jp/drpage-top/MQ9812-1.htm
(DNAの損傷と修復のメカニズム)
http://kyoritsu-pub.topica.ne.jp/pne/pne01z.html
(PNE増刊:DNA修復ネットワークとその破綻の分子病態

この中で「DNA除去修復機構とその破綻」が参考になるのではないでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.sc.kochi-u.ac.jp/~tatukawa/edu/semc3/ …

この回答への補足

教えていただいたHPをようやく読み終わりました。
つまり、DNAは紫外線など外的要因によって損傷受けたときに、P53ではないタンパク質などによって修復されると言うことですね。
私は、細胞分裂の時にDNA複製のコピーミスが修復される・と誤解していました。
ありがとうございました。

補足日時:2002/02/27 12:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/25 10:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ