小学校の給食当番のとき円グラフの黒板があって炭水化物(糖)、たんぱく質(肉、魚類)、ビタミン(緑黄食野菜)と分れてて、当番のとき献立を書いてました。
中学でタンパク質は、アミノ酸のかたまりと習いました。
先生は、たんぱく質をとらんとあかんでと言ってました。
なぜ、たんぱく質を食べなければいけないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

タンパク質はアミノ酸が沢山繋がったものです。


タンパク質を食べなければいけないのは
アミノ酸を摂取しなれば生きられないからです。

なぜ、アミノ酸が必要なのかを
簡単に説明すると、それが生命活動の主役となる物質であるからです。
口から入ったタンパク質は、胃、十二指腸、小腸、等で
酵素によって分解され、アミノ酸にして吸収するのです。

アミノ酸は、エネルギーを生み出すための
TCAサイクルと呼ばれる機構や排尿の機構など
肝臓や血管、筋肉とうで複雑に関わっています。

ですからタンパク質を摂らなければいけないのです。
現に、タンパク質の英語PROTEINは
ギリシャ語のProteios(最も重要な物という意味)からきているのです。

さらに、アミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれるものが
大切で、関係ありませんが
トリプトファン
ロイシン
リシン
バリン
スレオニン
フェニルアラニン
メチオニン
イソロイシン

頭文字をとって とろりバス不明
と覚えます。さらに、幼児期のみヒスチジンが必須アミノ酸になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしくありがとうございました。
「とろりバス不明」は覚えやすいですね。
このたびは、ありがとう。

お礼日時:2002/02/26 13:09

こちらでいかがでしょう。


必須アミノ酸がどんな食べ物に含まれているか書かれています。

必須アミノ酸ですが、ホームページにより8種類とか9種類とか
少しばらつきがあり、どちらが正しいかわかりませんでした。

参考URL:http://kcs.kanebo.co.jp/KC/KCBT/AMI/ami_02.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考URLは、参考になりました。
必須アミノ酸がよくわかりました。
ありがとう。

お礼日時:2002/02/26 13:05

生物のあらゆる活動はタンパク質を抜きにしては語れません。


多様な働きをもつタンパク質は約20種のアミノ酸で構成されています。
タンパク質は一度アミノ酸に分解されて体内に吸収され、体内で再び合成されます。
我々人間を含めた哺乳動物は、ある種のアミノ酸を合成する力がないか、または極めて弱いので、
栄養保持のために、それらを外部から摂取する必要があります。これを必須アミノ酸といいます。
体内活動を正しく維持するために、効率よくアミノ酸を摂取するためにも、タンパク質を外部から摂取することが必要なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 13:02

人体の構成がたんぱく質でできていますから。


たんぱく質はアミノ酸からできていますが、そのうちでも「必須アミノ酸」というのは体内で合成できないので、食物として取り入れないといけない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体内で合成できないアミノ酸があるのですね。
なるほど、わかりました。ありがとう。

お礼日時:2002/02/26 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高タンパク質・カリウムの食品について教えてください。

父は肝臓がんによる腹水があります。
高たんぱく質・カリウムを含んだ食品をとるように医者から言われています。(入院していますが、食事療法はしてくれていません)カリウムは果物をとるように言われましたが手軽に食べれるバナナがいいのでしょうか?それとカリウムを多く含んだものにはいろいろありますが、海草類を手軽に食べる方法はあるのでしょうか?やはりおしゃぶりこんぶなどは塩分が多いと思うのでやめたほうがいいのでしょうか?それと高たんぱく質のものは何を食べたらよいのでしょうか?同室の人達はスティック状(クッキーみたいな)の栄養補助食品を食べているので、父はそれをほしいと言っていましたが、そのようなものでも良いのでしょうか?質問ばかりで申し訳ありませんが、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

大変ですね。
私の母親も特養老人ホームで寝たきりです(介護度5:寝返りも出来ない、意思の疎通も出来ない、食事は胃ロウからの流動食、栄養的にはミネラル分が不足な状態?)。

とりあえず食品について調べて見ました。
下記が参考になるかと思います。

カリウムが多い食品
http://www.big.or.jp/~ryoke/kenko02.htm
http://www.drakahige.com/FAMILY/CHILD/BIRTH/2001/2001092501.shtml

バナナはカリウムが多い果物ですね。
(私の母の場合も特養老人ホーム入所した比較的元気だった頃はよくバナナを持っていってやりました。)

高蛋白質食品
「食品の1点重量」少ない数値の方が高蛋白質です。
http://homepage3.nifty.com/takakis2/hayami.htm

食べる目安になるかと思います。

Qたんぱく質をアミノ酸に分解する仕組みを何といいますか?

たんぱく質をアミノ酸に分解する仕組みを何といいますか?

Aベストアンサー

「消化」

Qタンパク質の食品以外での使用。

タンパク質を食品以外に使用されている例がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 タンパク質を食品以外の用途に用いるケースを3つに分けて説明します。
1 生物体の一部又はその生成物を利用する。
 生糸(カイコが作るタンパク質です。)、羊毛等の獣毛、膠(にかわ)(接着剤としてかつて使用されていましたが、現在でも書道用墨の製造、日本画の下地に使われています。)
 まあ、ぶっちゃけた話、人毛製の鬘(かつら)や毛皮、輸血用の血液などだってタンパク質なんですけどね。
2 酵素を利用する。
 酵素は、タンパク質です。こちらは、食品加工だけでなく、医薬品、化粧品、化学工業品、繊維製品の製造等いろいろな分野で用いられています。
 直接製品に入っているものでいえば、洗濯洗剤(酵素パワーの○○といったのがありますね。これにはプロテアーゼ、セルラーゼ等の酵素が入っています。)
 医薬品でいえば、点眼薬などに用いられる塩化リゾチームなども有名です。パパインなどのタンパク質分解酵素を含んだ洗顔料もありますね。
3 その他
 牛乳に含まれるカゼインというタンパク質に酸を加えると、カゼインプラスチックといって象牙に似たものができます。実は白い三文判の原料はこれです。
 また、大豆タンパク質から生分解性プラスチックを作るといった研究も行われています。
3 
 

 タンパク質を食品以外の用途に用いるケースを3つに分けて説明します。
1 生物体の一部又はその生成物を利用する。
 生糸(カイコが作るタンパク質です。)、羊毛等の獣毛、膠(にかわ)(接着剤としてかつて使用されていましたが、現在でも書道用墨の製造、日本画の下地に使われています。)
 まあ、ぶっちゃけた話、人毛製の鬘(かつら)や毛皮、輸血用の血液などだってタンパク質なんですけどね。
2 酵素を利用する。
 酵素は、タンパク質です。こちらは、食品加工だけでなく、医薬品、化粧品、...続きを読む

Qたんぱく質を構成するアミノ酸

たんぱく質を構成するアミノ酸には20種類あると聞いたのですが、どうして
20種類なのか教えてください。なぜ、21種類以上ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも、タンパク質がどのようにしてできるかはご存知でしょうか?
三つずつの塩基配列によって一つのアミノ酸は決定します。
コドン表というものを知っていますか。つまり、人間が自分の情報として持っている本(遺伝子)を読む際に暗号となるもの(塩基)が、三つ組になって一つのアミノ酸を示すのです。その塩基には4種類あって、記号化するとA,U,C,Gです。この中から、三つを選んで並び順を決める方法は64通りありますが、実際のアミノ酸は20通りですね。それは、同じアミノ酸を示す三つ組もあるからです。一つ間違えても(変異が起こっても)影響を与えないために、だそうですが、その結果アミノ酸はたまたま20種類になったのではないでしょうか。コドン表を見たら少しは納得が行くかもしれません。
質問の意図する答えではなかったら、ごめんなさいね。

Qタンパク質の食品を教えてください。

タンパク質の食品を教えてください。

Aベストアンサー

お肉、お魚、大豆類です。

Qたんぱく質中のアミノ酸残基について

ある問題で、「ヒストンのリジン残基のアセテル化は、ヒストンのDNAに対する親和性を高める…(1)」という文章が正しいか間違っているかという問題で(答え)は、
間違っているという結論で、
(誤りの箇所)高める
  →(正しく直すと)弱める  とあります。
そこで、質問をさせていただきたいと思います。
<質問1>アセテル化とはなんですか?(調べてもでてきません。)
<質問2>(1)の根拠を自分なりに考えたのでどこがおかしいのか教えてください。
(自分なりの考え)DNAは負電荷を帯びている。…(2)
        リジンは塩基性アミノ酸なので中性付近(pH=7付近)では、プラスの電荷を帯びている。…(3)
今回は、ヒストンのDNAに対する親和性を考えるので、この時が中性付近であることよりヒストン中に含まれるリジンが中性付近ではプラスの電荷を帯びてるので、DNA(負電荷を帯びてる)と結びついて、結果的に親和性は高まるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

 生物系の教科書ではたまにアセチル化をアセテル化と記述しているものがありますね。anthraceneさんのかかれた通り酢酸アミドの形成を示しています。

 ヒストンはおもにDNAのバックボーンのリン酸を認識して結びついています。このとき大きな役割を果たすのがリシンで、このアミンが正電荷を帯びているため負電荷を帯びているDNAのリン酸バックボーンと静電的に強く結合します。それゆえヒストンで折り畳まれるとポリメラーゼなどのたんぱく質との相互作用が出来なくなります。しかしアミンがアセチル化すると電気的に中性になってしまうのでDNAと強く結びつくことが出来なくなってしまいます。

 したがってSkyworldmanさんの考えであっていますよ。

Q食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加

食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加熱分解し、硫酸アンモニウム(弱塩基塩)とした後、強塩基を反応させ弱塩基のアンモニアを遊離させ過剰の硫酸で捕集し、
逆滴定で全窒素量を算出して粗タンパク質含有量を求めますが、アンモニアを遊離させるおり、パルナス・ワグナー蒸留装置を使い水蒸気蒸留によって丸底フラスコから水蒸気が発生、そして硫酸アンモニウム+強塩基の入っている蒸留管へ水蒸気が入り、アンモニアが発生して所定量の入った硫酸の受器へ水蒸気と共に冷却され捕集されます。水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、食品中の粗タンパク質含有量を求めるには水蒸気蒸留装置を組まないで、フラスコ、試験管に硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して生じるアンモニアを過剰の硫酸で捕集してはいけないのでしょうか、アンモニアの受器への流れなども関係があるのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

>水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、

→アンモニアは逆に水に大変溶解しやすい物です。発生したアンモニアを確実に受器まで送るため、水蒸気蒸留します。

>硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して
質問者さんの方法がよくわかりませんが、ケルダール法だと分解液中に水も含まれていますので、直接加熱してアンモニアを完全に捕集しようとすると、溶液を乾固することになりませんか。

Q海水産魚類と淡水産魚類で動物体液の浸透圧が違なるのはなぜ?

浸透圧の勉強をしています。大学受験問題です。
題名の通りなのですが、
動物の体液の浸透圧についてよく理解できません。
よく教科書に載っているグラフについてなのですが、ネット上ではみつけられませんでした。

○海産無脊椎動物と海産軟骨魚類はほぼ海水と同じ浸透圧をもっていますよね?ですが、その浸透圧調整の方法は
海産無脊椎動物はすべて無機塩類で調整しているのに対し海産軟骨魚類はほぼ半分を尿素で補っています。また海産硬骨魚類の浸透圧は、海水のほぼ半分です。
そこで質問なのですが、三種類とも動物なのにどうしてこのように異なるのですか?そもそも無脊椎動物と軟骨魚類、硬骨魚類とはどう違うのでしょうか?無脊椎というのはわかりますが、軟骨魚類と硬骨魚類の違いがよくわかりません。

○これも同様の質問になるかもしれませんが、海産硬骨魚類と淡水産硬骨魚類の体液の浸透圧はほぼ同じです。これもどうしてなのかわかりません。上のように同じ海産動物でも異なるのに淡水産と海水産が同じだとは…。もちろん淡水産と海水産ということで外液の濃度が異なるのはわかりますが、体液の濃度が異なるのはわかりません。

勉強不足ですが、どなたかご存知の方にアドバイスをお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

浸透圧の勉強をしています。大学受験問題です。
題名の通りなのですが、
動物の体液の浸透圧についてよく理解できません。
よく教科書に載っているグラフについてなのですが、ネット上ではみつけられませんでした。

○海産無脊椎動物と海産軟骨魚類はほぼ海水と同じ浸透圧をもっていますよね?ですが、その浸透圧調整の方法は
海産無脊椎動物はすべて無機塩類で調整しているのに対し海産軟骨魚類はほぼ半分を尿素で補っています。また海産硬骨魚類の浸透圧は、海水のほぼ半分です。
そこで質問なのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

無脊椎動物は体内に効果的に機能する浸透圧調整の機能を持ちません。
したがって、外界そのままの浸透圧を体内に持つ事になります。
しかし、高速で遊泳する運動機能(生理的な代謝や体内の様々な組織の分化とそれぞれの最適な機能環境など)や外界の変化に対応する順応力、の問題で、外界に直接影響を受けるままでは望ましくありません
進化の過程で、外界と異なる体液構造を持つことによって、身体の機能を高めてきたのです。
軟骨魚では、体内の尿素によって調整しており
硬骨魚では、腎機能によって体内の水分と塩分を適宜排出して能動的に調整しています。
海産魚と淡水魚との違いはあっても、同じ魚類としての体液構造や浸透圧の最適値はほぼ同じです(魚種によって多少の差異はありますが)

つまり魚としての体液の最適値を得るように調整機能が進化してきたと言うことでしょうか。

Q食品中のタンパク質量の求め方

食品中に含まれるタンパク質量を求める方法を探しています。
ケルダール法以外の方法を知っていましたら、教えてください。
また、ミクロ法、セミミクロ法の違いを教えてくださるとうれしいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> ケルダール法以外
ビュウレット法とか.アミノ酸分析とか.

> ミクロ法、セミミクロ法の違い
試料量の違い(にあわせた最適化).

QRNAとたんぱく質

生命の誕生に際して、RNAがたんぱく質より生命の基本物質として有利な点をどんなことでもいいので教えてください。
お願い致します。

Aベストアンサー

RNAは熱変性しても温度が下がると元に戻る。
RNAはそれを鋳型としてコピーできる。

逆に蛋白質が有利な点は、
側鎖の形大きさ性質にバリエーションがあるのでさまざまな機能を作れる。
そのままコピーできないので勝手に増殖したりしない。

ぐらいでしょうか


人気Q&Aランキング

おすすめ情報